大深沢 関東沢〜北ノ又沢 1

下山地点の樹海ラインの赤川下降点に
車を1台デポした後、1時間車を走らせ(約40K)
下流部から遡行すべく黒石林道へ…

ところが、その黒石林道入り口には
真新しいゲートが設置されており通行止め…。
8月9日の秋田・岩手における「これまで経験した
ことのないような記録的な大雨」による被害と
思われます。

2013年8月17日撮影
大深沢 関東沢〜北ノ又沢 2

万が一のことを考え、予めサブプランを
考えていた私…。再び樹海ラインの
赤川下降点(入渓点 1147m地点)まで戻り
去年単独で臨んだものの渓流足袋が
壊れて途中敗退した「関東沢〜北ノ又沢」
の周遊コースに急きょ変更しました。

その赤川にて私です。

2013年8月17日撮影
大深沢 関東沢〜北ノ又沢 3

赤川は大深岳に至る最短ルートです。
今シーズン8本目の沢にして初めてではない
でしょうか?まともな遡行が出来たのが。

2日間、お天気に恵まれ(といっても終始曇り)
平水状態の中、アブにも悩まされず
快適な遡行を満喫できました♪

2013年8月17日撮影
大深沢 関東沢〜北ノ又沢 4

遡行すること50分で大深山荘に到着です。

これも私です。ザック、ボロボロ…(^^ゞ
なにせ20年以上使っていますから…
そろそろ買い換えないとね〜!

2013年8月17日撮影
大深沢 関東沢〜北ノ又沢 5

大深山荘から大深岳を目指します。

つい最近刈り払いされたばかりの登山道。
まるでハイウェイ状態です。(^o^)

2013年8月17日撮影
大深沢 関東沢〜北ノ又沢 6

大深岳の山頂です。

そうそう、今回の山行は…
ブログ「山の日のひとり言」のタラさんより
「17日〜18日で大深沢へ行きませんか?」
とのお誘いメールを頂戴したのですよ。

2013年8月17日撮影
大深沢 関東沢〜北ノ又沢 7

八瀬森山荘へ至る県境尾根の登山道は
ひどいヤブでした。これはあまりにも…(^^ゞ。
早く刈り払いしてもらいたいものです。

ヤブ漕ぎ状態で前進します。

2013年8月17日撮影
大深沢 関東沢〜北ノ又沢 8

湿原に出るとまるでオアシスに感じました。
景色に見惚れるタラさんです。

2013年8月17日撮影
大深沢 関東沢〜北ノ又沢 9

1233m地点より30mほど下った所より
ヤブを漕いで関東沢の左俣へと降ります。

2013年8月17日撮影
大深沢 関東沢〜北ノ又沢 10

関東沢左俣は長大なナメが続き
とても綺麗でした。期待以上に◎♪

下降中、思いっ切り転倒し右足大腿部を強打し
痛いのなんのってぇ〜!それ以降は、
痛めた足をかばいながらゆっくり遡行
することにしました。

2013年8月17日撮影
大深沢 関東沢〜北ノ又沢 11

最初に懸垂下降した滝にてタラさんです。
フリーでも降りられそうに思いましたが、
安全を期してロープを出しました。

何と残置シュリンゲがありビックリしました。
関東沢といえば右俣の方が遡行者が多く
左俣は超マイナーですので…。

2013年8月17日撮影
大深沢 関東沢〜北ノ又沢 12

ナメと釜が美し〜い♪
まさに癒しの「デート沢」です♪(^o^)

2013年8月17日撮影
大深沢 関東沢〜北ノ又沢 13

この15Mほどの滝は左岸より巻き下りました。
顕著な踏み跡があり、これまたビックリ!
入渓者、いるんですね〜!

この滝の位置は、1040mです。
滝を降りて直ぐの右岸枝沢に入り
天狗湿原を目指します。
この枝沢、熊の通り道のようでして…(^^ゞ。

2013年8月17日撮影
大深沢 関東沢〜北ノ又沢 14

天狗湿原に到着!
とっても気持ちい〜い♪

まさに天国♪(^o^)

2013年8月17日撮影
大深沢 関東沢〜北ノ又沢 15

花っ子達もたくさん咲いていました♪

この天狗湿原を通ることによって、
三俣までかなりのショートカット(近道)
になります。時間短縮出来ます。

ただ、この天狗湿原、熊の憩いの場所です。
何度も通りたくないような…(^^ゞ。

2013年8月17日撮影
大深沢 関東沢〜北ノ又沢 16

天狗湿原より枝沢を下降し
東ノ又沢の1010m付近に出ます。

東ノ又沢も開放的で明るく
ナメが美しい沢です。

2013年8月17日撮影
大深沢 関東沢〜北ノ又沢 17

小滝や釜がアクセントを加えてくれます。

東ノ又沢、2009年8月末に単独遡行しています。
特に難所もなくヤブ漕ぎもなく登山道に出ます。

2013年8月17日撮影
大深沢 関東沢〜北ノ又沢 18

三又から北ノ又沢へと入り出合に掛かる
小滝を登れば左岸に天場があります。

その小滝(ナメ滝)を登るタラさんです。

2013年8月17日撮影
大深沢 関東沢〜北ノ又沢 19

そのナメ滝を登る私です。
滝頭の直ぐ右側に天場があります。

2013年8月17日撮影
大深沢 関東沢〜北ノ又沢 20

は〜い!天場に到着で〜す♪
お盆休みなので、てっきり釣り師などの
先客がいると思っていましたが
誰もいませんでした。貸切です。

きっと先日8月9日の秋田と岩手を襲った
「過去経験したことのないような記録的な大雨」
により、皆さん、敬遠したのかもしれません。

2013年8月17日撮影
大深沢 関東沢〜北ノ又沢 21

早速ビールやお酒を冷やします♪

これで、二人分です。ちなみに内訳は…
ビール4本、日本酒900ml、ワンカップ、
ブランディーです。

2013年8月17日撮影
大深沢 関東沢〜北ノ又沢 22

その後、大深沢をちょっと下降して…
タラさんにとって念願の「ナイヤガラの滝」
を見に行きます。

ナイヤガラもさることながら、そこに至る
までの広大で長大なナメも見ものです。

2013年8月17日撮影
大深沢 関東沢〜北ノ又沢 23

ここがナイヤガラの滝の滝頭です。

どうやって滝下へ降りようか?
懸垂下降の支点を探します。

2013年8月17日撮影
大深沢 関東沢〜北ノ又沢 24

ブッシュ2か所より支点を取り分散、さらに
振られ防止にもう一か所ビナを通しました。

30mロープダブルだと下まで届かない可能性が
ありましたので、シングル懸垂しました。
左上、これから降りようとするタラさんです。

2013年8月17日撮影
大深沢 関東沢〜北ノ又沢 25

左岸側よりナイヤガラの滝を望む。
まるで「水のカーテン」のようです。

2013年8月17日撮影
大深沢 関東沢〜北ノ又沢 26

ナイヤガラの滝にてタラさんです。


2013年8月17日撮影
大深沢 関東沢〜北ノ又沢 27

往路を戻り三又へ。
再び広大なナメを楽しめます。

2013年8月17日撮影
大深沢 関東沢〜北ノ又沢 28

三又の天場に到着後、早速乾杯です♪
アブがいなくて快適です!

2013年8月17日撮影
大深沢 関東沢〜北ノ又沢 29

整地する必要が全くないほど
真っ平らな三又の天場です。

テント2張りが限界といったところでしょうか。

2013年8月17日撮影
大深沢 関東沢〜北ノ又沢 30

さっそく焚火です♪

そうそう、薪をここまで上げるのに
ちょっと苦労しました…(^^ゞ。

ザイルを使って急斜面を引っ張り上げました。
「何のことやら…?」とお思いでしょうが、
行けば「その意味」が分かります。

2013年8月17日撮影
大深沢 関東沢〜北ノ又沢 31

タラさんが作ってくれたまずは一品目!
お酒のつまみにピッタリ♪(^o^)

2013年8月17日撮影
大深沢 関東沢〜北ノ又沢 32

これも美味しかった〜♪(^o^)
このスパゲッティーがメインディッシュと思いきや…


2013年8月17日撮影
大深沢 関東沢〜北ノ又沢 33

何やらまた作り始めるタラさん。
何が出来るのやら、楽しみ〜!

2013年8月17日撮影
大深沢 関東沢〜北ノ又沢 34

メインディッシュはチジミとのこと。
イカやエビが入っていて美味しかったです♪
ふぅ〜お腹いっぱい!

ご馳走様でしたぁ〜!

2013年8月17日撮影
大深沢 関東沢〜北ノ又沢 35

あとは、ひたすら飲むだけ…。
朝晩は肌寒いほどでした。
八幡平はすっかり「秋」って感じです。

特に稜線上は、風が強く寒かったです。

2013年8月17日撮影
大深沢 関東沢〜北ノ又沢 36

ほろ酔い気分に〜!夜も更け…
寝たのは9時頃でしょか、記憶にありません(^^ゞ。

2013年8月17日撮影

大深沢 関東沢〜北ノ又沢 37

朝はご飯を炊いて〜!
熱々の御飯にメンマを混ぜて
さらにインスタントの卵スープ掛けます。

タラさんの新作メニュー!だとか。
とっても美味しかったです♪
これなら私でも作れそうです。

2013年8月18日撮影
大深沢 関東沢〜北ノ又沢 38

本日は北ノ又沢を遡行します。

北ノ又沢もまた美しいナメが
続いて綺麗でした♪(^o^)

2013年8月18日撮影
大深沢 関東沢〜北ノ又沢 39

1040m右岸枝沢に掛かる見事な滝です。


2013年8月18日撮影
大深沢 関東沢〜北ノ又沢 40

左上に見えるのがその1040m枝沢の滝です。
本流は右ですが、そこにも滝が掛かっています。
その滝を登るタラさんです。

下の写真がその1040mで
「両門の滝」状態になっています。
本流は右です。

2013年8月18日撮影
大深沢 関東沢〜北ノ又沢 41
大深沢 関東沢〜北ノ又沢 42

プチナイヤガラの滝です。
大深沢は、このような幅広い滝が多いです。

2013年8月18日撮影
大深沢 関東沢〜北ノ又沢 43

1250mから100mほど急登が続きます。

ここの岩、結構滑ります。
その後、タラさんも転倒…。

2013年8月18日撮影
大深沢 関東沢〜北ノ又沢 44

1360mの枝沢からツメる予定でしたが、
いくら探しても見つかりませんでした。
温暖化で、きっと消失したのでしょう。

2013年8月18日撮影
大深沢 関東沢〜北ノ又沢 45

よって、さらに一本上の1370m
右岸枝沢からツメることにしました。

20分ほど蛇行しながら沢形が続きました。
水が涸れてからは約20分ヤブを漕いで登山道
に出ました。部分的に濃いヤブもありましたが、
概ね「かわいい」部類のヤブ漕ぎだと思います。

2013年8月18日撮影
大深沢 関東沢〜北ノ又沢 46

八幡平・樹海ラインの車デポ地に戻ってきました。
下山後は、松川温泉・松川壮にて入浴。
久し振りに訪れたのですが、中が改装されていて
お風呂も立派になっていました(500円)。

今回の周遊コース、まさに癒しの「デート沢」
って感じでした。お勧め ◎ かも、です。

2013年8月18日撮影
大深沢 関東沢〜北ノ又沢 47 ※クリックで拡大
<2013年8月17日(土)>  行動時間 7時間 (休憩時間含む)
樹海ライン赤川入渓点(7時35分)〜大深山荘(8時25分)〜関東沢下降点(11時)〜関東沢(11時15分)〜
1040m枝沢(12時35分)〜天狗湿原(12時50分)〜東ノ又沢に合流(13時15分)〜三又(13時20分)〜
休憩&設営後ナイヤガラの滝(14時5分)〜三又帰着(14時35分)

<2013年8月18日(日)>  行動時間 3時間 45分(休憩時間含む)
三又(5時50分)〜1,130m二俣(6時30分)〜1,370m二俣(7時50分)〜登山道(8時30分)〜
樹海ライン・赤川入渓点(9時35分)

目次へ戻る HOMEへ戻る