和賀山塊・高下川 1

街マタギとして有名な関東のプロの沢ガイド、
宗像さん(沢登り専門学校・渓友塾の塾長)の
HPに高下川が次のように紹介されていて
以前より行ってみたい沢の一つでした。

『小滝の連続するなかなか楽しい沢。
東京近郊にあれば多くの遡行者を迎える
であろうと思える沢だ。』そして、グレードは
中級レベルで「個人的満足度」は三ツ星
だったのです。いざ、出発!

2006年7月18日撮影(写真提供えるさん)
和賀山塊・高下川 2

上の写真が和賀岳登山口の駐車場です。
2万5千図だと、この先も高下川に沿って
林道が伸びているのですが、ご覧の通り
ヤブがひどかったです。15分程度この
林道を歩いたのですが、戻って
駐車場側の橋より枝沢を下降し
高下川に降りました。

2006年7月18日撮影(写真提供えるさん)
和賀山塊・高下川 3

いやはや、下流部はゴーロ歩きの長いこと!
途中で「帰ろうかなぁ?」って思ったほどです。
林道が使えればこのゴーロ歩きをパスでき
面白さは倍増するのでしょうけど・・・。

この日は、前日の雨で増水していました。(^_^;)

2006年7月18日撮影
和賀山塊・高下川 4

やっと最初の滝に・・・
左壁より快適に直登できます。


2006年7月18日撮影(写真提供えるさん)
和賀山塊・高下川 5

上の写真の小滝を快適に登るえるさんです。


2006年7月18日撮影
和賀山塊・高下川 6

その後、滑床が・・・
徐々に面白くなってきたような感じです。


2006年7月18日撮影(写真提供えるさん)
和賀山塊・高下川 7

林道が歩ける状況であれば、この近くまで
ゴーロ歩きをパスできるのですが・・・。

この滝、落差8M位でしょうか?
シャワーを覚悟すれば左より直登できそう
でしたが、水がとても冷たくって、右岸より
高巻きました。

2006年7月18日撮影
和賀山塊・高下川 8

上の写真の滝を右岸より高巻いて
最後は懸垂下降で沢床へ降りました。
これは私です。


2006年7月18日撮影(写真提供えるさん)
和賀山塊・高下川 9

その後は、飽きない程度に小滝が出てきて
楽しませてくれました。特に難しい滝もなく
真夏の炎天下なら思いっきりシャワーを
浴びながら直登できることでしょう。

この日は、水の冷たいこと!
足がしびれそうなくらいでした。
こりゃ、間違いなく雪解け水だな・・・と
思った次第です。
と言うことは、上部に雪渓が・・・(^_^;)。

2006年7月18日撮影
和賀山塊・高下川 10

ナメ滝を気持ちよく登る私です。


2006年7月18日撮影(写真提供えるさん)
和賀山塊・高下川 11

これも小滝です。


2006年7月18日撮影
和賀山塊・高下川 12

その後、まるで堰堤のような滝が・・・
高下川にあって結構大き目な滝で
見ごたえがありましたよ♪(^^)

落差12Mくらいあるでしょうか・・・
ここは右壁より直登しました。


2006年7月18日撮影
和賀山塊・高下川 13

その上の写真の滝を登っている私です。
足が短いと苦労します・・・(^_^;)。


2006年7月18日撮影(写真提供えるさん)
和賀山塊・高下川 14

溝状の三段の?小滝です。

ここはシャワーを嫌って左岸より
小さく高巻きました。


2006年7月18日撮影(写真提供えるさん)
和賀山塊・高下川 15

小滝を快適に登る私で〜す♪


2006年7月18日撮影(写真提供えるさん)
和賀山塊・高下川 16

この三条の滝は綺麗でしたねぇ〜♪
見ごたえがありましたよ!

2006年7月18日撮影(写真提供えるさん)
和賀山塊・高下川 17

その三条の滝を登るえるさんです。
ファイト一発!!

2006年7月18日撮影
和賀山塊・高下川 18

その後、溝状の滝が・・・
左壁を快適に登る私です。

この沢は、直登できる滝が多く
それなりに楽しませてくれます♪(^^)


2006年7月18日撮影(写真提供えるさん)
和賀山塊・高下川 19

その溝状の滝の上から登ってくる
えるさんを撮影したものです。


2006年7月18日撮影
和賀山塊・高下川 20

その後、ひょんぐり滝が・・・。
ここは右岸より小さく高巻きました。

2006年7月18日撮影
和賀山塊・高下川 21

時折、このような高山植物が
疲れた体を癒してくれました(^^)。


2006年7月18日撮影(写真提供えるさん)
和賀山塊・高下川 22

標高900Mあたりより雪渓が出てきて、
その後もず〜っと続いていました。
あれまぁ〜!って感じです。

雪渓は、まさにズタズタの状態でして・・・(^_^;)。
上を行くのも下をくぐるのもヤバイ感じで・・・。

2006年7月18日撮影
和賀山塊・高下川 23

どうにか標高960Mまで雪渓処理をしながら
前進しましたが、これ以上は危険との
判断から960Mの枝沢よりエスケープして
登山道に出ました。

あともうちょっとで完全遡行ができたのになぁ!

2006年7月18日撮影(写真提供えるさん)
和賀山塊・高下川 24

この960Mの枝沢、最初は快適だったのですが
稜線まで残すところ標高差100Mという
ところで猛烈なブッシュ帯に・・・(^_^;)。

なんと根曲り竹とシャクナゲとハイ松の実に
バラエティーに富んだヤブだったのです。
特にハイ松帯は地に足が
着きませんでした。疲労度大でした!

2006年7月18日撮影
和賀山塊・高下川 25

メンバーのココちゃんも一緒にヤブ漕ぎで〜す♪
ココちゃん、頭が大きいのでヤブにつかえて
苦労しているようでした(^_^;)。


2006年7月18日撮影
和賀山塊・高下川 26

下山はあっという間でした。
ここが和賀岳の登山口で〜す!

2006年7月18日撮影
和賀山塊・高下川 27

下山後は、沢内銀河高原へ寄って
温泉に入りました。600円なり。

とても立派な施設(ホテル)ですよ!
感動したのが、自動マッサージ機が
無料なんですぅ♪(^^)

2006年7月18日撮影
和賀山塊・高下川 28

地ビールの「銀河高原ビール」です。
とても「濃い味」で私は好きです♪(^^)

なにはともあれ無事下山!
めでたし、めでたし♪(^^)

2006年7月18日撮影

目次へ戻る HOMEへ戻る