栗駒山 磐井川本流 1

岩手・宮城内陸地震から2年、やっと一関
から須川温泉に至る国道342は全面開通し、
私にとって栗駒山は4年ぶりの再訪!

栗駒山の紅葉は全国的に有名で、朝早い
時間に行かなければ須川温泉の駐車場は
すぐに満杯に…。7時半到着!

2010年10月2日撮影
栗駒山 磐井川本流 2

須川温泉に車をデポし、入渓地点の須川橋まで
約4キロを折りたたみ自転車で移動!
下り坂で、ほとんどペダルを漕ぐことなく到着!

須川橋付近は、車は停められない…。
だって、こんな横断幕があるんですから〜!

2010年10月2日撮影
栗駒山 磐井川本流 3

さらに「この地域は、遭難多発地帯です。
入山禁止にご協力ください」との看板が…(^^ゞ。

遭難多発地帯だったとは知らなんだ。

2010年10月2日撮影
栗駒山 磐井川本流 4

かすかな踏み跡を辿り堰堤の上から遡行開始!
本流だけあって、規模もそこそこあります♪

2010年10月2日撮影
栗駒山 磐井川本流 5

この日は、雲一つない超快晴で
まさに秋晴れ♪日の光が水に
反射して、とっても美し〜い♪

やはりお天気の中の遡行は楽しいな♪

2010年10月2日撮影
栗駒山 磐井川本流 6

こんなゴーロ歩きでも楽しくなっちゃいました。
お天道様に感謝ですね♪(^o^)

2010年10月2日撮影
栗駒山 磐井川本流 7

870Mのモミ沢出合を過ぎ、940M右岸枝沢も
過ぎれば、沢が徐々に狭まってきます。

この小滝を超えるとゴルジュ帯も間近!

2010年10月2日撮影
栗駒山 磐井川本流 8

これはゴルジュ内にある深い釜を持った8M滝。
10月、水が冷たくって、泳ぐ気になれず…。

ここは右岸の踏み跡から高巻きました。
良い下降地点がなかなか見つからず、
10Mほど懸垂下降しました。
青いシュリンゲを残置しました。

2010年10月2日撮影
栗駒山 磐井川本流 9

ここも釜が深くって、突破するなら
右岸を泳がなければなりません。

寒中水泳は勘弁…てなことで、
左岸より小さく高巻きました。

2010年10月2日撮影
栗駒山 磐井川本流 10

上の写真の滝上から下を望む。
白いナメが美し〜い♪(^o^)

2010年10月2日撮影
栗駒山 磐井川本流 11

950M〜1,000M付近までのゴルジュ帯は、
次々と滝が出てきて楽しませてくれます♪

2010年10月2日撮影
栗駒山 磐井川本流 12

上の写真の滝上から下流部を望む。

盛夏であれば泳いだりシャワークライミング
したり、楽しく突破できる所だと思います。

2010年10月2日撮影
栗駒山 磐井川本流 13

4M幅広滝にて。
快適に登る。

2010年10月2日撮影
栗駒山 磐井川本流 14

標高1,000Mの二俣にて。

右が「三途の川」という名らしい。
いやはや、怖い名前ですね〜!

本流は左の沢です。

2010年10月2日撮影
栗駒山 磐井川本流 15

その1,000M二俣から約50Mほど進むと
難所の6M滝が出てきました。

記録を読むと左壁を直登できるようですが、
秋特有のヌメリがひどく断念…(^^ゞ。
登るにしてもザイルを要する所です。

ここは両岸絶壁で傾斜も強い為、左岸からの
大高巻きを強いられました。懸垂なしで沢床へ。

2010年10月2日撮影
栗駒山 磐井川本流 16

苔むしたゴーロが美し〜い♪(^o^)


2010年10月2日撮影
栗駒山 磐井川本流 17

2年前の岩手・宮城内陸地震の
影響だろうか?崩壊していました。

しかし、遡行上は問題なし。

2010年10月2日撮影
栗駒山 磐井川本流 18

やがてこの沢一番の見どころ、北奥の滝15M。
2万5千図では1,210M地点に記載されて
いますが、実際は1,080M付近にありました。

ここもヌメリがひどく直登は厳しそうで、
右岸より高巻く(容易)。

2010年10月2日撮影
栗駒山 磐井川本流 19

その北奥の滝に接近すると…。
水しぶきが凄〜い!

15Mとは思えないほど、立派な滝です♪
直登するとなれば、度胸が必要かも?

2010年10月2日撮影
栗駒山 磐井川本流 20

その北奥の滝を高巻き、落口に
ドンピシャリ降りられました。

難所は?ここまで!その後も、小滝や
美しいナメが出てきて楽しませてくれます。

2010年10月2日撮影
栗駒山 磐井川本流 21

この小滝は、右から直登(容易)。

2010年10月2日撮影
栗駒山 磐井川本流 22

遡行するにつれ(標高を上げるにつれ)
紅葉が美し〜い♪(^o^)

2010年10月2日撮影
栗駒山 磐井川本流 23

2万5千図の1,210Mに記載されている「北奥の滝」
その地点にあるは実は、6Mほどのこの滝でした。
左の写真がそうです。

2010年10月2日撮影
栗駒山 磐井川本流 24

その滝は水線左を直登。

登りながら撮影したものです。
結構豪快な流れでしたよ♪

2010年10月2日撮影
栗駒山 磐井川本流 25

ウットリするほど綺麗なナメです♪(^o^)

2010年10月2日撮影
栗駒山 磐井川本流 26

美しいナメ滝♪

この沢、全体的にゴーロ歩きが長いですが、
要所要所に滝やナメがあり、飽きさせません。

2010年10月2日撮影
栗駒山 磐井川本流 27

北奥の滝から先は、快適に登れる滝か、
簡単に高巻ける滝ばかりでした。

2010年10月2日撮影
栗駒山 磐井川本流 28

源頭部にて。
もう直ぐ登山道に合流です。

2010年10月2日撮影
栗駒山 磐井川本流 29

ヤブ漕ぎなしで登山道へ出れるのが嬉しい♪
本流を忠実にツメると笊森避難小屋と1,378M
地点の中間、1,360Mの登山道(水場)に出ます。

ここが遡行終了点になるのですが、
この先途中まで登山道が沢の中でした。
(ピンクテープあり)

2010年10月2日撮影
栗駒山 磐井川本流 30

源頭部にて。
沢に並行して登山道がありました。
写真右の踏み跡が登山道です。

黄金色に輝く草紅葉が美し〜い♪

2010年10月2日撮影
栗駒山 磐井川本流 31

いやはや、見事な紅葉です♪

写真中央右上に小さく
笊森避難小屋が見えます。
わかるかなぁ〜?

2010年10月2日撮影
栗駒山 磐井川本流 32

紅葉、まさに今が旬♪
丁度いい時に来たなぁ〜!(^o^)

2010年10月2日撮影
栗駒山 磐井川本流 33

私が辿った登山道は、なんと
立ち入り禁止だったようです…(^^ゞ。

笊森避難小屋にツメ上げる産女川は、
地震の影響が甚大だったようですが、
今回遡行した磐井川本流は、遡行上
特に問題ありませんでした。
直ぐ近くの沢なのに…不思議です。

2010年10月2日撮影
栗駒山 磐井川本流 34

正規ルートに合流し
栗駒山の山頂を目指します。

正面に聳えるのが栗駒山(1,627.4m)です。

2010年10月2日撮影
栗駒山 磐井川本流 35

ふぅ〜!栗駒山の山頂に到着で〜す♪
山頂は、おびただしい人の数でビックリ!
ファッショナブルな「山ガール」もイッパ〜イ!

岩手・宮城内陸地震から2年…。
かつての賑わいを取り戻した感じです。

2010年10月2日撮影
栗駒山 磐井川本流 36

山頂よりいわかがみ平方面を望む。

今年の4月にこのルートから登りましたが、
積雪期と秋ではまったく雰囲気が違うなぁ〜!

2010年10月2日撮影
栗駒山 磐井川本流 37

見事な紅葉♪
歩くのがもったいないくらいです。

2010年10月2日撮影
栗駒山 磐井川本流 38

下山する須川温泉が小さく見えます。

2010年10月2日撮影
栗駒山 磐井川本流 39

とっても綺麗だなぁ〜♪(^o^)
ウットリするほどの美しさ!

2010年10月2日撮影
栗駒山 磐井川本流 40

これも〜♪

2010年10月2日撮影
栗駒山 磐井川本流 41

昭和湖です。

1944年11月20日に小規模な水蒸気
噴火を起こし出来た湖のようです。

2010年10月2日撮影
栗駒山 磐井川本流 42

名残ヶ原にて。

初夏には多くの高山植物が
咲き乱れる大湿原のようです。

須川温泉に下山したら、人、人、人で
さらにビックリ!人気のほどが伺えます。

2010年10月2日撮影
栗駒山 磐井川本流 43

須川温泉は混んでいましたので、
帰り道に祭畤(まつるべ)温泉に寄りました。

2010年10月2日撮影
栗駒山 磐井川本流 44

その祭畤温泉、かみくらの入り口です。
ほとんど貸切状態で入浴できました♪

とってもいい湯でしたよ(600円)♪
めでたしめでたし♪(^o^)

2010年10月2日撮影
※今回の遡行の詳細は、私のHP「酔いどれ日記」 2010年10月2日に掲載しています。


<10月2日(土)> 行動時間】 合計6時間30分 (休憩時間含む)
須川温泉駐車場(7時30分)〜須川橋まで自転車(8時)〜1,000M二俣(9時30分)〜
1,360M登山道水場(12時20分)〜栗駒山山頂(13時20分)〜須川温泉駐車場(14時30分)

目次へ戻る HOMEへ戻る