中ノ又渓谷・中ノ又沢源流 1

私にとって、このコースは三回目となります。
この度は、青森、岩手、山形の「みちのく隊」
計6名で行って参りました。素晴らしいナメと
甌穴、そして滝を遡行しながら名瀑「安の滝」
の頭に立てる名ルートなんですよ。

2006年10月15日撮影(写真提供えるさん)
中ノ又渓谷・中ノ又沢源流 2

安の滝駐車場よりさらに林道を数キロ奥まで
入ると古ぼけた標識があります。2万5千図
には記載されていない秘密の?ルートが
ありんですよぉ〜!、そこより入山します。
一般登山道並みに整備された道なんです。

2006年10月15日撮影(写真提供えるさん)
中ノ又渓谷・中ノ又沢源流 3

登山道の入り口は三台ほどの駐車スペース
があります。その登山道入り口から30分も
歩けば、このような道標が・・・。
前回は佐渡スギコースからアプローチしま
したが、今回はより近道の桃洞スギコース
を進みました。

2006年10月15日撮影
中ノ又渓谷・中ノ又沢源流 4

特に佐渡スギコースからのアプローチは
ルートが未整備の為、遭難者が多いようです。
2万5千図を正確に読めないと迷っちゃい
ますので、ご注意くださいませ。

桃洞スギコースは、立派な道でしたよ♪
ブナの原生林と紅葉が美し〜い!

2006年10月15日撮影(写真提供えるさん)
中ノ又渓谷・中ノ又沢源流 5

駐車場から歩くこと約1時間で沢へ
降り立つことが出来ます。
この桃洞スギコースを歩くと、トウド沢の
出合に出ます。その出合で休憩中の
仲間達で〜す!

2006年10月15日撮影(写真提供えるさん)
中ノ又渓谷・中ノ又沢源流 6

そのトウド沢の出合にて山肌を
撮影してみました。
ウットリするほどの紅葉でしたよ♪
この日は、お天気に恵まれ
気分も最高!(^^)
写真左下にいるのは、どうやら私のようです。
いつの間にか?隠し撮りされたようですね・・・。

2006年10月15日撮影(写真提供えるさん)
中ノ又渓谷・中ノ又沢源流 7

メンバーの皆さんは、滝屋さんということも
あって、まずはトウド沢分岐より上流の
甚兵沢を遡行して金兵滝を目指します。

所々深い淵や釜があって、ルートを
見極めながら遡行します。
今の時期、出来るだけ水に浸かりたく
ないですものねぇ〜!

2006年10月15日撮影
中ノ又渓谷・中ノ又沢源流 8

甚兵沢をしばらく遡行すると
このような開けたナメ床が・・・
とても気持ちよいところです。

2006年10月15日撮影(写真提供えるさん)
中ノ又渓谷・中ノ又沢源流 9

しかし、時にはこのような深い淵を高巻か
ないといけない場所も・・・(^_^;)。

夏の時期なら泳ぎながら快適に
突破できると思いますよ。

2006年10月15日撮影
中ノ又渓谷・中ノ又沢源流 10

紅葉とナメ床のコントラストが
絶景でした♪(^^)

お天気もよくって、ウットリしちゃいます♪


2006年10月15日撮影
中ノ又渓谷・中ノ又沢源流 11

これが落とし穴の甌穴です。
下を注意しながら歩かないと、
この甌穴にハマってしまいます。

メンバーの何人かはこの落とし穴に
まんまとハマったようです。

2006年10月15日撮影
中ノ又渓谷・中ノ又沢源流 12

おぉぉ〜!遡行すること約40分?で
目的地の金兵滝に到着しました♪

滝屋さんにとってあこがれの滝のようです。
小粒ながらも均整のとれた5段の滝で、
紅葉とマッチしてとても美しかったですよ♪


2006年10月15日撮影(写真提供けんぼーさん)
中ノ又渓谷・中ノ又沢源流 13

山形の滝屋さん、けんぼーさんの作品です。
カメラ歴3年というものの、そのセンスと感性
の良さが光る作品ですね。

沢登り初体験にもかからず、とても
冷静で将来沢屋としても有望かも?
前日の九階滝と、この日の中ノ又源流遡行の
両日、お付き合い下さいました。
これをきっかけに沢登りにのめりこんで
もらいたいものですね。

2006年10月15日撮影(写真提供けんぼーさん)
中ノ又渓谷・中ノ又沢源流 14

この金兵滝の写真撮影に励む
「みちのく滝屋隊」の皆さんです。


2006年10月15日撮影
中ノ又渓谷・中ノ又沢源流 15

金兵沢出合からみた甚兵沢の本流です。
小滝と紅葉が美しかったですよ♪


2006年10月15日撮影(写真提供けんぼーさん)
中ノ又渓谷・中ノ又沢源流 16

金兵滝を堪能した後、同沢を下降して
トウド沢分岐へと戻りました。
深い淵はこのような高巻きも・・・。
よ〜く見ると高巻きにルートに
踏み跡も付いていました。

2006年10月15日撮影(写真提供えるさん)
中ノ又渓谷・中ノ又沢源流 17

トウド沢出合を目指してどんどん下ります。


2006年10月15日撮影(写真提供えるさん)
中ノ又渓谷・中ノ又沢源流 18

甚兵沢を下降し、トウド沢出合に到着!
その後、安の滝(90M)の頭を目指して
中ノ又沢を下降しま〜す!

この中ノ又もナメ床と甌穴、そして
側壁が素晴らしいところです。
特に紅葉シーズンは絶景です♪


2006年10月15日撮影
中ノ又渓谷・中ノ又沢源流 19

どんどん中ノ又沢を下降しているシーンです。
特に青森から参加して下さったShinさんとは
1年ぶりの再会で、とても話が盛り上がりました♪
青森には滝屋が少ないとか・・・。
ここ岩手とて同じこと・・・そういう意味では、
今回のような交流山行は意義のあるものだと
思っています。

2006年10月15日撮影(写真提供くじさん)
中ノ又渓谷・中ノ又沢源流 20

いよいよこの中ノ又沢の一番の見せ場、
平滑ノ滝が始まりま〜す♪(^^)

この区間の見所は、安滝頭部から落差50m、
長さ300mに渡って連続する平滑ノ滝。

長大なナメ滝と側壁の紅葉がマッチして
まるで夢の世界を歩いているようでした♪


2006年10月15日撮影
中ノ又渓谷・中ノ又沢源流 21

紅葉も絶好調でした♪(^^)


2006年10月15日撮影
中ノ又渓谷・中ノ又沢源流 22

平滑ノ滝に集う仲間達!
まるで滑り台のようでした。

メンバーのkじさんは岩手でも
有名な?ボルダーの達人!
なのに高所恐怖症とか・・・。

今回90Mの滝頭に立って
どんな反応を示すのか?
皆さん、興味を抱いていたようです。

2006年10月15日撮影(写真提供くじさん)
中ノ又渓谷・中ノ又沢源流 23

平滑ノ滝の中で一番落差のある滝です。
ここは左岸に踏み跡があって、それを
利用して下降しました。

ここの釜は深いです。
この周辺の紅葉が一番綺麗でしたよ♪


2006年10月15日撮影(写真提供けんぼーさん)
中ノ又渓谷・中ノ又沢源流 24

上の写真の滝に集う仲間達です!
写真撮影の邪魔になってはいかん!と
思い撤退する私(写真右端)

2006年10月15日撮影(写真提供えるさん)
中ノ又渓谷・中ノ又沢源流 25

この平滑ノ滝、これでもかぁ〜!
ってくらいにナメが続きます。

歩いていてとても気持ちのよいところです。

2006年10月15日撮影(写真提供えるさん)
中ノ又渓谷・中ノ又沢源流 26

この平滑ノ滝の側壁も見逃せません!
ご覧の通り、スゴイ側壁で圧倒されますよ!


2006年10月15日撮影(写真提供くじさん)
中ノ又渓谷・中ノ又沢源流 27

その平滑ノ滝を下る私(先頭)と沢登り
初体験のK嬢(後方)です。
初心者をこのような美しく楽しい沢へ
ご案内すると、沢登りにハマってもらえる
可能性が高いかもねぇ〜!
「アメとムチ」とでもいいましょうか・・・。

2006年10月15日撮影(写真提供けんぼーさん)
中ノ又渓谷・中ノ又沢源流 28

まだまだ平滑ノ滝が続きま〜す!
右端に移っているのは
どうやらえるさんのようです。

ナメ床と甌穴が素晴らし〜い♪(^^)


2006年10月15日撮影
中ノ又渓谷・中ノ又沢源流 29

ひたすら平滑ノ滝を下りま〜す!
楽チン、楽チン♪快適、快適!
元気イッパイのK嬢。

2006年10月15日撮影
中ノ又渓谷・中ノ又沢源流 30

おぉぉぉ〜!やっと安の滝の落口(頭)に
到着しましたぁ〜!
日本を代表するこの安の滝は落差90M、
その滝頭に到着したのでした。

2006年10月15日撮影(写真提供けんぼーさん)
中ノ又渓谷・中ノ又沢源流 31

ここから斜瀑になっていて、一人一人
60Mの懸垂下降で降りて行きました。
その下降シーンを撮影すべく、
みなさん、カメラを構えていました。

2006年10月15日撮影(写真提供くじさん)
中ノ又渓谷・中ノ又沢源流 32

いつもニコニコ、陽気なK嬢が
60Mの懸垂下降をしているシーンです。
ここでロープ操作を誤ると90M滝下へと
落ちてしまいます。


2006年10月15日撮影
中ノ又渓谷・中ノ又沢源流 33

60Mザイル一杯伸ばした先の終点にて。
滝の真下を見るには、あと5〜10Mほど
足りなかったようです。


2006年10月15日撮影(写真提供くじさん)
中ノ又渓谷・中ノ又沢源流 34

一生懸命写真撮影、そしてK嬢を
激励するメンバー達です。

なんたってK嬢、今回が沢登りと懸垂下降が
始めての経験でしたからねぇ〜!


2006年10月15日撮影(写真提供くじさん)
中ノ又渓谷・中ノ又沢源流 35

けんぼーさんが高級カメラの望遠で
60M先のK嬢を撮影したものです。
元気よく滝下の観光客に手を振っていました。
下にいた方は、ビックリされたことでしょうね♪

2006年10月15日撮影(写真提供けんぼーさん)
中ノ又渓谷・中ノ又沢源流 36

写真赤丸のところが登山道であり
小さく人が見えます。


2006年10月15日撮影(写真提供くじさん)
中ノ又渓谷・中ノ又沢源流 37

この安の滝の側壁もスゴイですね。
写真下にハッキリと登山道が見えます。
この安の滝、下から見ても上から見ても
素晴らし〜い!の一言です。

2006年10月15日撮影(写真提供くじさん)
中ノ又渓谷・中ノ又沢源流 38

ロープ一杯、安の滝展望台?の景色を
堪能した後、ナメ滝を登り返すK嬢です。
名カメラマンのけんぼーさんにより
激写(望遠)された模様です。
Kさん、頑張れぇ〜!(^^)

2006年10月15日撮影
中ノ又渓谷・中ノ又沢源流 39

えるさんも懸垂下降で滝頭へ出発!
ヤブ漕ぎは苦手でも懸垂は得意のようです。

2006年10月15日撮影(写真提供けんぼーさん)
中ノ又渓谷・中ノ又沢源流 40

懸垂下降で60M降りた先から
上部にいる仲間たちをえるさんが
撮影したものです。

おぉぉ〜い!って皆さん手を振っています。

2006年10月15日撮影(写真提供えるさん)
中ノ又渓谷・中ノ又沢源流 41

これは以前撮影したもので、この安の滝を
滝下から撮影したものです。この滝の上に
我々がいたわけなんです。


2006年10月15日撮影
中ノ又渓谷・中ノ又沢源流 42

安の滝の頭部を堪能したあと、往路を戻ります。
また平滑ノ滝を遡行します。
何度歩いても気持ちよいところですね♪(^^)

2006年10月15日撮影(写真提供けんぼーさん)
中ノ又渓谷・中ノ又沢源流 43

どんどん遡行して登山道のある
トウド沢出合を目指します。

この沢へ行くなら、やはり秋がお勧めです。
今年の夏も行ったのですが、やはりこの沢の
良さは紅葉の中でこそ光ると思います。

2006年10月15日撮影
中ノ又渓谷・中ノ又沢源流 44

もうすぐトウド沢出合ですが、その近くは
深い淵と狭いゴルジュ状ゆえ、
高巻きを強いられるところも・・・。
ルートファインディグをしっかりすれば
かすかな高巻き道(踏み跡)を発見
出来ると思います。

2006年10月15日撮影(写真提供えるさん)
中ノ又渓谷・中ノ又沢源流 45

ココちゃんは、高みの見物?

「いい景色なのにゃ〜!
みなしゃん、頑張れぇ〜!」だってさ。

ココちゃんも紅葉と化していますねぇ。

2006年10月15日撮影(写真提供えるさん)
中ノ又渓谷・中ノ又沢源流 46

トウド沢出合より登山道に這い上がり
往路を戻ります。温泉が待ち遠し〜い!

皆さん、とても満足されたご様子♪
いがったぁ〜!このような親睦山行も
たまにはいいもんですね♪(^^)

2006年10月15日撮影(写真提供えるさん)
中ノ又渓谷・中ノ又沢源流 47

やっと帰ってきましたぁ〜!
皆さん、お疲れまでしたぁ〜♪
私にとって、三回目の遡行でしたが
今回も楽しい遡行が出来ました。
皆さん、ありがとうございました♪(^^)

まずは、めでたし、めでたし!
ちなみに前日は九階滝へ行ってきました。

2006年10月15日撮影

滝一覧表に戻るHOMEへ戻る滝の扉に戻る