赤湯又沢〜虎毛沢 1

10月17日(土)〜18日(日)の2日間、
山仲間のMさんのお誘いを受け「沢納め」に
参加させていただきました。

まずは下山口の虎毛山登山口に車をデポし、
その後、入山口の湯ノ又温泉跡地へ。
出発の準備をしているとこ。

2015年10月17日撮影
赤湯又沢〜虎毛沢 2

紅葉がまさに旬でしたよ♪

メンバーは、リーダーで「沢の達人」
北上在中のMさん、そしてそのMさんのお友達で
ベテランのTさん(神奈川県より新幹線で参加)、
リーダーのMさんが所属する山岳会の
新人で沢登り2回目の体力知力に優れたYさん、

そして、山岳会は違えど長年の山仲間で
パワー溢れる料理の天才Wさん、
酔いどれこと、私の計5名で行って参りました。

2015年10月17日撮影
赤湯又沢〜虎毛沢 3

湯ノ又温泉跡地から130mの行った先で
通行止め、そこから歩くこと20分で登山口の
ガンジャ口に着き、ここから山道へと入ります。

今日は快晴無風、まさに秋晴れ!

2015年10月17日撮影
赤湯又沢〜虎毛沢 4

高松岳〜虎毛山の登山道は綺麗に刈払い
されており、歩きやすかったです。
(以前来た時は、半ヤブ状態でした)

稜線の展望地から遠方に栗駒山を望みます。

2015年10月17日撮影
赤湯又沢〜虎毛沢 5

赤湯又沢左俣を下っているとこ。
ヤブ漕ぎすることなく、これといった
難所もなく下りやすく下降に適しています。

2015年10月17日撮影
赤湯又沢〜虎毛沢 6

紅葉が見事でした♪
まるで宝石箱のようにキラキラ輝いていました。


2015年10月17日撮影
赤湯又沢〜虎毛沢 7

メンバー5名のうち、男性はMさんと私の二名。
Tさん、Yさん、Wさんの三名は女性なのです。
ここ岩手では女性の沢屋が極めて少なく、
いつもは男性陣に混じって女性が一人
(多くても二人)なのですが…。

女性が男性の数を上回るパーティー構成は、
前代未聞かもしれません。私はこれを
「ハーレム山行」と名付けました。

2015年10月17日撮影
赤湯又沢〜虎毛沢 8

てなわけで、今シーズン最後の沢納めは、
とても華やかで賑やかな山行となりました♪

2015年10月17日撮影
赤湯又沢〜虎毛沢 9

この深い釜を持った小滝を越すと
直ぐに750m二俣となります。

2015年10月17日撮影
赤湯又沢〜虎毛沢 10

その二俣を過ぎると川幅も大きくなります。


2015年10月17日撮影
赤湯又沢〜虎毛沢 11

標高700m付近にある8mほどの滝です。
左岸より巻き下ります。

2015年10月17日撮影
赤湯又沢〜虎毛沢 12

その滝が、これです。


2015年10月17日撮影
赤湯又沢〜虎毛沢 13

その滝を下ると、直ぐにまた小滝があります。


2015年10月17日撮影
赤湯又沢〜虎毛沢 14

通常であれば2泊3日のコースなのですが
それを1泊2日で行く体力と時間の勝負山行!

沢納めにしては結構ハードな山行ですね。

2015年10月17日撮影
赤湯又沢〜虎毛沢 15

赤湯又沢の680mにある温泉地♪
地熱でポカポカ、床暖房状態です。

さらにここから1〜2分のところに
温泉(野湯)もありますよ♪

本当は、虎毛沢570mの天場まで行きたかった
のですが時間切れのため、ここに幕営しました。
明日は、頑張って歩かねば・・・(^^ゞ

2015年10月17日撮影
赤湯又沢〜虎毛沢 16

何たって3日のコースを2日で歩くわけですから。

これがその温泉(野湯)で〜す♪
源泉掛け流し100%でいい湯でしたぁ〜!

2015年10月17日撮影
赤湯又沢〜虎毛沢 17

天然の露天風呂で入浴しながら
紅葉を満喫できます♪(^_-)-☆

2年前の8月にも来たことがありますが、
アブがたくさんいる上に熱くて大変でした。

2015年10月17日撮影
赤湯又沢〜虎毛沢 18

入浴後は、皆で乾杯です♪
沢で温泉に入って乾杯だなんて最高ですよ〜♪

2015年10月17日撮影
赤湯又沢〜虎毛沢 19

Mさんが岩手の郷土料理、ひっつみ
を作ってくれました♪

「ひっつみ」とは小麦粉を用いた汁物の
郷土料理で、「引っ摘む」から転じた方言です。
その名の通り、手でちぎって(ひっつまんで)は
鍋に入れ、魚肉や野菜、山菜、きのこ、川ガニ
など山海の幸と一緒にいただきます。

2015年10月17日撮影
赤湯又沢〜虎毛沢 20

Wさんが、ビールのつまみを作ってくれました♪

チーズをシソの葉と生ハムで巻いたものですが、
これがまた美味しかったですよ♪(^_-)-☆

2015年10月17日撮影
赤湯又沢〜虎毛沢 21

ピリ辛ウィンナーも美味しかったです♪
酒飲みの気持ちが分かるWさんのおつまみ最高♪

2015年10月17日撮影
赤湯又沢〜虎毛沢 22

楽しい宴会シーン♪

土も岩もポカポカでお尻が温かい。
晩秋なのに寒さとは無縁の世界でした。

2015年10月17日撮影
赤湯又沢〜虎毛沢 23

焚き火も最高です♪
今シーズン最後の焚き火です。

2015年10月17日撮影
赤湯又沢〜虎毛沢 24

今度は焚き火の前で宴会です♪
山談義に花が咲きます。


2015年10月17日撮影
赤湯又沢〜虎毛沢 25

夜も更け、さらに宴会が続きます。

明日の朝は4時起き6時出発なので
9時頃寝ました。

2015年10月17日撮影

赤湯又沢〜虎毛沢 26

地熱(床暖房)のお陰で、ペラペラのサマーシュラフ
でも寒さに震えることなく(というより暑いくらい)、
快眠できました。

5時50分、出発です!
今日の行程はかなり長いので気合を入れて〜!

2015年10月18日撮影
赤湯又沢〜虎毛沢 27

温泉の噴煙を見ながら歩き始めます。
今回で3回目になったここでの宿泊、
今度はいつ訪れることが出来るでしょうか?

2015年10月18日撮影
赤湯又沢〜虎毛沢 28

赤湯又沢は、平凡な沢で難所はなく
バンバン歩いて距離を稼ぐことが出来ます。

2015年10月18日撮影
赤湯又沢〜虎毛沢 29

ここが(530m)虎毛沢の出合です。

虎毛沢へ降りる際、合流地点が滝と淵に
なっているため、右岸を小さく巻きながら
虎毛沢へ降り立ちました。

2015年10月18日撮影
赤湯又沢〜虎毛沢 30

平凡な川原を歩きます。
水の透明度が高くイワナが泳いでるのが
たくさん見えましたよ♪

2015年10月18日撮影
赤湯又沢〜虎毛沢 31

虎毛沢の象徴である白い滑床に
赤色の亀甲模様がとても綺麗です。

2015年10月18日撮影
赤湯又沢〜虎毛沢 32

標高570m左岸にある極上幕営地です。
当初は初日にここまで来る予定でした。

釣り師が利用しているようで鍋釜もありました。

2015年10月18日撮影
赤湯又沢〜虎毛沢 33

虎毛沢570mの幕営適地を過ぎ590mの深い釜を
持った2段の滝を過ぎると広大なナメ床が広がり、
その後徐々に両岸狭まりゴルジュ地形となり瀞や
深い釜、えぐれたナメに小滝が連続するように
なり変化に富み飽きさせず楽しませてくれます。

今日も素晴らしいお天気で気分最高♪

2015年10月18日撮影
赤湯又沢〜虎毛沢 34

これが標高590mにある深い釜を持った2段の滝。
釜のバスクリンのような緑色が美しかったです。

2015年10月18日撮影
赤湯又沢〜虎毛沢 35

2段目の小滝を登るWさんです。

590m〜680mにかけての渓相が綺麗なこと〜♪
さすがに水は冷たく濡れたくない一心で
出来る限りへつったり登ったりしました。
盛夏であればドボンして泳いで
突破したくなる所です。

2015年10月18日撮影
赤湯又沢〜虎毛沢 36

その小滝の上から見た光り輝く紅葉です♪
ほんとウットリするような美しさでした。

2015年10月18日撮影
赤湯又沢〜虎毛沢 37

徐々に沢幅が狭まりV字状の
ゴルジュの渓相になって行きます。

2015年10月18日撮影
赤湯又沢〜虎毛沢 38

標高600m付近にて。


2015年10月18日撮影
赤湯又沢〜虎毛沢 39

広大なナメが美し〜い♪


2015年10月18日撮影
赤湯又沢〜虎毛沢 40

標高 610m付近のプールのような大きな釜です。
高巻きは絶望的なので、「いよいよ泳ぎか!」と
覚悟したのですが、左岸を突破できました(容易)。


2015年10月18日撮影
赤湯又沢〜虎毛沢 41

その突破シーンです。
左岸は川底に岩があり浅くなっていました。

2015年10月18日撮影
赤湯又沢〜虎毛沢 42

どんどん進んでいきます。


2015年10月18日撮影
赤湯又沢〜虎毛沢 43

620mにあるゴルジュ帯にて。

水は身を切るような冷たさです。
なるべく濡れたくないです。

2015年10月18日撮影
赤湯又沢〜虎毛沢 44

小滝と紅葉がとても綺麗♪


2015年10月18日撮影
赤湯又沢〜虎毛沢 45

ゴルジュ地形で高巻きは絶望的ですが、
水線通しに突破できるので楽しいです♪

特にロープを出すような難所はありません。
でも、水量が多いと大変かも…。

2015年10月18日撮影
赤湯又沢〜虎毛沢 46

沢登り2回目のYさんもウサギのように
楽しそうに飛び跳ねながら遡行しています。

2015年10月18日撮影
赤湯又沢〜虎毛沢 47

微妙なへつりもありますが、
落ちたくない(濡れたくない)一身で頑張ります。


2015年10月18日撮影
赤湯又沢〜虎毛沢 48

どれもこれも快適に突破できます。
まさに「癒し山行」ですね♪(^_-)-☆


2015年10月18日撮影
赤湯又沢〜虎毛沢 49

このように沢幅が狭いところは、
結構深いです。

2015年10月18日撮影
赤湯又沢〜虎毛沢 50

標高640mの白いナメが美しい♪


2015年10月18日撮影
赤湯又沢〜虎毛沢 51

微妙なへつりにて私。
落ちたくないよ〜!(^^ゞ

その後、不覚にも落ちてしまい
カメラを水没させてしまいました。

2015年10月18日撮影
赤湯又沢〜虎毛沢 52

水没したカメラを気にする私です。
電源がまったく入りません。(^^ゞ
頼むから蘇ってくれ〜!


悲劇は、これだけではありませんでした!
なんとズボンのお尻が破けてしまったのです!
ファイントラック、ストームゴージュアルパインパンツ
という商品で、16,000円もしたんだぞ〜!
私が持っている全てのズボンの中で最高級品

2015年10月18日撮影
赤湯又沢〜虎毛沢 53

私の後ろを歩いているWさん(女性)より
「酔いどれさん、パンツが見えるわよ!」と
言われて、ショックを受けた次第です。

カメラが壊れここから先は、仲間から
頂戴した写真を掲載いたします。

白い岩肌と紅葉がマッチして綺麗です♪

2015年10月18日撮影
赤湯又沢〜虎毛沢 54

ここも微妙なへツりでした。
皆さん、ドボンしていましたっけ。

2015年10月18日撮影
赤湯又沢〜虎毛沢 55

メンバーの面々です。
右から2番目のオレンジのヤッケが私です。

2015年10月18日撮影
赤湯又沢〜虎毛沢 56

ほんと綺麗な沢でした♪
沢納めにふさわしい楽しい沢です。

2015年10月18日撮影
赤湯又沢〜虎毛沢 57

時間切れのため、710m左岸枝沢より
エスケープしました。私は、この枝沢を
8年前の2007年6月23日に下降しています
ので、難所がないことも分かっています。

このエスケープルート、短時間で登山道へ
出ることが可能です。

2015年10月18日撮影
赤湯又沢〜虎毛沢 58

ふぅ〜登山道に出ました!
これで明るいうちに下山できそうです。


2015年10月18日撮影
赤湯又沢〜虎毛沢 59

登山道より泥湯三山
(小安岳〜高松岳〜山伏岳)を望む。

真っ赤に燃える紅葉が綺麗♪

2015年10月18日撮影
赤湯又沢〜虎毛沢 60

ふぅ〜虎毛山の登山口(車デポ地)に
無事到着しました!
今日は10時間も歩きました。

その後、車を回収し秋の宮山荘で入浴し
帰宅しました。これで2日連続温泉に入った
ことになり、まさに温泉三昧の沢納めとなりました。

皆さん、お疲れ様でした。
そして、ありがとうございました♪

2015年10月18日撮影
赤湯又沢〜虎毛沢 61

帰宅後、水没したカメラを一生懸命
乾燥させる私ですが、結局直りませんでした。

このデジカメ、幾多の試練を乗り越え何度も復活
した「奇跡のカメラ(ニコンのCOOLPIX P300)」
なのですが、今回ばかりはダメだったようです。

2015年10月18日撮影
赤湯又沢〜虎毛沢 62

しょうがないので、カメラを買いました♪

一番人気!キャノンのPowerShot SX710 HSです。
カメラのキタムラで25,200で買いました。
さらにキャノンのキャンペーンで5千円の
キャッシュバックが嬉しい♪

2015年10月18日撮影
赤湯又沢〜虎毛沢 63

このカメラのウリは、30倍ズームです。

早速我が家の2階から庭の柿を撮影た。
30倍ズームでこんなに綺麗に
撮れるなんて感動♪

2015年10月18日撮影
赤湯又沢〜虎毛沢 64

破けたズボンもクリーニングのいんべに
修繕を頼み蘇りました(2,160円)

2015年10月18日撮影
赤湯又沢〜虎毛沢 65 GPSのトレース ※クリックで拡大
<2015年10月17日(土)> 行動時間 4 時間 40分(休憩時間含む)
湯ノ又温泉(9時)〜ガンジャ口(9時20分)〜高松岳分岐(11時)〜赤湯又沢左俣下降点(11時35分)〜
750m二俣(13時15分)〜680m温泉沸く幕営地(14時) ▲

<2015年10月18日(日)> 行動時間 10 時間 (休憩時間含む)
▲(5時50分)〜虎毛沢出合(7時20分)〜570m極上天場(8時)〜640m出合(9時10分)〜
710m左岸枝沢出合・エスケープ(10時45分)〜登山道(12時20分)〜虎毛山分岐(13時40分)〜
赤倉沢徒渉点(14時50分)〜虎毛山登山口(15時50分)

目次へ戻る HOMEへ戻る