毒ヶ森山塊 下シ沢川北ノ又沢 1

三連休は虎毛の春川ダイレクトを仲間と
遡行予定でしたが連日の大雨で中止に…。

最終日に近場の沢へ単独で行くことに。
下シ沢川の下流部から入渓したのですが
大増水で(左の写真)時間ばかりかかりそう。

2013年7月15日撮影
毒ヶ森山塊 下シ沢川北ノ又沢 2

よって、下流部からの遡行は断念し、
鉛温泉スキー場から登り、リフトの最終地点
447mのコルより枝沢を下降。
中流部の360mに降り立ちました。

ヤブ漕ぎ懸垂下降なし、楽に降りられました。

2013年7月15日撮影
毒ヶ森山塊 下シ沢川北ノ又沢 3

これが枝沢を下降し、北ノ又沢360m
の本流に降り立ったところ。

中流部とはいえ想像以上に増水していました。
でも、遡行出来ないほどではりません。

2013年7月15日撮影
毒ヶ森山塊 下シ沢川北ノ又沢 4

360m地点より歩を進めると…

うわぁぁぁ〜!綺麗だなぁ〜♪
赤いナメが続きます。
この長々と続く赤ナメを体験するだけでも
遡行価値がある沢だと思いました。

2013年7月15日撮影
毒ヶ森山塊 下シ沢川北ノ又沢 5

歩けど歩けど、赤いナメが続きます。
この沢で一番癒され美しい所でした♪(^o^)

そうそう、この沢、2013年7月号の『岳人』に
「山域にこだわる沢登り」という題名で
紹介された沢です(執筆者は高桑さん)。
また同山域の大沢川本流も掲載されています。

2013年7月15日撮影
毒ヶ森山塊 下シ沢川北ノ又沢 6

増水の影響で流れが強いです。
でも、美し〜い♪この沢、森が美しいです。

2013年7月15日撮影
毒ヶ森山塊 下シ沢川北ノ又沢 7

ちょっとした小滝も増水による影響で
ジェット水流状態でした(^^ゞ。

2013年7月15日撮影
毒ヶ森山塊 下シ沢川北ノ又沢 8

ここは水線左をシャワーを被りながら直登。
平水であれば、きっとヒョロヒョロの滝です。

2013年7月15日撮影
毒ヶ森山塊 下シ沢川北ノ又沢 9

ここもシャワーを被りながら直登しました。
沢慣れた方であれば、増水時でもトレーニング
として楽しめる沢だと思いました。

2013年7月15日撮影
毒ヶ森山塊 下シ沢川北ノ又沢 10

登れど登れど、なかなか
水勢が弱まりません(^^ゞ。

2013年7月15日撮影
毒ヶ森山塊 下シ沢川北ノ又沢 11

でも、これといった難所がないので
気が楽です。最期まで油断できませんが…。

平水時なら物足りないかもしれません。

2013年7月15日撮影
毒ヶ森山塊 下シ沢川北ノ又沢 12

2条の滝にて。これも容易に登れます。


2013年7月15日撮影
毒ヶ森山塊 下シ沢川北ノ又沢 13

朝から「大雨注意報」が出ていました。
最後のツメは、多少のヤブ漕ぎを強いられました。
ヤブに突入するや否や、雷鳴とどろき土砂降り
ですよ〜!直ぐにカッパを着込んだものの、
そりゃもう豪雨の中のヤブ漕ぎはまさに
修行モードでした。

ヤブと言っても大したことはりませんでした。
10分ほどで登山道に出ました。

2013年7月15日撮影
毒ヶ森山塊 下シ沢川北ノ又沢 14

雨の中、鉛温泉スキー場へ下山。
ふぅ〜スキー場に到着です!

グレート的には易しい沢です。しかし、
大増水の中の遡行では、臨機応変の対応を
強いられ、冒険チックで楽しかったです♪

2013年7月15日撮影
毒ヶ森山塊 下シ沢川北ノ又沢 15

下山後は、超大人気の大沢温泉にて汗を
流しました(600円)。半露天風呂の「豊沢の湯」にて
大増水した豊沢川を見ながら浸かっていました。

沢屋のサガなのでしょうか…。露天風呂に
浸かりながら、大増水した濁流状態の豊沢川を
見て「徒渉ポイント」を一生懸命探していました。
「あそこなら、突破できそうだな!」って。

2013年7月15日撮影
毒ヶ森山塊 下シ沢川北ノ又沢 16 GPSのトレース(クリックで拡大)
<2013年7月15日(祝)> 行動時間 4時間 40分(休憩時間含む) 登り:3時間30分/ 帰り:1時間10分

鉛温泉スキー場(10時)〜447mコル下降点(10時35分)〜本流360m(11時)〜450m枝沢(11時45分)
登山道(13時30分)〜鉛温泉スキー場(14時40分)

目次へ戻る HOMEへ戻る