女神山・信倉沢〜後ろのツル道 1

三年前の2014年、秋田県美郷町の
六郷登山協会の方々のご尽力で女神山への
登山道(古道)が数十年振りに復活したことを
知り「いつか歩きたい!」と考えていました。
この復活したての登山道が「後ろのツル道」です。

起点となる六郷ダムの駐車場にて。
我が家から100キロ 2時間、6時50分スタート!

2017年10月15日撮影
女神山・信倉沢〜後ろのツル道 2

実は、もう一つ「炭焼き道」があることを知りました。
それは、「後ろのツル道」の沢コース版
とでも言いましょうか、信倉沢の右岸側に
沢と平行して付けられている道です。

2017年10月15日撮影
女神山・信倉沢〜後ろのツル道 3

当時は、こちらの沢コースの方が、アップダウン
も少なく楽だったと思いますが、増水時は通れ
なかった可能性があります。2万5千図には
今もなお登山道として記載されていますが、
歩いた記録が一件もヒットしないことから
「おそらく廃道だろう!」と確信していました。

この堰堤まで道があります。この堰堤を
右岸より越えて入渓しました。

2017年10月15日撮影
女神山・信倉沢〜後ろのツル道 4

信倉沢コースは沢登りで、後ろのツル道は
尾根下り(縦走)で繋げてみよう!

どうせならこの二つのルートを歩いてみよう♪
と思い立ったのです。

2017年10月15日撮影
女神山・信倉沢〜後ろのツル道 5

2万5千図 320m滝マークの手前にある滝です。
てっきりこれが滝マークの滝だと
勘違いしました。

赤い三段のナメ滝です。

2017年10月15日撮影
女神山・信倉沢〜後ろのツル道 6

この滝は、快適に登れます。

当時の登山道らしき踏み跡が散見されますが、
ヤブ茫々状態なので沢通しに歩いた方が
早いし楽です。

2017年10月15日撮影
女神山・信倉沢〜後ろのツル道 7

その滝を越えて数十メートル先に
2万5千図 320mの滝マークの滝が現れました。

右岸をブッシュ沿いに直登しました。
この滝も三段になっていて30m位でしょうか。
2段目付近で太いワイヤーがあってビック!
きっと、「炭焼きの道」として歩かれていた
当時の残骸だと思われます。


2017年10月15日撮影
女神山・信倉沢〜後ろのツル道 8

その滝を上から撮影したものです。
とても綺麗な滝で感動しました。
この滝が見られただけでも
「遡行してよかった♪」って思いました。

2017年10月15日撮影
女神山・信倉沢〜後ろのツル道 9

このような小滝もありますが、
全行程の8〜9割はゴーロ歩きに終始します。

2017年10月15日撮影
女神山・信倉沢〜後ろのツル道 10

全部で5つほど滝が出てきますが
どれもこれも直登出来ました(容易)。

2017年10月15日撮影
女神山・信倉沢〜後ろのツル道 11

二つ目の2万5千図に記載されている
標高580m滝、実際に行ってみると
その場所には滝がなく、標高600mの
右岸枝沢の出合に掛かる滝で20mほどの直瀑、
これも見事でした!本流になくてよかったぁ〜!


2017年10月15日撮影
女神山・信倉沢〜後ろのツル道 12

最後のツメは数分のパヤパヤの軽いヤブ漕ぎで
ブナ見平付近の登山道に出ました。

六郷ダムの駐車場から3時間でブナ見平に
ツメ上げていますので、後ろのツル道から登るのと
そんなに時間の差はないと思いました。

2017年10月15日撮影
女神山・信倉沢〜後ろのツル道 13

ブナ見平はじめ女神山のブナの紅葉が
ほんと見事で感動しました♪

2017年10月15日撮影
女神山・信倉沢〜後ろのツル道 14

もしかして、ちょうど良い時期に来たのかも。
遠方に真昼岳を望みます。

2017年10月15日撮影
女神山・信倉沢〜後ろのツル道 15

まさに紅葉ロードです♪
まるで宝石箱状態でしたよ♪

2017年10月15日撮影
女神山・信倉沢〜後ろのツル道 16

これも〜♪
ほんとウットリです。

2017年10月15日撮影
女神山・信倉沢〜後ろのツル道 17

一般登山道に合流してからは、たくさんの
登山者に驚きました。多くの方から「お兄さん、
変わった靴を履いてるわねぇ〜!」って、
言われちゃいました。

きっと、皆さん渓流足袋を見た
ことがないんだろうなぁ〜。

2017年10月15日撮影
女神山・信倉沢〜後ろのツル道 18

もう直ぐ女神山の分岐です。


2017年10月15日撮影
女神山・信倉沢〜後ろのツル道 19

女神山の山頂でランチタイム♪
六郷ダムの駐車場からちょうど4時間です。

2017年10月15日撮影
女神山・信倉沢〜後ろのツル道 20

白糸の滝方面へ下山します。
こちら側も紅葉が綺麗です。


2017年10月15日撮影
女神山・信倉沢〜後ろのツル道 21

遠方の山々の紅葉も素敵♪

2017年10月15日撮影
女神山・信倉沢〜後ろのツル道 22

白糸の滝です。


2017年10月15日撮影
女神山・信倉沢〜後ろのツル道 23

降る滝です。
落差40mあるそうです。

2017年10月15日撮影
女神山・信倉沢〜後ろのツル道 24

その降る滝にあった可愛いケルン。


2017年10月15日撮影
女神山・信倉沢〜後ろのツル道 25

後ろのツル道の分岐です。

いよいよここから先、美郷町の六郷登山協会の
皆さんが、古道でヤブに覆われた「炭焼きの道」
を刈払い整理し「登山道」として蘇らせてくれた
全長5キロのコースを縦走します。

2017年10月15日撮影
女神山・信倉沢〜後ろのツル道 26

ちょっと変わった名前だと思いませんか?
集落から見える尾根のカーブがちょうど
「鍋のツル」のように見えたことから
「後ろのツル」と呼ばれるようになったそうです。

2017年10月15日撮影
女神山・信倉沢〜後ろのツル道 27

この「後ろのツル道」、もともとは「炭焼きの道」
と呼ばれる生活道で、六郷ダムに沈んだ
湯田集落の人たちが炭を運んで岩手県の
湯田町まで運んだとされる「生活の為の道」
だったようです。

2017年10月15日撮影
女神山・信倉沢〜後ろのツル道 28

湯田集落は国の崖地危険住宅移転事業
により移転が進められ、1975年に無人化、1984年
に完成した六郷砂防ダムの底に沈みました。

「炭焼きの道」は湯田集落を囲む山の中にある
湯田三吉神社から岩手県境に向かう
尾根伝いの約5キロ。

2017年10月15日撮影
女神山・信倉沢〜後ろのツル道 29

大量のなめこを発見!
母への良いお土産が出来ました♪

それ以降、住む人も往来する用事もなくなり
廃道状態になった古道を、不退転の努力で
刈払い作業を進め見事に復活させた
六郷登山協会の皆様には感謝です。

2017年10月15日撮影
女神山・信倉沢〜後ろのツル道 30

このような道標も手作りで掛けてくれたようです。
それにしても立派なブナの木です。

2017年10月15日撮影
女神山・信倉沢〜後ろのツル道 31

この熊見平が後ろのツル道の中で、
一番展望が良い場所だと思います。
2万5千図の662m地点に該当します。

2017年10月15日撮影
女神山・信倉沢〜後ろのツル道 32

その熊見平から女神山を望みます。

2017年10月15日撮影
女神山・信倉沢〜後ろのツル道 33

同じく熊見平から黒森山を望みます。


2017年10月15日撮影
女神山・信倉沢〜後ろのツル道 34

オトシの三角点は2万5千図の
478.3mの三角点に該当します。

2017年10月15日撮影
女神山・信倉沢〜後ろのツル道 35

そこを過ぎると植生も変わり
ブナ林から杉林となりました。

2017年10月15日撮影
女神山・信倉沢〜後ろのツル道 36

湯田三吉神社です。
ここまで来れば六郷ダムまでもうちょっと!

2017年10月15日撮影
女神山・信倉沢〜後ろのツル道 37

杉林の急斜面を下っていきます。


2017年10月15日撮影
女神山・信倉沢〜後ろのツル道 38

六郷ダムに到着しました♪

沢と紅葉を楽しめ、さらに大量のきのこまで
採れて最高の一日となりました♪

2017年10月15日撮影
女神山・信倉沢〜後ろのツル道 39

六郷ダムです。
後ろのツル道分岐から六郷ダムの駐車場まで
1時間30分の行程でした。

※ 登りだと約2時間〜2.5時間らしい

2017年10月15日撮影
女神山・信倉沢〜後ろのツル道 40

下山後、六郷温泉あったか山にて入浴(400円)。

盛岡市内に入ってから吉野家 46号線盛岡
インター店にてちょっと早い晩飯を食べました。
豚生姜焼き定食(490円)がとても
美味しかったです。

2017年10月15日撮影
女神山・信倉沢〜後ろのツル道 41 GPSの軌跡 ※クリックで拡大
<2017年10月15日(日)>
行動時間 7時間 10分(休憩時間含む) 登り:4時間  / 下り:3時間 10分

六郷ダム駐車場(6時50分)〜320m滝マーク(8時10分)〜460m二俣(9時)〜ブナ見平(9時50分)〜
女神山(10時50分)〜白糸の滝(11時40分)〜降る滝(12時)〜後ろのツル道分岐(12時30分)〜
カナクラ鞍部(13時)〜662m熊見平(13時20分)〜478.3mオトシの三角点(13時40分)〜六郷ダム(14時)
11ji

目次へ戻る HOMEへ戻る