鳥海山 二ノ滝口〜万助道 1

9月16日〜18日の三連休に計画していた沢は、
台風18号の接近により中止を余儀なくされて
しまいました。

時期的に今シーズンは断念、
来シーズンにでも行ってみようと思っています。

2017年9月16日撮影
鳥海山 二ノ滝口〜万助道 2

せっかくの貴重な三連休、どうにかしたいもの。
幸いにもFちゃん、18日がお休みとのことで
急遽デートすることに決定♪

せっかく遠路、Fちゃん家まで行くのですから
(鳥海山の近く)、ついでに鳥海山を登る
計画を思い付いたのです。
しかも、出発まで時間がなく超即効で
山行計画を練った次第です。

2017年9月16日撮影
鳥海山 二ノ滝口〜万助道 3

台風18号の影響が心配ですが、
天気予報によると17日(日)の午前中
一杯までは、どうにかお天気持つらしい。

二の滝口の登山口、一ノ瀬登山口の休憩所

2017年9月16日撮影
鳥海山 二ノ滝口〜万助道 4

一ノ滝です。

今回の山行計画を思案した結果、
以下の通りになりました♪

【9月16日(土)】 4時30分自宅出発〜
一ノ瀬登山口(8時30分出発)〜
二の滝口登山道(南ノコマイ沢の偵察を兼ねる)〜
千畳ヶ原〜蛇石流分岐〜万助道〜万助小屋(泊)

2017年9月16日撮影
鳥海山 二ノ滝口〜万助道 5

二ノ滝です。

【17日(日)】 万助小屋〜檜ノ沢(ひのそ)遡行〜
鳥海湖〜万助道を下山〜奈曽川河川公園
キャンプ場(泊) 18日(祝)Fちゃんとデート。
あとは台風情報を鑑み、臨機応変に対応する
ことにしました。

2017年9月16日撮影
鳥海山 二ノ滝口〜万助道 6

二ノ滝を落口から望む。

南ノコマイ沢の状況を確認しながら
登山道を登っていきます。

2017年9月16日撮影
鳥海山 二ノ滝口〜万助道 7

三ノ滝です。

南ノコマイ沢は、結構豪快な沢で滝や
ゴルジュが連続し水線突破には、泳ぎや
シャワーを強いられる為、夏向きの沢だと
思いました。秋はちょっと…って感じですね。

2017年9月16日撮影
鳥海山 二ノ滝口〜万助道 8

玉粋ノ滝です。


2017年9月16日撮影
鳥海山 二ノ滝口〜万助道 9

額絵ノ壷です。
絵画のような滝でした。

2017年9月16日撮影
鳥海山 二ノ滝口〜万助道 10

この二の滝口登山道を昭和7年に開拓した
「高橋伝喜太氏小屋跡」付近は、
ブナの美林が続き感動しました。

2017年9月16日撮影
鳥海山 二ノ滝口〜万助道 11

こんな感じのブナの森が続きます。


2017年9月16日撮影
鳥海山 二ノ滝口〜万助道 12

その後、森の清水を過ぎ、竜ヶ滝、竜頭滝、
不動滝と続き、月山沢の徒渉点。
増水時は渡れなくなるらしい。

右の写真は、不動滝にて。

2017年9月16日撮影
鳥海山 二ノ滝口〜万助道 13

もう直ぐこのルーと一番の見所
である「千畳ヶ原」に到着します。

後ろを振り向けば、庄内平野と日本海見えます。

2017年9月16日撮影
鳥海山 二ノ滝口〜万助道 14

千畳ヶ原に到着♪笙ヶ岳を望みます。

2017年9月16日撮影
鳥海山 二ノ滝口〜万助道 15

「ここは尾瀬ですか?」ってくらいに
見事な湿原がどこまでも続きます。

2017年9月16日撮影
鳥海山 二ノ滝口〜万助道 16

いやはや、お見事♪ほんと来て良かったぁ〜!
まさかここまで素晴らしいとは…。

夏の高山植物の時期であれば、
さらにどんなに美しいことか!

2017年9月16日撮影
鳥海山 二ノ滝口〜万助道 17

遠方に鍋森を望みます。

その後、蛇石流分岐より万助道を1時間ほど下り、
今宵の宿泊場所である万助小屋を目指します。

2017年9月16日撮影
鳥海山 二ノ滝口〜万助道 18

万助道に入り直ぐに現れる
仙人平の大湿原です。
とても気持ち良いところです。

2017年9月16日撮影
鳥海山 二ノ滝口〜万助道 19

これも〜♪
まだお花が咲いていてビックリしました。

2017年9月16日撮影
鳥海山 二ノ滝口〜万助道 20

今日のコース、標準コースタイムは5時間ですが、
写真撮影しながら、かつ南ノコマイ沢の
偵察をしながら登ったこともあり、
6時間10分も掛かりました。

2017年9月16日撮影
鳥海山 二ノ滝口〜万助道 21

14時40分、以前より一度泊まって
みたいと憧れていた万助小屋に到着!

2017年9月16日撮影
鳥海山 二ノ滝口〜万助道 22

今宵の宿泊場所は、憧れの万助小屋です!
扉を開けて中に入ってビックリ!

2017年9月16日撮影
鳥海山 二ノ滝口〜万助道 23

一般的な山小屋って窓が少なく中は薄暗い
のですが、この小屋は窓が豊富で、とっても
明るくって快適でした。

2017年9月16日撮影
鳥海山 二ノ滝口〜万助道 24

その他、テーブル、毛布、ござ、巨大なランタン、
時計、鏡まで置いてありビックリ!

2017年9月16日撮影
鳥海山 二ノ滝口〜万助道 25

協力金210円を払う必要がありますが、
こんなに安くていいの?って感じです。

2017年9月16日撮影
鳥海山 二ノ滝口〜万助道 26

流し台まであることに驚きました。

外の水場まで行かずとも蛇口を
ひねれば水が出てくる便利さ♪

さらに鍋やたらい・やかん等、フル装備ですよ〜!

2017年9月16日撮影
鳥海山 二ノ滝口〜万助道 27

ストーブはもちろんのこと
石炭も常備されていました。

2017年9月16日撮影
鳥海山 二ノ滝口〜万助道 28

窓からは笙ヶ岳を望めます。

2017年9月16日撮影
鳥海山 二ノ滝口〜万助道 29

台風の接近で、さすがに今宵は貸切だろう!
と思っていたところ、二人の女性が
「こんにちは〜!」って、入ってきました。
なんと青森から来られたと言います。

青森の山岳同人たかじょの方で
テーブルを囲みご一緒させていただきました。

2017年9月16日撮影
鳥海山 二ノ滝口〜万助道 30

日買ったキャンプ用枕のデビューです。
快適でしたよ♪

2017年9月16日撮影
鳥海山 二ノ滝口〜万助道 31

このソーラーパフ(太陽電池のランタン)に、
たかじょのお二人が感動されていました。

2017年9月16日撮影

鳥海山 二ノ滝口〜万助道 32

翌日は台風の影響か、朝から強風でした。
よって、檜ノ沢の遡行は断念し下山することに。

しかし、このまま下山すると2時間で
降りられてしまうため、途中寄り道して
高瀬峡の大滝を見に行くことにしました。

2017年9月17日撮影
鳥海山 二ノ滝口〜万助道 33

結局大滝は発見できず2時間無駄にしました。

下山後、マックスバリュ 遊佐エルパ店にて
食料とお酒の買出し。

今日は下界のキャンプ場でもう一泊します。

2017年9月17日撮影
鳥海山 二ノ滝口〜万助道 34

あぽん西浜(日帰り温泉施設)でゆっくり
過ごし時間を潰すことにしました。

休憩室が有料(210円)ということもあり、
とても空いていて静かでゆっくり
過ごすことができました。

2017年9月17日撮影影
鳥海山 二ノ滝口〜万助道 35

台風の影響でところどころで通行止め状態。


2017年9月17日撮影影
鳥海山 二ノ滝口〜万助道 36

今日は、ここのキャンプ場に泊まります。
6月にもここに泊まりました。

2017年9月17日撮影
鳥海山 二ノ滝口〜万助道 37

台風に恐れをなしてか?さすがに誰もいません。
さっそく一人宴会の始まり始まり〜♪
地酒の男山と初孫が、とっても美味し〜い!

2017年9月17日撮影
鳥海山 二ノ滝口〜万助道 38

台風による非常事態ということで、炊事場の
中にテントを張らせていただいたのですが、
それでも横殴りの雨風は物凄かったです。

結局一晩中、暴風雨の脅威にさらされ
一睡も出来ませんでした。

いよいよ明日18日(祝)は、Fちゃんとの
デート日です。詳細は、2017年9月21日の
「酔いどれ日記」をご覧下さいね〜!

2017年9月17日撮影
鳥海山 二ノ滝口〜万助道 71 今回のGPSのトレースです
<2017年9月 16日(土)>
行動時間 合計 6時間 10分(休憩時間含む)

盛岡==協和IC==象潟==山形県遊佐町==一ノ瀬登山口(二ノ滝口ルート)(8時30分)〜
森の清水(10時15分)〜月山沢徒渉点(11時50分)〜千畳ヶ原(12時30分)〜蛇石流分岐(13時20分)〜
仙人平(13時30分)〜万助小屋(14時40分)

<2017年9月 17日(日)>
行動時間 合計 4時間 (休憩時間含む)

万助小屋(6時50分)〜渡戸下の分岐(7時50分)〜高瀬峡大滝付近(8時50分)〜
渡戸下の分岐(10時10分)〜一ノ瀬登山口(10時50分)==奈曽川河川公園キャンプ場(テント泊)

<2017年9月 18日(祝)>
Fちゃんとデート (フェライト子ども科学館等)==盛岡に帰宅

目次へ戻る HOMEへ戻る