宮古 鵜主ノ滝 1

本日は、岩手県沿岸は宮古、長沢川上流に
ある鵜主ノ滝(うのすの滝)へ行って参りました。

車で林道をどこまで入れるか?が勝負でした。
いざとなったら、林道を果てしなく歩こう!って
覚悟していました。滝への林道の降り口には
このような道標が立ってありました。


2005年5月6日撮影
宮古 鵜主ノ滝 2

道標からかすかな足跡をたどるのですが、
結構な急斜面で、来訪者が少ないことを
物語っていました。斜面を下る私です。


2005年5月6日撮影(写真提供えるさん)
宮古 鵜主ノ滝 3

かすかな踏み跡をたどって下るとなぜか?
滝の上に出てしまうのです。普通は、滝下へ
通じるのですが・・・(^_^;)。

これは滝の落口から撮影したものです。


2005年5月6日撮影
宮古 鵜主ノ滝 4

「どうやって滝下へ降りようかな?」って。
ちょっと登り返し、降り口のトラバース地点より
撮影したものです。ここのトラバースは、
落ちたくないです。コケると滝つぼへダイブ
してしまいそうでしたので・・・。(^_^;)


2005年5月6日撮影
宮古 鵜主ノ滝 5

トラバースを無事終え、どんどん滝下目掛けて
下降して行きます。写真で見ると大したことない
傾斜のように見えますが・・・。


慎重に下るえるさんです。

2005年5月6日撮影
宮古 鵜主ノ滝 6

これは下降中に撮影した鵜主ノ滝の
横顔です。横顔も迫力ありましたねぇ〜!


2005年5月6日撮影
宮古 鵜主ノ滝 7

無事滝下へ到着♪(^o^)
水線の右壁から直登出来そうでした。
写真で見る限り、シンドそうに見えますが、
近くで見るとスタンスが結構ありましたよ!

写真撮影に励むえるさんです。
この滝、落差15Mあります。


2005年5月6日撮影
宮古 鵜主ノ滝 8

これは上の写真のえるさんのいる地点より
さらに滝下を目掛けてトラバースして滝の
真下から撮影したものです。
結構水しぶきを浴びましたねぇ・・・(^_^;)。


2005年5月6日撮影
宮古 鵜主ノ滝 9

これはえるさんの作品です。
女の子だけあって、お花が好きみたいですね。
しかし、私と一緒で花オンチのようです。(^_^;)
さすがは愛弟子です。

山々の新緑と所々に咲く山桜が綺麗でした♪


2005年5月6日撮影(写真提供えるさん)
山田町 白糸の滝 1

鵜主ノ滝を見学の後、山田町へ移動して
荒川川上流の白糸の滝へ行きました。
ここの林道も長〜い!どこまで車が
入れるだろうか・・・?ドキドキ(^_^;)

結果、滝側まで入ることが出来ました。
部分的に悪路の為、普通乗用車だと
ちょっと厳しいかも・・・?(^_^;)

推定落差5Mのちっちゃい滝でした。
白糸って感じがしませんでしたが・・・。


2005年5月6日撮影
山田町 白糸の滝 2

一生懸命写真撮影に励むえるさんです。
いろんな体勢で懸命に撮影している
ようですが・・・。頑張れぇ〜♪


2005年5月6日撮影
山田町 白糸の滝 3

これは、右に回りこんで撮影したものです。
いわば滝の横顔です。


2005年5月6日撮影
宮古 浄土ヶ浜 1

予定していた滝巡りも午前中に終わってしまい
時間が余ったので、浄土ヶ浜へ寄ってみました。
久しぶりの海でした!感動♪ヽ(^o^)丿

山もいいけど、海もいいですねぇ〜♪(^o^)


2005年5月6日撮影
宮古 浄土ヶ浜 2

これまた写真撮影に励むえるさんです。
真剣そのものですねぇ〜!


2005年5月6日撮影
宮古 浄土ヶ浜 3

三陸海岸を代表する景勝地!
その名は、宮古の常安寺の第7世霊鏡和尚が
「さながら極楽浄土のごとし」と賞讃したこと
に由来するようです。

ホント、極楽浄土の気分でしたね♪(^o^)


2005年5月6日撮影
宮古 浄土ヶ浜 4

詩人、宮沢賢治も感動のあまり
詩をしたためたようです。

一日で山(滝)と海の両方楽しめて
素晴らしい一日となりました♪


2005年5月6日撮影
宮古 浄土ヶ浜 5

海をジ〜っと見つめるえるさんです。
何を考え、思っているのでしょうか・・・?
山と海、きっと心も洗われたことでしょうね♪


2005年5月6日撮影
おまけ

新緑も芽吹き、いよいよ滝見シーズン到来!
そして、後一ヶ月すれば沢シーズン到来♪
今年の夏も楽しみです!(^o^)

今年も愛弟子達を一生懸命
育てていきたいものです!

滝一覧表に戻るHOMEへ戻る滝の扉に戻る