秋田・小坂 七滝 1

前日に秋田の森吉山を登り、
盛岡へ帰る途中に寄ってみました。

この小坂七滝は平成2年全国公募による
「日本の滝百選」に選ばれました。
今は冬、当然観光客?は我々だけ。
静かな滝見を楽しめました。

2006年2月26日撮影
秋田・小坂 七滝 2

滝は道路を挟んで反対側にあり
直ぐに道路から見えます。
滝の下まで徒歩1分くらいでしょうか。

周辺は水車小屋や橋などがあり
公園のようによく整備されていました。
 
右手に見えるのが七滝で〜す♪

2006年2月26日撮影
秋田・小坂 七滝 3

落差約60m、十和田湖外輪山付近に
源を発するこの滝は、七段にわたって
流れ落ちることから「七滝(ななたき)」の
名が付けられたようです。

写真左下の○印は、えるさんです。
滝の規模がわかると思います。


2006年2月26日撮影
秋田・小坂 七滝 4

ちゃんと七段ありましたねぇ〜♪
鹿角郡小坂町から地方道7号を
十和田湖方面に向かって約5K。

滝自体は大瀑布のようですが
今は冬、やはり水量が少ないなぁ!


2006年2月26日撮影

青森・奥入瀬渓流の滝 1

十和田湖畔の子ノ口(ねのくち)から
焼山まで約14kmにわたる美しい
奥入瀬渓流。冬はどんな感じなんだろう?
って興味を抱き、上に紹介した七滝を見学後
私達は、奥入瀬渓流に向かいました。

これは十和田湖で〜す♪

2006年2月26日撮影
青森・奥入瀬渓流の滝 2

奥入瀬渓流は十和田湖から流れ出る
唯一の川です。これは展望台から見た
十和田湖。ここよりカーブのきつい坂道
をグネグネと車で上ったり下ったりで
目が廻りそうでした。(^_^;)

奥入瀬渓流は結構遠いです・・・

2006年2月26日撮影
青森・奥入瀬渓流の滝 3

奥入瀬渓流の入り口、子ノ口より約1.6Kの
ところに幅約20m、高さ7mの銚子大滝が
あります。魚止めの滝でもあるようです。

本流にかかる唯一の滝で、夏であれば
川幅一杯に流れる水量豊かな滝のよう
ですが、冬の今の時期は、ヒョロヒョロでした。

2006年2月26日撮影(写真提供えるさん)
青森・奥入瀬渓流の滝 4

これは夏の銚子大滝なんです。
上の写真と同じ滝なんですよぉ!
冬場と夏場では、こんなにも水量が
違うんですねぇ〜!
青森・奥入瀬渓流の滝 5

う〜ん、これはなんていう名の滝だったか?
忘れました(^_^;)。高さ8M位だったでしょうか。


2006年2月26日撮影
青森・奥入瀬渓流の滝 6

今回見た滝の中で一番立派に感じたのが
この雲井の滝でした。滝の入り口には
このような立派な?案内板が・・・。

2006年2月26日撮影
青森・奥入瀬渓流の滝 7

これがその「雲井の滝」で〜す♪(^^)
高さ25m、三段になって落下する
ダイナミックな滝でしたよ!

2006年2月26日撮影(写真提供えるさん)
青森・奥入瀬渓流の滝 8

雨の中、傘も差さずに一生懸命
写真撮影に励むえるさんです。
最近腕前を上げたようで・・・。

なかなか上がらないのが
私の「男前」でしょうか・・・(^_^;)。


2006年2月26日撮影
青森・奥入瀬渓流の滝 9

さらに先に進むと、なにやら人が一杯♪
なにやってるのかな?と見てみたら
皆さん、この氷瀑の写真撮影に
一生懸命だったのですよ。

よ〜し!我々も撮るぞぉ〜!

2006年2月26日撮影
青森・奥入瀬渓流の滝 10

酔いどれ隊の「報道カメラマン」こと
えるさんが写真撮影に励みます。
真剣なまなざしです。

えるさんが真剣なまなざしになるのって
滝を目の前にした時と、美味しいものを
目の前にした時くらいしか、私には
思い浮かびませんです、ハイ!(^_^;)

2006年2月26日撮影
青森・奥入瀬渓流の滝 11

この奥入瀬渓流は、アイスクライミングの
メッカとしても有名なんです。

ここなら道路から滝が直ぐ側ですので
アプローチも楽そうですしね♪

我々が行ったときは、雨も降っており
アイスクライミングをしている人は
誰もいませんでしたが・・・。

2006年2月26日撮影
青森・奥入瀬渓流の滝 12

見事に凍っていますねぇ〜!
まるで氷のシャンデリアみたいでしたよ♪(^^)
今度は新緑の季節に行ってみたいものです。


2006年2月26日撮影

滝一覧表に戻るHOMEへ戻る滝の扉に戻る