2002年8月〜9月  戻る

09/29 真の成功とは、金や財産を貯めて、贅沢することではない。
ハワイで、タイ料理レストランのチェーン店経営をして、大成功を収めたカオ・サナニコーネは、自分の店を開いた初期の頃を振り返って言った。「吹けば飛ぶような小さな店でしたが、照明に工夫をこらしたりして、雰囲気作りに努力しました。はじめは、人も雇えずに、家族の者だけで、他の仕事とかけもちしながら、やりくりしてたのです。私は人と働く事が、好きだし人を喜ばせることも大好きです。だから、店で仕事をしていても、毎晩パーティーを開いてるような気持ちになるんです。会社で利益をより多くあげると言う点からみたら私は成功者とは、いえないかもしれない。でも、ニコニコ笑って、毎日幸せな気持ちでいられるのが、最高に嬉しいのです。ある時お客様から「成功して金持ちになった気分はどうですか?」と聞かれて、私はこう答えました。「成功とお金は、関係ないですよ。仕事のいろいろな体験による学びと、素晴らしい友人たち、そして日々の幸福な気持ち。これが、私の成功です。」と。
   <カオ・サナニコーネ>


09/27 自分の一番したいことをすればいい!
日本人はどうして自分の本当にしたい気持ちを抑えて、他人と同じように行動しようとするのだろうか。一度しかない人生なのに、自分の人生なのに。他人と同じように生きようとして結局はもがき苦しむ。
  <堀 紘一>


09/24 上手くいかない時、いつも二つの道がある。
人のせいにするか、自分が変わるか。
  <籏禮泰永>


09/21 他人を変える最も良い方法は、自分を変えることである。
  <籏禮泰永>


09/12 危ない会社の特徴は、課題ばかりで夢がない!
夢に可能性は関係ない。厳しい時ほど夢を再確認する。世界一になった人達に聞くと、最初から世界一になれるという保証はほとんどなかったそうです。
ただ、努力はしたと。
  <籏禮泰永>

09/11 夢を持つと、中傷がアドバイスに聞こえる。
  <籏禮泰永>


09/10 思考が人生の一切を創る。積極か消極かというだけで、人生の幸福の宝庫が開かれるかどうかが決まってしまう。
  <中村 天風 『成功の実現』より>

09/08 積極思考型の人間は、自分の最大の弱点を、最大の財産に変えてしまう。
「見えない」「聞こえない」「話せない」の三重の障害をもち、通常では、考えられないハンディキャップをはねのけて、大いなる歴史的社会貢献を果たした、ヘレンケラーは、晩年このような言葉をのこしている。「私は、自分の障害を神に感謝しています。私が自分を見出し生涯の仕事、そして神を見つけることができたのも、この障害を通してだったからです。」 
  <ヘレン・ケラー


09/07 「将来のビジョン(夢)をでっちあげよ」
あるボディービルダーが、映画スターになることを夢見ていた。彼はオーストラリアなまりが強く、怪物のように不恰好な体格で、およそ将来性が、あるとは思えなかったので、「どうやって、あなたが映画スターになるのか?」と質問して見ると、彼は自身満々の様子で、こう答えた。「この計画は、ボディービルで使ったテクニックと同じで、まず、自分がなりたいビジョンを創造する。そして、それがあたかも、現実になったかのように生きるのだ!」 そのボディービルダーとは、若き日のアーノルド・シュワルツェネッガーだった。

  <アーノルド・シュワルツェネッガー>

09/06 「挫折は、成功の前兆である。」
ある父親が息子の通信簿をみて、あまりの成績の悪さに愕然とした。父親は、息子に法廷弁護士になってもらいたいと思っていたが、担任の先生は「その可能性は、まったくない」と断言した。少年は落伍者であった。そう、この人物こそがウィストン・チャーチルである。彼は、弁護士には、ならなかったが、英国至上最も偉大な指導者の一人となったのである。

  <ウィストン・チャーチル

090/5 成功は、失敗と反省の繰り返しによってのみ達成させる。
「多くの人たちは、失敗を怖がり成功のみを求めるが、私の考えでは、成功とは仕事の1パーセントであり、それは、失敗とも言うべき99パーセントの仕事によってもたらされたものである。」

  <本田宗一郎

09/04 ≪冒険家は、一か八かの冒険はしない≫
慎重に慎重に準備を進めて、難しいこと・新しいことにチャレンジする。
  <籏禮泰永


08/31 プラス思考といっても、真実であってほしいと願うのでは上手くいかない。プラス思考の最高のかたちは、感謝の言葉だ。「人生で成功させてくれてありがとう」 そういう考え、思いを口にし、それに従って行動すれば、素晴らしい結果を生む。
  <『神との対話』より抜粋>

08/31 難題や困難を避けようとしてはいけない。難題や困難を歓迎しなさい。心から歓迎しなさい。神からの偉大な贈り物だと思いなさい。他との関係の中で、するべきことができる栄えある機会だと思うことだ。
  <『神との対話』より抜粋>


08/04 もし、自分に問題があると気づけば、自分のことなら変えられるし、何かを学んでより賢くなることもできる。たいていの人が自分以外の人間を変えたいと思う。
でも、よく覚えておくんだ。他の誰を変えることよりも、自分自身を変える方がずっと簡単なんだ。 
  <ロバート・キヨサキ>


08/01 松下電器とは人を育てるためにある会社である。そして、そのついでに電器製品を作っている。
  <松下幸之助


前のページへ戻るHOMEへ戻る次ページへ