和賀山塊 袖川沢 キトノ沢右俣 1

この度はくじ氏と和賀山塊は、斎内川 袖川沢
キトノ沢右俣へ山中1泊2日で行ってきました。
この日の秋田は最高気温37度を記録し、
炎天下の中の遡行となりました。

12日、白岩岳登山口(二股口)朝8時30分集合!
私の車をデポし、くじ氏の車で入渓地点の
真木渓谷は袖川立岩へ移動。
9時30分遡行開始!

2007年8月12日撮影
和賀山塊 袖川沢 キトノ沢右俣 2

これが真木渓谷の観光の名所?袖川立岩です。
側壁が凄いですよ♪ここには駐車場と
トイレがあります。いざ出発♪

2007年8月12日撮影
和賀山塊 袖川沢 キトノ沢右俣 3

袖川立岩の左岸に立派な道が付いていて
そこを行くと堰堤の上に出られます。

この沢、どうやらイワナがいないようです。
遡行中、一回も魚影を見ませんでした。
水質的なものなのかなぁ〜?

2007年8月12日撮影
和賀山塊 袖川沢 キトノ沢右俣 4

不思議なことにアブも非常に少なかったです。
防虫ネットまで持参したのに、ラッキー♪

この沢、透明度の高い清流です♪(*^_^*)
猛暑の中、遡行するくじさん。
あじぃぃ〜よぉぉぉぉぉ〜!(^^ゞ

2007年8月12日撮影
和賀山塊 袖川沢 キトノ沢右俣 5

いやはや、水量の多さにはビックリ!
この先の遡行が思いやられます。

昨日、雨でも降ったのだろうか?
明らかに平水以上でしたもの。

2007年8月12日撮影
和賀山塊 袖川沢 キトノ沢右俣 6

歩くこと約1時間で大杉沢出合に到着!
去年はえるさんと共にこの大杉沢を
遡行したんです。去年来た時より
遙かに水量が多かったですよ!

去年、同時期にこのキトノ沢を遡行している
くじ氏も水量の多さにはビックリ状態でした!

2007年8月12日撮影
和賀山塊 袖川沢 キトノ沢右俣 7

標高350Mの枝沢を右に見送ると
やがてプチゴルジュが…。

ここは左岸を容易に高巻けます。

2007年8月12日撮影
和賀山塊 袖川沢 キトノ沢右俣 8

上の写真のプチゴルジュを滝上から見たもの。
怖いくらいの水圧ですね!

2007年8月12日撮影
和賀山塊 袖川沢 キトノ沢右俣 9

もう直ぐキトノ沢へ入るかな?(標高400M手前)
ってところで直瀑が…。これは登れそうになく
左岸より大高巻きとなりました。

40Mほど戻って左岸の枝沢から取り付き
ある程度登ったあと、斜面をトラバースし、
そして懸垂下降。炎天下の中、重労働でした。

2007年8月12日撮影
和賀山塊 袖川沢 キトノ沢右俣 10

上の写真の滝から懸垂下降で
沢床へ下りるくじさんです。
この沢の最初の難所かも?

30Mザイルでは、ちょっと長さが足りませ〜ん!
足りない分はフリーで降りられました。ほっ!
ルートファインディグ力を試されます。
滝上にドンピシャリ降りられました。

2007年8月12日撮影
和賀山塊 袖川沢 キトノ沢右俣 11

上の写真の滝を高巻いた後、直ぐキトノ沢です。
標高400Mでキトノ沢へと名前を変えます。
右から流れるのはは竹ノ内沢です。

この写真の大岩が目印で〜す!
ここで一本(休憩)!

2007年8月12日撮影
和賀山塊 袖川沢 キトノ沢右俣 12

キトノ沢へ入りちょっと歩くと両岸が狭まった
陰気な廊下状が現れます。奥に7mの
滝が落ちていて(右写真)、ここは右岸をヘツって
トラバースし滝上に出ました。一歩がいやらしい。

あまりの暑さに入水するくじさん。
でも、水は結構冷た〜い!

2007年8月12日撮影
和賀山塊 袖川沢 キトノ沢右俣 13

上の写真のプチゴルジュをヘツっている
くじさんです。おぉぉ〜怖えぇぇぇぇ〜!
との声が…。ここはお助け紐を出しました。

2007年8月12日撮影
和賀山塊 袖川沢 キトノ沢右俣 14

そこを越えると直ぐにちょっと大きな滝が…。
ここは直登は無理で、右岸ルンゼより
高巻きました(容易)。

水しぶきが凄くって、奇麗な滝でしたよ♪

2007年8月12日撮影
和賀山塊 袖川沢 キトノ沢右俣 15

標高560Mにある25M大滝で〜す♪(*^_^*)
ここは左壁が階段状で直登出来そうでしたが
増水状態で上部落ち口が水量が多く(悪そうで)
断念いたしました。安全第一ですもの!
平水状態なら直登出来そうでした。

ここは右岸より容易に高巻けます。

2007年8月12日撮影
和賀山塊 袖川沢 キトノ沢右俣 16

大滝を超えたのが確か13時頃だったような…。
まだ時間も早いし、もうちょっと上に行って
みますか?しかし、適当な天場がなく、結局
ここへ戻ってきました。この沢の最後の
幕営適地です。560Mにある大滝を
越えた右岸で、多少整地の必要があります。
ここなら増水しても安心できる台地です。

2007年8月12日撮影
和賀山塊 袖川沢 キトノ沢右俣 17

猛暑の中、ビールは最高♪(*^_^*)
いつもは日本酒なのですが、ビールを
持ってきていがったぁぁぁぁ〜♪

う、う、旨い♪(*^_^*)

2007年8月12日撮影
和賀山塊 袖川沢 キトノ沢右俣 18

夕方になると急に冷え込んで参りました。
夜は、結構寒かったです。そんな時、
焚き火はありがたいですぅ〜♪(*^_^*)

翌朝は暑くなる前に高度を稼ぎたい!
との思いから5時50分に出発!
これは大正解でしたよ♪

2007年8月12日撮影
和賀山塊 袖川沢 キトノ沢右俣 19

そして、翌日…。
大滝を超えるとやがて広大なナメ滝が出現♪
この沢で唯一ナメがあったところです。
心、癒されますねぇ〜♪(*^_^*)

2007年8月13日撮影
和賀山塊 袖川沢 キトノ沢右俣 20

その後、小滝も出てきて楽しませてくれます♪
小滝をボルダームーブで登るくじさん。


2007年8月13日撮影
和賀山塊 袖川沢 キトノ沢右俣 21

その後、このような直瀑の滝が出てきた
のですが、なぜか?記憶にないのですよ…。
暑さで記憶が飛んじゃったかも?(^^ゞ

2007年8月13日撮影
和賀山塊 袖川沢 キトノ沢右俣 22

この滝はよ〜く覚えていますよ♪
結構大きな滝でしたもの。20Mくらい
あっただろううか…。ここも直瀑で
登れそうになく、右から高巻こうか
左から高巻こうか?迷ったところです。

でも、右(左岸)から高巻いた方が楽な
感じでしたので、猛暑の中、ヤブに突入!
急斜面のトラバースで5〜6Mほどザイルを出し
その後、滝の落ち口へ懸垂下降。

2007年8月13日撮影
和賀山塊 袖川沢 キトノ沢右俣 23

上の写真の滝を懸垂下降しているくじさん。
30Mザイルで届くかな?
なんとか届きましたぁ〜!ほっ♪(*^_^*)

滝の落ち口へドンピシャリ降りられましたよ!
高巻きのルートファンディング力を要します。

2007年8月13日撮影
和賀山塊 袖川沢 キトノ沢右俣 24

やがて幅広の二段の滝が…。
下段は楽に登れます。問題は…
上段の滝です。かなり水量が多いです。

朝一でシャワーは避けたい…。
でも、高巻きはもっといやん!
てなわけで…。下に続く。

2007年8月13日撮影
和賀山塊 袖川沢 キトノ沢右俣 25

上の写真の上段の滝です。
ここより怒涛のシャワークライミングで〜す!
水が冷たいのなんのってぇ〜!
下に続く…

2007年8月13日撮影
和賀山塊 袖川沢 キトノ沢右俣 26

上の写真の滝を怒涛のシャワークライムする
くじさんです。おぉぉ〜!冷ぇぇぇぇ〜!と
喜びの?悲鳴が…。

2007年8月13日撮影
和賀山塊 袖川沢 キトノ沢右俣 27

標高800Mの二俣で本流は大きく
右へ曲がります(90度)。左の写真は
左の枝沢です。こちらの方が明るくて
本流らしく見えますので、間違いないように!
本流の右の沢は、暗くて小さいです。

2007年8月13日撮影
和賀山塊 袖川沢 キトノ沢右俣 28

その800Mの二俣を右へ入ると直ぐに
このような両岸側壁の細い滝が…。

下段は容易に右から登れますが
上段は直瀑でかつ、右側がハングして
いて、とても登れそうにありません。

2007年8月13日撮影
和賀山塊 袖川沢 キトノ沢右俣 29

これが上の写真の上段の滝です。
8〜10Mといったところか…。

ここは一見すると右岸の高巻きが容易に
見えるのですが、滝上は側壁で
降りられないようです(ネットの記録を参考)

よって、ここは左岸を高巻きました。
なるべく小さく高巻いて滝上に降りるつもりが
30Mザイルじゃ降りられそうにありませんでした。
再度登り直し、側壁の切れる斜面から
ブッシュをつかみながら下降しました。

2007年8月13日撮影
和賀山塊 袖川沢 キトノ沢右俣 30

ここは890Mの二俣で〜す!
この写真の滝は右俣にかかる滝です。
左俣にかかる滝もこのような細い滝でした。

どちらも15Mほどあります。ここは、
この二つの滝の間の壁を(左俣の滝寄り)
直登し、右俣の滝上に出ました。
階段状で楽ですが、高度感があります。

2007年8月13日撮影
和賀山塊 袖川沢 キトノ沢右俣 31

この滝を超えると、一気に水量が減り
やがて枯れます。えっ?もう枯れちゃうの?
って感じでした。枯滝がイッパイ出てきますが、
全て直登出来ました。しかし、炎天下の中の
登りは辛〜い!(^^ゞ

2007年8月13日撮影
和賀山塊 袖川沢 キトノ沢右俣 32

最後1,150Mの二俣を左に入ると
白岩岳の山頂に出ます♪

ヤブ漕ぎは5分程度で済みました。
ほっ♪(*^_^*)

2007年8月13日撮影
和賀山塊 袖川沢 キトノ沢右俣 33

白岩岳の山頂から車のデポ地、二股(入角)
登山口まで約1時間の下り。下山が楽です♪

これは下山中、行太展望台から見た
秋田駒ケ岳(左)と岩手山(右)で〜す♪

2007年8月13日撮影
和賀山塊 袖川沢 キトノ沢右俣 34

この白岩岳の登山道、上部が刈り払い
されておらず、半藪状態でした(^^ゞ。
しかし、ブナ林に入ると道もスッキリして
ブナが素晴らしいのなんのってぇ〜♪
これほどのブナ林、珍しいかも?

2007年8月13日撮影
和賀山塊 袖川沢 キトノ沢右俣 35

立派なブナの木がイッパ〜イ♪
何はともあれ、猛暑の中、楽しい遡行が
出来ました♪くじさん、お疲れ様でしたぁ〜!

私は帰路、雫石のあねっこの温泉にて
ひと風呂浴びて帰宅♪
炎天下の遡行は結構疲れました。
めでたし、めでたし♪(*^_^*)

2007年8月13日撮影

目次へ戻る HOMEへ戻る