小和瀬川・湯ノ又沢右俣〜大倉沢 1

今日は盛岡RCCの皆さんと来ました♪
久し振りに大人数、5名で遡行します。

滝沢村役場に5時集合し小和瀬へ。
下山口の中ノ又林道終点に車をデポ
した後、湯ノ又林道を進むも、道路が
荒れていて通行不能状態(RV車は可)!
ここより林道を歩き始めます。
湯ノ又林道に入り3.3K進んだところです。

2011年9月10日撮影
小和瀬川・湯ノ又沢右俣〜大倉沢 2

林道終点まで約5.4k、1時間15分も歩くハメに!
これはまったく想定外でした(^^ゞ。

林道終点には管理小屋があります。
その左脇を通り沢へ降ります。

2011年9月10日撮影
小和瀬川・湯ノ又沢右俣〜大倉沢 3

梯子を下り、湯ノ又沢へと降ります。
2005年以来、6年振りの再訪です。

前回は、時間切れで敗退したため、
今回はリベンジ山行なんです。

シトシト小雨降る中、遡行します。

2011年9月10日撮影
小和瀬川・湯ノ又沢右俣〜大倉沢 4

最初に出てきた滝がコレ!
5mほどの小滝です。

右(左岸)から容易に登れます。

2011年9月10日撮影
小和瀬川・湯ノ又沢右俣〜大倉沢 5

その小滝を超えると、沢幅が細くなり
両岸狭く、ゴルジュの渓相に…。

この湯ノ又沢、登山大系に記載されています。
しかし、ネットで検索しても遡行記録が出て
きません(2005年に敗退した私の記録のみ)。

どんな沢か?ワクワク
ドキドキしながらの入渓です。

2011年9月10日撮影
小和瀬川・湯ノ又沢右俣〜大倉沢 6

溝のようなプチ・ゴルジュ帯を
快適に登っていきます。

2011年9月10日撮影
小和瀬川・湯ノ又沢右俣〜大倉沢 7

そのプチゴルジュ帯の上には
3mほどのナメ滝が…

ここは右(左岸)より登りました。

2011年9月10日撮影
小和瀬川・湯ノ又沢右俣〜大倉沢 8

その小滝を登るヤマメさんです。

今年より本格的に沢登りにハマったという
ヤマメさんですが、なかなかどうして、
安定した登り方を拝見すると、
ベテランに見えますよ♪

2011年9月10日撮影
小和瀬川・湯ノ又沢右俣〜大倉沢 9

二万五千図にも記載されている「三階ノ滝」です。

一段目は32m、二段目は8mほどあります。
よって、30mザイルだと2mほど足りないです。
ザイル要。

2011年9月10日撮影
小和瀬川・湯ノ又沢右俣〜大倉沢 10

その三階の滝の一段目は右壁を
快適に登れますが、一枚岩の為
途中支点のハーケンは打てません。
階段状で容易に登れますが、高度感あります。

32m登りきった右(左岸)に支点が取れる
しっかりした木があります。
2005年に遡行した際に残置した
私のシュリンゲがありました。

2011年9月10日撮影
小和瀬川・湯ノ又沢右俣〜大倉沢 11

その三階ノ滝を登るヤマメさんです。
一枚岩の見事なナメ滝です。

この沢の岩質、フリクションばっちりです。

2011年9月10日撮影
小和瀬川・湯ノ又沢右俣〜大倉沢 12

これが三階ノ滝の二段目8mです。
ここは直登出来ず、左岸より小さく高巻きます。

2011年9月10日撮影
小和瀬川・湯ノ又沢右俣〜大倉沢 13

その三階ノ滝の最上段から下部を望む。
まっこと見事なナメ滝です♪

2011年9月10日撮影
小和瀬川・湯ノ又沢右俣〜大倉沢 14

三階ノ滝を超えると、深い釜を持った
3mほどの滝が出てきました。

ここは右岸より越えました。
左側に人がいるの、わかるかな?

2011年9月10日撮影
小和瀬川・湯ノ又沢右俣〜大倉沢 15

最初の難所は、コレ!ザイル要。

高巻きは不可能なため、登るしかありません。
高さにして6〜7mほどでしょうか…。

2011年9月10日撮影
小和瀬川・湯ノ又沢右俣〜大倉沢 16

ここは左の滝を直登しました(私)。
前回(2005年)も同じところを登っています。


2011年9月10日撮影
小和瀬川・湯ノ又沢右俣〜大倉沢 17

その滝、出口がハングしていますが、
どうにか登れます。

その滝の上の左側(右岸)に
確保用の支点が取れる木があります。

この沢は、一枚岩の所が多く、
支点が取れる木は、希少価値です。

2011年9月10日撮影
小和瀬川・湯ノ又沢右俣〜大倉沢 18

次なる難所はコレ!

一段目は6m、二段目も6mほどでしょうか。
これが結構しょっぱく大変でした(^^ゞ。

一段目、二段目ともザイル要。

2011年9月10日撮影
小和瀬川・湯ノ又沢右俣〜大倉沢 19

その滝の一段目は、手足のツッパリで
ボルダームーブで登ります。

華麗なムーブで登るY君です。
ここはフリークライミングをしている人
であれば、問題なく登れると思います。

後続をビレーする支点は取れず、
深い釜に腹まで浸かってボデービレーです。

2011年9月10日撮影
小和瀬川・湯ノ又沢右俣〜大倉沢 20

難関はその直ぐ上の二段目の滝です。

実はその一段目の滝頭、下の写真22でして
深い釜になっています。その一段目上から
見た二段目の滝が、コレです。

若手のホープY君が左壁から登ろうと試みますが
ダメでした。よって、肩まで深い釜に浸かりながら
右側のラインで突破。ザイルの先にY君が
小さく見えます。


2011年9月10日撮影
小和瀬川・湯ノ又沢右俣〜大倉沢 21

さすがに「肩まで水に浸かるのは勘弁…」
ということで、リードしたY君に左壁側(右岸)に
ザイルを回してもらいました。

その左壁をボルダーチックに登るK君です。

2011年9月10日撮影
小和瀬川・湯ノ又沢右俣〜大倉沢 22

実はその左壁、上から見るとこんな感じです。
テロテロの一枚岩でホールドがありません。
ロープがあっても登れたものではありません。
若手のホープ、K君は登りましたが…。
それが上の写真21です。

おじさん組には絶対無理です!
ユマールを使って人工登攀ですよ…

2011年9月10日撮影
小和瀬川・湯ノ又沢右俣〜大倉沢 23

その後も、いやらしい小滝が連続します。
お助け紐で登るヤマメさんです。

雨の中のシャワークライミング、
まるで修行僧のようです。

2011年9月10日撮影
小和瀬川・湯ノ又沢右俣〜大倉沢 24

この滝は6〜7mほどでしょうか。
右壁をフリクションで登れます。

一見登れなさそうに見えますが、
この沢の岩、フリクションがバッチリなんです!
よって、多少傾斜の強い滝でも
グイグイとスメアで登れちゃいます。

2011年9月10日撮影
小和瀬川・湯ノ又沢右俣〜大倉沢 25

その上の写真の滝を登る
若手のホープ、K君です。


2011年9月10日撮影
小和瀬川・湯ノ又沢右俣〜大倉沢 26

その先は、両岸狭まりゴルジュ帯となりますが、
水線通しに突破できます。

これはヤマメさんです。
上の写真K君と服装が同じため、
似ていますが、K君のザックは黒、
ヤマメさんのザックは赤です。
ザックの色で判別して下さいね。

2011年9月10日撮影
小和瀬川・湯ノ又沢右俣〜大倉沢 27

快適にそのゴルジュ帯の中を進んでいきます。

この沢、水に浸かるところが結構多く、
盛夏の晴天時の遡行がお勧めです。


2011年9月10日撮影
小和瀬川・湯ノ又沢右俣〜大倉沢 28

このような樋状の小滝も。
おっと、これは私ですね(^^ゞ。

そのままへつり、ツッパリで超えました(容易)。

2011年9月10日撮影
小和瀬川・湯ノ又沢右俣〜大倉沢 29

困難な滝やゴルジュのが続く中で
貴重な河原です。心が和みます♪

2011年9月10日撮影
小和瀬川・湯ノ又沢右俣〜大倉沢 30

高巻きは厳しく、水線突破です!

とはいうものの、
ここは容易に登れます。


2011年9月10日撮影
小和瀬川・湯ノ又沢右俣〜大倉沢 31

上の写真の滝を登る若手のホープ
K君とY君です。若いって素晴らし〜い!

おじさん達にも、若い時期があったんだぞっ!

2011年9月10日撮影
小和瀬川・湯ノ又沢右俣〜大倉沢 32

ここの滝も高巻きは厳しくシャワークライミングで
登るハメになりました。結構水を被り大変!

雨&シャワーで、寒いのなんのってぇ〜!
華麗なムーブで登るY君です。
ザイル要。


2011年9月10日撮影
小和瀬川・湯ノ又沢右俣〜大倉沢 33

その滝を、頭から水を被り
ながら登るヤマメさんです。

この登攀で、体が芯まで冷えました(^^ゞ。

2011年9月10日撮影
小和瀬川・湯ノ又沢右俣〜大倉沢 34

これも8mほどの滝でした。
テロテロの一枚岩で登れません。

よって、左岸より高巻きます。

2011年9月10日撮影
小和瀬川・湯ノ又沢右俣〜大倉沢 35

上の滝の高巻き地点です。
左にいるのは私です。

雨で草付斜面の泥壁は滑る滑るぅ…(^^ゞ。
安全を期してザイルを出しました。

2011年9月10日撮影
小和瀬川・湯ノ又沢右俣〜大倉沢 36

その上にはこのような滝が…。
10m以上あったかな?

記憶が曖昧ですが、高巻いた
記憶がないので、直登したと思います。

2011年9月10日撮影
小和瀬川・湯ノ又沢右俣〜大倉沢 37

この滝も結構ボルダーチックでした。
一枚岩の為、ハーケンは打てません。

この滝、7〜8mほどでしょか…。
小滝ですが、侮れません。
ザイル要。

2011年9月10日撮影
小和瀬川・湯ノ又沢右俣〜大倉沢 38

上の写真の滝を落ち口から望む。


2011年9月10日撮影
小和瀬川・湯ノ又沢右俣〜大倉沢 39

おぉぉ〜!でっかい滝だなぁ〜♪
登山大系に記載されている35m滝に違いない!

下にいるのは、メンバーの
行く手を見守る私です。

2011年9月10日撮影
小和瀬川・湯ノ又沢右俣〜大倉沢 40

その35mの滝下にて。


2011年9月10日撮影
小和瀬川・湯ノ又沢右俣〜大倉沢 41

その35m滝は登れそうになく左岸より
小さく高巻きました。

急傾斜のうえ、雨でドロドロに
なった土が滑るのなんのってぇ〜!
ブッシュ掴んでの腕力登攀ですよ…。

2011年9月10日撮影
小和瀬川・湯ノ又沢右俣〜大倉沢 42

その35m滝を超えると急峻なナメ滝が
連続し一気に高度を稼いでくれます。

ここまで来ると難しい滝はなく
快適に直登出来ました♪

2011年9月10日撮影
小和瀬川・湯ノ又沢右俣〜大倉沢 43

960mの二俣です。
この時点で雨、本降りでした(^^ゞ。

左俣は本流で倉沢山の北西尾根1,230mに
突き上げます。我々は右俣を進み倉沢山の
南西尾根1,070mコルを目指します。

時間がない時に考えておいた
ショートカットルートです。

2011年9月10日撮影
小和瀬川・湯ノ又沢右俣〜大倉沢 44

その上も傾斜の強い見事なナメ滝が続きます。


2011年9月10日撮影
小和瀬川・湯ノ又沢右俣〜大倉沢 45

倉沢山に続く枝尾根に出ました!

そこより1,070mコルを目指し
40mほどヤブを下りました。


2011年9月10日撮影
小和瀬川・湯ノ又沢右俣〜大倉沢 46

もう直ぐ下降予定の大倉沢源頭部です。


2011年9月10日撮影
小和瀬川・湯ノ又沢右俣〜大倉沢 47

は〜い!これが大倉沢の源頭部です。
ここより大倉沢を下ります。

傾斜の強い一枚岩(ナメ)の斜面が続きます。
しかし、懸垂下降することなく、ブッシュに
掴みながらどうにか下れました。

2011年9月10日撮影
小和瀬川・湯ノ又沢右俣〜大倉沢 48

急傾斜のナメ滝も下り終わり
傾斜も緩くなり、ホッと一安心♪


2011年9月10日撮影
小和瀬川・湯ノ又沢右俣〜大倉沢 49

大倉沢をどんどん下っていきます。


2011年9月10日撮影
小和瀬川・湯ノ又沢右俣〜大倉沢 50

時にはこんな難所?も〜!
落ちてもドボンで済みますので安心です♪

2011年9月10日撮影
小和瀬川・湯ノ又沢右俣〜大倉沢 51

大倉沢、下るにつれてどんどん
沢幅が大きくなっていきます。

2011年9月10日撮影
小和瀬川・湯ノ又沢右俣〜大倉沢 52

さらに下っていきます。
綺麗なナメ滝が続きます♪

お天気が良ければ最高だろうなぁ〜♪

2011年9月10日撮影
小和瀬川・湯ノ又沢右俣〜大倉沢 53

もう直ぐ本流の中ノ又沢に合流します。


2011年9月10日撮影
小和瀬川・湯ノ又沢右俣〜大倉沢 54

中ノ又沢に合流するちょい手前に
取水口があり、そこに道があります。

水路を管理する道だと思われます。

2011年9月10日撮影
小和瀬川・湯ノ又沢右俣〜大倉沢 55

それがコレ!
この道を辿ること、約1時間で
中ノ又林道終点の車デポ地に到着します。

中ノ又沢560m枝沢出合付近
(点検道の中間地点)で、突然道が
無くなりますが、枝沢を下っていくと
また道が現れます。

2万5千図の青い点線が北に
方向を変える場所がそうです。
下の「GPSのトレース」を見ればわかります。

2011年9月10日撮影
小和瀬川・湯ノ又沢右俣〜大倉沢 56

雨の遡行で大変でしたが、ボルダーチックな
滝とゴルジュが連続し、楽しませてくれました♪

今日の自分へのご褒美はコレです!

RCCの皆さん、ありがとうございました♪

2011年9月10日撮影
小和瀬川・湯ノ又沢右俣〜大倉沢 57  遡行ルート
小和瀬川・湯ノ又沢右俣〜大倉沢 58  実際のGPSのトレース ※クリックで拡大
<2011年9月10日(土)> 行動時間 8時間40分(休憩時間含む) コルまで6時間15分、下り2時間25分
湯ノ又林道3.3K林道崩壊地点(7時30分)〜林道終点(8時45分)〜730m枝沢(10府40分)〜
790m枝沢(11時10分)〜810m左沢出合(12時)〜960m二俣(13時15分)〜1070mコル(13時45分)
740m二俣(14時45分)〜中ノ又沢(15時10分)〜中ノ又林道終点(16時10分)

目次へ戻る HOMEへ戻る