鹿ノ子山

- 和賀・真昼山地 -

  1. HOME
  2. 山の扉
  3. 岩手の雪山

川口渓谷 鹿ノ子山 1

10月17日(水)クライミング(ボルダリング)中に怪我をして左足首と腰を捻挫してしまった私…。それから半月が経ち大分痛みも和らいできたので、怪我後初のリハビリ山行に選んだのが、この鹿ノ子山(かのこやま)です。その前に、リハビリ兼ねて我が家の柿をもぎました。全部で600個も採れましたよ♪

2018年11月3日撮影

川口渓谷 鹿ノ子山 2

この鹿ノ子山をご存知の方は、少ないかもしれませんが、和賀・真昼山地マニアの間では、それなりに知られている山なんです。川口渓谷の入口(ゲート)にて。

2018年11月3日撮影

川口渓谷 鹿ノ子山 3

そのゲート入口には、立派な案内板がありました。鹿ノ子山の山頂に至るには、正規の登山道はなく、ちょっとしたバリエーションルートになります(鹿ノ子山分岐から山頂までは登山道がなくヤブ漕ぎ)。

2018年11月3日撮影

川口渓谷 鹿ノ子山 4

ルートは二つあります。① 峰越峠から登るルート ② 川口渓谷から登るルート。一般的には、①の峰越峠から登るルートが主流のようですが、今回あえて②の川口渓谷から登ってみる事にしました。

2018年11月3日撮影

川口渓谷 鹿ノ子山 5

この案内板に鹿ノ子山と青シカ山の山名の由来が書かれていました。坂上田村麻呂の時代(795年)だったのですね…。

2018年11月3日撮影

川口渓谷 鹿ノ子山 6

この川口渓谷道は、紅葉だけでなく、神社や岩、滝などのビューポイントが幾つもあって楽しませてくれます。山を歩ける幸せを噛み締めながら、どんどん歩を進めました。

2018年11月3日撮影

川口渓谷 鹿ノ子山 7

なぜか川口渓谷には一度も足を踏み入れたことがありませんでした。真木渓谷に並ぶ有名な渓谷であることは知っていましたが…。

2018年11月3日撮影

川口渓谷 鹿ノ子山 8

川口渓谷の沢って、登山体系にも記載されていませんし、まだまだ未開拓!渓谷道を歩きながら、沢の雰囲気も偵察できそうだな♪って思い付いたのです。この滝は、白糸の滝です。

2018年11月3日撮影

川口渓谷 鹿ノ子山 9

桑原(カンバラ)の滝は、渓谷一の豊富な水量を誇る滝で見応え充分!紅葉と滝を愛でながら渓谷道を歩けるので、楽しいです♪

2018年11月3日撮影

川口渓谷 鹿ノ子山 10

鹿ノ子山の登山だけでなく、初めて訪れる川口渓谷の散策と沢の偵察を兼ねての、まさに一石二鳥のリハビリ山行!

2018年11月3日撮影

川口渓谷 鹿ノ子山 11

見返りの滝です。今回の山行計画は、川口渓谷の登山口(駐車場)から林道(渓谷道)を5.15キロ歩いて水無沢登山口へ。その登山口から山道を登り主稜線(水無沢分岐)に出て鹿ノ子山分岐へ。分岐から約300mほどヤブを漕いで鹿ノ子山の山頂へ。下山は、往路を戻る。全行程は推定で7時間くらい掛かるかなぁ~!

2018年11月3日撮影

川口渓谷 鹿ノ子山 12

帰路、時間があれば「森の巨人達100選」にも選ばれた樹齢千年の「オブ山の大杉」にも立ち寄りたいなぁ~!

2018年11月3日撮影

川口渓谷 鹿ノ子山 13

ゲート(駐車場)から歩くこと1時間15分、やっと水無沢登山口に到着しました!

2018年11月3日撮影

川口渓谷 鹿ノ子山 14

ここで朝食タイムです。私の大好きなセブンイレブンの照焼チキンたまごを食べました。

2018年11月3日撮影

川口渓谷 鹿ノ子山 15

出発前に水無口からの登山道の状況を和賀の主である倉田さんに問い合わたところ、なんと「今年の夏に刈払いを行いました!」とのお返事が。ツイてるなぁ~!

2018年11月3日撮影

川口渓谷 鹿ノ子山 16

今年の夏整備されただけあって、目印の真新しいピンクテープがベタ打ちされていて迷うことはありませんでしたが、ヤブっぽい感じが否めません。整備(刈払い)する前は、もっとひどかったのでしょうね。

2018年11月3日撮影

川口渓谷 鹿ノ子山 17

岩がゴロゴロして足元が不安定な所では、怪我した左足首も不安定で足首がグラついているのが分かりましたし、結構な痛みも伴いました。この状態では、とても山頂までもたないな!下山のことも考えれば、早目に断念した方が良さそう!と判断し、撤退を決意しました。

2018年11月3日撮影

川口渓谷 鹿ノ子山 18

復帰には、まだちょっと早かったかもしれません。悔しいけど、またの機会に挑戦したいと思います。

2018年11月3日撮影

川口渓谷 鹿ノ子山 19

帰り道も紅葉が楽しめて嬉しいです♪登頂はできませんでしたが、この紅葉を見れただけでも「来て良かった!」と思いました。

2018年11月3日撮影

川口渓谷 鹿ノ子山 20

この紅葉の美しさには見惚れてしまいました。ほんとウットリです♪

2018年11月3日撮影

川口渓谷 鹿ノ子山 21

帰路、時間はまだ早いし、せめて「森の巨人たち100選」の「オブ山の大杉」でも見て帰ろう!

2018年11月3日撮影

川口渓谷 鹿ノ子山 22

林道のこの看板から山道を降りて川を渡渉し山道を登ること30分で見ることが出来ます。

2018年11月3日撮影

川口渓谷 鹿ノ子山 23

この徒渉が、水量と勢いがあり結構大変です。徒渉点を慎重に見極め膝下の長靴でどうにか「きゃっぱり」することなく、無事徒渉出来ました。水量の多い時は、裸足か渓流足袋で徒渉した方が良さそうでした。

2018年11月3日撮影

川口渓谷 鹿ノ子山 24

徒渉後は、急登をトラバースしながら狭い道をどんどん登っていきます。苦労した分、オブ山の大杉とご対面した時の感動は大きいと思います。

2018年11月3日撮影

川口渓谷 鹿ノ子山 25

これが「森の巨人たち100選」オブ山の大杉です。幹周りが何と12.4mもあるそうです。写真では、その凄さは伝わりませんが…。

2018年11月3日撮影

川口渓谷 鹿ノ子山 26

これは、違う角度から撮影したものです。

2018年11月3日撮影

川口渓谷 鹿ノ子山 27

その大杉の上部は、このようにたくさん枝分かれしています。とても一本の木とは思えないほどの大迫力です。

2018年11月3日撮影

川口渓谷 鹿ノ子山 28

大杉を見た後は、ゲートを目指して林道を歩きます。紅葉とこの大杉を見れただけでも「来て良かった♪」って、思った次第です。

2018年11月3日撮影

川口渓谷 鹿ノ子山 29

下山後は、近くの奥羽山荘にて入浴、休憩室で読書三昧しました。サウナと露天風呂もあって500円!コストパフォーマンスに優れた温泉でしたよ。

2018年11月3日撮影

川口渓谷 鹿ノ子山 30

帰路、盛岡市内の幸楽苑にて早い夕食♪今回、途中敗退しましたが、それでも全行程4時間20分ほど歩きました。心地よい疲労感で、昨夜は超熟睡出来ました。

2018年11月3日撮影

GPSの軌跡

<2018年 11月3日(土)>
行動時間 4時間 20分(休憩時間含む)
行き:1時間50分 帰り: 2時間 30分

川口渓谷ゲート(7時10分)~水無沢登山口(8時25分)~標高690mまで(9時)~水無口登山口(9時30分)~オブ山の大杉入口(10時25分)~オブ山の大杉(11時)~オブ山の大杉入口(11時20分)~川口渓谷ゲート(11時30分)
  1. HOME
  2. 山の扉
  3. 岩手の雪山