中ノ又渓谷・中ノ又沢源流 1

この「中ノ又渓谷(安の滝)コース」、
えるさんより教えていただき
始めて知りました。なにやらあの有名な
100名滝の安の滝(90M)の頭部に立てる
沢登りコースのようです。

まず最初に「このルートの入り口はどこ?」って。
安の滝駐車場よりさらに林道を数キロ入った
ところにありました。この看板が目印です!

2005年10月15日撮影
中ノ又渓谷・中ノ又沢源流 2

立派な登山道がありビックリしました。
森吉山方面の山岳ガイド、宮野さんのHPにも
「中の又渓谷(安の滝)コースガイド」として
紹介されています。

しかし、このコースは地形図にも記載されて
いない知る人ぞ知るコースのようです。
森吉の案内人、宮野さんにお願いするか、
沢屋の同行がお勧めです。

2005年10月15日撮影
中ノ又渓谷・中ノ又沢源流 3

30分も歩くとこの分岐が出てきます。
我々は、甚兵沢上部から入渓したかったので
ここは右(佐渡スギ方面)へ向かいました。

この日は朝から生憎の雨降り・・・(^_^;)。
でも紅葉がとっても綺麗でしたよ♪(^o^)

2005年10月15日撮影
中ノ又渓谷・中ノ又沢源流 4

上の写真の分岐よりさらに進むと
また分岐が出てきます。
右に行けば佐渡スギ方面で
左に行けば甚兵沢経由桃洞スギ方面。

我々は左へ・・その二つ目の分岐を過ぎ
多少歩くとな倒木が・・・。そのまま
道なりに真っ直ぐ進みました。ところが
途中からどんどん道が悪くなり半ヤブ状態!

2005年10月15日撮影(写真提供えるさん)
中ノ又渓谷・中ノ又沢源流 5

「こりゃおかしいぞ?」と気付き、地形図で
現在地点を確認!どうやら行き過ぎたようです。

「どこで間違えたのだろう?」来た道を戻り、
「あっ!ここだ!」実は、この倒木のところを
真っ直ぐ進むのではなく、90度曲がるの
でした。こちらにも道がついていました。

2005年10月15日撮影
中ノ又渓谷・中ノ又沢源流 6

上の写真の倒木の地点より90度曲がり
道なりに進むとやがてひょろひょろ状態の
小沢を横切ります(マーカーあり)。

この小沢を下っていくと甚兵沢です。
このコースは遭難者も多いようです。
森吉山の案内人、宮野さんのHPを
見ても「標識が未整備のため注意。
経験者、案内人の同行が安全です」と。

2005年10月15日撮影
中ノ又渓谷・中ノ又沢源流 7

沢にはこのような紅葉に染まった落ち葉が♪
秋ですなぁ〜!絵になる光景でした。


2005年10月15日撮影
中ノ又渓谷・中ノ又沢源流 8

この甚兵沢、途中甌穴とナメ滝が連続し、
遡行者を魅了する素敵なコースです。

沢登りをこれからはじめたい!って方を
このようなところへ案内するとハマルかも?

2005年10月15日撮影(写真提供えるさん)
中ノ又渓谷・中ノ又沢源流 9

この甚兵沢をどんどん下っていきます。
紅葉を楽しみながら快適な遡行が続きます。

2005年10月15日撮影
中ノ又渓谷・中ノ又沢源流 10

やがて金兵沢の出合に到着し、
金兵滝が見えます。

これは金兵滝を中段まで登り
写真撮影を済ませて、
滝を下ってくるえるさんです。

2005年10月15日撮影
中ノ又渓谷・中ノ又沢源流 11

これは上の写真の金兵滝の中段より
撮影したものです。

幾段にも連なる滝で、とても綺麗でしたよ♪
この中ノ又渓谷コースの一つの見せ場です。


2005年10月15日撮影
中ノ又渓谷・中ノ又沢源流 12

さらに甚兵沢を下るとトウド沢出合に着きます。
これがその二俣です。帰りはこの二俣より
斜面を登り下山しました(踏み跡あり)。

道標もマーカーもありませんので
ちょっとわかりづらいかも?斜面を登り
きると立派な山道になりました。

2005年10月15日撮影(写真提供えるさん)
中ノ又渓谷・中ノ又沢源流 13

山肌の紅葉がとても綺麗でした♪(^o^)
雨天のせいか?遡行者は我々だけ。

前日の雨で結構増水もしていましたし。

2005年10月15日撮影
中ノ又渓谷・中ノ又沢源流 14

この沢、甌穴(おうけつ)がたくさんあり
下をよ〜く見ながら歩かないと
穴に落ちてしまいます。(^_^;)

深いところは、足が着かないようなところも。
水が濁っていて、神経を使いましたねぇ。
ジャンプ力が要求されます。

2005年10月15日撮影
中ノ又渓谷・中ノ又沢源流 15

どもまでも続くナメ、ナメ、ナメ・・・
これほど続く滑床も珍しいかも?

夏の暑い日に水線通しにジャブジャブと
遡行したら(時には泳いだり)楽しいかも?

2005年10月15日撮影(写真提供えるさん)
中ノ又渓谷・中ノ又沢源流 16

ナメと山肌の紅葉がとても素晴らし〜い!
お天気が悪くてもウットリするような
美しさでしたよ♪(^o^)


2005年10月15日撮影(写真提供えるさん)
中ノ又渓谷・中ノ又沢源流 17

えるさんは実は「コケマニア」のようです。
一生懸命コケの写真撮影に専念していました。


2005年10月15日撮影(写真提供えるさん)
中ノ又渓谷・中ノ又沢源流 18

やがて「シシアナトヤバ沢」の出合に到着!
左側に見える沢がそうです。
この沢名、なかなか覚えられません。
なんか舌を噛みそうな・・・(^_^;)。

ここよりこのコースの見せ場のひとつ
平滑ノ滝(200M)が始まります。


2005年10月15日撮影
中ノ又渓谷・中ノ又沢源流 19

これは上の写真、「シシアナトヤバ沢」
の出合より撮影した「平滑ノ滝」です。

途中でカーブしているため、全容を撮影する
ことは出来ませんが・・・。落差はないものの
広大なスケールのナメ滝でした。

2005年10月15日撮影
中ノ又渓谷・中ノ又沢源流 20

この平滑ノ滝をどんどん下っていきました。

今の時期、滑り落ちて釜にドボンは
避けたいものですね。慎重に下ります。
滝の水の流れがとても綺麗♪(^o^)


2005年10月15日撮影
中ノ又渓谷・中ノ又沢源流 21

ここより先、平滑ノ滝が右へ
大きくカーブします。

広大ナメと側壁、歩いていて
とても気持ちよいところです♪

2005年10月15日撮影
中ノ又渓谷・中ノ又沢源流 22

どこまでも続くナメ、ナメ、ナメ・・・。
もうすぐ安の滝の頭部に到着で〜す!

安の滝は日本の滝100選にも選ばれた
秋田を代表する名滝です。これまで
下からしか見たことのなかった安の滝、
上から見たらどんな感じなんだろう?
考えるだけでワクワクしました♪

2005年10月15日撮影
中ノ又渓谷・中ノ又沢源流 23

これが安の滝の頭部です!
雨で増水し滑りやすくなっていたので
安全を期してロープを出しました。

だって、万が一ここから滑り落ちれば
滝下まで90M真っ逆さまですもの・・・(^_^;)。

2005年10月15日撮影(写真提供えるさん)
中ノ又渓谷・中ノ又沢源流 24

安の滝の頭部の先端目掛けてどんどん
下る私です。30Mロープ一杯下りました。

2005年10月15日撮影(写真提供えるさん)
中ノ又渓谷・中ノ又沢源流 25

ククゥ〜!あと10M足りないよぉ〜!(^_^;)
この地点からは滝下を覗くことが
出来ませんでした。

でもここからロープを外して先を進むのは
危険でしたので、今回はここまで!

2005年10月15日撮影(写真提供えるさん)
中ノ又渓谷・中ノ又沢源流 26

上の写真の位置より撮影した安の滝の
まさに落口です。ここより流れ下る水が
扇状に広がり美しい様になるのですから。
(下の写真どおり)

まさに自然の驚異です!

2005年10月15日撮影
中ノ又渓谷・中ノ又沢源流 27

これは、先月9月に撮影したもので
その安の滝を下から見たものです。
この滝の先端部(頭部)に我々が立った
と思うと感無量です♪(^o^)

ホント素晴らしい滝です!
秋田には素晴らしい滝が一杯!
まさに「滝の宝庫」ですね♪

2005年9月18日撮影
中ノ又渓谷・中ノ又沢源流 28

充分楽しんだ後、またひたすらなナメを
遡行しトウド沢出合にある山道を利用し
下山いたしました。

前日の雨と当日の雨で増水していた
こともあり、また写真撮影をしながら
遡行したこともあり、思いのほか時間が
かかってしまいました。
休憩時間含め、全行程約6時間。

2005年10月15日撮影
中ノ又渓谷・中ノ又沢源流 29

翌日は岩手、青森の滝屋さんと合流し
九階の滝へ行くため、この日は、
「奥森吉野外活動基地親子キャンプ場」
に泊まりました。

森吉方面へ行く時はいつもここに
泊まるんです。無料なんですよ♪
青少年野外活動センターにて受付をします。
利用期間は、6月1日〜10月31日まで

2005年10月15日撮影
中ノ又渓谷・中ノ又沢源流 30

この日は夕方より激しい雨になりました。
そんな日でも屋根があるので、快適です♪

「親子キャンプ場」とありますが、
親子でなくても利用可能のようです。

2005年10月15日撮影
中ノ又渓谷・中ノ又沢源流 31

雨のせいもありとても寒かったです。
そんな日は、やはり鍋ですよねぇ♪

今回は「ゴマ味噌鍋」です!
体がポカポカ温まりますねぇ〜♪
具、入れ過ぎですよね・・・。

2005年10月15日撮影

滝一覧表に戻るHOMEへ戻る滝の扉に戻る