阿仁 立又峡谷 1

愛弟子のえるさんが、「先生にいつもお世話に
なっている御礼に・・・」ってことで、えるさん
お気に入りの滝を案内していただきましたぁ♪

いやはや、よく出来た愛弟子です。(*^_^*)
最初に訪れたのが秋は阿仁の立又峡谷の
支流、水尻滝(30M)です。見えてきましたぁ〜!
マタギが熊狩で発見した滝と言われています。

2004年10月19日撮影(写真提供 えるさん)
阿仁 立又峡谷 2

ついに、到着!!(*^_^*)
いやはや、滑り台のような滝でしたねぇ〜!
秋田って、ホント滝が多いんです。
滝屋にとってはタマランでしょうね♪

沢の出合から50分位の遡行で
着きました。水線通しで行けますよ!



2004年10月19日撮影
阿仁 立又峡谷 3

上の写真(写真No.2)の水の落口は
なんと潜れるんですよぉ〜!

無邪気なこばさん、さっそく潜って写真撮影!
「外は大雨みた〜い!」てなことを
言ってましたねぇ〜!


2004年10月19日撮影
阿仁 立又峡谷 4

こばさんに釣られてか?えるさんも
潜り始めたようです。そして、
滝の外側にいる我々をパシャリ!

ホント、大雨だぁ〜!!(^_^;)


2004年10月19日撮影(写真提供 えるさん)
阿仁 立又峡谷 5

水尻滝をタップリ堪能して、次なる滝は
明神滝!「出発!」

明神滝は、同沢の支流にあるんですよ。
標高640Mの右の枝沢に入ります。

この沢、結構荒れていましたねぇ〜!
遡行者は落石等、注意が必要です。


2004年10月19日撮影
阿仁 立又峡谷 6

これは、明神滝の直ぐ下にある小滝です。
登るには、ちょっと?シャワーを浴びますが
えるさん、この日もびしょ濡れでしたねぇ!

濡れるのがお好きなようで・・・
冷たいのになぁ〜!

2004年10月19日撮影
阿仁 立又峡谷 7

上の写真(No.6)を登ると、明神滝に到着!
落差 35m 幅 10m  この滝、なんか人の
顔に見えませんかぁ?

じぃ〜っと見ていると、まるで明神様のよう!
木こりが無事を祈願して信仰した滝のようです。


2004年10月19日撮影(写真提供 こばさん)
阿仁 立又峡谷 8

せっせと、写真撮影に励むえるさんと
こばさんです!この日は、90枚も
撮ったとか・・・。そういう私も
そのくらい撮っていたようですね!


2004年10月19日撮影
阿仁 立又峡谷 9

これは明神滝の真下から見た
明神様の横顔で〜す!

やっぱ、横から見ても明神様だぁ〜!


2004年10月19日撮影

阿仁 安の滝 1

明神滝を見た後、車で移動、次なる
滝はえるさんの超お気に入りの滝、
「安の滝」を目指して出発!

この安の滝までは立派な遊歩道が
着いていました。紅葉のシーズンと
いうこともあり、全国よりたっくさんの
人達が来ていましたねぇ〜。

2004年10月19日撮影(写真提供 えるさん)
阿仁 安の滝 2

これは安の滝へ行く途中、遊歩道から
見た、山の側壁です。これを見ていたら
谷川連峰の一の倉の岸壁を思い出し
ましたねぇ。芝倉沢とちょっと雰囲気が
似ていたもので・・・。

思わず、写真撮影してしまいました。

2004年10月19日撮影
阿仁 安の滝 3

この日はお天気もよくって、ついつい
たっくさ〜ん、写真を撮りましたねぇ〜!

これは、私の横顔で〜す!


2004年10月19日撮影(写真提供 えるさん)
阿仁 安の滝 4

おぉぉ〜見えてきたぞぉ〜♪
ついに、安の滝が姿を現しましたぁ〜!

周辺の紅葉とマッチングしていて
も〜ウットリ状態でしたねぇ〜♪

実に見事な滝です!


2004年10月19日撮影
阿仁 安の滝 5

これも、そうですね。徐々に
近づいてきました!

どんどん大きく見えてくるぅ〜!
歩きながらワクワクしていました。


2004年10月19日撮影(写真提供 こばさん)
阿仁 安の滝 6

ついに、安の滝に到着!
ヤスという美しい少女と久太郎という
若者の、かなわぬ恋の伝説がある
この滝は、高さが90メートルもあるんです。

紅葉の頃そこに立つと、まわりの錦と共に
二人の悲しみが、幾筋もの白い糸となって
流れてくるようにも見える、と言われています。

水が天から落下するような壮大さが
圧巻でした。「日本の滝百選」の一つ。


2004年10月19日撮影
阿仁 安の滝 7

これは上の写真(No.6)の上段を撮影
したものです。落口まで遊歩道が
続いているんです。

この滝、雄大さ、壮言さ、そして
優しさを兼ね備えた珍しい
滝だと思った次第です。いくら見ても
飽きない滝でしたねぇ♪


2004年10月19日撮影
阿仁 安の滝 8

これは上の写真(No.7)の下(落口)を
撮影したものです。写真左下にえるさんが
いるのがわかりますかぁ〜?

この滝の、雄大さを知ることが
出来ると思います。


2004年10月19日撮影
阿仁 安の滝 9

これも上の写真(No.8)同様、滝の落口です。
写真撮影に忙しいこばさんです。

実は、私も忙しかったぁ〜♪(*^_^*)


2004年10月19日撮影
阿仁 安の滝 10

この滝の魅力の一つは、水の流れが
とっても優しいのです。繊細で滑らか・・・。

これほど、優しい滝は珍しいと思います。


2004年10月19日撮影(写真提供 こばさん)
阿仁 安の滝 11

さっすがぁ〜!元写真部、こばさん
やるなぁ〜♪この写真はこばさんの
作品です。右から太陽の陽が差し
水しぶきがキラキラと輝いていました。

いや〜もぉ〜!感動的な
美しさでしたねぇ〜♪


2004年10月19日撮影(写真提供 こばさん)
阿仁 安の滝 12

これは安の滝の左にある「白糸の滝」です。
本当は白糸のように見えるそうですが、
秋ってこともあり、水量が少なく
かすかな糸しか見えませんでした。


2004年10月19日撮影
阿仁 安の滝 13

これも名カメラマン、こばさんの作品です。
空の青と、紅葉の赤、そして、滝のシルバー
なんとも素敵な写真です!(*^_^*)

ウットリ〜♪って感じ。(*^_^*)
この安の滝、また行ってみたいですね!
感動的な滝でしたぁ〜!

今回、この滝をガイドしてくれた
えるさんに感謝!です。


2004年10月19日撮影(写真提供 こばさん)

滝一覧表に戻るHOMEへ戻る滝の扉に戻る