2004年11〜12月  戻る

12/29  君子は和して同ぜず、小人は同じて和せず。
 <孔子(中国儒教の祖)>

12/28  ぐちをこぼしたっていいがな。弱音を吐いたっていいがな。人間だもの。
 たまには涙を見せたっていいがな。生きているんだもの。
 <相田 みつを(書家・詩人)>

12/27  危険を冒さなければ危険を乗り越えることはできない。
 <ジョージ・ハーバート(イギリス聖職者)>

12/26  考えてばかりいないでとにかくやるべきことをやれ。
 人生とは頭で考えたり難癖をつけたりして変わるようなものではない。
 <エマーソン(米国の思想家・詩人)>

12/24  神様、自分では変えられないことを受け入れる平静さと、自分に変えられる
 ことは変える勇気と、そしてその違いが分かるだけの知恵をお与え下さい。
 <マイケル・J・フォックス(アメリカ俳優)>

12/23  河や海が数知れぬ渓流の注ぐところになるのは、身を低きに置くからである。
 その故に河や海はもろもろの渓流に君臨することができる。
 同様に賢者は人の上に立たんと欲すれば、人の下に身を置き、
 人の前に立たんと欲すれば人の後ろに身を置く。
 かくして、賢者は人の上に立てども、人はその重みを感じることなく、
 人の前に立てども、人の心は傷つくことがない。
 <老子(中国上代の思想家)>

12/22  神様、自分では変えられないことを受け入れる平静さと、自分に変えられる
 ことは変える勇気と、そしてその違いが分かるだけの知恵をお与え下さい。
 <マイケル・J・フォックス(アメリカ俳優)>

12/21  運の良い人々とは、強い信念を維持し、数々の犠牲を払い、
 粘り強い努力を続けてきた人々である。
 <ジェームズアレン(イギリスの哲学者)>

12/19  親切で慎み深くありなさい。あなたに出会った人が誰でも
 前よりももっと気持ちよく明るくなって帰れるようになさい。
 親切があなたの表情にまなざしに、ほほえみに
 温かく声をかける言葉にあらわれるように。
 子どもにも貧しい人にも苦しんでいる孤独な人すべてに
 いつでも喜びに溢れた笑顔を向けなさい。
 世話するだけでなく、あなたの心を与えなさい。
 <マザー・テレサ(ノーベル平和賞受賞)>

12/18  あなたが他人の利益を一番に考えて自分の時間や心をささげているなら
 安心してよい。肝心のときには必ず天があなたに味方してくれるはずだから。
 <バックミンスター・フラー(発明家、思想家、建築家)>

12/16  目標とは・・・?
 毎日確認するもの。達成する人は5分に1回、1日に100回以上確認する。
 人は目標を持つことによって人生を充実させることができる。
 遠大な目標に向けて、目の前にある小さな目標を一つひとつ達成していくことが
 大切。目標は常に先にあって、それに向かってチャレンジし続けるものである。 
 <籏禮 泰永(メンターバンク代表)>

12/15  明日のことを思い煩うなかれ、明日は明日のことを思い煩え。
 一日の労苦は一日にて足れり。
 <イエス・キリスト(聖書)>

12/14  いわしも大群になると力が出る。
 みんなが心底から力を合わせることによって、何かが可能になるんや。
 <西本 幸雄(元近鉄バファローズ監督)>

12/13  酒には、世の中の対人関係での潤滑油としての働きなど、精神医学的にも
 大効用がある。もちろん、限度を守っての話ですがね。
 <斎藤 茂太(精神科医&随筆家)>

12/12  イタリアから虎を連れた猛獣使いがやってきたが、
 天風を見るなり「この人は大丈夫だ」と言った。
 天風は吠え続ける虎が3頭いる檻に入り笑顔で立っていたという。
 「私は何の疑いもなかった」「たとえどんなことが周囲にあろうと、
 こっちの心が相手にしなければいい」と後に語った。
 怖れていれば犬も吠えるが、不安のない心は虎をもなつかせるのだ。
 <中村 天風(哲学家)>

12/09  愛は具体的な行動である。自分自身を捧げること。犠牲を払うことである。
 愛は行動によって具体化される価値観である
 <スティーブン・R・コヴィー(ビジネス思想家)>

12/08  トラブルは自分を磨きイマジネーションを豊かにするチャンス。
 トラブルを怖れるな。逃げずに頑張ってくぐり抜けた者が大きくなっている。
 <ジェームス三木(脚本家)>

12/07  もしあなたが自分の能力の限界を感じているとしたら、このことを知ることだ。
 あなたの能力の限界は、あなたの思考がもうけた境界線であり、
 あなたが自ら築いた壁である。
 <ジェームズ・アレン(哲学者)>

12/06  如何に弱き人といえども、その全力を単一の目的に集中すれば
 必ずその事を成し得べし。
 <春日潜庵(儒者)>

12/05  人付き合いの上で、私がまず大切にしていることは、自分が人から言われて
 嫌なことは決して人に言うまいという箝口令(かんこうれい)です。
 <時実 新子(川柳人)>

12/03  人には何度かチャンスがある。それに挑戦する人としない人の違いが、
 女神と握手できるかできないかの分かれ目ですよ。
 <三田 勝茂(日立製作所社長)>

12/02  過去にとらわれず、現在をいかによくするか!
 <王 貞治(元読売巨人軍)>

12/01  私は何があっても言い訳だけはするまいとーそれだけは固く心に決めて
 やってきました。スポーツもビジネスも同じでしょうが、言い訳をする人間は、
 結局伸びませんよ。
 <清川 正二(国際オリンピック委員会)>

11/30  男の生き方というのは、周辺の男友達との出会いによって決まっていく
 ものだと思う。僕自身の人生を振り返ってみても、いい男たちとの出会いが
 一番の財産です。
 <椎名 誠(作家)>

11/29  「人真似をするな!」楽をしたければ人真似をするのも自由だが、
 そうなると、企業は転落と崩壊の道をたどりはじめます。
 <本田 宗一郎(ホンダ創業者)>

11/28  「お酒を飲む人花なら蕾、今日もさけさけ明日もさけっ」て言いますけどね。
 まぁ、傷をなめ合うような酒はよせって言っているんです。
 少々窮屈でも何かを吸収できる人と飲む酒、これが価値あり。
 いい酒は人間を広げてくれますよ。 
 <三遊亭 円楽(落語家・五代目)>

11/27  「たゆまざる歩み恐ろし、かたつむり」
 自分は天才ではない。他人が5年でやることを10年かけてでもやる!
 <北村 西望(文化勲章受章者・彫刻家)>

11/26  私にとっては、この外気の中での美しい研究がありがたい。
 私の部屋は私を苦しめる。小さすぎ手足を痛める靴のようだ。私が自分を
 知る一切のものを学び得たのは、野原や森の外気の中でのことである。
 <オーギュスト・ロダン(フランス芸術家)>

11/25  遊び心ー。私がよく例にあげるのは、車のハンドルの遊びの部分のこと。
 運転する時、ハンドルに遊びがあるから正常に走れるわけで、人の場合も
 こういう遊びの部分があってはじめていい仕事ができるはずです。
 <伊奈 輝三(INAX社長)>

11/24  所詮、選手と監督の間は信頼関係でしか結ばれない。
 世間では、人間関係は相手を知ることからはじまるというが、
 むしろ、自分自身を裸にしてよく知ってもらうことが先決ではないだろうか。
 <上田 利治(阪急ブレーブス監督)>

11/23  どんな世界でも同じだと思う。プロとアマの違いは、アマは人真似でも
 通用するがプロの道は独創。また、そうでなきゃ通用しない。
 だから苦しいが喜びも計り知れない。
 <升田 幸三(棋士)>

11/22  愛されることは幸福ではなく、愛することこそ幸福だ。
 <ヘルマン・ヘッセ(ドイツ小説家>

11/21  このような転換期に生き残るためには変化を待っていてはいけない。
 自ら変革の担い手となりなさい。もちろん大きなリスクがある。でも受身で
 変化に飲み込まれてしまうより、リスクはずっと小さい。座して敗北を待つな、
 まず自ら革新せよ。強みを生かせ。失敗にとらわれていては、未来は開けない。
 <ピーター F.ドラッカー(マネジメントの父)>

11/20  「五体不満足」は 不便ですが、不幸ではありません。
 <乙武 洋匡(『五体不満足』より抜粋)>

11/18  冬がなければ、春をそんなにも気持ちよく感じない。
 私たちは、時に逆境を味わわなければ、幸福をそれほども喜ばなくなる。
 <シャーロット・ブロンテ(英国の小説家)>

11/17  人生は、私たち1人1人が、それぞれの目を通して見ている映画です。
 そこに何が起こっているか、は大した違いはありません。
 それをどのように受け取るかが重要なのです。
 <デニス・ウェイトリー(人間行動学博士)>

11/15  この世は興味あるもので満ち満ちている。
 こんな素晴らしい世界でダラダラと人生を送るのはもったいない。
 <デール・カーネギ(能力開発研究家)>

11/12  子供を教育するばかりが親の義務でなくて、子供に
 教育されることもまた親の義務かもしれないのである。
 <寺田 寅彦(物理学者・随筆家)>

11/11  【心の四季】
 人に接する時は、暖かい春の心。仕事をする時は、燃える夏の心。
 考える時は、澄んだ秋の心。自分に向かう時は、厳しい冬の心。
 <鮫島 輝明>

11/10  進退きわまって四方八方敵だらけとなり、もう一刻も持ちこたえれない
 という気持ちになっても、決してそこで手放してはいけません。
 情勢が一変するのは、まさにそれからなのですから。
 <ハリエット・ビーチャ―・ストー>

11/09  長年の経験が私に教えたことが少なくても1つある。
 相手が不快なことを口走っても嫌がらずに、むしろ積極的にそれを
 とりあげて、少しでも相手の意見を尊重していることを示すのだ。
 そうすれば相手もこちらの意見を尊重してくれる。
 <ベンジャミン・フランクリン(アメリカ政治家)>

11/08  人間関係はこちらの出方次第。
 あたかも鏡の前に立つようなもの。こちらが笑えば向こうも笑う。
 こちらがしかめ面をすれば相手も渋面になる。

 利益は与えるものに与えられ、奪うものから奪われる。
 幸福は与えるものに与えられ、奪うものから奪われる。
 <邑井 操(評論家)>

11/07  みせかけの微笑みを見せたり、心に仮面をかぶったりしない真心の
 こもった裸のままの親切には、人は決して抵抗できないものだ。
 もしこちらがあくまで親切を続ければ、たとえ良心のひとかけらもない
 人間でも、必ず受け入れてくれるだろう。
 <マルクス・アウレリウス(ローマ皇帝)>

11/05  人間嫌いを直す簡単な方法は1つしかない。
 相手の長所をみつけることだ。長所は必ずみつかるものだ。
 <デール・カーネギ(能力開発研究家)>

11/04  君が教訓を学んだ相手は君を賞賛し、親切をほどこし、
 味方になってくれた人々だけだったのか?
 君を排斥し、論争した人々からも大切な教訓を学ばなかったのか?
 <ウォルト・ホイットマン(アメリカの詩人)>

11/03  われわれはお互いに相手を尊敬すべきだ。
 どっちみちお互いに大した人間ではないのだから。
 百年もすれば完全に忘れ去られてしまう。
 人生は自分の手柄話をとくとく述べたてるには短すぎる。
 相手に話をさせよう。
 <デール・カーネギー(能力開発研究家)>

11/02  大変な仕事だと思っても、まず、とりかかってごらんなさい。
 仕事に手をつけた、それで半分の仕事は終ってしまったのです。
 <アウソニウス(古代ローマの詩人)>

| BACK | HOME |