和賀・堀内沢・八瀧沢 和賀山塊 堀内沢 八瀧沢

堀内沢の象徴である「三角錐岩塔」にて。
急傾斜の流れに美しい滝を連続させ
大イワナが潜むという東北北部屈指の渓。
昔から「マタギの沢」と言われて久しいが
我々が行った時はイワナ、一匹しか・・・
日本の渓谷美の原点ともいえる渓

1996年9月撮影
和賀山塊 堀内沢 マンダノ沢 1

これがマンダノ沢の象徴とも言うべき
「蛇体淵」で〜す!
そりゃ〜もう最高の天場です!
これをつまみに酒を飲めば、
そりゃ〜もう、極楽、極楽・・・!

1999年8月撮影
和賀・堀内沢マンダノ沢1
和賀・堀内沢マンダノ沢2 和賀山塊 堀内沢 マンダノ沢 2

沢の源頭部はほとんどヤブ漕ぎも無くお花畑
の中を進むと朝日岳の頂上だ!そこは・・・
ニッコウキスゲが咲き乱れる天国のような
所でした。
手前S山岳会のJさん、奥はその後モロッコ
に行ったF君

1999年8月撮影

和賀山塊 堀内沢 マンダノ沢 3

ここからは2004年9月に東京のW山岳会
の皆さんと計6名で行った時の写真です。

遡行初日は快晴!暑いくらいでした。
これは夏瀬温泉の裏手にある吊橋
(下の写真No.4)から見た玉川本流です。
いざ出発!一年ぶりの再会に\(^o^)/

2004年9月18日撮影
和賀山塊 堀内沢 マンダノ沢 4

これが夏瀬温泉の裏手にある吊橋です。
結構長いんですよねぇ〜!この吊橋。
ここを渡って、堀内沢を目指しま〜す!
本日はマンダノ沢の出合まで行くぞぉ〜♪


2004年9月18日撮影(写真提供いまやん)
和賀山塊 堀内沢 マンダノ沢 5

これも上の写真(No.4)から見た玉川本流です。
No.3の景色の反対側を撮影したものです。
いやはや、素晴らしいお天気に (*^_^*) もん
でしたねぇ〜♪やっぱり、私は晴れ男かな?


2004年9月18日撮影
和賀山塊 堀内沢 マンダノ沢 6

ここが堀内沢の入渓地点です。
いよいよ遡行の始まり始まりぃ〜!

毎年この時期に東京時代にお世話に
なった山岳会の方々を「みちのくの沢」へ
ご案内しているんです。今回で4年目かな?
東京と岩手、離れていますが、今もこうして
お付き合いさせていただいていること、
とても嬉しく思います。(*^_^*)

2004年9月18日撮影(写真提供いまやん)
和賀山塊 堀内沢 マンダノ沢 7

数日前に連続で結構雨が降りましたので、
今の時期にしては、水量は多少多め
でしたねぇ〜!三連休ということもあってか、
きのこ採りや魚釣りの方々に会いました。


2004年9月18日撮影(写真提供いまやん)
和賀山塊 堀内沢 マンダノ沢 8

今回は女性が2人いました。お二人とも
羽毛のように軽いのですよ〜!よって、
流れが強いと流されそうになります。

そんな時は、スクラム徒渉に限りますね!
結構やりましたねぇ〜!
ドスコイ・ドスコイってね。

2004年9月20日撮影
和賀山塊 堀内沢 マンダノ沢 9

羽毛のように軽い いまやんさんを助ける
W山岳会の野生人こと、Yさんです。

このYさん、私の大先輩で技術・体力・精神力
全てを兼ね備えている方なんです!
(水量が)多い日も安心?ですね!
いかなる状況の時も、いつもニコニコ笑顔
なんですよ!人間が出来ているお方です。

2004年9月18日撮影
和賀山塊 堀内沢 マンダノ沢 10

写真中央の青いヘルメットのいまやんさんを
フォローするYさん(下)と新婚ホヤホヤの
旦那さんIさん(上)です。この時は、いまやん
さん、頭から激流に突っ込んでいましたね〜!

頑張れぇ〜♪危うく流されそうに・・・(^_^;)

2004年9月18日撮影
和賀山塊 堀内沢 マンダノ沢 11

快適な遡行が続きま〜す♪
東京組みの皆さんは、前夜車で
遠路はるばる秋田へ来られて・・・。
ちょっと?お疲れモードでしたねぇ〜!
あまり寝ていないようでした。

昨夜はどこに寝たの?って聞いたところ
高速道路の某サービスエリアとか・・・。
勇気あるなぁ〜!(^_^;) マネをしないように!

2004年9月18日撮影
和賀山塊 堀内沢 マンダノ沢 12

これは堀内沢の象徴とも言うべき三角錐の
岩塔です。よく釣り雑誌にも掲載されている
お馴染みの光景です。ここを過ぎれば、
本日の宿泊地、マンダノ沢の出合まで
あと少しです。


2004年9月18日撮影
和賀山塊 堀内沢 マンダノ沢 13

夏瀬温泉を出発した時間が10時30分でした
ので、本日の幕営地、マンダノ沢出合に
到着したのは夕方でしたねぇ〜!

着いて早々、薪を集め直ぐに釣りに
出かけました。釣る時間が20分位
しかありませんでしたが、どうにか
イワナちゃんを一匹釣り上げました。
これでイワナの骨酒が飲めるぞぉ〜♪

2004年9月18日撮影(写真提供いまやん)
和賀山塊 堀内沢 マンダノ沢 14

そして、翌日・・・いよいよマンダノ沢の遡行!
出発すると同時に雨が・・(^_^;)
しかもどんどん激しくなっていくではないかぁ!

この滝、以前来た時は、左側の滝を直登
したはずなんですが・・・。この増水じゃ〜
無理ですよねぇ〜!(^_^;) ここは右岸より
高巻きました。ザイルを出しました。

2004年9月19日撮影(写真提供いまやん)
和賀山塊 堀内沢 マンダノ沢 15

遡行するにつれて、雨も激しくなり、どんどん
増水する一方でしたね。(^_^;) 濁流になって
しまいましたぁ〜!ここまで来れば下降も
困難ですので、前進あるのみ!です。

ファイト一発!ですよねぇ〜♪ (*^^)v


2004年9月19日撮影
和賀山塊 堀内沢 マンダノ沢 16

マンダノ沢の象徴とも言うべき蛇体淵が
こんな状態に・・・(^_^;) 上の写真(No.1)と
見比べていただければ、その増水のすさまじさ
をご理解いただけるかと思います。

ホントは神秘的で美しい所なんですがねぇ〜!
なんとも、いやはや・・・(^_^;)

2004年9月19日撮影
和賀山塊 堀内沢 マンダノ沢 17

ここが上天狗沢と下天狗沢の出合です。
この滝(10M)が目印です。ここが最後の
幕営地になります。綺麗に整地されていて
ブルーシートまでありましたねぇ〜。ヽ(^o^)丿

ここを過ぎると朝日岳の山頂までテントを
張れる場所がありません。「う〜昼かぁ〜!
何とか抜けられるぞ!」って思っていましたが。
この続きは、下の写真(No.20)で・・・。

2004年9月19日撮影
和賀山塊 堀内沢 マンダノ沢 18

5年前に来た時は この下天狗沢、特に
難しいところはないと思っていたのですが
増水のお陰で?結構お助け紐を出しました。

平水なら快適に登れる滝なんですがねぇ〜!
こんなに上部に来ていても、水量がなかなか
減ってくれませんでしたねぇ〜。

2004年9月19日撮影(写真提供いまやん)
和賀山塊 堀内沢 マンダノ沢 19

この滝では、ここでお助け紐を出し、私のいる
(赤いカッパ)地点より、ザイルを出しました。
滝の左側を登ったのですが、モロ泥壁で
悪かったなぁ〜!落石はあるし・・・。(^_^;)
ヒヤヒヤもんでしたねぇ〜!(^_^;)


2004年9月19日撮影(写真提供いまやん)
和賀山塊 堀内沢 マンダノ沢 20

結局この日は、時間切れのため、稜線まで
抜けられず、ゴルジュの中でビバークを致し
ました。(^_^;) 6人寝れるスペースを確保する
のに側壁の斜面を削ること約1時間!

まさに土木工事でした。1M位は削ったと
思います。この写真は翌朝撮影したもの
ですが、前日は写真右上角の沢がジェット
水流でしたからねぇ〜!誰も水を汲みに
行こうとしませんでしたものねぇ〜!(^_^;)

2004年9月20日撮影(写真提供いまやん)
和賀山塊 堀内沢 マンダノ沢 21

翌日は晴れてくれましたぁ!ホッ!(*^_^*)
昨日の増水が一気に引きましたねぇ〜!
増水は早いけれど、減水も早いです。

ここから上部は一気に傾斜を増します。
小滝とスラブの連続で高度を稼げます!


2004年9月20日撮影
和賀山塊 堀内沢 マンダノ沢 22

女の子、ですねぇ〜!いまやん!
いつの間にこんな綺麗な花を撮影して
いたなんてぇ〜!紫が鮮やかですねっ♪


2004年9月20日撮影(写真提供いまやん)
和賀山塊 堀内沢 マンダノ沢 23

これは最後のツメです。下天狗沢の方は
ほとんどヤブコギがありません。夏場は草原の
綺麗なお花畑の中を歩けますよ!フィナーレ
にふさわしいですよね〜♪ (#^.^#)

晴れてくれて、良かった、良かったぁ〜!


2004年9月20日撮影
和賀山塊 堀内沢 マンダノ沢 24

もう直ぐ、朝日岳の山頂で〜す♪(*^_^*)
苦労があれば、楽しいこともあるもんです。

昨日の雨が凄かっただけに、お日様の
ありがたさを痛感した次第です。


2004年9月20日撮影(写真提供いまやん)
和賀山塊 堀内沢 マンダノ沢 25

やったぁ〜♪ ここが朝日岳の山頂で〜す!
皆さん、お疲れ様でしたぁ〜♪\(^o^)/
なんとか山頂からの展望を楽しめましたよ!
山々はすっかり秋モードでしたねぇ〜!


2004年9月20日撮影
和賀山塊 堀内沢 マンダノ沢 26

これが山頂からの風景です。
ガスが湧いたり晴れたりで・・・(^_^;)

ここより、部名垂沢の下降点を目指して
縦走で〜す!早く温泉に入りたいよぉ〜!


2004年9月20日撮影
和賀山塊 堀内沢 マンダノ沢 27

これがそうです。朝日岳の山頂を下り
部名垂沢の下降点に向かうところ・・・。
稜線は結構寒かったですねぇ〜!


2004年9月20日撮影(写真提供いまやん)
 ▼ 和賀山塊 部名垂沢
和賀山塊 部名垂沢 1

この沢、部名垂(へなたれ)沢を下りました。
危険な滝にはハッキリとした巻き道もついて
いましたね。下って安心!

朝日岳にダイレクトに登れる唯一のルート
なんです。一般向けではありませんが・・・。


2004年9月208日撮影(写真提供いまやん)
和賀山塊 部名垂沢 2

これも部名垂沢を下っているとこ。
写真上の中央左寄りにいるが
Yさん(女性の方)です。
ここにもトラロープが・・・。


2004年9月20日撮影
和賀山塊 部名垂沢 3

いや〜綺麗ですねぇ〜!
いまやんさん、いつの間に撮ったのでしょう♪
ところで、何ていう花なんでしょうねぇ?

何はともあれ、無事下山、\(^o^)/
めでたし、めでたし・・・。(*^_^*)
楽しい3日間でしたぁ〜♪

2004年9月20日撮影(写真提供いまやん)

和賀山塊 堀内沢 マンダノ沢 1

ここからは2006年度に遡行した時の記録です。
この時は、生徒さんと二人で行って参りました。
私にとって、今回で三回目の遡行となります。

堀内沢の象徴である三角錐の岩を
よじ登った生徒のKさんです!
毎週クライミングの練習に励んでいるだけ
あって、岩登りは見ていて安心できます。


2006年8月27日撮影
和賀山塊 堀内沢 マンダノ沢 2

この時は、ビックリするほど水量が
少なかったです。えっ?これが和賀の沢?
って思ったほどでした・・・(^_^;)。

これは、マンダノ沢に入って最初の
核心部、2条15M滝です。
1999年に遡行した時は左のチェックストーンの
右側の大きなクラックを登りましたが、
今回は安全を見て右岸より高巻きました。

2006年8月27日撮影
和賀山塊 堀内沢 マンダノ沢 3

上の写真の2条15M滝を過ぎて
しばらく歩くと、傾斜は一気に増し
巨岩帯の急峻な渓相に変わります。

体力的に結構シンドイところです。

2006年8月27日撮影
和賀山塊 堀内沢 マンダノ沢 4

急峻な巨岩帯を登る生徒さんです。
今回数年振りに遡行してみてビックリしたことは
巻き道が登山道並みに?シッカリしていた
んですよ。それだけ入渓者が増えたってこと
なんでしょうけど・・・。

2006年8月27日撮影
和賀山塊 堀内沢 マンダノ沢 5

水量が少ない!といっても、ここは
和賀の沢、ところどころ豪快なゴルジュを
垣間見ることが出来ました♪(^^)


2006年8月27日撮影
和賀山塊 堀内沢 マンダノ沢 6

本日の宿泊地、蛇体淵で〜す♪
2時前には到着しちゃいました。

生徒さんがここで泊まることに憧れを
抱いていたようで・・・。夢がかなって
よかった、よかったぁ〜♪(^^)

2006年8月28日撮影
和賀山塊 堀内沢 マンダノ沢 7

その蛇体淵のちょい手前が素晴らしい
天場なんですよ♪右岸側に綺麗に
整地された幕場があります。

写真中央に小さく生徒さんが見えます。
わかるかなぁ〜?

2006年8月28日撮影
和賀山塊 堀内沢 マンダノ沢 8

まさにリバーサイドホテルを思わせるような
素晴らしい幕場(テントを張れる場所)ですよ♪
ちょうどよいところに、ベンチ(倒木)が・・・。

この側で蛇体淵を見ながら焚き火をしました♪

2006年8月28日撮影
和賀山塊 堀内沢 マンダノ沢 9

お米を炊いているところで〜す!
そうそうウィンナーもね!(^_-)-☆

焚き火でこんがり焼いたウィンナーに
マスタードを付けて食べると
これまた絶品ですよ♪(^^)

2006年8月27日撮影
和賀山塊 堀内沢 マンダノ沢 10

焚き火も燃え盛り宴たけなわ♪
このひと時が一番の幸せ♪(^^)

2006年8月27日撮影
和賀山塊 堀内沢 マンダノ沢 11

蛇体淵か上流部も綺麗な渓相が続きます♪


2006年8月28日撮影
和賀山塊 堀内沢 マンダノ沢 12

狭いゴルジュの中にかかる滝。
ここは左岸より高巻きました。
一歩がちょっといやらしいです。
安全を見てザイルを出しました。
続いてその上の滝も一緒に高巻きました。

2006年8月28日撮影
和賀山塊 堀内沢 マンダノ沢 13

微妙なヘツリにチャレンジする生徒さんです。
危うくドボンしそうに・・・(^_^;)。
ここ、結構深いところでしたよぉ〜!

2006年8月28日撮影
和賀山塊 堀内沢 マンダノ沢 14

8Mくらいの滝が・・・。
ここは左壁を快適に登れます。

2006年8月28日撮影
和賀山塊 堀内沢 マンダノ沢 15

今回はかなり岩がヌメっていたので、
最後のツメは、安全を見て1,350Mの
二俣を右に入りました。楽に稜線に
出られましたが、稜線上が想像以上にヤブが
深く大変なアルバイトを強いられました(^_^;)。
2万5千図上ではちょっとの距離なんですが
あまりにヤブの深さに朝日岳山頂まで
なんとヤブ漕ぎ3時間・・・(^_^;)。
これには参りました・・・(^_^;)。
素直に左を遡行していれば・・・
と後悔致しました。

2006年8月28日撮影
和賀山塊 堀内沢 マンダノ沢 16

朝日岳山頂は綺麗なお花がイッパ〜イ♪
ヤブ漕ぎに疲れた体を癒してくれました。(^^)
下山中(部名垂沢を下降中)に雷雨にあったり
とても充実した山行となりました。
生徒のKさん、お疲れ様でした。

2006年8月28日撮影

目次へ戻る HOMEへ戻る