斉内川・金堀沢

- 和賀山塊(真木渓谷) -

  1. HOME
  2. 沢の扉
  3. 北東北の沢

和賀山塊 金堀沢 1

小路又に車をデポ、ここより歩くこと5分で金堀沢の出合いに至ります。風鞍(1,023m)に突き上げる沢で、四十八滝という有名な滝を有しています。

2019年10月1日撮影

和賀山塊 金堀沢 2

右の切れ込みが金堀沢です。出合いは水量乏しく貧弱な沢でこの奥に巨大な滝があるなんて想像出来ない感じです。

2019年10月1日撮影

和賀山塊 金堀沢 3

今回はSさんにお付き合いしていただきました。金堀沢は小さな沢です。

2019年10月1日撮影

和賀山塊 金堀沢 4

小滝が出てきてまずまず楽しませてくれます。金堀沢も四十八滝も、いくらネットで検索しても一件もヒットしません。なぜ何だろう?

2019年10月1日撮影

和賀山塊 金堀沢 5

「四十八滝」とい滝名は記載されているのですが、肝心の写真がネット検索で一枚も出てこないのです。どんな滝なんだろう?

2019年10月1日撮影

和賀山塊 金堀沢 6

その謎を解明したくて、Sさんと一緒に金堀沢を遡行して参りました。しかも、平日に…です。Sさんとの都合が合わなくてね、仕事を休むことにしました。

2019年10月1日撮影

和賀山塊 金堀沢 7

頑張るSさんです。2万5千図を見る限り「かなり険しそうな沢だなぁ~!」と推測していましたので、30mロープを2本、ハーケンも多めに持参しました。

2019年10月1日撮影

和賀山塊 金堀沢 8

奥に何やら巨大な滝が見えてきました。あれが四十八滝かな?ここしばらく「癒し系の易しい沢」ばかり入渓していましたので、久し振りの困難な沢への入渓で、気合を入れて挑みます。

2019年10月1日撮影

和賀山塊 金堀沢 9

GPSで位置を確認すると、どうやら四十八滝ではなく前衛滝(落差20m)のようです。標高450m付近にあります。滝の周りは岩盤に覆われ側壁は高く高巻きは厳しい感じ。

2019年10月1日撮影

和賀山塊 金堀沢 10

滝の右側(左岸側壁)を登り落口に向かって悪そうな斜面をトラバースするしかなさそうです。赤いラインで登りました。ロープを出しましたが、途中 支点が取れなかったです。

2019年10月1日撮影

和賀山塊 金堀沢 11

その前衛滝の落口に無事立つことが出来ました。四十八滝の写真がネット検索に一枚もヒットしない理由は、これだったのか…。この滝を超えるには、それなりの経験と技術がないと厳しい感じでした。

2019年10月1日撮影

和賀山塊 金堀沢 12

前衛滝を超えるとチェックストーンの滝が…。ここはシャワーを嫌って左岸より登りました(容易)。

2019年10月1日撮影

和賀山塊 金堀沢 13

頑張るSさんです。

2019年10月1日撮影

和賀山塊 金堀沢 14

側壁がさらにどんどん高くなり、その迫力に圧倒されます!(見上げると首が痛くなる感じの高さ)。

2019年10月1日撮影

和賀山塊 金堀沢 15

ついに、出たぁ~!幻の四十八滝です。圧倒的な側壁と滝の迫力は「凄い!」の一言に尽きます。これまでこの滝を見れた人は、一体何人いるのだろう?

2019年10月1日撮影

和賀山塊 金堀沢 16

その四十八滝を望むSさんです。落差はおそらく30~40m位だと思いますが、側壁の凄さとの相乗効果で、怖いほどのド迫力です!

2019年10月1日撮影

和賀山塊 金堀沢 17

滝の直登はまず不可能で、高巻きルートを探すも側壁は絶壁に近い岩盤に覆われています。右岸は絶望的で左岸に活路を見出すしかなく、弱点を探しながらどうにかじわじわとロープを伸ばしてきました。

2019年10月1日撮影

和賀山塊 金堀沢 18

3ピッチ目、周りは全て絶壁に近い岩盤にぶち当たり、ついに行き詰ってしまいました。弱点を隈なく探すも見当たりません。もはや、これまでか…。

2019年10月1日撮影

和賀山塊 金堀沢 19

登るのも大変でしたが、急峻な斜面ゆえ下るのも大変です。ロープを2本持参して正解でした。懸垂下降でどんどん下ります。写真は、前衛滝を懸垂下降するSさんです。

2019年10月1日撮影

和賀山塊 金堀沢 20

こんなにお天気が良いのに敗退するなんて…くぅぅ~!悔し~い!!!これまで和賀山塊の沢は何十本と入渓してきた私ですが、初めての敗退となりました。

2019年10月1日撮影

和賀山塊 金堀沢 21

下山後、盛岡市内の吉野家で遅い昼食を食べました。新メニューの月見牛とじ御膳を頼みました。

2019年10月1日撮影

和賀山塊 金堀沢 22

実物がこれです♪残念な結果に終わりましたが、チャレンジ出来て楽しかったです。私の計画にお付き合いいただいたSさんに感謝です。ありがとうございました!

2019年10月1日撮影

GPSの軌跡

<2019年10月1日(火)>
行動時間 3時間 30分(休憩時間含む)
登り:2時間20分  / 下り:1時間 10分

小路又・車デポ地(7時20分)~前衛滝下(7時45分)~四十八滝下(8時20分)~高巻き敗退(9時40分)~小路又・車デポ地(10時50分)
  1. HOME
  2. 沢の扉
  3. 北東北の沢