岩手 安代 不動の滝 1

岩手県で唯一「日本の滝100選」に
選定されたこの不動の滝は、その昔
岩手三代美景にも選ばれたことも
あったそうです。高さ15mあります。

不動神社に祭られている滝です。


2004年10月14日撮影(写真提供 えるさん)
岩手 安代 不動の滝 2

上の写真は、この橋の上から見たものです。
お正月は初詣の方々がたっくさん!


2005年1月3日撮影
岩手 安代 不動の滝 3

この不動の滝は修験者の道場だったと
言われ、森閑とした一帯には今なおその
雰囲気が漂っています。

またこの滝は、「岩手の名水20選」
にも認定された名勝なんです。


2005年1月3日撮影
岩手 安代 不動の滝 3

左の写真のように、ズックでも
楽に見に行ける滝なんです。
冬場は滑りますが・・・(^_^;)

滝の中ほどには石彫りの
不動明王が安置されています。


2005年1月3日撮影
岩手 種市 中野白滝 1

この滝は、国道45号線侍浜桑畑橋下流に
位置します。滝も名の通り見事な白波を
立ち沸かし流れ落ちています。

本流にかかる滝だけあって、
水量豊富な滝でしたよ!

上段27m下段8mあります。


2005年2月5日撮影
岩手 種市 中野白滝 2

この中野白滝にて見惚れるえるさんです。
おいおい、落ちるなよぉ〜!

2005年2月5日撮影
岩手 種市 中野白滝 3

この滝の横顔?です。

ご覧の通り、水量がとっても豊富!
冬でさえこんな感じなのですから
春先はものすごい水量でしょうね♪


2005年2月5日撮影(写真提供 えるさん)
岩手 久慈 つりがね洞 1

北部陸中海岸の代表的な景勝地で、日本
最古の地層を有する断崖と岩礁が続く海岸。

奇岩も多く、その中の「つりがね洞」は、
大きなほら穴があり、その天井から釣り鐘型の
岩がぶらさがっていたことから、この呼び名が
付いたと言われているようです。


2005年2月5日撮影
岩手 久慈 つりがね洞 2

上の写真は、こんな感じで撮影しました♪
それにしても、海が綺麗だなぁ〜♪(*^_^*)

気付かないうちにえるさんに
隠し撮りされたようです。


2005年2月5日撮影(写真提供 えるさん)
岩手 久慈 つりがね洞 3

これは海辺に降りて撮影したもの。
風が冷たかったですねぇ!


2005年2月5日撮影(写真提供 えるさん)
岩手 久慈 つりがね洞 4

陸中海岸国立公園の北の玄関口にあたる
小袖海岸は、つりがね洞など太平洋の荒波が
作った奇岩怪石があり、波打ち際に沿って
走る県道から迫力ある風景を見ることが
できます。

日本最北限の海女が活躍する海とも
言われているようです。

2005年2月5日撮影
岩手 久慈 五丈の滝 1

小袖海岸にある滝ですが、地元久慈市民
にも余り知られていないという滝のようです。
推定落差約20Mとか・・・。

その昔、長さを丈(たけ)という単位で計算
していたそうです。身の丈、5ツ分ありそれで
「五丈の丈」(ごじょうのたき)と名付け
たそうです。

近くに「つりがね洞」という面白い
形の岩場があります。


2005年2月5日撮影
岩手 久慈 五丈の滝 2

これは上の写真の直ぐ右隣にある
滝です。ほとんど枯れていることが
多いようです。大雨など大増水が
あると、見ごたえのある滝になるそうです。


2005年2月5日撮影
岩手 久慈 五丈の滝 3

滝からちょっと離れてみると上の
二つの滝が一緒に見れますよ!


2005年2月5日撮影(写真提供 えるさん)
岩手 普代村 アンモ裏の滝 1

岩手県最長で、海に直接流れ落ちる
珍しい滝といわれる「アンモ裏の滝」です。
なんと150Mもあるんですって!
黒崎灯台の近くです。

海と滝を両方楽しめるなんて、
最高の贅沢ですね♪
この時は、ご覧の通り
凍っていました。(^_^;)


2005年2月5日撮影
岩手 普代村 アンモ裏の滝 2

この展望台からは、雄大が海が
見えます♪とても気持ちの良い
ところでしたよぉ〜!

国民宿舎くろさき荘の駐車場からアンモ浦
展望台へ降りて行くのですが、階段が252段
あって、下りはいいけど登りはちょっと
息が切れちゃいましたねぇ。(^^;)
と、える嬢が言っていました。

2005年2月5日撮影
岩手 久慈 根井尻の滝 1

これは久慈の長内渓流の支流にある
「根井尻の滝」です。二段になっている
のですが、下段が凍っていて、上段が
糸のように美しく水が流れていました。

そして、側壁は、ものすごい絶壁で
見ごたえがありましたよ!


2005年2月6日撮影
岩手 久慈 根井尻の滝 2

真剣な眼差しで写真撮影に励む
えるさんです!頑張れぇ♪


2005年2月6日撮影
岩手 久慈 根井尻の滝 3

写真の中央下にいるのが私で、
この滝を眺めています。

この滝のスケールの大きさが分かるかな?


2005年2月6日撮影(写真提供 えるさん)
岩手 久慈 根井尻の滝 4

これは白糸の滝を真下から撮影したものです。
下段の凍結具合が素晴らしかったです♪


2005年2月6日撮影
岩手 久慈 根井尻の滝 5

沢沿いにラッセルするえるさん!
もうちょっと♪


2005年2月6日撮影
岩手 久慈 べっぴんの湯

帰りに久慈の新山根温泉、「べっぴんの湯」
に浸かっていったのですが、これまたとても
良い温泉でした。お勧めですよぉ♪

この温泉は、県内最高のペーハー値10.5
(強アルカリ)のようで、ラドンの含有量も高く、
肌がツルツル・スベスベするんです。

「利用者数90万人達成!」の横断幕が
入り口に掛かっていました。
人気のほどが伺えますね。
特に女性には人気が高いようです!


2005年2月6日撮影
北上山地 花巻 大ヘンジョウ滝

これは、沿岸の滝で張りませんが、
IBC(岩手放送)さんからの
お仕事で、この滝、大ヘンジョウ滝
(50M)までご案内したものです。

見事な滝です!
今度は上まで遡行したいものです。
花巻野外活動センター脇の林道を
入っていって、途中から遡行すること
約20分でこの滝に到着いたします。


2004年6月1日撮影
北上山地 花巻 大空の滝 1

この大空滝、7段83Mもあるんです。
林道上の滝見台からみた景色です。

宮沢賢治の童話「なめとこ山の熊」にも
この滝の名前が出てきます。

花巻市〜沢内村を結ぶ県道12号線沿いの
中山トンネル側の駐車場に車を止めて
歩くこと約1時間で到着します。
北上山地 花巻 大空の滝 2

これは上の大空滝を中段まで登り
その上を眺めたものです。
さらにこの上にも滝が続いています。

まるで天から降ってくるように見えることから
この名前が付いたと言われています

2004年6月撮影

滝一覧表に戻るHOMEへ戻る滝の扉に戻る