栗駒山・麝香熊沢 1

9月30日(土)仕事が終わった後出発!
アプローチは、宮城県は築館よりR398へ
入り、花山湖経由温湯温泉を経て湯浜温泉へ。

この湯浜温泉の入り口は栗駒山の登山道
入り口でもあり、広い駐車場があります。
今宵はここにテントを張らせてもらい、
一人宴会しました♪今回は単独行です。

2006年10月1日撮影
栗駒山・麝香熊沢 2

これが「ランプの宿」として有名な
湯浜温泉の三浦旅館です。

ここから始まる湯浜コースは、栗駒山頂上まで
登り標準タイムが4時ほどになっていて
静かな登山を楽しめるコースです。

2006年10月1日撮影
栗駒山・麝香熊沢 3

今回は、栗駒山山頂付近に突き上げる
麝香熊沢(じゃこうくまさわ)を遡行しに
やって参りました。

入渓地点は、駐車場より徒歩3分ほど。
このコンクリートの橋より沢へ入りました。

2006年10月1日撮影
栗駒山・麝香熊沢 4

入渓そうそう、広大なゴーロ歩きから
始まります。ここの岩はフリクションが
バッチリききます。

歩けど歩けどゴーロが続きますが、
明るく開けた川原で気持ちいいです♪
でも長かったなぁ〜!(^_^;)

2006年10月1日撮影
栗駒山・麝香熊沢 5

歩き始めて45分で赤沢出合の二俣に到着し
さらにそこから20〜30分ほど遡行すると
この沢の核心部、ゴルジュ帯に到着♪

実はこの写真の下に写っている釜の
下に、もうひとつ大きな釜があります。
その最初の大きな釜を右よりヘツり、
そして、右へ左へと突破してみました。

ネットの遡行記録によると、ここは
高巻く人が多いようです。


2006年10月1日撮影
栗駒山・麝香熊沢 6

これは上の写真の中間あたりの小滝の
上から下流に向かって撮影したものです。

ここのお釜、結構深かったです。
水には浸からず、側壁を上手く利用して
突破できました。


2006年10月1日撮影
栗駒山・麝香熊沢 7

上の写真No.5の最上部に見える滝がコレです。
ここは滝の左側より取り付き登りました。
落口がちょっといやらしいです。

この滝を越えた後も、ゴルジュは続きます。


2006年10月1日撮影
栗駒山・麝香熊沢 8

それがコレです。
最後の釜だけは突破できず、左岸より
高巻きました(踏み跡あり)。
ゴルジュ帯の出口より下流部を撮影。

おぉぉ〜!面白くなってきたぞぉ〜!
と喜んだのも束の間、その後
またしばらくゴーロ歩きが
続きました。(^_^;)


2006年10月1日撮影
栗駒山・麝香熊沢 9

しかし、長〜いゴーロ歩きの中、
このようなプチゴルジュもあり
それなりに楽しかったです。


2006年10月1日撮影
栗駒山・麝香熊沢 10

ふぅ〜!1:1の960M二俣に到着♪
ここはナメ床が綺麗でしたよ。

遡行開始してからちょうど2時間でした。
本日は5時30分に出発したので
ここに到着したのが7時30分でした。


2006年10月1日撮影
栗駒山・麝香熊沢 11

この960Mの二俣の左俣の方は
このようなナメ滝がかかっています。

右俣は巨岩のゴーロで、左俣へ
行きたくなってしまいますが、
ここは巨岩のゴーロ、右俣へ入りま〜す!


2006年10月1日撮影
栗駒山・麝香熊沢 12

右俣は入るとしばらくゴーロが続きますが
1,090M枝沢の出合を過ぎたあたりから
次から次へとナメと滝が連続し
楽しませてくれます。

とても綺麗な渓相で心が癒される
ところですよ♪(^^)


2006年10月1日撮影
栗駒山・麝香熊沢 13

次から次へと出てくる滝の対応に
忙しいですが、ほぼ全ての滝が
快適に直登出来て、楽しいです♪

この滝は、右より直登(容易)しました。
フリクションはバッチリです!


2006年10月1日撮影
栗駒山・麝香熊沢 14

朝日がナメを照らしウットリするほど
美しかったです♪(^^)


2006年10月1日撮影
栗駒山・麝香熊沢 15

広大ナメで、まるで日本庭園を思わせる
ような美しいところでした♪(^^)
遡行していて楽しいところです。


2006年10月1日撮影
栗駒山・麝香熊沢 16

この滝は、左より超えました。


2006年10月1日撮影
栗駒山・麝香熊沢 17

次から次へと現れる滝に
心が躍ります♪
しかも、快適に登れる滝ばかり♪(^^)
ニヤニヤが止まりませんなぁ〜!

2006年10月1日撮影
栗駒山・麝香熊沢 18

この滝も快適に登れます♪(^^)


2006年10月1日撮影
栗駒山・麝香熊沢 19

ここはホント気持ちのよいところでした♪
広大なナメ滝で天国的に美しく
歩くのがもったいな〜い!って
思ったほどなんですよ。


2006年10月1日撮影
栗駒山・麝香熊沢 20

まるで舗装道路のようなナメが・・・
快適、快適♪(^^)


2006年10月1日撮影
栗駒山・麝香熊沢 21

これは1,250M付近です。
このように上部も明るく開けていて
開放的な沢でした。

夏なら高山植物が咲き乱れるところでしょうね♪

2006年10月1日撮影
栗駒山・麝香熊沢 22

ここが1,270Mの二俣で、左俣を
撮影したものです。
ここを間違えると、とんでもない
ヤブ漕ぎを強いられそうです。

ここで単独行の方と出会い
ビックリ致しました。
この二俣は、より登山道に近い
左俣へと入りま〜す!

2006年10月1日撮影
栗駒山・麝香熊沢 23

1,270Mの二俣を左に入った後も
このようにナメが続きま〜す!

ヤブは低く、景色を楽しみながら
のんびりとナメ歩き・・・♪(^^)
お天気もよくって、気分は最高!


2006年10月1日撮影
栗駒山・麝香熊沢 24

このまま登山道に出てくれればなぁ〜!
と願いつつも、甘かったぁ〜!
1,350Mあたりより真北にヤブを漕ぐこと
約30分、たかだか40M歩くのに
30分もかかってしまいました。

背丈が没するほどの凄い笹薮でした(^_^;)。
これは登山道に出た時に撮影した紅葉。
960Mの二俣より登山道まで3時間。

2006年10月1日撮影
栗駒山・麝香熊沢 25

御駒ケ岳の山頂付近、天馬尾根の
登山道(1,390M)に出ました。

狙い通り、ルートファインディングはバッチリ!
周りを見渡せば、物凄い紅葉でウットリ♪
綺麗だなぁ〜♪(^^)

2006年10月1日撮影
栗駒山・麝香熊沢 26

これは御駒ケ岳(1,573M)付近より
見た光景です。

山の上部はすっかり紅葉していて
今が旬!って感じでしたよ♪

2006年10月1日撮影
栗駒山・麝香熊沢 27

これも御駒ケ岳付近で撮影したものです。
右上に須川コースにある昭和湖が見えます。

2006年10月1日撮影
栗駒山・麝香熊沢 28

秣(まぐさ)岳(1,424M)を望みま〜す!
この日は日曜日ということもあってか
物凄い登山者の数でした。


2006年10月1日撮影
栗駒山・麝香熊沢 29

須川分岐より湯浜コースへと下ります。
この湯浜コースは長いルートですし、
登山者はほんの数名しか会いませんでした。
静かなコースで気に入りましたよ♪

いやはや、秋の空ですねぇ〜!(^^)

2006年10月1日撮影
栗駒山・麝香熊沢 30

湯浜コースを下山中に栗駒山(1,627.4M)
を望む。山頂付近はおびただしい人、人、人。

紅葉がとても綺麗でした♪(^^)

2006年10月1日撮影
栗駒山・麝香熊沢 31

この湯浜コース、このような大きな
湿原が広がっており、とても快適♪
素晴らしい光景でしたよ!

夏のシーズンは高山植物が凄いだろうなぁ〜!

2006年10月1日撮影
栗駒山・麝香熊沢 32

これもその湿原で〜す!
黄金色に輝き、ウットリ♪(^^)


2006年10月1日撮影
栗駒山・麝香熊沢 33

ふぅ〜!やっと下山!
湯浜温泉の直ぐ近くにある上滝です。
高さはありませんが、幅広の滝でした。
今回は、遡行に5時間、下山に3時間で
合計8時間の行動でした。

下山は写真撮影をしながらのんびりと降りました。

2006年10月1日撮影
栗駒山・麝香熊沢 34

湯浜温泉で車を回収した後、帰路はR398を
そのまま北上し須川→真湯温泉→一関→盛岡
のルートで帰宅いたしました。

帰りの途中に真湯温泉で入浴!
390円なり♪めでたしめでたし!

2006年10月1日撮影

目次へ戻る HOMEへ戻る