国見〜貝吹岳 1

笹森山の登山口は、国見温泉・石塚旅館
さんの真正面にあります(案内板なし)

貝吹岳、今まで幾度も登っている山ですが
積雪期(冬〜春)にしか登ったことがあり
ませんでした。登山道がなく積雪期にしか
登れない山だと、ず〜っと思っていたのです。


2017年6月6日撮影
国見〜貝吹岳 2

石塚旅館を下るり沢を徒渉し笹森山へ。

ところが、無雪期でも登れることを知りビックリ!
10年ほど前に切り開かれた登山道があるという。
し、し、知らなかった…。

2017年6月6日撮影
国見〜貝吹岳 3

しかも、こんな立派な登山道です。

毎年刈払いがされているようですが、
道中、道標はまったくありません。
さらに東北電力の巡視路が交差しているので
間違わないように気を付ける必要があります。

2017年6月6日撮影
国見〜貝吹岳 4

昨日まで数日間、雨が降り続いていました。
今日は久し振りの快晴で雲海が見れました♪
遠方に早池峰山を臨みます。

2017年6月6日撮影
国見〜貝吹岳 5

笹森山の山頂付近は、シラネアオイが
咲き乱れていました。

2017年6月6日撮影
国見〜貝吹岳 6

笹森山の山頂にはこのような
反射板?があります。

国見温泉から30〜40分で登れ
展望が素晴らしい山です。

2017年6月6日撮影
国見〜貝吹岳 7

笹森山から目指す貝吹岳を望みます。

全行程でラジオや熊除け鈴や笛の音、
人の叫び声は当たり前!爆竹はバンバン
鳴り響いているし、けたたましいサイレン音
にもビックリ!皆さん、熊対策で音を鳴らし放題!
かなり騒々しい感じでした。

2017年6月6日撮影
国見〜貝吹岳 8

秋田駒ケ岳をズームアップ!

先月(5月27日)、同じ仙北市でタケノコ採り中に
61歳の女性が熊に襲われ亡くなったばかり
なのですから、警戒する気持ちもわかります。
まさに命がけのタケノコ採り!ですね。

2017年6月6日撮影
国見〜貝吹岳 9

その笹森山の山頂から鳥海山がバッチリ
見えました♪(^_-)-☆ 鳥海山は、まだまだ
真っ白で雪が一杯です。

2017年6月6日撮影
国見〜貝吹岳 10

再び秋田駒ケ岳の雄姿の望みます。
この日は、移動性高気圧に覆われ
雲ひとつない最高のお天気でした!

2017年6月6日撮影
国見〜貝吹岳 11

国見峠にある石柱です。
「従是北東盛岡領」と書いてあります。
(これよりほくとうもりおかりょう)
盛岡藩の藩境を示す石標のようです。

江戸時代〜明治8年まで使われていた
秋田街道で、江戸時代の街道です。

2017年6月6日撮影
国見〜貝吹岳 12

遠方に岩手山を望みます。


2017年6月6日撮影
国見〜貝吹岳 13

ヒヤ潟の側、ここで旧国道46号線と合流します。
昭和38年から52年まで利用されていました。
(現在の仙岩トンネル以前のR46)旧秋田街道。
結局14年間しか利用されなかった道路です。
ちなみに冬期はゲートが締まり通行止め。

2017年6月6日撮影
国見〜貝吹岳 14

ヒヤ潟です。
秋田・岩手の県境の稜線上にある潟(沼・池
)ヒヤ潟は、国見峠・仙岩峠の名所。
明治時代の道は国見峠を通らずヒヤ潟から下る。

2017年6月6日撮影
国見〜貝吹岳 15

昭和38年に開通された昭和の旧秋田街道。
建設大臣・河野一郎書による仙岩峠開通記念碑
ヒヤ潟の畔にほっそり建つ。

2017年6月6日撮影
国見〜貝吹岳 16

明治8年から昭和38年まで使われていた
旧秋田街道です。まさに林道ですね。

私が1歳と時まで使われていたのだと
思うと、ほんとビックリします。

2017年6月6日撮影
国見〜貝吹岳 17

ここは秋田領と盛岡領の藩境の稜線上にあり、
大正時代の地図に描かれた最も上にある。
助小屋交易の行われた場所と考えられる。

2017年6月6日撮影
国見〜貝吹岳 18

目指す貝吹岳が近づいて参りました。


2017年6月6日撮影
国見〜貝吹岳 19

驚いたこと…タケノコ採りの皆さん、
バイクや自転車で登山道や林道を走って
いるのですよ〜!バイクはわかりますが、
自転車の場合、歩いた方が速いのではないか!
と思ってしまいました。

2017年6月6日撮影
国見〜貝吹岳 20

仙岩峠にある標柱「これより秋田領」。

明治維新とともに、藩制度が消滅して
県が生まれると、人々の交流は盛んになり文明
開化によって馬車や人力車の交通も始まった。

人と馬の通行が主で急な坂道の多い国見峠は、
時代の交通に合わなくなってきた。

2017年6月6日撮影
国見〜貝吹岳 21

そのため明治9年秋田と岩手両県によって
人力車や馬車、荷車が通行できる新しい
峠道が拓かれた。この峠道は同9年に、
盛岡から秋田へ向かい人力車で越えて
いる内務卿「大久保利通」によって
「仙岩峠」と命名された。

2017年6月6日撮影
国見〜貝吹岳 22

貝吹岳の山頂までもうちょっと!

2017年6月6日撮影
国見〜貝吹岳 23

ヒヤ潟から貝吹岳の山頂直下までは
林道ですが、ここより山道に変わります。

2017年6月6日撮影
国見〜貝吹岳 24

歩き始めて2時間20分で山頂に到着です♪
秋田駒ケ岳が真正面に見えます。

とても展望に優れた山頂です。

2017年6月6日撮影
国見〜貝吹岳 25

山頂から岩手山を望みます。


2017年6月6日撮影
国見〜貝吹岳 26

山頂から地森方面を望みます。


2017年6月6日撮影
国見〜貝吹岳 27

山頂から和賀山塊を望みます。


2017年6月6日撮影
国見〜貝吹岳 28

山頂から田沢湖を望みます。


2017年6月6日撮影
国見〜貝吹岳 29

山頂から眼下に現在の国道46号線を望みます。

旧秋田街道の歴史を知りたい方は、
HP「山さ行がねが」をご覧くださいませ。
よくぞまぁ〜ここまで調べ上げたものだ!
と感心しました。

2017年6月6日撮影
国見〜貝吹岳 30

貝吹岳の下りで秋田駒ケ岳を望みます。

また『国見峠・仙岩峠物語』のHPも
大変参考になりました。

2017年6月6日撮影
国見〜貝吹岳 31

ヒヤ潟より昭和38年から52年まで14年間
利用されていた(現在の仙岩トンネル以前
の旧 R46)旧秋田街道を下ります。

2017年6月6日撮影
国見〜貝吹岳 32

ちょうどタケノコ採りのシーズンで
旧秋田街道のゲート前は路上駐車で
溢れていました。

2017年6月6日撮影
国見〜貝吹岳 33

車道を歩き国見温泉の駐車場に到着!
全行程3時間50分、良い散歩コースでした。

今回歩いてみて、積雪期とはまったく雰囲気が
異なることに驚き、新鮮な気持ちになりました。
全行程の6〜7割は林道と車道歩きに終始し
ますが、それでも楽しい山行となりました♪

2017年6月6日撮影
国見〜貝吹岳 34

下山後は、やまなか家(冷麺・焼肉のお店)にて
「平日・500円ランチ」メニューの
「半冷麺+ライスセット」を頼みました。

2017年6月6日撮影
国見〜貝吹岳 35

雫石のR46号を通るたびに気に
なっていたのですよ!

「平日500円ランチ」の看板をね。

2017年6月6日撮影
国見〜貝吹岳 36

さすがに500円では焼肉は付きませんが、
熱々のごはんにやまなか家秘伝のタレ(焼肉用)
を掛けて食べた所、とっても美味しくって、
まるで焼肉を食べた気分になりました♪

2017年6月6日撮影
国見〜貝吹岳 33 今回のGPSのトレースです
<2017年6月 6日(火)>
行動時間 合計 3時間 50分(休憩時間含む) / 登り:2時間 20分 下り: 1時間 30分

国見温泉(6時50分)〜笹森山(7時30分)〜国見峠(7時40分)〜ヒヤ潟(8時10分)〜
仙岩峠(8時40分)〜貝吹岳(9時10分)〜ヒヤ潟(10時)〜旧国道46号〜国見温泉(10時40分)

目次へ戻る HOMEへ戻る