抱返り渓谷 百尋の滝 1

本日は雨の中、やって参りましたぁ〜!
今回の山行計画は、抱返り渓谷より入山し、
渓谷歩道を歩き和賀山塊の行太沢に入渓。

百尋ノ滝を超えてゴルジュ帯を突破し
中流部まで遡行しよう!というもの。
ここは抱返り渓谷入口(駐車場)です。

2009年6月7日撮影
抱返り渓谷 百尋の滝 2

これは「神の岩橋」で〜す!
三つ道具(ザイル、アイスハンマー、ハーケン)、
その他登攀器具やヘルメットを持参し、
抱返り渓谷の遊歩道を歩きました。

朝早い時間で、しかも雨降り、登山者は
私だけ…ラッキーでした。
この格好、あまりにも目立ち過ぎますゆえ(^^ゞ。

2009年6月7日撮影
抱返り渓谷 百尋の滝 3

これはその「神の岩橋」から見た光景です。
ソーダ水のような清流、何度見ても感動♪

2009年6月7日撮影
抱返り渓谷 百尋の滝 4

新緑と抱返り渓谷♪

緑と水色のこのコントラストが
とっても美しかったです。

2009年6月7日撮影
抱返り渓谷 百尋の滝 5

清流に吸い込まれるように川へ下りる私。
いつまでも見たくなる綺麗な川の流れです。
しばし鑑賞♪(*^_^*)

2009年6月7日撮影
抱返り渓谷 百尋の滝 6

「回顧(みかえり)の滝」まではこのように
遊歩道がシッカリと整備されています。

2009年6月7日撮影
抱返り渓谷 百尋の滝 7

実はこの遊歩道、生保内森林軌道の
廃線跡なんです。日本三大美林に数えられる
「秋田杉」を搬出するために作られた軌道です。

夏瀬から国鉄生保内線(現・JR田沢湖線)の
神代駅まで運行していたそうですよ。
下に続く…

2009年6月7日撮影
抱返り渓谷 百尋の滝 8

昭和38年に廃止されてからは、抱返渓谷の
遊歩道として整備されたのでした。

「飯村少年鬼神の地」まで遊歩道が整備
さているものの、その先は通行止め。
崩壊が激しく、落石等の危険があるそうです。

2009年6月7日撮影
抱返り渓谷 百尋の滝 9

もう直ぐ「回顧(みかえり)の滝」で〜す!
観光の名所でもあるようです。

2009年6月7日撮影
抱返り渓谷 百尋の滝 10

抱返神社を出発して約1.5キロで、渓谷一の
見どころ「回顧(みかえり)の滝」に到着!

30メートルほどの滝が頭上の絶壁から
落下しています。新緑の頃が見ごろで、
盛んに水しぶきを上げるさまに何度も
振り返って見たくなることから
その名が付いたようです。

2009年6月7日撮影
抱返り渓谷 百尋の滝 11

さらに近づいてみる。

水しぶきが凄かったです(^^ゞ。
立派な滝でした〜♪


2009年6月7日撮影
抱返り渓谷 百尋の滝 12

その直ぐ先には「飯村少年鬼神の地」が…
『己が死んでも妹は殺されない、
助けなければならない。』

妹が誤ってこの高台より足を滑らし転落
していった。兄は鬼神のようになって
眼下に飛び込んだ岩に二転三転、脳天は
打ち砕かれ全身紅と変わり果てた。
この兄弟愛は、玉川の清流を真っ赤に
染めてしまった。というお話。
抱返り渓谷 百尋の滝 13

なんと「この先入っちゃならん!」とのこと(^^ゞ。
読むと、「落石、倒木、崩落等による危険箇所
がありますので、通行を禁止します!」とのこと。
でも、この先を行かなければ行太沢の出合いに
行けませんし…。どれだけひどい状況なんだろう?

この先は、自己責任の世界!
まぁ、行けるところまで行ってみよう!

2009年6月7日撮影
抱返り渓谷 百尋の滝 14

いざ突入!確かにこれまでのハイウェイを
思わせる遊歩道とは違って、急に道幅が狭くなり
多少ヤブっぽい。廃道に近い登山道って
感じですが、踏み跡はシッカリしていました。

しかし、側壁からの落石は要注意!
特にこの時は雨が降っていて、落石が
起きやすい状況でしたのでヘルメットを被る私。
落石の跡が多数ありましたし。

2009年6月7日撮影
抱返り渓谷 百尋の滝 15

さらにどんどん奥に進むと、部分的にヤブ漕ぎ
を強いられたり、土砂で道が崩壊していたり…。

う〜ん、確かにこりゃ一般ハイカーにとっては
危険なルートだべなぁ〜!しかし、危険地帯を
歩き慣れた沢屋にとっては、困難な場所にも
思えず。正直、完全な廃道で思いっきり
ヤブ漕ぎを強いられると思っていたのです。

2009年6月7日撮影
抱返り渓谷 百尋の滝 16

やはり一般の登山者は入らない方が
よろしいかと思います。自己責任で!

善知鳥の中島、ここの景観も
素敵でしたよ♪(*^_^*)

2009年6月7日撮影
抱返り渓谷 百尋の滝 17

部分的にヤブ漕ぎを強いられるところも…。
沢でのヤブ漕ぎに比べれば〜!

2009年6月7日撮影
抱返り渓谷 百尋の滝 18

手掘りのトンネルだぁ〜!
よくまぁ掘ったもんだ〜!

2009年6月7日撮影
抱返り渓谷 百尋の滝 19

山道にガードレールが…
ちょっと?違和感を感じる私…。

2009年6月7日撮影
抱返り渓谷 百尋の滝 20

駐車場から歩き始めること1時間ちょい。
無事目的地の行太沢の出合に到着で〜す♪

やっと遡行できるぞ〜♪「

2009年6月7日撮影
抱返り渓谷 百尋の滝 21

古ぼけた看板にはそこから1.2K先に百尋ノ滝
があって(行く太沢の下流部)、そこまで
登山道が付いていることが記載されていました。

2009年6月7日撮影
抱返り渓谷 百尋の滝 22

あれ?なに?このヒョロヒョロの沢は…(^^ゞ!
沢の出合は小さく水量も少なく果たして遡行対象
になるのかな?とちょっとガッカリ。

しかも、昨日から今日にかけてず〜っと
雨が降っているにもかからず、この水量である。
てっきり濁流状態だと思っていたのですが…。

2009年6月7日撮影
抱返り渓谷 百尋の滝 23

途中まで登山道を利用するものの、
土砂崩れやヤブ、倒木等で結構荒れて
いました(^^ゞ。

これはもはや「道」とは言えない…。
よって、山道を歩いたり沢を遡行したり…。

2009年6月7日撮影
抱返り渓谷 百尋の滝 24

出合から30分ほどで「東北随一の瀑布」を誇る
(看板にはそう書いてあった)百尋ノ滝に到着!

2009年6月7日撮影
抱返り渓谷 百尋の滝 25

これまでのヒョロヒョロの沢とは思えない
規模の大きな滝で落差50mとか…。

す、す、凄いっ!まっこと見事な滝です♪
もうウットリですよ〜!写真撮影に励む私。

2009年6月7日撮影
抱返り渓谷 百尋の滝 26

滝は被って(ハング)しているし、周りは
岩盤の側壁が扇状に広がっていて、
「この滝をどうやって超えようか?」と…。
直登はまず不可能で高巻きができそうな
ルートを探すが…・。

登山体系によると「左岸のルンぜより高巻く」
と書いてあったっけな〜!

2009年6月7日撮影
抱返り渓谷 百尋の滝 27

左岸のルンぜと言えば、「あっ!あそこだ!
あそこしかない…」。しかし、見るからに
ヤバッチイ(危険な)感じだなぁ〜!

そこは垂直に近い急斜面で、周り一帯は
岩盤だらけ。何よりこの数日の大雨で地盤が
緩んでいて落石の危険性が大きい。

ザイル、ハーケン、ハンマー等登攀具は
一式持参してるものの、今回は単独ゆえ
自分の安全を確保してくれる人が
いないのですよ…。

2009年6月7日撮影
抱返り渓谷 百尋の滝 28

滝を越えようか、越えまいか…う〜ん!
しばし考えた挙句、「今回は止めよう!」
と決心しました。
どうしてもその上を覗いてみたい衝動と、
そのリスクを天秤にかけた結果、敗退を
決意した次第です。

2009年6月7日撮影
抱返り渓谷 百尋の滝 29

元々悪条件(雨の中)の遡行でしたし
あの狭いルンぜを登攀中、もし落石が
起これば命中する確率はかなり大きいですし。
百尋の滝を見れただけでも「よし」としよう♪

遡行を諦め、往路を戻り駐車場へ!
往復約11K歩いたことになります。

2009年6月7日撮影

滝一覧表に戻るHOMEへ戻る滝の扉に戻る