阿仁 立又峡谷 1

今回は秋田の立又渓谷は一ノ滝、二ノ滝
そして、幸兵衛滝へ行って参りました。

小雨降る中、整備された遊歩道を駐車場より
歩くこと約10分でこの一ノ滝へ到着します。

落差30Mのこの滝は、優美という言葉が
ピッタシの美しい滝でした。(^o^)


2005年9月18日撮影
阿仁 立又峡谷 2

これは一ノ滝の上部を撮影したものです。
水の流れがとても美しかったです♪(^o^)

思わず見惚れてしまいました。
いつまでも見ていたくなる滝でしたよ!

2005年9月18日撮影
阿仁 立又峡谷 3

これは一ノ滝の左岸の側壁です。
絶壁の中に流れ落ちる滝です。

逆層の滝ですので、登攀は不可能です。


2005年9月18日撮影
阿仁 立又峡谷 4

さらに登山道を登ると一ノ滝の
横顔を見ることが出来ます。

スダレ状の柔らかい水の
流れには感動しました♪

水の流れと木々の緑の
絶妙なハーモニーは
まさに絶品です♪(^o^)


2005年9月18日撮影
阿仁 立又峡谷 5

さらに登山道を歩くこと15分ほどで
この二ノ滝へ到着いたします。

全部で三段になっているようです。
特に一段目の滝は、まるで堰堤の
ような滝に見えました。


2005年9月18日撮影
阿仁 立又峡谷 6

その後、急登をせっせと登るとやがて
最奥の、そして最大の滝、幸兵衛滝に
到着いたします。

この滝、落差がなんと108Mもあるんですよ!
50〜60Mクラスの滝は何度も見ている
のですが、100Mクラスとなれば、
目もくらむような高さです。

まるで滑り台のような滝でした。


2005年9月18日撮影
阿仁 立又峡谷 7

これはちょっと離れてできるだけ全景を
撮影しようと思ってパチリ!

とにかく長〜い滝なのですよ!
そして、水の流れが美し〜い!
柔らかで癒し系の滝でした。


2005年9月18日撮影
阿仁 立又峡谷 8

登山道から見た幸兵衛滝です。
写真撮影に励むえるさんです。

駐車場から遊歩道をのんびり歩いて
約90分ほどでここに到着いたします。


2005年9月18日撮影
阿仁 立又峡谷 9

帰りに打当(うっとう)温泉に寄って
汗を流しました。マタギの宿として
有名のようです。

情緒溢れる心休まる雰囲気でしたよ♪
今度泊まってみたいなぁ〜!

2005年9月18日撮影
阿仁 立又峡谷 10

これが打当温泉の正面玄関です!
「マタギ部屋」なるものがあって、
囲炉裏がありました。

「あぁ〜こんなところで一杯やりたいな!」
って思わせるような雰囲気でしたよ♪(^o^)

2005年9月18日撮

阿仁 安の滝 1

これは「日本の滝百選」にも選ばれた
秋田を代表する安の滝です。
落差90Mとか・・・。

豪快で雄大、それでいて優しさを感じさせる
滝でした。去年の10月19日の紅葉のシーズン
にも、この滝を見に来ているのですが、
緑の中の安の滝も魅力的でしたよ♪


2005年9月18日撮影
阿仁 安の滝 2

これは安の滝の一段目を
ズーム撮影したものです。

この滝も遊歩道が整備されていて
駐車場から40分ほどでこの滝まで
来れますよ!

秋の紅葉のシーズンは全国から
たっくさんの人が訪れる人気の滝です!

2005年9月18日撮影
阿仁 安の滝 3

これは安の滝の上段を撮影したものです。
まさに優雅という言葉がふさわしい滝ですね♪

水の流れが柔らかいのですよ!
優しさを感じさせる癒し系の滝です♪


2005年9月18日撮影
阿仁 安の滝 4

これは上の写真同様です。
ズーム撮影したもの。
なんて繊細な滝なんでしょうね!


2005年9月18日撮影
阿仁 安の滝 5

これは滝の真下で撮影したものです。
とてもスケールが大きい滝ですよ♪


2005年9月18日撮影
阿仁 安の滝 6

目を左に転じるとこれまた白糸の滝が・・・
糸というよりチョロチョロ状態でしたが・・・。



2004年10月19日撮影
阿仁 安の滝 7

安の滝、いつまでも見ていたくなるような
そんな滝でしたよ♪(^o^)

包み込むような優しさを感じますよね!


2005年9月18日撮影
阿仁 安の滝 8

滝ツボは小さく浅い感じでした。


2005年9月18日撮影
阿仁 安の滝 9

このように人物が写っていた方が
滝のスケールがわかるかなぁ?

雨の中の滝見でしたが、お陰で?
静かな滝見を楽しむことができました。

年に一度は訪れたい滝ですね♪(^o^)


2005年9月18日撮影

滝一覧表に戻るHOMEへ戻る滝の扉に戻る