栗駒山 産女川 1

2008年(平成20年)6月14日(土)午前8時43分
に発生した岩手・宮城内陸地震(震度7)により、
日本百名谷であり名渓中の名渓、栗駒山の
産女川は壊滅的なダメージを受けました。

現在も沢は土砂で埋まり遡行は困難を極めます。
今回は上流部より入渓し、被害状況を確認しに
行って参りました。
自宅を4時半に出発、朝焼けが美しかったです。

2011年10月8日撮影
栗駒山 産女川 2

6時半に須川温泉駐車場に到着した
ものの、既に満杯に近い状態でした。

10月の紅葉シーズンの三連休、
一番混む時期でもあります。

2011年10月8日撮影
栗駒山 産女川 3

名残ヶ原にて。
「本日を逃しては、今シーズンの偵察は無理だ!
今月末になると雪も降るし…。行くなら今日!」と、
半ば強行山行して参りました。

ここでいう「強行」という意味は、実は明日9日(日)
からも沢の予定が入っていまして…。
今日は単独で遡行して、明日からは宮城の沢を
仲間達と遡行!しかも私がリーダーなんです。
ちょっと?ハードスケジュールかも。

2011年10月8日撮影
栗駒山 産女川 4

てなわけで、「疲れが残らない程度に遡行しよう!」
明日からの沢の準備もしなくてはいけませんし、
やり残した仕事も片づけなければなりません。
夕方頃には帰宅できる時間で山行スケジュール
を組みました。

2011年10月8日撮影
栗駒山 産女川 5

時間調整できる山行を組むためには、
下流部の桂川林道からのアプローチではなく、
上流部の笊森避難小屋から時間を決め、
産女(うぶすめ)川を下降することにしました。

これがその笊森山荘です。
ここより産女川目指して下降します。

2011年10月8日撮影
栗駒山 産女川 6

新しくなった笊森避難小屋です。
二階建で、とっても立派です♪

2011年10月8日撮影
栗駒山 産女川 7

笊森避難小屋を後にして産女川の
源頭部へと降りて行きます。

お天気が今一つです(^^ゞ。
天気予報によれば、今日は晴れる予定の
ハズなのですが、濃いガスに覆われ、
今にも雨が降り出しそうなお天気でした。

2011年10月8日撮影
栗駒山 産女川 8

秋ですねぇ〜♪(^o^)


2011年10月8日撮影
栗駒山 産女川 9

小屋より10分ほどで源頭部に降り立ちました。

産女川は過去2回遡行しています。
最初は今から14年前の1997年7月、
二回目は7年前の2004年7月に。
今回は上流部からの下降です。

2011年10月8日撮影
栗駒山 産女川 10

遡上するのと下降するのとでは、大違い!
同じ沢とは思えな〜い!って思うほど
異なって見えます。

それに簡単に登れる滝も、下降する
となれば、それなりに難儀となります。

2011年10月8日撮影
栗駒山 産女川 11

「10時まで下降したら、どんな状況であれ、
遡行を打ち切ろう!」と最初から決めていました。
夕方までには、どうしても帰宅しなければ
なりませんゆえ。

船橋勤労者山の会さんの遡行記録によれば、
「970m付近から下は物凄い土砂で埋まっていた」
とのこと。出来れば(時間が許せば)、
そこまで下れれば…と思っていました。

2011年10月8日撮影
栗駒山 産女川 12

7年振りの産女川、懐かしさが込み上げてきました。
滝やナメなどの美しい光景に見惚れながら
どんどん下っていきます。まさに「癒しの渓です」。

遡行していて思わず笑みが
こぼれる…そんな渓です。

今回の核心部の滝?左岸より巻下る。

2011年10月8日撮影
栗駒山 産女川 13

昔と変わらぬ美しさが、そこにはありました。


2011年10月8日撮影
栗駒山 産女川 14

この産女川、全体の約半分も
土砂や土石で埋まってしまいましたが、
上半分だけでも十分遡行価値がある
と思いました。

2011年10月8日撮影
栗駒山 産女川 15

ナメナメ尽くしで、ほんと美しい渓です♪
何よりも渓相が綺麗です。

2011年10月8日撮影
栗駒山 産女川 16

ナメ、そして小滝と深い釜が連続し、
まったく飽きさせません。

2011年10月8日撮影
栗駒山 産女川 17

産女川の岩、フリクションはバッチリです!


2011年10月8日撮影
栗駒山 産女川 18

このようなゴーロも産女川では
絵になります。

2011年10月8日撮影
栗駒山 産女川 19

ポツポツ雨が降ってきた…!と思ったら、
どんどん雨脚が強くなってきました。
時間は9時30分、タイムリミットの10時まで
あと30分ありますが、増水と土砂崩れを
危惧して、標高1,100mのプチゴルジュ帯で
遡行を打ち切ることにしました。

ここで産女川、全体の3分の1程度の流程です。

2011年10月8日撮影

栗駒山 産女川 20

あと100mも下れば、1,000m付近の大規模
地滑り地点まで下れて、岩手・宮城内陸地震の
被害をこの目で確認出来たのですが…。

雨の中、崩壊地へ行くのは危険極まります。
崩壊現場を見たい気持ちはありましたが、
ここで引き返し、正しい判断だったと思います。

2011年10月8日撮影
栗駒山 産女川 21

引き返すこと10分ほどで、なんとお日様が♪
下降中は終始曇り&雨でしたが、
帰りはお日様が照る中の遡上です。
来た時とは全く異なって見えます。
同じ沢なのにね。

ちなみにこれら写真の多くは、引き返す過程
で天気が回復した際に撮影したものです。

2011年10月8日撮影
栗駒山 産女川 22

それにしても沢がキラキラ輝いて美し〜い♪
まるで絵ハガキのような光景です。

2011年10月8日撮影
栗駒山 産女川 23

結論として、笊森避難小屋から標高1,100m
までは、まったくの無傷だったことになります。

紅葉もキラキラ状態で見惚れるほどです。
「来て良かったなぁ〜♪」って、心から思いました。
歩くのが「もったいない!」と思うほど、
綺麗で素敵な沢でした♪

2011年10月8日撮影
栗駒山 産女川 24

笊森避難小屋が見えてきました。

今回私は、同沢をピストンしましたが、
笊森コースの登山道を下り、標高1,100m付近を
目指して沢に降り、それから遡上しても
楽しいかもしれませんね。

流程はとても短いですが、名渓と謳われた
産女川の素晴らしさの一端を垣間見ることが
出来ると思います。

2011年10月8日撮影
栗駒山 産女川 25

一般登山道を下山中に
栗駒山を望む。紅葉が綺麗♪


2011年10月8日撮影
栗駒山 産女川 26

まさに秋の光景です。

2011年10月8日撮影
栗駒山 産女川 27

見事な紅葉でした♪(^o^)

無事下山しところ、須川温泉は凄いことに
なっていました。人、人、人、そして車、車、車…。

秋の行楽シーズン、三連休の初日ですものね。
岩手の山とは思えないほど賑わっていました。

2011年10月8日撮影
栗駒山 産女川 28

2008年(平成20年)6月14日(土)午前8時43分
に発生した岩手・宮城内陸地震(震度7)で
壊れた祭畤(まつるべ)大橋、
今や観光地になっていました。

2011年10月8日撮影
栗駒山 産女川 29

上の写真、展望台から祭畤大橋を望む。
ズーム撮影しています。

2011年10月8日撮影
栗駒山 産女川 30

車の長蛇の列にもビックリです。
12時に下山したのですが、これから
登ってくる車で道路は大渋滞!

須川温泉は観光客と登山者で一杯!
穴場の温泉、祭畤温泉(かみくら)で
ゆったりと入浴、幸せなひと時でした♪

2011年10月8日撮影
栗駒山 産女川 31 林野庁発表、産女川の被害状況
今回は笊森避難小屋から1,100mまで下降(全体の約1/3の流程)。この間、まったく被害なし。
上の被害状況マップを見ても分かるように全行程の約半分(下流部)が土砂で埋まっていることが分かる。
970m付近は特にひどく、巨大な地滑りにより土石流が発生しているのがわかります。
下流部の美しいナメも大滝も、そして核心部の12M滝も全て土石流で埋まってしまったのがわかります。
参照URL http://www.rinya.maff.go.jp/tohoku/introduction/gaiyou_kyoku/annai/panph/pdf/sanchi2_4.pdf
栗駒山 産女川 32 GPSのトレース
<2011年10月8日(土)> 行動時間5時間10分(休憩時間含む) 行き:2時間45分 / 帰り:2時間25分
須川温泉駐車場(6時50分)〜笊森避難小屋(8時10分)〜産女川下降〜
1,250m二俣(8時30分)〜1,100mゴルジュ(9時35分)

1,100mゴルジュ〜1,250m二俣(10時30分)〜笊森避難小屋(10時50分)〜須川温泉駐車場(12時)

目次へ戻る HOMEへ戻る