北上山地 松倉沢・右俣左沢 1

「今週末はどこへ行こうか?」といろいろと思案し
いくつか候補を考えていたのです。
前日の天気予報によれば、かなり降水確率が
高いようで雨が降ることは必須。てなわけで、
雪渓の心配がなく、かつ多少の雨でも入渓
出来る沢に行くことに致しました。

で、思いついた沢が北上山地の松倉沢の
右俣・左沢です。これは唯一ザイルを出した滝。

2007年6月10日撮影
北上山地 松倉沢・右俣左沢 2

左俣は北上の諏訪木先生著の「いわての沢」
にも紹介されており、何度も入渓したことが
ありますので、この度は、右俣を
遡行しようと思ったわけです。

左俣はそれなりに面白い沢ですので、
きっと右俣も面白いだろう!と
チャレンジしてみることに致しました。

2007年6月10日撮影
北上山地 松倉沢・右俣左沢 3

遡行記録は、皆無で頼りは2万5千図のみ!
記録が全くないということは、よほど難しいか
つまらない沢か…。今回、参加してくれたのが
くじさんとSさん、計3名で遡行して参りました。

2007年6月10日撮影
北上山地 松倉沢・右俣左沢 4

滝が出てきたのが、一番上に紹介した
写真の滝のみでして…。
あとは歩けど歩けどゴーロの
連続でして…(^^ゞ。いやはや参りました!

体力トレーニングとわかり切って
黙々と遡行いたしました。

2007年6月10日撮影
北上山地 松倉沢・右俣左沢 5

今回のルートは、松倉沢標高380Mを右(右俣)、
430Mを左、550Mを左、700Mを左(に行く予定が
急峻なルンゼの為、740Mを左)に入り、稜線へ。
そしてひたすらヤブを漕ぎ、松倉山の山頂へ
という計画。

これはもう直ぐ尾根に出るところです。

2007年6月10日撮影
北上山地 松倉沢・右俣左沢 6

その急登な斜面をせっせと登る
くじさんとSさん。

今回の収穫は天然ワサビだけでしょうか?

2007年6月10日撮影
北上山地 松倉沢・右俣左沢 7

稜線へ出てからのヤブ漕ぎが
結構長かったですぅ〜!

ただ、結構歩きやすいヤブ
だったのが救いかな?

2007年6月10日撮影
北上山地 松倉沢・右俣左沢 8

いやはや、まったくハズレの沢でした。
正直、途中まで遡行して、この先行っても
ゴーロの連続で同じ感じだろうなぁ?と
思いましたので、「このまま遡行を続けても
楽しめそうにないので、降りますか?」と
皆さんの意見を伺ったところ、
「未知の世界へ突入してみたいです!」との
前向きなご意見を頂戴し、結局完全遡行を
果たして参りました。

2007年6月10日撮影
北上山地 松倉沢・右俣左沢 9

松倉沢(左俣)は何度も遡行しているのに、
一度も松倉山の山頂に立ったことが
ありませんでした。ほとんど人が訪れない
山なのか?一般登山道は荒れていました。

2007年6月10日撮影
北上山地 松倉沢・右俣左沢 10

これもその松倉山の山頂で〜す!
ホントはこの山頂で昼食にしようと
思っていたのですが、虫がイッパ〜イ!
登山道にはでっかいクマの糞が…

2007年6月10日撮影
北上山地 松倉沢・右俣左沢 11

分岐あたりから道も良くなってきました。
この日の天気予報は雨のはずが、下山
する頃はお日様も出て、よいお天気に♪
結局雨はほとんど降りませんでした。

2007年6月10日撮影
北上山地 松倉沢・右俣左沢 12

下山中に見つけた奇麗な花♪
心を和ませてくれます。

2007年6月10日撮影
北上山地 松倉沢・右俣左沢 13

結局、つまらない沢でしたが、遡行記録もなく
冒険的な気分を楽しめただけでも「よし!」
としなきゃね!そんな沢でも、仲間とワイワイ
楽しく遡行出来ましたよ♪(*^_^*)

2007年6月10日撮影

目次へ戻る HOMEへ戻る