八幡平 大深沢・湯ノ沢 1

まずはアプローチ方法ですが、田沢湖町の
宝仙湖から玉川温泉に向かう途中に
黒石林道の入口の看板があり、
その林道をひたすら約10kmほど走ります。
「筍林道」と称されているほど、シーズンは
筍採りの車がたっくさん入ります。
(筍採りの場合、通行料を徴収されます)

2007年6月17日撮影
八幡平 大深沢・湯ノ沢 2

上の続き…その黒石林道を進むと、やがて
大きなY字路(右の写真の看板あり)に
出ます。左が黒石林道、右が発電所用
の林道です。どちらも整備された
立派な林道でした。

2007年6月17日撮影
八幡平 大深沢・湯ノ沢 3

上の写真の看板の発電所用の林道を10Mほど
進むと、左側に大きな空地(車20台以上駐車
可能)があり、そこへ車をデポし、そこから
発電所用の専用林道をテクテクと下りました。

2007年6月17日撮影
八幡平 大深沢・湯ノ沢 4

上の写真の空き地から傾斜の強い林道を
下ること約5分でゲートがあり、通行止め
になります。ワイヤーが掛っています。

この林道をひたすら小走りで下ること
約40分で野湯のある湯ノ沢の出合に
着きます。ところが…下に続く…

2007年6月17日撮影
八幡平 大深沢・湯ノ沢 5

しかし、我々は勢い余ってか?
そこを通り過ぎてしまい、気づいた時には
ダムまで来てしまいました…(^^ゞ。

ここまで約1時間でした。
(2万5千図の「大深沢」の「大」の文字
あたりにあるダムマークのところ)
よって、来た道を戻るハメに…。

2007年6月17日撮影
八幡平 大深沢・湯ノ沢 6

これが2万5千図の580M付近に
ある建物(企業局の見張り小屋)です。
野湯はここより2〜3分の所にありました。

S嬢は以前、この野湯に来たことがあった
そうですが、完全に記憶が飛んでいたようで。

2007年6月17日撮影
八幡平 大深沢・湯ノ沢 7

これが噂に聞いてた大深沢の「野湯」です♪
なかなか立派な露天風呂でしたよ。
湯加減もいい感じでしたし…。

今度来るときは、ここでひと風呂浴びて
みたいものですね♪(*^_^*)

2007年6月17日撮影
八幡平 大深沢・湯ノ沢 8

野湯にはこのような脱衣所もありました。
秋頃にもう一度、行ってみよう♪
今度は宴会と遡行目的でね!(^O^)/

2007年6月17日撮影
八幡平 大深沢・湯ノ沢 9

湯ノ沢のアプローチはこの野湯の直ぐ側の
山側に梯子があります。(写真通り)
この梯子を上ると、しっかりした山道があり、
その道を進むと、湯ノ沢580Mの二俣へ出ます。

630Mにある取水口までこの道は続いていますが
580Mの二俣からは沢を歩いた方が、
楽だし早いように思います。
出合付近にはヤブ蚊がイッパ〜イ!

2007年6月17日撮影
八幡平 大深沢・湯ノ沢 10

これは取水口手前の下流部にて…。
えっ?水が枯れるんじゃない!と思うほど
水量は少なく、ヒョロヒョロ状態でした。

2007年6月17日撮影
八幡平 大深沢・湯ノ沢 11

野湯から約30分ほど遡行すると、取水口に
到着!この取水口を過ぎると、水量も
一気に増し、安堵いたしました。

ふぅ〜!これで沢らしくなってきたぞぉ〜!

2007年6月17日撮影
八幡平 大深沢・湯ノ沢 12

で、その取水口を超えて最初に現れる
2段10M滝にて…。奇麗な滝でしたよ♪

2007年6月17日撮影
八幡平 大深沢・湯ノ沢 13

これも上の写真と同じ2段10M滝を右から
撮影したものです。側壁のスラブが
素晴らし〜い♪

この滝は、左岸より高巻きました。
容易に高巻けましたよ!

2007年6月17日撮影
八幡平 大深沢・湯ノ沢 14

これまた今度はスダレ状の美しい滝が♪
これも2段10Mくらいでしょうか…。
ここも左岸より小さく高巻きました。

2007年6月17日撮影
八幡平 大深沢・湯ノ沢 15

この渓相、まるで森吉山塊の沢を思わせる
ような一枚岩の岩盤と甌穴の連続で
まさに癒し系って感じの沢でしたよ♪

真夏なら水線通しに泳いで突破も
面白そうですね♪(*^_^*)
今はまだ6月、泳ぐ気にはなれませんでした。

2007年6月17日撮影
八幡平 大深沢・湯ノ沢 16

結構奇麗な渓相が続きウットリです♪
紅葉の時期はもっと奇麗でしょうね!
ミニゴルジュもあり楽しませてくれます。

2007年6月17日撮影
八幡平 大深沢・湯ノ沢 17

ナメ床も随所に見られ、童心に返って?
ナメの滑り台で遊ぶS嬢。

2007年6月17日撮影
八幡平 大深沢・湯ノ沢 18

いよいよ中流部に突入!
下流部とは雰囲気が一変して
両壁スラブの中に滝が連続し
明るく開放的な雰囲気に♪

まるで谷川連峰の沢みた〜い!
って思ったほどです。
このような渓相、ちょっと秋田の
沢では珍しいかも?

2007年6月17日撮影
八幡平 大深沢・湯ノ沢 19

上の写真の滝は右壁より登りました。
それがその写真です。

傾斜は緩いものの、落口付近は流れが
結構強いので要注意!
下降時は、20Mの懸垂下降をしました。
下降用のシュリンゲを残置してきましたので
入渓される方は、どうぞお使い下さいませ。

2007年6月17日撮影
八幡平 大深沢・湯ノ沢 20

こんな感じで、天高くそびえるスラブの
中に滝が連続して、飽きさせませんでした。

この沢、登れる滝と登れない滝が
ハッキリしていました。

これといって、困難な滝はありませんでした。
適度に楽しませてくれる滝が多かったように
思います。高巻きはルードファインディングが
シッカリしていれば容易です。

2007年6月17日撮影
八幡平 大深沢・湯ノ沢 21

上の写真の滝を登るとこ。
ここは左壁を登りました。

部分的にボルターチックなところもあり
結構楽しませてくれます。

2007年6月17日撮影
八幡平 大深沢・湯ノ沢 22

続いてこのような滝が…。
ここは水線右側を直登致しました。

出だしがちょっと被り気味で
足が短いと苦労するかも?

2007年6月17日撮影
八幡平 大深沢・湯ノ沢 23

上の写真の滝を登るS嬢です。
ここは出だしの部分で、お助け紐を出しました。

最初の一歩がちょっとボルダームーブです。
クライミングをしていると、こういう時に
役に立ちますよね♪(*^_^*)

2007年6月17日撮影
八幡平 大深沢・湯ノ沢 24

枝沢、スラブから流れ落ちる
しずくで水浴びをするS嬢。

ウットリするような渓相!
まるで「わび・さび」を思わせる
雰囲気でしたよ♪(*^_^*)

2007年6月17日撮影
八幡平 大深沢・湯ノ沢 25

標高750M付近で沢が右に大きく
カーブするところから長大雪渓が…ガ〜ン!

今の時期のスノーブリッジはちょっと
怖いですぅ〜!よって、今回はここまで!
せめて標高800Mの二俣にかかる
大滝(30M)まで遡行したかったのですが、
次回の楽しみということで…。

2007年6月17日撮影
八幡平 大深沢・湯ノ沢 26

この沢は、稜線まで詰め上げても登山道が
ありません。下降ルートに頭を悩ませます。
今回は同沢を下降しましたが、今度行く時は
800Mの二俣を左、840Mも左、970Mも左
1050Mも左に入り、尾根を乗越して湯ノ沢の
左俣を下降したら面白いかも?
その為には、前夜初日帰り山行に
なりそうですが、左俣も面白そうな感じです。

2007年6月17日撮影
八幡平 大深沢・湯ノ沢 27

無事、野湯に戻って参りましたぁ〜!
今度はぜひこの野湯に浸かってみたいものです。
この後、1時間弱の林道歩きをして車デポ地へ。
結構急登な林道なんです。体力を温存して
おく必要があります。

この沢、またぜひ挑戦してみたいです!

2007年6月17日撮影

目次へ戻る HOMEへ戻る