三界山

- 焼石連峰 -

  1. HOME
  2. 山の扉
  3. 岩手の雪山

焼石連峰・三界山 1

特急タラ号にて三界山を登りに参りました。 メンバー5人、所属山岳会は4つの混合チーム、ワイワイガヤガヤと楽しい山行となりました。

登山口の大森山トンネルにて身支度する メンバー、一番右が私です。7時半出発!

2012年5月13日撮影

焼石連峰・三界山 2

その大森山トンネルからガシガシと 登っていくリーダーのタラさんです。 とてもわかりにくい登山口です。

2012年5月13日撮影

焼石連峰・三界山 3

三界山には登山道がありません。 登頂するには、①沢登りで(合居大谷右俣) 登るか、②残雪期に雪を利用して登るか…。

①の沢登りに関しては、2002年7月13~14日に 1泊2日で合居大谷右俣をツメ上げ三界山の 山頂に立ちました。源頭部では強烈なヤブ漕ぎ (約30分)を強いられた記憶があります。

2012年5月13日撮影

焼石連峰・三界山 4

あれから10年… 残雪期のの三界山はどんな感じなのかな? 楽しみ、楽しみ~♪

2012年5月13日撮影

焼石連峰・三界山 5

この三界山、積雪期に登れる期間が極めて 短いです。なぜなら、アプローチの国道397号線 の開通(冬季通行止解除)が、5月中旬です 。

今年は5月11日でした。 開通後、約1週間がチャンスでしょうか! それを過ぎるとヤブに阻まれ登頂は厳しくなる。

2012年5月13日撮影

焼石連峰・三界山 6

天気予報によれば曇りのち晴れの予報が… ご覧の通りガスの中です。

2012年5月13日撮影

焼石連峰・三界山 7

大森山のトラバースにて。 夏道に忠実にトラバースしていきましたが、 残雪で道が隠れ、探すのに難儀します。

2012年5月13日撮影

焼石連峰・三界山 8

この濃いガス…。 モノトーンの世界も悪くありません。 まさに幽玄の世界ですね♪

2012年5月13日撮影

焼石連峰・三界山 9

大森山のトラバースを終えコルにて。 一番左が私です。 あぁ~晴れてくれないかなぁ~!

2012年5月13日撮影

焼石連峰・三界山 10

5合目の釈迦懺悔にて。 お釈迦様でも懺悔することがあるのかな? と思いきや、我々がお釈迦様に懺悔する のだとか…。なるほど納得!

2012年5月13日撮影

焼石連峰・三界山 11

そうそう、トンネルの上の登山道入り口から 三合目合流点までは、半やブ状態でした。 余程登る人が少ないのでしょうね。 ヤブと残雪で倒れた木々が進路を阻み 歩きにくかったです。

2012年5月13日撮影

焼石連峰・三界山 12

おぉぉ~青空が見えたぞ~♪ 先ほどトラバースした大森山を望む。

2012年5月13日撮影

焼石連峰・三界山 13

お日様の力って凄いですね♪ 白黒のモノトーンの世界から、いきなり カラーの世界に変えてくれるのですから。

2012年5月13日撮影

焼石連峰・三界山 14

振り返ると大森山の姿がはっきり見え感動! 目指す三界山は生憎上半分に雲が掛かって 見えません。

「もうちょっと雲が上がってくれないかなぁ~!」 って、さらに晴れることを願期待しながら 歩を進めます。

2012年5月13日撮影

焼石連峰・三界山 15

その青空もほんの束の間、 またもや厚い雲とカスに覆われてしまいました。 くぅぅぅ~!ガスの中、1,054m地点の 手前より夏道を離れ1,117m地点を目指します。

2012年5月13日撮影

焼石連峰・三界山 16

標高を上げるにつれどんどんガスが濃くなり 先がさっぱり見えませんゞ。 こんな時、役に立つのがGPSです。

今回はメンバー5名の内4名が GPSを持参していました。 まさに「ハイテクパーティー」ですね!

2012年5月13日撮影

焼石連峰・三界山 17

氷のシャンデリアが綺麗でした♪ 1,140m付近の8合目まで夏道沿いに登って、 そこで沢を徒渉し山頂を目指すのが一番 効率の良いルートだと思っていました。

ところが実際は、この沢は雪解けでゴーゴーと 勢いよく流れていて、とても徒渉するどころ じゃありません。よって、徒渉しなくて済むよう 胆沢川の右岸側(進行方向左側)に沿って 登ることにしました。

2012年5月13日撮影

焼石連峰・三界山 18

昨日は新雪が積もったようでした。 プチラッセルです。長靴の私は、 足が冷えて冷たかったです。

2012年5月13日撮影

焼石連峰・三界山 19

問題は「このガスの中、どの斜面を登るのが 一番ヤブ漕ぎをしなくて済むか! 視界が効けば雪が山頂まで続いている所に ルートを取ればよいのですが、ガスで先が さっぱり見えません。

2012年5月13日撮影

焼石連峰・三界山 20

大体の見当をつけ登るしかありません。 さすが皆さん、ベテラン揃いです。

急斜面を登り詰めヤブ漕ぎをほとんど することなく山頂にどんぴしゃり出ました! 最後の雪壁を登るW女史です。

2012年5月13日撮影

焼石連峰・三界山 21

登ること約4時間、三界山の山頂に到着です♪ 結構長かったなぁ~!でも話しながら 登っていたので、あっという間だったような。

2012年5月13日撮影

焼石連峰・三界山 22

山頂からの展望はガスで何も見えません でしたが、新雪の中に可憐なカタクリの花が 一面咲き乱れ綺麗でした。

2012年5月13日撮影

焼石連峰・三界山 23

山頂の氷のシャンデリアも見事でした♪

今の時期の登山の難しい所は、雪がタップリある 部分は快適に雪面を歩き続けることが出来るの ですが、その雪が途切れると、ヤブ漕ぎを強いられ てしまうことです。よって、出来るだけ登山道に 沿って歩を進めないと難渋します。

2012年5月13日撮影

焼石連峰・三界山 24

山頂直下の雪壁を下るW女史。 行きはよいよい帰りは…ですね。

2012年5月13日撮影

焼石連峰・三界山 25

三界山の下りはあっという間でした。 帰りもひたすらモノトーンの世界を下りました。 単調な下りで睡魔と闘いながら歩いていました。

2012年5月13日撮影

焼石連峰・三界山 26

皆で撮影大会です♪ 何を撮影しているかと言いますと…

2012年5月13日撮影

焼石連峰・三界山 27

はい、これです! マンサクの花です。 この花、豊年満作から付けられた ネーミングとも言われます。

2012年5月13日撮影

焼石連峰・三界山 28

国道が見えてきましたぁ~♪ もうすぐ大森山トンネルです。

皆でワイワイガヤガヤ楽しい山行になり 親睦を深められてよかったと思います。 皆さん、お疲れ様でした♪ そして、ありがとうございました!

2012年5月13日撮影

GPSの軌跡 ※クリックで拡大

<2012年5月13日(日)>
行動時間 7時間30分(休憩時間含む)
登り:4時間 下り:3時間30分

大森山トンネル(7時30分)~三合目合流(8時50分)~1054m(9時50分)~三界山山頂(11時30分)~ 1054m(12時55分)~三合目合流(13時50分)~大森山トンネル(15時)
  1. HOME
  2. 山の扉
  3. 岩手の雪山