○10月9日(土) 奥森吉青少年野外活動基地・親子キャンプ場にて合同懇親会♪
桃洞沢〜赤水沢 1

今回は、岩手県内(県外の方も)の様々な
山岳会が一同に会し、懇親会&桃洞沢を
遡行をして参りました。

最終的に15名の参加者があり、
山岳会の枠を超え大いに盛り上がり大成功♪
岩手県内のこれほど大人数の沢屋さんが
一同に集結することは極めて稀だと思います。

2010年10月9日撮影
桃洞沢〜赤水沢 2

お酒を飲みながら鍋の調理♪

ここ岩手では、沢屋がとても少ないです。
沢へ行くとなればパートナーをゲットするのに
苦労するほどです。自会にこだわっていれば、
なかなかメンツが揃いません。

これを機に県内の沢屋同士の親睦を図り、
また沢登りが好きになってくれる機会を
提供できたら…そのような思いで
企画させていただきました。

2010年10月9日撮影
桃洞沢〜赤水沢 3

本日のメインディッシュ、きりたんぽ鍋♪

いや〜出発前から波乱万丈でした(^^ゞ。
というのは、お天気です。
まさに絶望的なお天気だったのですよ…。

9日(土)の懇親会が始まる昼過ぎから雨が降り、
遡行日の10日(日)の降水確率は何と
90%ですから(一日中雨マークが…)。
昨日まであんなにお天気が良かったのに〜!
なんというバット・タイミング!

2010年10月9日撮影
桃洞沢〜赤水沢 4

いくら易しい沢とはいえ、
大増水でもしたら危険が伴います。

悩んでもしょうがない!明日の遡行のことは
明日のお天気(増水具合)で判断しよう!

まずはカンパ〜イ♪
何度乾杯したことかぁ〜!(^o^)

2010年10月9日撮影
桃洞沢〜赤水沢 5

夕方3時半頃より鍋を作りながら宴会開始♪
メンバーの中には初対面の方もいたのですが、
お酒を飲めば皆兄弟♪沢という共通話題が
ありますし、余計話が盛り上がります。

次から次へと出るわ出るわ、豪勢な鍋料理と
おつまみ、そして豪華なお酒の数々♪

外は雨だったのですが、宴会していると
雨が降っていることさえ忘れさせてくれました。

2010年10月9日撮影
桃洞沢〜赤水沢 6

出発の前日、「中止にすべきかどうか…」
正直真剣に悩みました。
メンバーの中には、遠路福島から来られる
方もいましたので、宴会だけして解散!
というのも申し訳なさ過ぎる。

かといって、「山岳会の枠を超えて沢屋が
集結する貴重なこの機会を逃したくない!」
という気持ちもあるしで…。
決心しました!「とりあえず集合しよう!」と。

2010年10月9日撮影
桃洞沢〜赤水沢 7

問題はどの程度の雨量になるのか?
こればかりは現地へ行ってみないとわかりません。

雨量(増水具合)によって臨機応変に山行計画を
変更できるようサブプランを4つほど考えました。

2010年10月9日撮影
桃洞沢〜赤水沢 8

「この雨じゃ、明日の桃洞沢の遡行は
厳しいかなぁ〜?」という思いもあり、
12時過ぎまで思いっ切り飲んじゃいました。

ということは、8時間半も飲んだ
ことになります。恐るべし…(^^ゞ。

ほんと楽しいひと時でした♪(^o^)
これも一重に皆さんのお人柄の賜物、
本当にありがとうございました♪

2010年10月9日撮影
○10月10日(日) 桃洞沢遡行〜赤水沢下降
桃洞沢〜赤水沢 9

夜が明け10日(日)、5時頃に目が覚めました。
う〜ん、頭が痛〜い!完全な二日酔いです(^^ゞ。

朝起きたら、雨は止んでいました。
それに雲の隙間から青空もチラリと
見えるじゃありませんかぁ〜!これは奇跡か!

雨が止んだとはいえ(小雨状態でしたが)、
昨夜は結構降ったからなぁ…(^^ゞ

2010年10月10日撮影
桃洞沢〜赤水沢 10

問題はどれほど増水しているか?
とりあえず桃洞滝まで行ってみるか〜!

そこで増水具合を確認し、
突っ込むか否か判断しよう!

2010年10月10日撮影
桃洞沢〜赤水沢 11

桃洞滝の水量を一目見て…
「うん、これなら行けるぞっ!」と確信しました。

確かに滝の水は茶色く濁り、増水していましたが
思ったより増水していませんでした。(^o^)

2010年10月10日撮影
桃洞沢〜赤水沢 12

それに頼もしいメンバーもたくさんいるし、
「全く問題なし!」と確信しました。

よ〜し、突っ込むぞ〜!

桃洞滝に見惚れる仲間たち。

2010年10月10日撮影
桃洞沢〜赤水沢 13

桃洞滝を登る仲間たち。

15人もいると、時々点呼を取らないと
誰かいなくなっても分からないくらい(^^ゞ。

久し振りです、こんな大人数で遡行するの♪

2010年10月10日撮影
桃洞沢〜赤水沢 14

桃洞滝を登っている最中に撮影♪
普段より水量が多く迫力満点!

2010年10月10日撮影
桃洞沢〜赤水沢 15

桃洞滝の上からは素晴らしい
ナメが果てしなく続きます♪

ヒタヒタとナメを歩く。

2010年10月10日撮影
桃洞沢〜赤水沢 16

フリクションはバッチリ!

傾斜のあるところも自分の足を
信じてグイグイ登れちゃいます。

2010年10月10日撮影
桃洞沢〜赤水沢 17

小雨降る中、順調に遡行が続く。

2010年10月10日撮影
桃洞沢〜赤水沢 18

高さ8m位かな?
中ノ滝を左壁から登る仲間達。

ここにもステップが刻まれています。

2010年10月10日撮影
桃洞沢〜赤水沢 19

やがて核心部の男滝に到着!
桃洞滝は別名『女滝』というのに対し、
こちらは『男滝』と言われています。

初めてご一緒する方もいましたので、
安全を期してザイルを張りました。

2010年10月10日撮影
桃洞沢〜赤水沢 20

その男滝を右壁から直登します。

ここにもステップが刻まれていますが、
所々浅く小さくなっちゃいます。

2010年10月10日撮影
桃洞沢〜赤水沢 21

岩登りメインのRCCさんは
左壁より直登!

滝頭を通過するのを見ていて
ちょっとハラハラドキドキ…(^^ゞ。

2010年10月10日撮影
桃洞沢〜赤水沢 22

この男滝は2段10M。
その二段目を登るNさん。

2010年10月10日撮影
桃洞沢〜赤水沢 23

男滝の落口(滝頭)にて。

バリエーションルートから登る
S先生を確保する若者メンバー。

若いって、素晴らし〜い♪(^o^)
私にもそんな時代がありました。

2010年10月10日撮影
桃洞沢〜赤水沢 24

男滝の落口から進行方向を望む。


2010年10月10日撮影
桃洞沢〜赤水沢 25

この桃洞沢〜赤水沢は、遡行自体容易ですが、
最大の核心部は、赤水沢を下降すべく
880Mのコルに突き上げるルートファンディング
ではないでしょうか。

間違いやすい場所は、755Mの本流との二俣
(ここは本流に行かず左の枝沢へ)と、
785Mの二俣(ここは右俣へ)、
そして850M最後の二俣(ここは左)です。

2010年10月10日撮影
桃洞沢〜赤水沢 26

おぉぉ〜!大量のキノコ発見♪
よ〜し、キノコ採りだぁ〜!

2010年10月10日撮影
桃洞沢〜赤水沢 27

赤水沢をどんどん下降します。
傾斜はありますが、フリクションバッチリ!

2010年10月10日撮影
桃洞沢〜赤水沢 28

紅葉がとても綺麗です♪
時折日差しが〜!(^o^)

日が射すと紅葉の美しさも格別です。

2010年10月10日撮影
桃洞沢〜赤水沢 29

750M赤水沢本流に到着!
ここでランチタ〜イム♪(^o^)

広々した所で15名いても楽勝♪

2010年10月10日撮影
桃洞沢〜赤水沢 30

腹も満ちたし、さぁ〜出発しま〜す!


2010年10月10日撮影
桃洞沢〜赤水沢 31

赤水沢の下降でも、安全を期して「危険」と
思われる場所では、全てロープを張り
懸垂下降しました。

15名の大人数ですと、懸垂下降にも時間が
かかりますが、お互い助け合いながら素早く
対処できたと思います。

2010年10月10日撮影
桃洞沢〜赤水沢 32

初めてザイルを組む方もいたのですが、
お互いが「ここで何をすべきか?」が
分かっていて素晴らしいチームワークで
迅速に対処できました。

2010年10月10日撮影
桃洞沢〜赤水沢 33

オール岩手という混成チームにも
関わらず、チームワークバッチリ♪

それが何よりも嬉しかったです(^o^)。

2010年10月10日撮影
桃洞沢〜赤水沢 34

微妙なヘツリもあり楽しませてくれます。

万が一落ちてもドボンの愛嬌で済むのですが
水は冷たい…出来れば落ちたくないもの。

2010年10月10日撮影
桃洞沢〜赤水沢 35

広大なスラブと紅葉が素晴らしい♪
ほんとウットリですねぇ〜!(^o^)

2010年10月10日撮影
桃洞沢〜赤水沢 36

兎滝(40M)で〜す♪

滝の落口に巨大な流木があったので、
それを支点に30Mザイル2本連結し懸垂下降
したのですが、下まで届かず…(^^ゞ。
結局2ピッチで降りることに〜!

2010年10月10日撮影
桃洞沢〜赤水沢 37

兎滝を懸垂下降する仲間たち。
ほんと見事で綺麗な滝です。

どこが兎の耳で口なのかな?
皆で協議しました(^o^)。

2010年10月10日撮影
桃洞沢〜赤水沢 38

兎滝を下降すれば難所はもうない。

あとは甌穴に落ちないよう
気を付けるだけです。

2010年10月10日撮影
桃洞沢〜赤水沢 39

わぁぁ〜!見事な広大なスラブと紅葉♪
何度見ても感動しますね!(^o^)

2010年10月10日撮影
桃洞沢〜赤水沢 40

各々山岳会、しきたりや規則はまちまちですが、
山や沢を愛する気持ちは一緒だと思っています。

それぞれの山岳会がお互いに助け合いながら、
切磋琢磨しながら素晴らしい関係を築けたら
この上なく喜ばしいことです。

2010年10月10日撮影
桃洞沢〜赤水沢 41

桃洞沢遡行〜赤水沢下降ルート、全行程16K。
単独遡行した際でも5〜6時間かかっていました

今回15名という大人数で、しかも頻繁にザイルを
出したにもかからず、全行程7時間という短時間!

これが何よりも「チームワークの素晴らしさ!」の
証なのかもしれませんね。

2010年10月10日撮影
桃洞沢〜赤水沢 42

皆さん、大変喜び感動していただき、企画
した私としましても感無量で胸が一杯でした。

今回の合同山行に賛同・参加していただいた
各山岳会の皆さんに(個人参加の方にも)
心から感謝とお礼を申し上げます。

本当にありがとうございました♪(^o^)

2010年10月10日撮影
※今回の遡行の詳細は、私のHP「酔いどれ日記」 2010年10月11〜12日に掲載しています。


<10月10日(日)> 行動時間】 合計7時間 (休憩時間含む)
野生鳥獣センター(8時10分)〜755M二俣(9時50分)〜880Mコル(10時45分)〜
750M赤水沢(11時10分)〜699Mノロ川本流(13時30分)〜野生鳥獣センター着(15時10分)

目次へ戻る HOMEへ戻る