東根山(猫の背コース)

- 紫波 -

  1. HOME
  2. 山の扉
  3. 岩手の雪山

東根山(猫の背コース)1

大晦日の31日(月)2018年度最後の山に選んだのが、近場の紫波の名峰、東根山!最近出来たという新ルート(猫の背コース)を登ってみること。写真は、登山口へのアプローチの途上で撮影。美しい朝でした♪

2018年12月31日撮影

東根山(猫の背コース)2

これで2週連続の東根山です。先週は一般コース(蛇石コース・赤線のルート)をピストンしただけですが、今回は新ルートの猫の背コース(青線のルート)から登り、従来の蛇石コースを下山し周回してみることにしました。

2018年12月31日撮影

東根山(猫の背コース)3

蛇石コースと猫の背コースの分岐にある道標です。4時間も掛かるのか…。2時間30分~3時間で登頂できる!と考えていたのですが…。

2018年12月31日撮影

東根山(猫の背コース)4

その道標の同じ場所に注意書きが…。本来 蛇石コースから登り猫の背コースを下山するのが一般的のようですが、やはり初めて歩く新コースは、下るよりも登ってみたい!との思いで、あえて逆コースから周回してみることに。

2018年12月31日撮影

東根山(猫の背コース)5

登山口から歩くこと25分で水分神社に到着です。ここにはきちんとした「水汲み場」があり、水の補給が可能です。

2018年12月31日撮影

東根山(猫の背コース)6

沢の徒渉点です。増水時には注意が必要かもしれません。

2018年12月31日撮影

東根山(猫の背コース)7

「ざんげ坂」の入口です。ここより急登が始まります。積雪が多い時は、苦労するかもしれません。

2018年12月31日撮影

東根山(猫の背コース)8

おぉ~!熊が出るのか…。熊鈴必携ですね!

2018年12月31日撮影

東根山(猫の背コース)9

ざんげ坂を黙々と登ります。あ~シンド…。

2018年12月31日撮影

東根山(猫の背コース)10

ざんげ坂を登り切り、駐車場より登ること1時間で後曲坂山に到着しました。ここで一休みします。

2018年12月31日撮影

東根山(猫の背コース)11

バッチリとトレース(踏み跡)があり、楽勝♪って思っていた私。下山したら昼食に何を食べようかな?って考えていました。

2018年12月31日撮影

東根山(猫の背コース)12

標高550mの「イキモノ平」にて。熊除けの筒(鐘)がありました。熊さんの絵が可愛くって思わず撮影!

2018年12月31日撮影

東根山(猫の背コース)13

イキモノ平を過ぎると積雪が増してきました。でも、トレースがあるので問題ありません。

2018年12月31日撮影

東根山(猫の背コース)14

ブナの大木に刻まれた本物の熊の爪跡です。

2018年12月31日撮影

東根山(猫の背コース)15

651.8m地点の田沢分岐です。東根山まであと1.9キロです。

2018年12月31日撮影

東根山(猫の背コース)16

田沢分岐より20分ほどで不動分岐に到着しました。ここが東根山への主稜線となります。

2018年12月31日撮影

東根山(猫の背コース)17

その不動分岐にも可愛い熊さんの絵が描かれた熊除け鐘がありました。

2018年12月31日撮影

東根山(猫の背コース)18

朝のうちは晴れていたのですが、次第にに曇ってきました。下界(紫波の町並み)を見渡します。

2018年12月31日撮影

東根山(猫の背コース)19

鍵掛峠に到着しました!

2018年12月31日撮影

東根山(猫の背コース)20

これも熊除け鐘なのかな?心が和みます。

2018年12月31日撮影

東根山(猫の背コース)21

鍵掛峠を過ぎるとさらに積雪が増し、ついにトレースが消失してしまいました。長靴で登っていたので、ズボズボ潜ってしまい重労働で大変です。

2018年12月31日撮影

東根山(猫の背コース)22

予想外のラッセルに苦しめられました。この数日間 悪天が続き積雪と共に強風が吹き荒れた為、風の強い主稜線では雪が運ばれトレースが掻き消されたのでしょう。

2018年12月31日撮影

東根山(猫の背コース)23

標高776mの岩崎山に到着です。

2018年12月31日撮影

東根山(猫の背コース)24

ピラミダルな東根山を望みます。それにしても急登です。あそこを登るのか…。ここから山頂まで一気に登る感じです。

2018年12月31日撮影

東根山(猫の背コース)25

あ~ラッセル しんど!特に吹き溜まっている場所は、膝上まで潜り足を引き抜くのに一苦労でした。さらに急斜面では股下まで潜り足を上げられず、斜面の雪を削り一歩一歩苦労しながら、どうにか登りました。

2018年12月31日撮影

東根山(猫の背コース)26

一方で吹き溜まっていない急登では、ツルツルで滑るのなんのってぇ~!アイゼンもワカンも持参していない私。固定ロープに助けられながら登りました。

2018年12月31日撮影

東根山(猫の背コース)27

長靴でのズボズボラッセルとツルツルの急登に苦しめれら、東根山でまさかここまで苦労するとは…。お陰で良いトレーニングにはなりましたが…。

2018年12月31日撮影

東根山(猫の背コース)28

ふぅ~!ここでやっと急登はお終いです。

2018年12月31日撮影

東根山(猫の背コース)29

やっと山頂に到着!私はこの新コースを甘く見ていました。2時間30分~3時間あれば登頂できる!と読んでいたのです。ところが、予想外のラッセルに難儀し何と3時間50分も掛かってしまいました。

2018年12月31日撮影

東根山(猫の背コース)30

ここまで来れば一安心です。こちらの(下山の)蛇石コースは、立派なトレースがありますので。

2018年12月31日撮影

東根山(猫の背コース)31

その見晴し展望地より紫波の町並みを望みます。あとは、せっせと下山するだけです。

2018年12月31日撮影

東根山(猫の背コース)32

帰路、都南の吉野家にて昼食を食べました。牛チゲ鍋膳(690円)です。体がポカポカ暖まります♪新ルートの猫の背コース、思いの外 充実した山行が楽しめ満足しました。

2018年12月31日撮影

GPSの軌跡

<2018年 12月31日(月)>
行動時間 5時間(休憩時間含む)
登り:3時間 50分 下り: 1時間 10分

駐車場(7時30分)~水分神社(7時55分)~イキモノ平(9時)~不動分岐(9時50分)~岩崎山(10時15分)~東根山(11時20分)~見晴し展望地(11時30分)~駐車場(12時30分)
  1. HOME
  2. 山の扉
  3. 岩手の雪山