虎毛沢 1

今回は久しぶりの単独・沢泊まりの山行!
本来は下から遡行したかったのですが、
単独ですと車の回収をどうするか?に
頭を悩ませます。同沢下降ですと芸がないし…。

これは虎毛山の登山口にて。
「雲上のオアシス」とは名言ですね♪

2007年6月23日撮影
虎毛沢 2

てなわけで、2万5千図をさんざん見ながら
検討した結果、右のような遡行計画を
思いつきました。右の写真をクリックすると
拡大表示されますよ♪

いわゆる虎毛沢上流部を周遊するコースを
思いついたのでした。これなら車の回収に
頭を悩ます必要もありません。

2007年6月23日撮影
虎毛沢 3

虎毛山登山口から急峻な登山道をひたすら
登り、高松岳方面と虎毛山山頂への分岐を
左(高松岳方面)に入り、1177.1Mの三角点
(登山道上には三角点なし)を経由して、
1016Mのコルから枝沢を下降し、
虎毛沢へ降り立ちました。
これは1016Mのコル付近にて。

2007年6月23日撮影
虎毛沢 4

その1016Mのコルにて「どこから降りようかな?」
と、降りやすそうなところを探し、結局この
倒木のある地点から藪を漕いで下りました。
上の写真の2〜3分ほど手前の位置です。
10分ほど下るとヤブの中に赤布を発見!
これにはビックリ致しましたぁ〜!
他にもこの沢を下った人がいたんだなぁ〜!

2007年6月23日撮影
虎毛沢 5

これは、その1016Mからの枝沢です。
この枝沢で唯一ザイルを出し、懸垂下降を
した(10Mほど)プチゴルジュです。

なんと懸垂用の支点の残置シュリンゲが
2本もありました。空身ならフリーでも
降りられそうでしたが、安全を見て懸垂しました。

2007年6月23日撮影
虎毛沢 6

尾根上から1016Mからの枝沢を下ること
約1時間で虎毛沢へ到着!降り立ったところは
テントを張れそうなところがなく、さらにそこから
5〜6分ほど下ったところに素敵な台地を発見!
虎毛沢の標高705M付近の左岸です。

黄色いのが私のテントで〜す!
「リバーサイドホテル虎毛」の完成で〜す♪

2007年6月23日撮影
虎毛沢 7

上の写真の幕場を基点に虎毛沢の探索を
しました。この虎毛沢は、7年前に春川・ダイレクト
クーロワールを単独遡行した際に下降に
利用した沢ですが、ほとんど記憶に残って
いませんでした(^^ゞ。
走るように下ったのだけは覚えているのですが。

2007年6月23日撮影
虎毛沢 8

まずは虎毛沢の左俣を探索すべく二俣を
目指して遡行します。ナメが素晴らし〜い!
デートコースにお勧めの沢かも?

2007年6月23日撮影
虎毛沢 9

これも二俣手前の小滝にて。


2007年6月23日撮影
虎毛沢 10

その小滝の上は美しいナメ床が続きま〜す♪
この虎毛沢は全国的にも有名で「癒しの渓」
とも称されるほどです。

ただ個人的にはゴーロ歩きが長いのが
ちょっと、難点かなぁ〜?


2007年6月23日撮影
虎毛沢 11

二俣手前になんと雪渓が…。
ここは雪渓の右を楽に越えられました。


2007年6月23日撮影
虎毛沢 12

ここが標高735Mの虎毛沢の二俣で〜す!
今回は左俣を偵察したかったので
左俣へ入ってみました。

歩けど歩けど(約30分くらいかな?)
ゴーロが続き、嫌になって下降しました。
イワナがイッパイ群れをなして
泳いでいましたよ♪この左俣はまず
人が入ることがないでしょうしね。

2007年6月23日撮影
虎毛沢 13

てなわけで、同沢を下降し上の写真「6」の
ベーステントに戻ります。

2007年6月23日撮影
虎毛沢 14

まだ時間も早かったので、今度は
ベースを基点に下降しました。
するとこのようなナメが…。

ゴーロの中にもこのような素晴らしいナメが
点在し心を癒してくれます。

2007年6月23日撮影
虎毛沢 15

その後、ベーステントに戻り、薪集めなどの
作業を行い、一人宴会の開始で〜す♪

沢の音を聞きながら飲むお酒は最高!
盛岡のスーパー「ジョイス」の「おつまみ居酒屋」
(写真左下)は私の大好物で〜す!

2007年6月23日撮影
虎毛沢 16

6月だし虫もいないだろう!と思っていましたが
予想に反してヤブ蚊がイッパ〜イ!イヤン!
これじゃ〜落ち着いて飲めやしない!(怒)

てなわけで、時間はまだ4時前でしたが
焚き火をすることに決定!
焚き火をするとその煙で虫も寄って
来ないのですよぉ〜!

2007年6月23日撮影
虎毛沢 17

夕方5時頃にはお腹が空いて
晩飯の支度を開始致しました。

といっても、レトルトカレーに
レトルトハンバーグなのですが…。
私の定番メニューなんです。
単独ですと、調理するのがめんどくさく
なってしまうんですよね。(^^ゞ

2007年6月23日撮影
虎毛沢 18

宴もたけなわ♪(*^_^*)
焚き火の前で一人飲んだくれておりました(^^ゞ。
お酒もなくなり、やることもなくなり…
夜8時頃には寝てしまいました。

明日は虎毛山の山頂でKinさんご夫妻と
合流する日!明朝は早起きしなくっちゃね!

2007年6月23日撮影
虎毛沢 19

で、夜も明けて…この日は4時起床
6時出発!右俣を遡行して山頂を目指します♪

この滝は、二俣を過ぎて
最初に出てきた8M滝です。
これは登れそうになく左岸を高巻きました。
この上にも小滝があります。

2007年6月24日撮影
虎毛沢 20

これは標高840Mの右岸側にかかる
枝沢の6×8Mのトイ状の滝にて。

2007年6月24日撮影
虎毛沢 21

これは標高850Mの右岸側にかかる
枝沢の10M滝にて。

2007年6月24日撮影
虎毛沢 22

これも標高850の二俣にて。
左が上の写真の滝が掛り
右側が本流でこのような
ナメ滝の連続。

2007年6月24日撮影
虎毛沢 23

ここが標高871Mの1:1の二俣で〜す!
右がガレた幅広い沢で規模も大きく見え
右に行きたくなるところですが、この8M滝が
かかる沢が本流です。間違いやすいところです。

この滝は直登出来そうでしたが、単独
でしたでの安全を見て左岸より高巻きました。

2007年6月24日撮影
虎毛沢 24

その後、このような小滝が連続し
結構楽しませてくれます♪
そのほとんどがフリーで直登出来ました。

どんどん傾斜も増し、重労働!
ザックが重〜い!(^^ゞ

2007年6月24日撮影
虎毛沢 25

このような長〜いナメ滝もあり
楽しい遡行が続きます。

7年前、この沢を下降したい際に
荒れている印象を受けたのですが、
今回は結構スッキリしていました。

2007年6月24日撮影
虎毛沢 26

どんどん遡上していくと雪渓が…。
この雪のお陰で歩きやすかったです♪
最後のツメはほとんどヤブを漕ぐこともなく
登山道に飛び出しました。
天場から登山道に出るまで3時間の遡行。
その後、Kinさんご夫妻が待っている
虎毛山の山頂を目指しました。

2007年6月24日撮影
虎毛沢 27

これが虎毛山の山頂にある避難小屋です!
懐かし〜い!7年振りです。
この小屋はよ〜く覚えていました。

2007年6月24日撮影
虎毛沢 28

その小屋の直ぐ側が山頂で〜す♪
そこから高層湿原の世界が…

まさに「雲上のオアシス」なんですよ♪
9時30分、山頂に到着!
Kinさんご夫妻、いるかなぁ〜?

2007年6月24日撮影
虎毛沢 29

イワガカミも咲いていました♪

2007年6月24日撮影
虎毛沢 30

山頂一帯は高山植物の宝庫です。
まさに雲上のオアシス♪(*^_^*)

2007年6月24日撮影
虎毛沢 31

チングルマの群生が凄かったです♪
一面チングルマだらけでした。

2007年6月24日撮影
虎毛沢 32

Kinさんご夫妻を探す私…
そしたら、「おぉ〜来た、来たぁ〜!」との
大歓声が…!Kinさんご夫妻、
私のことを山頂で1時間近くも
待ってて下さったようです。
ありがたいことです。

2007年6月24日撮影
虎毛沢 33

ヒナザクラも咲いていました♪
先月早池峰山で見た、ヒメコザクラと
そっくりですねぇ〜!

カワイ〜イ♪(*^_^*)

2007年6月24日撮影
虎毛沢 34

何時間でもいたくなるような
素晴らしい光景でした♪

この光景を見ながらKinさんご夫妻と
1時間以上も話し込んでしまいました。
帰りは盛岡まで長〜い!なんたって高速を
使わず下を走りますから…。
そろそろ下山しなっくっちゃ〜!

2007年6月24日撮影
虎毛沢 35

ワタスゲも奇麗でしたよ♪(*^_^*)
何はともあれ、お天気に恵まれ
山仲間と山頂で合流出来て
楽しい二日間でした♪

めでたし、めでたし!

2007年6月24日撮影

目次へ戻る HOMEへ戻る