毒ヶ森山塊 大沢川本流 1

大沢川の起点、渡り温泉にて。

都南図書館で山岳雑誌『岳人』の今月号を
見ていました。花巻は毒ヶ森山塊の駒頭山に
突き上げる大沢川と穴ノ沢が紹介されていて、
超マイナーな沢だけにビックリしました。
執筆者は、なんとあの高桑信一さんです。

2013年7月7日撮影
毒ヶ森山塊 大沢川本流 2

その渡り温泉より3Kほど林道を進み
穴ノ沢出合(244m)に車をデポします。

駒頭山の沢は何本か遡行していますが
大沢川はまさに盲点でした。
高桑さんによると童人トマの風の手嶋さんに
教えてもらった沢だとか…。地元の我々
ですら未遡行の沢だけにビックリです。

2013年7月7日撮影
毒ヶ森山塊 大沢川本流 3

アプローチの途上で、こんなものがありました。
「名所」となっていますが、訪れる人は
まずいないかな?と思います…(^^ゞ。

2013年7月7日撮影
毒ヶ森山塊 大沢川本流 4

ここ数日間の大雨で、沢は大増水してました!

沢そのものの規模が小さいので、増水しても
何とかなるかな?と思い、やって来たのですが、
この有様(大増水)です…大丈夫なのか、自分!

2013年7月7日撮影
毒ヶ森山塊 大沢川本流 5

ルートは、渡り温泉〜大沢川本流遡行〜穴ノ沢
下降で山行計画練りました(時間的に厳しい
場合は、穴ノ沢の下降を断念し登山道を下山)。

穴の沢下降するつもりで、その二俣(244m)に
車をデポします。

2013年7月7日撮影
毒ヶ森山塊 大沢川本流 6

大沢川本流と穴の沢の二俣の林道を
穴の沢側へちょっと下ると、
広場になっていて、ここに車をデポ。

2013年7月7日撮影
毒ヶ森山塊 大沢川本流 7

計画ではこの二俣(244m)地点より入渓予定
でしたが、この大増水で無理そうです。

よって、大沢川沿いに付けられた林道を
行ける所まで歩いてみることにしました。

2013年7月7日撮影
毒ヶ森山塊 大沢川本流 8

林道から眺める大沢川本流です。
完全に濁流、怖い位の水量です。

2013年7月7日撮影
毒ヶ森山塊 大沢川本流 9

320mの二俣です。2万5千図では林道は
右に伸びていることになっていますが、
廃道状態でした。

逆に左は立派な林道でした
(地図に記載されていない)。

2013年7月7日撮影
毒ヶ森山塊 大沢川本流 10

320m二俣から先の林道はかすかな
踏み跡を辿りながら歩を進めますが、
時々ヤブ漕ぎになることも…(^^ゞ。

2013年7月7日撮影
毒ヶ森山塊 大沢川本流 11

ヤブもうるさくなってきたので、
標高400m付近より沢へ入りました。

これ(右)は、480m枝沢に掛かる滝。

2013年7月7日撮影
毒ヶ森山塊 大沢川本流 12

沢は大増水しており難儀します。


2013年7月7日撮影
毒ヶ森山塊 大沢川本流 13

このような小滝(5m)ですら、ジェット水流!
足がすくわれるほどの水勢でした。

2013年7月7日撮影
毒ヶ森山塊 大沢川本流 14

滝の水が、まるで踊っているかのようです♪
元気一杯、飛び跳ねています!

水量が多くて思いの他、時間が掛かりますが、
慎重に遡行しました。

2013年7月7日撮影
毒ヶ森山塊 大沢川本流 15

滝は噴水状態ですよ〜!
ひぇ〜!(^^ゞ

何気ない数メートルの小滝ですら、
怖いくらいのジェット水流で水線ギリギリの
際をシャワー浴びながら登る始末…。

2013年7月7日撮影
毒ヶ森山塊 大沢川本流 16

平水時ならチンケナ沢かもしれませんが、
大増水のお陰で迫力満点です!
良いトレーニングになります。

2013年7月7日撮影
毒ヶ森山塊 大沢川本流 17

登れど登れど、さっぱり水量減らず
ほとほと参りました…(^^ゞ。

2013年7月7日撮影
毒ヶ森山塊 大沢川本流 18

シャワーを被りながらガシガシ登っていきます。

おそらくこの沢の遡行グレードは、
平水時なら1〜2級程度なのでしょうが、
今日は増水の影響で難しくショッパイです。

2013年7月7日撮影
毒ヶ森山塊 大沢川本流 19

標高580mの三俣付近にて。
ここを過ぎ、やっとガクンと水量が減り
ホッと一安心♪(^o^)

この位の増水は過去何度も経験
していますので、心は至って平常心♪

2013年7月7日撮影
毒ヶ森山塊 大沢川本流 20

上部は小滝が連続し、楽しませてくれます♪

この沢、平水時に初心者を連れて
行くには良い沢かもしれませんね。

2013年7月7日撮影
毒ヶ森山塊 大沢川本流 21

源流部、もう直ぐ登山道に出ます。


2013年7月7日撮影
毒ヶ森山塊 大沢川本流 22

最後のツメは、ヤブ漕ぎなしで登山道に出ました!

車デポ地の標高244m地点より歩き始めること
約3時間。そうそう、当初は、穴ノ沢を下降する
予定でしたが、この増水具合では無理と判断し、
安全を期し登山道を下山することにしました。

2013年7月7日撮影
毒ヶ森山塊 大沢川本流 23

「下山ルートをどうするか?」歩きながら
考えていました。標高790mの登山道分岐より
右方向へ下り穴ノ沢沿いの林道へと下るのが
一番の近道なのですが、その分岐がわかり
ませんでした。

GPSで確認しながら歩いていたのですが、
見つけられず…。おそらく完全に廃道状態に
なったのかも知れません。

2013年7月7日撮影
毒ヶ森山塊 大沢川本流 24

よって、かなり遠回りになりますが鉛温泉スキー場
に下山しました。このルート、駒頭山から何と
7Kもあるロングルートで、近年歩行者も少ない
せいか、半ヤブ状態のところが多々ありました。

何よりも熊の糞が至る所に散乱していて
笛をピーピー吹きながら歩きました。

2013年7月7日撮影
毒ヶ森山塊 大沢川本流 25

下山口の鉛温泉スキー場を下る。

鉛温泉スキー場に下山したものの、車の回収で
延々と県道&林道を歩かなければなりません。
バス時刻を見たら、次のバスまで1時間半以上の
時間があります。

「歩いた方が早いかも!と思い、歩くことに。
この車道歩きが結構辛かった…(^^ゞ。

2013年7月7日撮影
毒ヶ森山塊 大沢川本流 26

本日の行動時間は合計7時間20分、
歩行距離は約23K!

良いトレーニングになりました。
今回は体力トレーニングと称し、
荷物を重量化しての山行でした。

2013年7月7日撮影
毒ヶ森山塊 大沢川本流 27

下山後は、渡り温泉にて汗を流しました(600円)。
初めて渡り温泉に入ったのですが、静かで
ゆっくり入れてよかったです♪

近くに超人気の大沢温泉がありますので、
混んでいる日は穴場かもしれませんね。
何はともあれ、充実した一日を過ごせて
満足・満足〜♪(^o^)

2013年7月7日撮影
毒ヶ森山塊 大沢川本流 28 GPSのトレース(クリックで拡大)
<2013年7月7日(日)> 行動時間 7時間 20分(休憩時間含む) 登り:3時間25分/ 帰り:3時間55分

244m地点車デポ地(7時50分)〜320m二俣(8時15分)〜400m付近入渓(8時40分)〜556m(9時45分)
登山道(11時)〜駒頭山(11時15分)〜778.5m(12時10分)〜鉛温泉スキー場(13時20分)〜
車デポ地(15時10分)

目次へ戻る HOMEへ戻る