大雪山 クワウンナイ川

これが「滝ノ瀬十三丁」の大ナメ!
一枚岩の廊下が約2Kも続くのですよ!
日本でも屈指の美しさとか・・・
これは感動ものです!

1990年8月
クワウンナイ川
白神山地 追良瀬川〜ウズラ石沢 1

8月2日夜盛岡出発!盛岡南IC〜十和田IC〜
R103〜R7〜能代〜R101を経て五能線の白神
登山口駅(旧陸奥黒崎駅・無人駅)へ。駅の
休憩所で仮眠しようと思いましたが、「宿泊厳禁」
との貼り紙が…止むを得ず、近くにテントを
張らせていただきました。
いやはや、隣の県なのに遠かったぁ〜!
4時間半もかかっちゃいましたよ!
翌朝、3時間半の仮眠のあと出発!

2007年8月3日撮影
白神山地 追良瀬川〜ウズラ石沢 2

これが五能線で〜す!
一日5本しか走らないようで…。
2007年8月現在の白神登山口駅の時刻
(陸奥岩崎方面)
7:04/9:02/11:56/17:34/19:21

2007年8月3日撮影
白神山地 追良瀬川〜ウズラ石沢 3

陸奥岩崎より長〜い林道をKさんのジムニー
で走りました。車高が高いので安心♪
追良瀬大橋は塗装の工事中でした。

2007年8月3日撮影
白神山地 追良瀬川〜ウズラ石沢 4

追良瀬大橋をくぐり左側に3台ほどの
駐車スペースがあります。
出発の準備をするKさん。

早くもアブの猛攻撃を喰らっちゃいました!
ひえぇぇぇぇぇ〜!(^^ゞ

2007年8月3日撮影
白神山地 追良瀬川〜ウズラ石沢 5

まずは追良瀬堰堤を目指して林道を歩くこと
約30分。ここでもアブと格闘しながら…。

今回はICIで購入したアブに効くといわれる
防虫スプレー(ハッカ油)を持参!(*^_^*)

効果のほどは…。う〜ん、確かにスプレーして
10分ほど効き目があるのですが、それ以降は
アブの餌食にされちゃいました。(^^ゞボコボコに!

2007年8月3日撮影
白神山地 追良瀬川〜ウズラ石沢 6

おぉぉ〜!
追良瀬堰堤が見えてきたぞぉぉぉ〜!
ここは左岸に立派な踏み跡があり
容易に堰堤を超すことが出来ます。

2007年8月3日撮影
白神山地 追良瀬川〜ウズラ石沢 7

追良瀬堰堤に降り立つ。
ふぅ〜!やっと遡行が出来るぞぉ〜♪
この日は梅雨明け直ぐの猛暑で
暑いのなんのってぇ〜!

※この追良瀬川は世界遺産の為、入渓の
許可申請をしなければなりません。
詳細は以下をクリックしてね。
『白神山地 入山手続き要領』

2007年8月3日撮影
白神山地 追良瀬川〜ウズラ石沢 8

ここは「沢」ではなく「川」ですもねぇ〜!
スケールが大きいです♪
水量は平水以下でした。
増水すると大変だろうなぁ〜!

2007年8月3日撮影
白神山地 追良瀬川〜ウズラ石沢 9

広〜い河原をアブと共に歩くKさん。
難所もなく、遡行しいててマッタリモードに…。
ほんと眠くなっちゃいました。(^^ゞ
それが追良瀬の魅力なのかも?

2007年8月3日撮影
白神山地 追良瀬川〜ウズラ石沢 10

暑いので思わず水に入りたく
なっちゃいます。
入水するKさんで〜す!


2007年8月3日撮影
白神山地 追良瀬川〜ウズラ石沢 11

猛暑で水がぬるく感じられたほどです。
いやはや、気持ちい〜い♪

2007年8月3日撮影
白神山地 追良瀬川〜ウズラ石沢 12

そして…泳ぎ始めるKさん。
おぉぉぉ〜!気持ちいいぃぃぃぃ〜♪


2007年8月3日撮影
白神山地 追良瀬川〜ウズラ石沢 13

一の沢(岳ノ沢)出合を過ぎると
石ノ滝のゴルジュが出てきま〜す!

最初の難所?です。ここは左岸より
簡単に高巻けそうでしたが、泳いで
突破しました。流れも弱く、楽勝でした。

2007年8月3日撮影
白神山地 追良瀬川〜ウズラ石沢 14

余裕で泳ぐKさんで〜す!
明日は雨が降ることが分かっていましたので
増水が心配。よって、今日はどうしても
ウズラ石沢まで行かなければ…。
予報では明日台風5号(ウサギ)が
青森を通過する予定でしたし…。

本流で大増水したら行動できなくなって
しまいます。ウズラ石沢は支流ですので
増水しても行動(遡行)出来る!と
考えていました。

2007年8月3日撮影
白神山地 追良瀬川〜ウズラ石沢 15

森と渓の調和が素晴らし〜い♪
ウットリしちゃいます。
ここの水、濃い緑色なんですよ!

2007年8月3日撮影
白神山地 追良瀬川〜ウズラ石沢 16

プチゴルジュ帯で〜す!


2007年8月3日撮影
白神山地 追良瀬川〜ウズラ石沢 17

青森は長い間雨が降らず「水不足」だとか…。
道理で水量が少ないわけです。
もうちょっと多い方が嬉しかったかも?
でも、水量が少なかったおかげで
予定より早く目的地に着きそう♪

2007年8月3日撮影
白神山地 追良瀬川〜ウズラ石沢 18

ここは五郎三郎ノ沢出合です。
この滝、落差20Mあるそうです。
結構見ごたえのある立派な滝でした。
近くに素晴らしい天場がありましたよ!

でも、ここに泊まるわけにはいかな〜い!
先を急がねばのう…。

2007年8月3日撮影
白神山地 追良瀬川〜ウズラ石沢 19

五郎三郎ノ沢出合にてKさんです。
ここでランチタイムにしま〜す!
ここの河原は赤い岩盤になっていて
奇麗な所でした♪(*^_^*)しかし…

ここまで登ってきても、まだアブちゃんが…。
歩いているうちはよいのですが、立ち止まると
わんさか寄ってきます。アブ、いやん!

2007年8月3日撮影
白神山地 追良瀬川〜ウズラ石沢 20

遡上するに従って川の規模も
どんどん小さくなっていきます。

気持ちよさそうに泳ぐKさんです。

2007年8月3日撮影
白神山地 追良瀬川〜ウズラ石沢 21

三ノ沢出合を過ぎ、しばらく歩くと
側壁より人面滝が…。
言われてみればそう見えるけど…。

イースター島の石像を思わせるような…。
この滝を過ぎると直ぐに滝ノ沢出合です。

2007年8月3日撮影
白神山地 追良瀬川〜ウズラ石沢 22

450Mのホノ沢出合にて。
出合には2Mほどの小滝がかかっています。
この先より沢の渓相を呈します。


2007年8月3日撮影
白神山地 追良瀬川〜ウズラ石沢 23

ホノ沢出合を過ぎるとやがて
V字状のゴルジュに渓相が変わってきます。
やっと「遡行してる!」って実感が湧きます。
それ以前は、長〜いゴーロ歩きですから…。

2007年8月3日撮影
白神山地 追良瀬川〜ウズラ石沢 24

溺れるフリをするKさんで〜す!
パフォーマンスを随所に披露してくれて
笑わせていただきました♪(*^_^*)

このホノ沢出合先のゴルジュ、
増水すると突破は厳しいかも?

2007年8月3日撮影
白神山地 追良瀬川〜ウズラ石沢 25

もう直ぐウズラ石沢の出合で〜す♪
今日の予定は、ウズラ石沢に入り、標高
610M付近の「ネコのひたい河原」までで〜す!
時間も早いし、楽勝です♪(*^_^*)
結局通常2日かけて歩くところを1日で
遡行しちゃいました。明日雨が降らなければ
のんびり遡行したかったのですが…。

2007年8月3日撮影
白神山地 追良瀬川〜ウズラ石沢 26

ここがウズラ石沢の出合で〜す!
ここから追良瀬川を離れて
ウズラ石沢へと突入致しま〜す!

ここより「川」から「沢」へと…。
水量が一気に減ります。
ここまでくればいくら増水しても、
もう安心!と思っていたのですが…(^^ゞ。

2007年8月3日撮影
白神山地 追良瀬川〜ウズラ石沢 27

ウズラ石沢出合の淵にてクールダウンする
Kさんで〜す!まるでプール状態でしたよ♪

なんと水中メガネまで持ってきていました。
気持ちよさそう♪(*^_^*)

2007年8月3日撮影
白神山地 追良瀬川〜ウズラ石沢 28

ウズラ石沢へ入って最初の小滝です。
ここは左岸より快適に登れました。

2007年8月3日撮影
白神山地 追良瀬川〜ウズラ石沢 29

上の写真の小滝を登っている
Kさんで〜す!

そう、滝に飢えていたんです!

2007年8月3日撮影
白神山地 追良瀬川〜ウズラ石沢 30

次に現れたのがプチゴルジュ!
ここは左岸に高巻き用の残置ロープが
ぶら下がっていましたが、水量が
少なかったこともあり、水線突破を試みました。
通常はその残置ロープを伝って高巻くようです。

私はチェックストーンの左から登り
Kさんは右から直登しました。
結構楽に直登出来ましたよ♪
ボルダーチックでちょっと楽しめました♪
しかし、水量が多い時は無理だべなぁ〜!

2007年8月3日撮影
白神山地 追良瀬川〜ウズラ石沢 31

上の写真の小滝を登るKさんで〜す!
どうやらここはチェックストーンの右から
登った方が楽そうでした。

この日は、標高610Mの枝沢出合に幕営
しました。そこから5分位先に「ネコのひたい
河原」の素晴らしい天場があります。
先客がいて、そこには幕営出来ませんでした。
追良瀬大橋からウズラ石沢610Mまで8時間。
そして、一夜明けて…ひぇぇぇ〜!

2007年8月3日撮影
白神山地 追良瀬川〜ウズラ石沢 32

昨日までは天国的な遡行を楽しめたのですが
その晩(夜中1時頃)より台風5号の影響か?
山は土砂降り状態…翌日の遡行は天国から
地獄の遡行に!沢は濁流状態でした!
これは1,100Mの最後の二俣にて。

吉川栄一著の『沢登り』によれば、
『核心はツメだ!完璧な読図、沈着冷静な
ルート・ファインディング、野生的方向感覚、
神仏のお導きが揃えば、ヤブ漕ぎなしで、
白神岳山頂に立つことが出来る。』とあります。

2007年8月4日撮影
白神山地 追良瀬川〜ウズラ石沢 33

遡行二日目は終始雨で大増水!
濁流の中の遡行で、まるでジェットコースター
のような水の勢い!怖いくらいでしたよ!
ほとんど高巻きながらの遡行となりました。
稜線まで直ぐなのにスクラム徒渉するとは…。
まさかそこまで大増水するとはねぇ〜!

ルートファインディングはどうにかバッチリ!
5分程度のヤブ漕ぎで白神岳山頂の
避難小屋の真正面に出ました。ホッ♪

2007年8月4日撮影
白神山地 追良瀬川〜ウズラ石沢 34

この日は暴風雨でしたので、小屋のありがたさ
を実感できました♪この小屋は三階建で
宿泊者は我々だけでしたのでユッタリ♪

まさに貸し切り状態!外は暴風雨でしたので
当然といえば、当然なのですが…。
お陰で快適な一夜を過ごすことができました♪
ウズラ石沢610Mよりこの小屋まで4時間半。
増水の影響で苦労しましたぁ〜!

2007年8月4日撮影
白神山地 追良瀬川〜ウズラ石沢 35

これが白神岳の山頂で〜す♪
上の避難小屋から3分の距離です。
悪天の為、景色は何一つ見えず…(^^ゞ。
展望は濃いガスのみでした。

お天気に恵まれれば日本海に沈む夕日が
見れたのですが…。くぅぅ〜残念!

2007年8月4日撮影
白神山地 追良瀬川〜ウズラ石沢 36

避難小屋より立派なトイレで〜す!
さすが世界遺産!これには感動♪
広々として快適なトイレでしたよ♪

2007年8月4日撮影
白神山地 追良瀬川〜ウズラ石沢 37

翌日も雨…。雨の中の下山となりました。
朝なのに夕方のように薄暗かったです。

こんなにお天気が悪いのに続々と
登山者が登ってきたのにはビックリ!
さすが世界遺産ですねぇ〜♪(*^_^*)

2007年8月5日撮影
白神山地 追良瀬川〜ウズラ石沢 38

ふぅ〜!三日間の山生活から
解放されやっと下山!(*^_^*)
下山はマテ山コースより降りました。
タクシーを呼び、車の回収をすべく
再び追良瀬大橋へ…。

遡行する前に下山口へ車をデポして
アプローチにタクシーを使った方が
楽です。今回の反省点でした。

2007年8月5日撮影
白神山地 追良瀬川〜ウズラ石沢 39

タクシー会社は深浦観光タクシーを利用。
TEL:0173〜74〜2521(2台しかない)要予約。
白神岳登山口(マテ山コースの黒崎口)より
追良瀬大橋まで1万円丁度でした。約1時間。

下山後は、さっそく温泉で〜す!
有名な不老不死温泉へ行きました。
露天風呂が海の中?なんですぅ〜!
日本海を見ながら入浴できるんですよ♪

2007年8月5日撮影
白神山地 追良瀬川〜ウズラ石沢 40

これがそうです!
この石垣の先が露天風呂なんですよ♪

日曜日だったので、とても混雑していました。
でも、いい気持ちぃぃぃぃ〜♪(*^_^*)
あぁぁ〜極楽、極楽♪

2007年8月5日撮影
白神山地 追良瀬川〜ウズラ石沢 41

入浴の後、腹へったぁぁぁぁ〜!
日本海ですもの、やはりお刺身ですなぁ〜♪
タクシーの運転手さんにご紹介いただいた
御刺身の美味しいお店、広〆へ行ってみました。
結構有名なお食事処のようです。

地元深浦浦漁港で獲れた旬の魚介類を
メインにした料理は格別でしたよ♪(*^_^*)

2007年8月5日撮影
白神山地 追良瀬川〜ウズラ石沢 42

これが上の写真の広〆の正面玄関です。
深浦観光ホテルの真向いにあります。
青森県西津軽郡深浦町大字深浦字岡崎146‐2。

ここはお勧めですよん!
とっても旨かったぁ〜♪(*^_^*)


2007年8月5日撮影
白神山地 追良瀬川〜ウズラ石沢 43

まず最初に頼んだのが女将さんお勧めの
ウニ丼定食。う、う、う、旨かったぁぁぁぁ〜♪

ホッペが落ちそうなくらいに♪(*^_^*)
御値段は、2,100円也。

2007年8月5日撮影
白神山地 追良瀬川〜ウズラ石沢 44

この定食にはサザエも付いていましたよ♪
これも旨かったぁぁぁぁ〜!

2007年8月5日撮影
白神山地 追良瀬川〜ウズラ石沢 45

一品料理で頼んだお刺身で〜す!
このプリプリした肉厚、見てやって下さい♪
コリコリして歯ごたえがあり旨かったぁぁぁ〜!
1人前、1,100円也。

2007年8月5日撮影
白神山地 追良瀬川〜ウズラ石沢 46

アワビも堪能させていただきました♪
天国と地獄の楽しい三日間でした!

尚、この遡行記録は2007年8月6日から8日に
かけて(第三話)の「酔いどれ日記」に掲載
いたしました。詳細はそちらをご覧下さいませ。

追良瀬川〜ウズライシ沢遡行記録にジャンプ!
読みたい方は、上の文字をクリックしてね♪

2007年8月5日撮影

目次へ戻る HOMEへ戻る