南八甲田 逆川〜バッカイ沢 1

逆川を遡行するめには、まずは荒川本流に
降りなければなりません。2万5千図には
記載されていませんが、酸ケ湯温泉と笠松峠
の間に水道敷用の道があり、それを利用します。

車2台停まっている場所がその道の入口です。
その路肩に無理やり路肩駐車しました(^^ゞ。

2009年6月28日撮影
南八甲田 逆川〜バッカイ沢 2

これがその道の入口です。登山道並みの
立派な道でした。今の時期、山菜採りで
この道を利用する人が多いようです。

5時半にはこの場所に到着したのに、
既に満車状態でしてぇ〜!
沢支度をして5時40分に出発♪

2009年6月28日撮影
南八甲田 逆川〜バッカイ沢 3

下ること約20分で荒川本流に降り立ちました。

そこは沢(荒川)が左に大きくカーブする所で、
赤水沢とバッカイ沢の間に降りたようです。
(バッカイ沢寄りです)

2009年6月28日撮影
南八甲田 逆川〜バッカイ沢 4

荒川を下ること2〜3分で
バッカイ沢の出合に到着しました。

帰りはこの沢を下降する予定です。

2009年6月28日撮影
南八甲田 逆川〜バッカイ沢 5

荒川本流です。
どんどん下って行きま〜す!

なんかドブ臭いのが気になりました(^^ゞ。
道路に並行した川なので汚染されたのかも?
とても飲めるような感じじゃありませんでした。

2009年6月28日撮影
南八甲田 逆川〜バッカイ沢 6

ここが逆川の出合で〜す!

出合は広い河原になっていました。
いよいよ逆川の遡行開始で〜す♪

2009年6月28日撮影
南八甲田 逆川〜バッカイ沢 7

最初はゴーロ歩きが続きました(^^ゞ。
地元の山菜採りの方に多数お会いしました。

そうそう、今回は単独行なんですよ〜!
事前にネットで山行記録を調べまくったのですが
詳細な記録は皆無で、行き当たりバッタリ勝負!
果たしてどんな沢か?ワクワク・ドキドキです♪

2009年6月28日撮影
南八甲田 逆川〜バッカイ沢 8

ゴーロ歩きに飽きたころ、最初の滝が♪
深い釜を持っていて、ここは右壁を
トラバースして滝上に!

朝早い時間でしたので、水は冷たく
とても泳ぐ気になれませんでした(^^ゞ。

2009年6月28日撮影
南八甲田 逆川〜バッカイ沢 9

これまた深い釜を持った小滝が…。

ここも右壁をトラバースしました。
この沢にかかる滝のほとんどが、
深い釜や瀬を持っていました。
ヘツリのよいトレーニングになりましたよ♪

2009年6月28日撮影
南八甲田 逆川〜バッカイ沢 10

上の写真の小滝を超えた後に撮影したもの。

ここで沢が大きく右に曲がり、一気に沢幅が
狭まりゴルジュ帯に突入しま〜す♪(*^_^*)

2009年6月28日撮影
南八甲田 逆川〜バッカイ沢 11

この滝は7Mほどだろうか?
ここも深い釜を持っていました。
右岸(左壁)より登り落ち口へ。

ホールドが細かいが、問題なし。
初級者同行時、ザイルを要するかも?


2009年6月28日撮影
南八甲田 逆川〜バッカイ沢 12

上の写真の滝の落ち口より下を望む。
結構豪快なり♪(*^_^*)


2009年6月28日撮影
南八甲田 逆川〜バッカイ沢 13

右岸から流れ落ちる水の流れが
とても綺麗でした♪(*^_^*)
沢幅がさらに狭まり興奮しそうな私…。

遠方に雪渓のブロックを発見!
ここでの高巻きは勘弁して〜!(^^ゞ。

2009年6月28日撮影
南八甲田 逆川〜バッカイ沢 14

ふぅ〜!そのブロックは既に崩壊済みで
何なく通過できました♪ほっ!(*^_^*)

2009年6月28日撮影
南八甲田 逆川〜バッカイ沢 15

後ろを振り返るとこんな感じ…。

結構深い。水に入りたくない一心で
(だって冷たいだも〜ん!)出来るだけ
ヘツる私でした(^^ゞ。

2009年6月28日撮影
南八甲田 逆川〜バッカイ沢 16

この滝は、左岸(右壁)より直登しました。

この沢、たくさんの滝が出てきますが、
どれもこれも登れる滝ばかりで
気分爽快でしたよ〜♪(*^_^*)

易し過ぎず難し過ぎず適度な困難度で
単独で登るにはちょうど良かったです。

2009年6月28日撮影
南八甲田 逆川〜バッカイ沢 17

そりゃも〜次から次へと滝が連続し
その対応に忙しいです。
笑いが止まりませんでしたよ〜♪

いい沢、見つけたなぁ〜!って、感動♪
この滝は、左岸(右壁)を直登しました。

2009年6月28日撮影
南八甲田 逆川〜バッカイ沢 18

沢の初級者を案内するには
とても素晴らしい沢だと思いました。

このような沢を経験させてあげると
きっと沢登りを好きになってくれる
かも知れませんね♪(*^_^*)

2009年6月28日撮影
南八甲田 逆川〜バッカイ沢 19

それにしても、青森県の沢って、
情報量の少なに驚きます。

「○○沢へ行きました!」という記事は
ネットで拝見出来るのですが、その詳細が
記載されていないことが多くて…(^^ゞ。

未知なる沢への探検!って感じで、
それはそれで楽しかったです♪

2009年6月28日撮影
南八甲田 逆川〜バッカイ沢 20

ここは左岸(右壁)をトラバースして登りました。
今回はホントよいヘツリのトレーニングが
出来ましたよ〜♪(*^_^*)

2009年6月28日撮影
南八甲田 逆川〜バッカイ沢 21

ここも左岸(右壁)をトラバースしながら突破!
次から次へと滝が連続し、ゲップが出そうな
ほど楽しいのなんのってぇ〜!欲を言えば、
もうちょっと難しい滝が出てきてくれれば…。

2009年6月28日撮影
南八甲田 逆川〜バッカイ沢 22

右の支流が、980M左岸枝沢です。
とても美しいところでしたよ♪(*^_^*)
本流は左の沢です。

2009年6月28日撮影
南八甲田 逆川〜バッカイ沢 23

ネットの遡行記録で見た滝と一緒だぁ〜!
ここが1,050Mの二俣で〜す♪(*^_^*)

この二俣は両方が滝となって落ちていました
(どちらも10Mほどあろうか)。
本流が左奥の滝ですが登れそうにない。
よって、手前の右俣の滝を登り本流の
滝上に出ました。この本流の滝上もゴルジュ
になっていて面白かったですよ〜♪

2009年6月28日撮影
南八甲田 逆川〜バッカイ沢 24

上の写真の本流滝上から下を望むと…
瓢箪型の滝壺でした(*^_^*)。
これは登れまい…。

2009年6月28日撮影
南八甲田 逆川〜バッカイ沢 25

その滝上はさらにゴルジュになっていて…
写真中央、水線左の岩を登りました。


2009年6月28日撮影
南八甲田 逆川〜バッカイ沢 26

その上から下を望むとこんな感じ…


2009年6月28日撮影
南八甲田 逆川〜バッカイ沢 27

ゴルジュも終わり、癒される光景♪(*^_^*)
ここで滝もお終いかな?と思いきや…。

2009年6月28日撮影
南八甲田 逆川〜バッカイ沢 28

また滝だぁ〜!(*^_^*)

ここは左岸(右壁)をボルダーチックに
登り滝上に。出だしが被っていました。
この滝を最後に沢は穏やかになりました。

2009年6月28日撮影
南八甲田 逆川〜バッカイ沢 29

1,100Mの二俣で〜す!

ここは支流の左へ進みました。
1,250Mラインの大湿原を目指すなら
やはり、ここは左です。

2009年6月28日撮影
南八甲田 逆川〜バッカイ沢 30

その左俣はこんな感じ…。

2009年6月28日撮影
南八甲田 逆川〜バッカイ沢 31

やがて1,140Mの二俣へ到着!
多くの遡行記録はここを右へ行っています。
しかし、今回私はあえて左の枝沢へ進んで
みることにしました。ヤブ漕ぎ覚悟で…(^^ゞ。

1,140Mの二俣を左に入った方が1,250M
ラインの大湿原のド真ん中に出られるからです。
大湿原のルートファインディング容易になります。

2009年6月28日撮影
南八甲田 逆川〜バッカイ沢 32

初めて入る沢ゆえ慎重にルート選択しました。
これは、1,140Mの二俣を左に入ったところ。
一気に水量が減り、藪モードに…(^^ゞ。

1,250Mの大湿原まで標高差は
たったの100Mちょいなのに…。

2009年6月28日撮影
南八甲田 逆川〜バッカイ沢 33

雪渓が出てきました。こういう時はラッキー♪
順調に高度を稼ぎ、この分だとヤブ漕ぎなしで
大湿原に出られるかも?と思っていたのですが…

1,220M付近で沢幅が狭まり蛇行を
繰り返し高度上がらず。しかも、両岸は
ヤブが濃く…(^^ゞ。完全なヤブ漕ぎに〜!

2009年6月28日撮影
南八甲田 逆川〜バッカイ沢 34

もう勘弁してぇ〜!とヤブを漕ぐこと約20分。
沢から外れ左に行ってみると小湿原が〜!
私の高時計は1,140Mを指していました。
ということは、大湿原までもうちょっと〜!

写真右側に小さく沢が流れています。


2009年6月28日撮影
南八甲田 逆川〜バッカイ沢 35

この小湿原にはお花がイッパイ♪
チングルマで〜す♪めんこいの〜!


2009年6月28日撮影
南八甲田 逆川〜バッカイ沢 36

イワカガミで〜す!
別名は…「アポロチョコ?」

2009年6月28日撮影
南八甲田 逆川〜バッカイ沢 37

その小湿原から藪を多少漕ぐと櫛ヶ峰が〜♪
さらに大湿原を探しに左に進むと…


2009年6月28日撮影
南八甲田 逆川〜バッカイ沢 38

おぉぉぉぉ〜!出たぁ〜!大湿原だぁ〜!
ついに1,250Mラインの大湿原に出ましたぁ〜♪

正直、この光景を目にした時、鳥肌が立ちました。
そして、一言・・・「まるで天国だ〜♪」と。
どこまでも果てしなく続く大湿原、しかも、
ほとんど人が踏み入れてない手付かずの湿原!
まさに原始の姿のままの大湿原でした♪(*^_^*)

2009年6月28日撮影
南八甲田 逆川〜バッカイ沢 39

遠くに北八甲田の山々、そして目の前
には南八甲田の櫛ケ峰が聳えていました。
山々に囲まれた湿原、ほとんど人の足が
踏み込まれてない大湿原♪その湿原の中
には、様々な高山植物が咲き乱れていました。

何時間でも居座りたくなるような
天国的な場所でした。まるで映画の
ワンシーンのような光景です。

2009年6月28日撮影
南八甲田 逆川〜バッカイ沢 40

大湿原に点在する池塘(ちとう)です。
「こんな素晴らしい沢、どうして世にあまり
知られていないのだろう?」って、
逆に疑問に思ったほどです。

まさに宝物を探し当てた気分になりました。
遡行グレードは2級レベルだと思います。
初級者をこのような沢へご案内すると、きっと
沢登りを好きになってくれるかもしれませんね♪

2009年6月28日撮影
南八甲田 逆川〜バッカイ沢 41

滝の連続とフィナーレは大湿原♪
まさに至れり尽くせりの名渓だと思いました。
この沢なら、またぜひ遡行してみたな!
と、思いましたもの。

ニッコウキスゲです。

2009年6月28日撮影
南八甲田 逆川〜バッカイ沢 42

これも大湿原に点在する池塘(ちとう)です。

2009年6月28日撮影
南八甲田 逆川〜バッカイ沢 43

ゴルフが出来そうな素晴らしい芝生?です。
遠方に櫛ヶ峰を望みます。

2009年6月28日撮影
南八甲田 逆川〜バッカイ沢 44

その上記の湿原から80度の方向に
大湿原をトラバースし、10分ほどヤブを
漕ぎ、次なる湿原へ…。

これまた大きな湿原だなぁ〜♪(*^_^*)

2009年6月28日撮影
南八甲田 逆川〜バッカイ沢 45

上の樹林と草原の境目がバッカイ沢でした。
ここまで来ればもう安心♪ここでマッタリと
ランチタイ〜ムです♪

2009年6月28日撮影
南八甲田 逆川〜バッカイ沢 46

可愛いピンクの花っこ♪ショウジョウバカマです。
これから咲くところのようです。
いやはや、癒されましたぁ〜!

2009年6月28日撮影
南八甲田 逆川〜バッカイ沢 47

雪渓の下付近一帯には水芭蕉の群生が〜♪
これにも感動しましたよ〜!


2009年6月28日撮影
南八甲田 逆川〜バッカイ沢 48

その水芭蕉をズームアップ!


2009年6月28日撮影
南八甲田 逆川〜バッカイ沢 49

その大湿原でマッタリとランチタイムを取る私…
いつまでも居たくなるような場所です。


2009年6月28日撮影
南八甲田 逆川〜バッカイ沢 50

そろそろ下降しなくっちゃ〜!
バッカイ沢の下降開始は10時!
バッカイ沢の1,240M付近より下降開始!


2009年6月28日撮影
南八甲田 逆川〜バッカイ沢 51

最初はヒョロヒョロの沢でした。


2009年6月28日撮影
南八甲田 逆川〜バッカイ沢 52

おぉぉ〜!雪渓が崩壊したばかり〜!
生々し〜い!

2009年6月28日撮影
南八甲田 逆川〜バッカイ沢 53

沢沿いにタカネスミレが咲いていました♪
めんこいの〜♪(*^_^*)


2009年6月28日撮影
南八甲田 逆川〜バッカイ沢 54

沢を下りながら北八甲田の山々を望む。


2009年6月28日撮影
南八甲田 逆川〜バッカイ沢 55

単調なゴーロ歩きが続きます。
正直、嫌になりました(^^ゞ。


2009年6月28日撮影
南八甲田 逆川〜バッカイ沢 56

と思っていたら、下流部でやっと滝が〜!
ここは小さく巻きながら下降しました。

2009年6月28日撮影
南八甲田 逆川〜バッカイ沢 57

上の写真の滝下はこんな感じで
プチゴルジュ!やっと楽しくなってきた!


2009年6月28日撮影
南八甲田 逆川〜バッカイ沢 58

その下から見るとこんな感じ。
ここはフリーで下れました。


2009年6月28日撮影
南八甲田 逆川〜バッカイ沢 59

赤岩と水の色がとても美しかったです♪


2009年6月28日撮影
南八甲田 逆川〜バッカイ沢 60

ふぅ〜!バッカイ沢を下ること約2時間、
やっと荒川本流に戻りましたよ〜!
この日は猛暑で、汗だくです。(^^ゞ

2009年6月28日撮影
南八甲田 逆川〜バッカイ沢 61

その荒川を遡上すること約3分で来た時の
道に合流しました。この道は、とても
歩きやすい道でした。

12時10分、車デポ地に到着!

2009年6月28日撮影
南八甲田 逆川〜バッカイ沢 62

帰りは須川温泉に寄ろうと思ったのですが、
駐車場はすでに満杯状態でした。
よって、帰り道に大川原温泉に寄りました。
なんと入浴料が200円には驚きました♪

いや〜今回の遡行、とっても満足♪(*^_^*)
またぜひ行ってみたい沢です。

2009年6月28日撮影
● 今回辿ったルート【全行程約6時間半(休憩含む)】
水道敷入口出発(5時40分)〜980M左岸枝沢(7時40分)〜1,250M大湿原(9時10分)〜第2湿原
バッカイ沢下降開始(10時)〜荒川本流(11時45分)〜水道敷入口の車デポ地着(12時10分)

目次へ戻る HOMEへ戻る