森吉山 打当内沢左俣 1

アプローチ方法は、「打当内沢1」の方を
ご覧下さいませ〜!去年の敗退の経験を
活かし、今回ははじめから中流域より
遡行する計画を立てました。

昔、利用されていた植林用のかすかな
踏み跡をたどり、中流域を目指します。

2008年6月22日撮影
森吉山 打当内沢左俣 2

その植林用の踏み跡をたどること約30分、
打当内沢の中流域、630M付近に出ます。

この写真の滝上まで踏み跡が続いていました。

2008年6月22日撮影
森吉山 打当内沢左俣 3

入渓開始後、最初に出てきた滝です。
右壁を直登出来ます。
結構ヌメッていました…(^^ゞ。

2008年6月22日撮影
森吉山 打当内沢左俣 4

次に出てきた滝が、コレ!
右壁を直登出来そうにも見えましたが、
落ち口のトラバースがいやらしそう…。

ここは無理せず、左岸を高巻きました。

2008年6月22日撮影
森吉山 打当内沢左俣 5

この打当内沢の中流域は、滝が連続して
楽し〜い♪(*^_^*)

この滝は、左岸より小さく高巻きました。


2008年6月22日撮影
森吉山 打当内沢左俣 6

深い釜をもったナメ滝。
去年は右壁をへつりで超えましたが、
今年は左壁側より超えました。

2008年6月22日撮影
森吉山 打当内沢左俣 7

上の写真のナメ滝を登るくじ氏です。


2008年6月22日撮影
森吉山 打当内沢左俣 8

美渓ですねぇ〜♪(*^_^*)
一段目は左壁、二段目は右壁を登りました。

2008年6月22日撮影
森吉山 打当内沢左俣 9

左岸を小さく高巻けます。

次から次へと滝ができ来て
まったく飽きさせませ〜ん♪

2008年6月22日撮影
森吉山 打当内沢左俣 10

729Mの二俣です。
かなり順調なペースです。

この日は、猛暑でした…
お天気、晴れてくれて嬉しかったけど
ちと暑過ぎました…(^^ゞ

顔を洗うくじ氏


2008年6月22日撮影
森吉山 打当内沢左俣 11

その二俣より5分ほどでまたもや
大きな滝が〜!

20M以上はあると思います。
階段状なので直登も可能に見えましたが
かなりシャワーを被ります。
よって、ここは右岸より高巻きました。
去年は、ここで敗退したのでした。
ここから先は、私にとって未知の世界!

この滝を超えると、めっきり沢はおとなしくなり
ゴーロ歩きに…(^^ゞ

2008年6月22日撮影
森吉山 打当内沢左俣 12

私の高時計は850M…
なのに…下に続く

2008年6月22日撮影
森吉山 打当内沢左俣 13

このありさま…
まるで源頭部のよう…(^^ゞ
水はヒョロヒョロだし〜!

遡行距離は、まだ半分くらいなのに…
稜線までの標高差、まだ550Mもあるのに〜!
まだまだぁ〜!なのにこの渓相は一体…(^^ゞ

2008年6月22日撮影
森吉山 打当内沢左俣 14

え〜い!こうなったら、
パンでも喰ってやるぅぅ〜!

2008年6月22日撮影
森吉山 打当内沢左俣 15

ヌメヌメの急傾斜のゴーロ登りに
飽きたころ、1,015M付近で急に
沢が開けてきました〜♪(*^_^*)

いいぞ、いいぞ〜!と喜んでいたら…

2008年6月22日撮影
森吉山 打当内沢左俣 16

あらまぁ〜長大な雪渓が〜!
そして、その先には、屏風のような岸壁帯!
「岩壁の右側、水が流れてますが
あれって枝沢ですよね?」とくじ氏。
「うん、そうじゃないの〜!」と私。
1,050M付近にて。

2008年6月22日撮影
森吉山 打当内沢左俣 17

まずは目の前にあるズタズタの雪渓を
通過しなければ…

2008年6月22日撮影
森吉山 打当内沢左俣 18

スノーブリッジの崩壊後。
かなり巨大なブロックでした。

2008年6月22日撮影
森吉山 打当内沢左俣 19

ふぅ〜!無事雪渓を通過し、ぎょえ〜!
なんじゃこりゃ〜!枝沢だと思っていた
あの水の流れは、本流だった…(^^ゞ。
中央右寄りが大滝60M(に見えた)です。

目の前に立ちふさがる巨大な屏風状の
岸壁帯…高巻き、出来るのか…(^^ゞ
どうやって超えるんじゃ〜!
1,100M付近にて。

2008年6月22日撮影
森吉山 打当内沢左俣 20

その大滝の落ち口をズームで撮影してみました。
迫力満点、まさに圧巻でしたよ♪

2008年6月22日撮影
森吉山 打当内沢左俣 21

これは大滝の真下から撮影したもの。

登れそうにも見えましたが、ヌメリがひどく断念!
登るなら3ピッチかな〜?ルート、どこが
登れそうかな?って、じ〜っと観察する私。

でも、登る時間はないし、怖そうだし…(^^ゞ
え〜い、高巻いちゃえ〜!

2008年6月22日撮影
森吉山 打当内沢左俣 22

でも、どうやって高巻いていいのやら…

この大滝、あまりにも巨大過ぎて
一枚の写真に収まりませ〜ん!

よって、下と上を撮影し、二枚を
つなぎ合わせ、合成しました。

写真右下にいるのがくじ氏です。
この滝のスケールの大きさがわかる
と思います。


2008年6月22日撮影
森吉山 打当内沢左俣 23

この大滝&岸壁帯は右岸より岩壁の基部を
回り込み、ブッシュに突入し(かなりの急傾斜で
腕がパンプした)、本流に降り立ちました。

ルートファインディング大成功♪(*^_^*)
滝の落ち口近くに降りることができました。

高巻き中に大滝の写真を撮影するくじ氏。

2008年6月22日撮影
森吉山 打当内沢左俣 24

それがコレ〜!
ほとんど垂直に見えます。

あそこまで高巻くのかぁ…
遠い目…(^^ゞ

2008年6月22日撮影
森吉山 打当内沢左俣 25

これが大滝60Mの落ち口で〜す!
目がくらみそうですぅ〜!

巨大な雪渓が見えます。


2008年6月22日撮影
森吉山 打当内沢左俣 26

大滝を無事に超え、1,200M付近に
これまた滝が…。ちょっといやらし〜い!

スノーブリッジと滝…
慎重に突破しました。

2008年6月22日撮影
森吉山 打当内沢左俣 27

これも1,200M付近の滝で〜す。


2008年6月22日撮影
森吉山 打当内沢左俣 28

上の写真の滝を超えると、滝はなくなり
あとはせっせとツメるだけ…。

写真右上に森吉山が見えま〜す♪

2008年6月22日撮影
森吉山 打当内沢左俣 29

お疲れモードのくじ氏…。
私も結構疲れましたぁ〜!

この日は、炎天下で体がオーバーヒート
しそうな感じでした(^^ゞ。もう直ぐ稜線!

2008年6月22日撮影
森吉山 打当内沢左俣 30

1,300Mの最後の二俣を左に入り
ヤブ漕ぎ少々で中村登山道の
1,370Mに出ました。

車デポ地よりここまで約5時間。
結局ザイルは、一回も出しませんでした。

2008年6月22日撮影
森吉山 打当内沢左俣 31

お花のシーズン真っ盛り〜♪
登山道には高山植物がイッパ〜イ♪
イワカガミ

2008年6月22日撮影
森吉山 打当内沢左俣 32

高山植物、心が和みます♪


2008年6月22日撮影
森吉山 打当内沢左俣 33

中村登山道の1,040Mのコルより
枝沢を下降開始!ここが下降地点です。

え〜!炎天下の中、このヤブ、
突入するんですか…遠い目…(^^ゞ

この枝沢、超ヤブっぽくて〜

2008年6月22日撮影
森吉山 打当内沢左俣 34

さらに、ヌメリがひどい…(^^ゞ
滝を慎重に下るくじ氏。


2008年6月22日撮影
森吉山 打当内沢左俣 35

懸垂下降するくじ氏。
なんと、打当内沢に出る直前で
懸垂下降するハメに…
今回の遡行で唯一ザイルを出したところです。

2008年6月22日撮影
森吉山 打当内沢左俣 36

ふぅ〜!打当内沢へ出た!
この日は猛暑ということもあり、頻繁に
休憩をとりました。全行程、8時間も
かかっちゃいました(^^ゞ。
でも、とっても楽しかったですよ〜♪

2008年6月22日撮影
これが、今回の我々の遡行ルートです。

目次へ戻る HOMEへ戻る