2005年05〜07月  戻る

07/31  たとえうまくいかない時でも、自分で自分に見切りをつけてはいけない。
 自分の中にある無限の力を信じて努力したい。
 それが、僕が相撲人生の中から学んだことです。
 <舞の海秀平(元力士タレント)>

07/30  伸びる時には必ず抵抗がある。
 <本田 宗一郎(ホンダ創始者)>

07/29  多くの人は皆、成功を夢見、望んでいますが、私は、「成功は、
 99パーセントの失敗に与えられた1パーセントだ」と思っています。
 開拓者精神によって自ら新しい世界に挑み、失敗、反省、勇気という
 3つの道具を繰り返して使うことによってのみ、最後の成功という結果に
 達することができると私は信じています。
 <本田 宗一郎(ホンダ創始者)>

07/28  私はたえず喜びを求めながら生きている。
 そのための苦労には精一杯に耐える努力を惜しまない。
 <本田 宗一郎(本田技研工業創始者)>

07/27  才能というのは、本人が何がなんでもやりたいことにこそあると思うんです。
 だから、自分が何に向いているか、ではなく、
 何がやりたいか、で考えればいいのです。
 <堀之内 九一郎(生活倉庫社長)>

07/26  自分だけの利益ではなく、関わりのある人すべてが儲かり、みんなが
 ハッピーになる仕組みを作れば、いつかそれは自分に戻ってくる。
 私は今もこれを信じて、経営にあたっていると言ってもいい。
 <細田 泰(スカイパ−フェクト・コミュニケーションズ会長)>

07/25  辛いという字がある。もう少しで幸せになれそうな字である。
 <星野 富弘(詩人)>

07/22  クヨクヨ考えていたら、前向きの意欲を失う。
 成功するまで次から次へと挑んでいけばいい。
 成功するまで挑めば失敗などない。
 <古川 昌彦(三菱化学相談役)>

07/21  数学の問題を一つ解くにも、その問題という「相手」の立場に立って考え、
 あげくには「問題」が「自分」か、「自分」が「問題」かわからないような、
 たがいに溶け合った状態になってはじめて、解決の糸口となる発想を
 つかんだり、法則をみつけたりすることができるのである。
 <広中 平祐(数学者)>

07/20  プロとは仕事と自分を一体化させることです。
 職業はなんだっていい、一つの仕事に徹しさえすれば
 必ず達人の領域に達せられるはずです。
 プロフェッショナルのプロにはプロセスのプロという意味もありましてね、
 人生で本当に大切なことは結果ではなくてプロセスなんですよ。
 <平田 精耕(天竜寺僧堂師家)>

07/19  幸福だけで、かぎりなく成長することは至難なことである。
 困難はその時にはありがたくはないが、これを活用しうる人に
 とっては、将来の大きな幸福への「チャンス」である
 成長するためには、苦難が喜びであると思うようになることである。
 <平澤 興(元京都大学総長)>

07/15  人が美しいもの、良いものに対する憧れを持つように企業も夢を
 持ち続けていきたい。夢のない企業は、駄目だと思いますから。
 そして、その夢を現実にすることを皆が一生懸命「念じる」、思いを致そうとする。
 そうすれば、「必ず花開く」のだと。それが「念ずれば、花ひらく」ということです。
 念じないところに、花はひらかないのですから・・・・・。
 <樋口 廣太郎(アサヒビール会長)>

07/14  なくした物を勘定する必要など全然ありません。
 誰でも心に悩みを持っています。家庭には何かの問題を抱えています。
 僕はその上にグリコのおまけみたいな難病と、四肢全廃を抱えているだけです。
 たまたま僕に取り付いた難病によって、人生の今の一日の大切さとか愛しさを
 教えてもらったのです。だから僕は「人生って、決して捨てたもんじゃない。」と
 声を大にして言いたいのです。
 <春山 満(ハンディネットワークインターナショナル社長)>

07/13  三行の蓄積といって、一つは信用の蓄積、これは心がけです。
 次は資本の蓄積、我々は事業家ですから貧乏すると人に迷惑をかける。
 しかし第三に奉仕を忘れてはならない。
 これを忘れると、結果は必ず悪くなるということを悟った。
 <早川 徳次(シャープ創業者)>

07/12  夢は逃げない。逃げるのはいつも自分ですよ!
 いついかなる状況からでも。誰であっても、夢はあるのです。
 成功するかしないかの分かれ目は、
 わずかな姿勢の差でしかないのです。
 <籏禮 泰永(メンターバンク社長)>

07/11  追われてやるのは、義務・責任。
 追いかけてやれば、使命・夢。
 やることは同じでも、考え方次第で苦労にも楽しみにも変えられる。
 <籏禮 泰永(メンターバンク社長)>

07/09  心が変われば態度が変わる。態度が変われば習慣が変わる。
 習慣が変われば人格が変わる。人格が変われば運命が変わる。
 <蓮沼文三(ヒンズー教の教え)>

07/08  問題は結果ではない。
 もう一度頑張ろうと思うのか、
 それとも、もう十分と思うのかです。
 <萩原 智子(シドニーオリンピック競泳代表)>

07/07  お客さんに喜んでもらってお金を稼ぐのがプロ。
 自分も楽しくやって、見ている人を魅了して、
 夢を与えられるようになりたい。
 <野茂 英雄(プロ野球選手)>

07/06  一瞬のやる気なら誰でも持てる。
 けれども、持続性のあるヤル気は深く認識したものだけに宿るのである。
 <野村 克也(元プロ野球選手・監督)>

07/05  人は能力だけではこの世に立つことはできない。
 たとえ、立身しても、機械と同様だ。
 人は能力と共に徳を持つことが必要である。
 <野口 英世(医師・細菌学者)>

07/04  一人の人間は、宇宙にあっては限りなく小さいが、
 その誠意は天地をも動かすことができる。
 <二宮 尊徳(農政家)>

07/03  言われて嬉しい言葉は、どんな人にも共通で嬉しいはず。
 逆に自分が傷ついた言葉や態度は、他人に与えてはいけない。
 <西村 玲子(エッセイスト)>

07/02  人にとって最も恐ろしいのは、惰性で日を送ることである。
 向上心があれば、飽きることがない。仕事・生活の中に、
 向上の道を残さねばならない。向上を求めねばならない。
 <西堀 栄三郎(第一次南極越冬隊隊長)>

07/01  最初から「できない」ことを前提にせず、「どうしたら出来るか」を
 考えてほしい。「不可能」と「困難」は違うのである。
 <西川 晃一郎(日本ユニシス社長)>

06/30  「性悪説」を前提にした従来の労働集約型産業のマネジメントでは、人の
 心は動かない。「私はこう考える」と、社員の誤解を恐れず問題の本質を
 明らかにし、わかりやすく説明する。自ら胸襟を開かないことには道は拓かない。
 <新浪 剛史(ローソン代表取締役社長)>

06/29  短いけれど 指のないまるいつよい手が 何でもしてくれる。
 断端に骨のない やわらかい腕もある。
 何でもしてくれる短い手もある。ある ある ある みんなある。
 <中村 久子(「ある ある ある」より抜粋)>

06/28  良い運命の主人公になりたかったら、心の中に感謝と歓喜の感情を持つことだ。
 感謝と歓喜に満ちた言葉と好意は、人生の花園に善き幸福という実を結ぶ。
 <中村 天風(哲学家)>

06/27  天才は有限、努力は無限。
 <中村 清(元ヱスビー監督)>

06/23  人間関係で悩んだら、自己嫌悪や相手の非難を止めて、
 相手がそういう行為をとらざるを得なかった
 「20の理由」に思いをはせてみましょう。
 あなたに対する悪意ではなく、その人のおかれた辛い現状のせいで、
 他の人に当たったのかも知れません。
 相手を客観的に見る練習は自分を成長させてくれます。
 <中野 裕弓(元世界銀行本部)>

06/20  偉い人間になれなくても、善い人間にはなれる。
 <中野 重治(詩人)>

06/18  ただ一言言いたいのは、「頑張っている人」は、とてもかっこいい、ということ。
 そういう人を見ると涙が出そうになるほど感動します。
 「頑張ること」をみっともないと思わせないで下さい。
 「頑張る」ことにテレないで、夢をつないでください。
 コツコツ努力する姿は、かっこいいですよね。
 <中谷 彰宏(作家)>

06/17  いつもずっと思っていることは、現実になっていきます。
 よいことを常に思っていましょう。
 <長嶋 茂雄(元ジャイアンツ監督)>

06/15  誰もが言う「何が何でも実現したい」という言葉を
 どのくらいの強さで思うかが大事。
 <鳥羽 博道(ドトールコーヒー社長)>

06/13  記憶力には限界がない。
 限界があるとすれば、自分がダメだと思ったところにある。
 <友寄 英哲(元円周率記憶世界一)>

06/12  失敗は終わりではない。
 それを追求していくことによって、はじめて失敗に価値が出てくる。
 失敗は諦めたときに失敗になるのだ。
 <土光 敏夫(元経団連名誉会長)>

06/11  僕の考えでは、「ものごとを面白く体験するための5K」というのがあるんです。
 それは、好奇心、観察力、行動力、向上心、そして謙虚。
 特に謙虚は大事。一番最初のワクワクした気持ちを忘れないことです。
 <東儀 秀樹(雅楽師)>

06/10  終始一貫して僕が自分の漫画の中で描こうとしてきたのは、
 次の大きな主張です。「命を大事にしよう!」
 <手塚 治虫(漫画家)>

06/09  ひとつでもいいから、好きなことを見つける。見つけたらとことん追求。
 ひとつをクリアしたら、次のステップへ。
 これを続けていくことで、自分に自信が生まれる。
 そして、また新たな目標に向かって挑戦していく。
 <土田 和歌子(車椅子マラソン選手)>

06/08  飢えた人に魚を与えれば、一日の飢えから救うことができる。
 代わりに魚の釣り方を教えれば、一生の飢えから救うことができる。
 <中国のことわざ>

06/06  かっこ悪くたっていいのだ、かっこ悪さを恐れてはいけない。
 恥ずかしがってはいけない、どんなかっこうでも真剣に生きる姿は美しいのだ。
 <千秋 実(俳優)>

06/05  今の私は人と同じ事はしたくない。自分でレールを敷いて生きたい。
 敷かれたレールの上に乗っかると「その通り」になるけれど、何も
 無い所に、レールを敷く人生っていうのが、希望があると感じるんです。
 <谷 亮子(オリンピック女子柔道金メダリスト)>

06/04  ナンバーワンの思想は他人との競争が前提だ。それは苦痛を伴う。
 オンリーワンの思想は自分との競争が前提だ。そこには喜びがある。
 <田中 真澄(社会教育家)>

06/02  失敗からは必ず新たな発見がある。
 <田中 耕一(ノーベル科学者)>

06/01  お腹の底から笑うこと、楽しい出来事を体験する事で、
 人間の自然治癒力は確かに高まるんです。
 辛い病人が笑ってなんかいられるかって言わないで、
 まずはやってみましょう。
 <高柳 和江(日本医科大学助教授)>

05/30  ものごとは心にもとづき、心を主とし、心によってつくり出される。
 もしも清らかな心で話したり行なったりするならば、福楽はその人につき従う。
 <ブッダ(仏教の開祖)>

05/27  七転八倒、つまづいたり ころんだりするほうが
 自然なんだな 人間だもの。
 <相田 みつを(書家)>

05/26  金メダルも世界記録もすごいと思いません。
 それより目標を達成した喜びが大きいです。
 <高橋 尚子(シドニーオリンピック女子マラソン金メダリスト)>

05/24  子供たちはあなたを愛するであろう。友人はあなたを愛するであろう。 
 伴侶はあなたを愛するであろう。まず、あなたが彼らを愛したならば。
 それが一日で、あるいは一週間や一年でそうなると言うつもりはない。
 ただあなたが途中でやめなければ、そうなるのは確実である。
 <H・バーク・ピーターソン>

05/22  人間は十人十色ではなく、
 実は夢のある奴とそうでない男の二種類しかいない。
 <高橋 慶一朗(ユニチャーム創業者)>

05/21  やたら忙しいのはどんなものでしょう。
 「忙」という字は「心が亡びる」と書きます。
 <高田 好胤(薬師寺第12代管主)>

05/19  経験が増えてくると、これまでの経験の範囲内だけで仕事をしようとし始める。
 でも他人と違ったことに挑戦して、失敗したら別の方法を探るという
 チャレンジをしなければ成長しない。
 <高須 賀宣(サイボウズ社長)>

05/18  すってんころりんと転ぶかもしれない。
 しかしめざしたものがそこにあれば、
 死ぬ5分前にああ、楽しい人生だったな、
 はるかに有意義な人生だったと思える気がする。
 <孫 正義(ソフトバンク社長)>

05/17  非常識をこそ 徹底的に実践してみることだ。
 <中村 修二(青色発光ダイオード開発者)>

05/16  すべての人生のことは、「させられる」と思うから辛かったり
 惨めになるので、「してみよう」と思うと何でも道楽になる。
 <曽野 綾子(作家)>

05/15  君子は、何事に臨んでも、それが道理に
 合っているか否かと考えて、その上で行動する。
 小人は、何事に臨んでも、それが利益になるか
 否かと考えて、その上で行動する
 <吉田 松陰(明治維新先駆者)>

05/13  生かされているのですから、素直に有難いと思いましょう。
 生きている値打ちがあるから生かされているのですもの。
 <瀬戸内 寂聴(尼僧)>

05/12  目の前にやってきた災難をつらいからといって逃げても、
 それは、いつまでも自分を追っかけてくる。
 しかし、それを乗り越えたときに、人間は体も心も強くなれる。
 それ以来、私の水泳は劇的に変わりました。腰痛で苦しんだ 日々が
 あったからこそ、オリンピックで金メダルを取ることができたと思っています。
 <鈴木 大地(ソウルオリンピックの金メダリスト)>

05/11  その気になったら楽になった。損をする覚悟が出来たら楽になった。
 自分が悪い、お詫びをしようという気になったら楽になった。
 水はたえず澄もうとしている。静かに落ち着くことだ。
 りきむな ひるむな こだわるな!生かさるるまま、水のごとくに。
 <鈴木 清一(ダスキン創業者)>

05/09  どんな事態にも、第三の道がある。
 <城山 三郎(小説家)>

05/08  長野で勝ったメダルよりも、今回の負けたメダルの方が
 アスリートとして大きく成長していけると思う。
 <清水 宏保(スピードスケート選手)>

05/07  「人生いろいろ」。考え方ひとつだと思います。
 何か失敗があっても、「こんなもので済んでよかった」
 こう考えるのが私のやり方です。
 <島倉 千代子(歌手)>

05/06  料理にたとえるならば、
 運命の役割はせいぜいのところ料理の調達係に過ぎない。
 同じ材料を与えられたからといって、
 同じ料理ができるとはかぎらない。
 与えられた材料を生かして、どの様に料理を作りあげるかは、
 我々一人一人の腕にかかってくる。
 <佐野 之泰(「幸福への羅針盤」より)>

05/04  しあわせも成功も、みんな情熱から始まるんですよね。
 <佐々木 かをり(イー・ウーマン代表)>

05/03  災難はいきなりポンと来るものだと思っている人がいるけれど、
 「命」という字は、「人は一度は叩かれる」と書く。
 だから、俺は生きていれば、一度はそういうことが
 起きているものなんだ、と思っている。
 それで災難というものは、必ずその人に学びを与えてくれるものなんだよ。
 <斉藤 一人(銀座まるかん創業者)>

05/01  成功するコツは執念。
 五年、十年かかろうと執念を燃やし続けることだ。
 <小林 大祐(富士通相談役)>

| BACK | HOME |