森吉山・桃洞沢 森吉山 ノロ川 桃洞沢 1

山雑誌などにも度々紹介される程の
名渓美渓。この沢の岩、凝灰岩が
水流による浸食で舗装道路のような綺麗な
ナメ滝やナメ床を形成しています。

自転車でも遡行できるのでは?と思って
しまう位です。尚、桃洞滝40Mは世の男性
を有頂天にさせる?魅力ある滝で有名!
女性がいたら、男性は言葉を選び、この滝
を誉めねばならない。
運が良ければ?熊にも会えるかも・・・!

1998年7月撮影

森吉山 ノロ川 桃洞沢 2

これより下の写真は2004年9月に撮影した
ものです。今回は愛弟子のえるさんの
リクエストにお応えして様ノ沢の九階ノ滝
(100M)までの遡行計画を立てました。

せっかく遠路 森吉まで(盛岡から
3時間半)行くのですから「桃洞沢と
赤水沢も遡行してみるべぇ!」って。
まず最初は桃洞沢へGO!ヽ(^o^)丿

2004年9月25日撮影(写真提供こばさん)
森吉山 ノロ川 桃洞沢 3

この桃洞沢、私は2回目の遡行なんです。
アプローチ、以前来た時と比べまったく
変わっていました。立派な道路や登山道
が新たに出来ていましたねぇ〜!

以前はノロ川キャンプ場から入ったのですが、
現在は野生鳥獣センターの駐車場に車を
止めて、そこから立派な登山道を歩きます。

この桃洞沢、まったく舗装道路のようなナメ
奇妙な形にえぐられた滝を配し、遡る者を
夢中にさせる秀渓なんです。
これは桃洞滝手前枝沢、多段60M滝です。

2004年9月25日撮影
森吉山 ノロ川 桃洞沢 4

これがあの有名な桃洞滝40Mです!
ここまでは立派な道がついています
ので沢登り未経験者の方でも滝見物には
来れると思います。但し、増水時は厳しい
かもねぇ〜?(^_^;) 徒渉あり。

「わぁぁ〜!」って大歓声を上げる
えるさんとこばさんです!ヽ(^o^)丿

2004年9月25日撮影
森吉山 ノロ川 桃洞沢 5

これは、滝下から見た桃洞滝です。
高さは40M、幅15Mもあるんですよ。ある沢の
本には、この滝を次のように絶賛しています。

『君が男なら、ありとあらゆる賛辞を並び立て
なければならない。一人でも女性がいたら、
男は慎重に言葉を選び、この滝を褒めなければ
ならない。ブナの森の神様もやるもんだ!』と。

乙女のえるさんにショックを与えないように、
そりゃ〜もう、私とこばさんは慎重に言葉に
気をつけた次第であります。(^_^;)

2004年9月25日撮影
森吉山 ノロ川 桃洞沢 6

「こばさん、えるさ〜ん!この桃洞滝、
登るよぉ〜!」って歩き始める私。

こばさん、私の背後から隠し撮り
しようとしていたみたいですねぇ〜!
それを横からえるさんに隠し撮りされ
たようです。(^_^;) まったく、も〜!
油断も隙もありませんです。

2004年9月25日撮影(写真提供えるさん)
森吉山 ノロ川 桃洞沢 7

これは桃洞滝を登りながら中段あたりで
撮影したものです。「えぇ〜?この滝、
登れるかな〜?」って思いきや、左岸に
ステップが切られており、なんなく滝上に
出られます。その昔、マタギによって
作られたステップのようです。

2004年9月25日撮影
森吉山 ノロ川 桃洞沢 8

実は、この日、盛岡を出発する時、結構激しく
雨が降っていました。秋田に入ってからも雨が。
「どうしようかな?」と思ったものの、遡行開始
前には雨も止み、次第に晴れてきました!

これは、桃洞滝を登るこばさんを上から
撮影したものです。ウットリするような
滝でしたねぇ〜♪ (*^_^*)

2004年9月25日撮影
森吉山 ノロ川 桃洞沢 9

桃洞滝を越えると、ナメと&ナメ床の
連続です。雨の影響で増水していましたが
その分、綺麗な滝を見れたのでは・・・?
いつになく余裕のえるさん。


2004年9月25日撮影(写真提供こばさん)
森吉山 ノロ川 桃洞沢 10

両岸は発達した急峻なスラブに囲まれ
ています。その上にはブナの森が・・・

暗さは微塵もなく、明るい渓相!
実に気持ちのよいスラブでしたね〜♪

でも、大雨が降ったら大変だろうなぁ〜?

そうそう、えるさんによれば、この滝は
「中滝」と言うそうです。さすがわ滝博士!


2004年9月25日撮影
森吉山 ノロ川 桃洞沢 11

上の写真(No.10)の滝を間近で撮影
したものです。まるで「水のカーテン」
のようでしたねぇ〜♪


2004年9月25日撮影
森吉山 ノロ川 桃洞沢 12

沢は見事に平坦で、稜線には天然の
秋田杉が天を突くように生えていました。
これは、黙々と歩く私のようです。

前方に見えるのが男滝のようです!

2004年9月25日撮影(写真提供こばさん)
森吉山 ノロ川 桃洞沢 13

その男滝を登るえるさんです。
「怖〜い!」とか何とか言ってましたっけ。
でもね、ちゃんとステップが切ってあるんです。

しか〜し、そのステップ、時々小さ
過ぎて足が乗らない時もありました。
マタギもステップを削っていて、
きっと疲れ果てたのでしょう。

2004年9月25日撮影(写真提供こばさん)
森吉山 ノロ川 桃洞沢 14

続いて登るは、こばさんです!
上から撮ると凄いところを登っている
ように見えますねぇ〜!えるさんの
写真テクニックには脱帽です。


2004年9月25日撮影(写真提供えるさん)

 ▼ 森吉 ノロ川 赤水沢
森吉山 ノロ川 赤水沢 1

桃洞沢の途中で829M峰下(750Mの二俣)
を左へ入り、938M峰南のコルを越えて
赤水沢へ下降します。

この赤水沢も見事なまでのナメの連続です!
ナメとナメ滝をどんどん下降して行きます。


2004年9月25日撮影(写真提供こばさん)
森吉山 ノロ川 赤水沢 2

ナメの急斜面を下り切り、本流に降り立った
ところでしょうか?まずは、一休みぃ〜!
ナメもあんまり続くと、飽きてきます。(^_^;)


2004年9月25日撮影(写真提供こばさん)
森吉山 ノロ川 赤水沢 3

これは何滝なんでしょうか?
よくわかりませんです。
でも、綺麗な滝でしたのでパシャリ!


2004年9月25日撮影
森吉山 ノロ川 赤水沢 4

いよいよ兎滝(40M)の下降で〜す!
私が持っている沢の本の紹介文には・・
「度胸を決めて下を向いて走り下る」と
書いてありましたが・・・(^_^;) もんです。

いやはや、とても、とても・・・(^_^;)
「やれるもんなら、やってみぃ〜!」って
感じでした。ここは安全に懸垂下降を
しました。その準備をしている私です。


2004年9月25日撮影(写真提供えるさん)
森吉山 ノロ川 赤水沢 5

ロープを下に放り投げる私です。
私はたいてい4〜5回、反動をつけて
投げるのですが・・・。

よくまぁ〜こばさん、この決定的な
瞬間を撮りましたねぇ〜!
さっすがぁ〜元写真部!パチパチ〜!(*^_^*)

そうそう、増水で水が濁っていました。
それを見て、えるさん こばさん、「わぁぁ〜
ウーロン茶色だぁ〜!」って。私にはなぜか?
ビール色にしか見えませんでした・・・。(^_^;)


2004年9月25日撮影(写真提供こばさん)
森吉山 ノロ川 赤水沢 6

まず最初に私がこの滝を降りました。
滝下から見た兎滝を懸垂下降する
えるさんです。写真中央ちょい右上に
いるのがわかるかなぁ〜?

いやはや、まったく綺麗な滝でした!


2004年9月25日撮影
森吉山 ノロ川 赤水沢 7

これは兎滝の上から順番待ちをしている
最中に、こばんさが撮影したようです。

滝を懸垂下降するえるさんです。
結局ロープを出したのは、ここだけでした。


2004年9月25日撮影(写真提供こばさん)
森吉山 ノロ川 赤水沢 8

真平らに見えるこの沢床も調子に乗って
歩いていると岩盤のエグレや甌穴に
落ちてしまいます。

「みんな、気をつけるんだよぉ〜!」って
言っていた私がまず最初に落ちてしまい
ました。(^_^;) お二人にリーダーとして
落ち方の見本を見せたかったのです。

2004年9月25日撮影
森吉山 ノロ川 赤水沢 9

以前は、こんな施設ありませんでしたので
最近出来たのでしょうか?新しかったです。

桃洞沢や赤水沢へ入渓するにはここが
基点となります。これより先はゲートが締
まっていて、入れません。時間つぶしに?
中を覗いてみました。

2004年9月25日撮影
森吉山 ノロ川 赤水沢 10

中に入るとこんな感じでした。
写真中央右上、「ぉぉ〜!熊だぁ〜!」
と思ったら・・・剥製でした。

森吉の自然や、野鳥、動物のことが
わかるように工夫されていました。
この森吉山域はクマゲラ(野鳥)の貴重な
棲息地のようです。国の天然記念物に
指定されており、絶滅のおそれが指摘
されているようです。(^_^;)

2004年9月25日撮影
森吉山 ノロ川 赤水沢 11

森吉の自然の写真が一杯飾ってあり
ました。とっても綺麗でしたねぇ〜!

この美しき自然、後世に残したいものです。


2004年9月25日撮影
森吉山 ノロ川 赤水沢 12

この日は上の写真の野生鳥獣センターから
車で5分、青少年野外活動センターに泊まり
ました。これだけ立派な施設で、なんとタダ
なんですよねぇ〜!\(◎o◎)/!

青少年しか泊まれないのだろうか?と
不安でしたが、中年でもOKのようです。
素晴らしい施設で感動した次第です。

2004年9月25日撮影
森吉山 ノロ川 赤水沢 13

この日のメインディシュは豚汁でした♪
えるさんはとってもお料理が上手!
いつも美味しいご馳走をありがとう!
感謝していますよ〜!(*^_^*)

特にお酒のつまみ作りに関しては
右に出る者はいないと思います。

2004年9月25日撮影
森吉山 ノロ川 赤水沢 14

上の写真(No.12)のキャンプ場から
見た風景です。大自然に囲まれた素敵な
キャンプ場です。山々は紅葉が始まって
いましたねぇ〜♪秋ですねぇ〜!


2004年9月26日撮影(写真提供えるさん)

 ▼ 森吉 粒様沢 様ノ沢
森吉山 粒様沢 様ノ沢 1

翌日はいよいよメインの様ノ沢へGO!
入渓方法をどうするか?が最大の核心でした。
赤水沢を遡行し、660Mの右岸枝沢をツメ、稜線上
750Mのコルを乗越し、反対側の枝沢を下降し
様ノ沢へ降り立ち、九階ノ滝を見に行くプランを
立てました。我ながら素晴らしいアプローチルート
を考えたもだなぁ〜!って思っていたのですが、
行ってみたら、な〜んとビックリ!顕著な踏み跡
があり、しかも危険箇所には残置ロープまであり
ましましたねぇ〜!ちょっと?拍子抜けでした。

2004年9月26日撮影(写真提供えるさん)
森吉山 粒様沢 様ノ沢 2

上の写真(No.1)は750Mのコル
から沢を下っているところです。

これは様ノ沢の上部二俣(580M)の右俣に
ある滝です。2万5千図の滝記号の滝です。


2004年9月26日撮影
森吉山 粒様沢 様ノ沢 3

様ノ沢を遡行し、「おぉぉ〜!見えたぞぉ〜!」
って歓声が・・・。これが九階ノ滝100Mです!
全部で9段もあるのですが、滝が大き過ぎて
最下段の60Mしか見えませんでした。


2004年9月26日撮影
森吉山 粒様沢 様ノ沢 4

えるさんの話によれば、この様ノ沢は
「神の沢」と呼ばれ、マタギも畏れて
近づかなかったそうな・・・。


2004年9月26日撮影
森吉山 粒様沢 様ノ沢 5

資料によれば・・・
『特に様ノ沢の遡行は困難で、獣道を進む
冒険者達が遊ぶ世界だ』と書いてありました。

近年の台風の影響でしょうか?
倒木等で沢は荒れていました。
しかし、この九階ノ滝は健全でしたね!
まさに神々の風景って感じでしたよ!


2004年9月26日撮影
森吉山 粒様沢 様ノ沢 6

この滝、まったく全て一枚岩なんです!
ビックリですよね〜!\(◎o◎)/!

まさに天から降ってくるような滝でした。
滝も凄いが、側壁も凄かったです!


2004年9月26日撮影(写真提供えるさん)
森吉山 粒様沢 様ノ沢 7

九階ノ滝を見た後、往路を戻りヤブ漕ぎ。
やっとこさ、赤水沢へ降り立つ。

念願の滝を見れてホッとしたのか?えるさん
グッタリモードに・・・。なんとも幸せそぉ〜!
これは失敬!マッタリモードかな?(*^_^*)

2004年9月26日撮影
森吉山 粒様沢 様ノ沢 8

それから赤水沢を下降しました。
昨日も今日もこの平坦なナメ
だらけの赤水沢を下降しました。
いいかげん飽きてしまいました。


2004年9月26日撮影
森吉山 粒様沢 様ノ沢 9

これは下山後に寄った「杣(そま)の湯」
の温泉です。森吉にあります。
とっても賑わっていましたねぇ〜!

建物は結構年期が入っているのですが、
なんたって豊富に湧く源泉掛け流しを
楽しめるんです!(*^_^*)

いかにも山奥の温泉という風情が漂よう
温泉宿です。いつか泊まってみたいな!

2004年9月26日撮影

目次へ戻る HOMEへ戻る