南八甲田 黄瀬川 1

去年の7月、けんぼーさんと遡行したものの
台風の為、途中で断念…再挑戦です!
グループ沢胡桃さんや童人トマの風さんの
遡行記録を参考に、今回は単独遡行!

まずは長〜い黄瀬林道をヘッドランプを
着けて早朝の5時10分に出発♪
ゲートが閉まっていて車は進入不可。

2008年10月5日撮影
南八甲田 黄瀬川 2

ゲートより歩くこと丁度2時間で
松見の滝の下り口に到着!

この黄瀬川、とにかく長いんですよ〜!
過去の遡行記録を拝見すると2泊3日。
どうしたら1泊2日で遡行できるだろうか?

2008年10月5日撮影
南八甲田 黄瀬川 3

出した結論が、とにかく荷物の軽量化と
早朝の出発しかあるまい!との結論に達する。

この写真は、松見ノ滝下に至る道から
途中で枝沢へ下りる場所。
松見の滝の岩峰から派生する尾根の
コル(600M)より下降する。踏み跡あり。

2008年10月5日撮影
南八甲田 黄瀬川 4

その枝沢を下降すると(容易)、松見ノ滝上に
ドンピシャリ出ます。降りたところはゴーロ。
沢の身支度をして7時30分に遡行開始!

2008年10月5日撮影
南八甲田 黄瀬川 5

出だしのゴーロ歩きは秋特有のヌメリが
ひどくってぇ〜!慎重に歩きました。

そこより20〜30分遡行すると
渓らしくなってきます。

2008年10月5日撮影
南八甲田 黄瀬川 6

この黄瀬川、沢ではなく「川」ですもの〜!
水量も豊富で心もウキウキ!でも、
今の時期、出来れば泳ぎたくないよ〜!

だって、水が冷たいんですもの〜!
ここは左岸をヘツリ突破♪

2008年10月5日撮影
南八甲田 黄瀬川 7

この沢の特徴は、滝のほとんどが深い釜か
淵を持っていました。盛夏であればバンバン
泳いで行けると思います。

ほぼ全ての滝、ヘツって滝に取りつき
直登出来る楽しい沢でしたよ♪。

2008年10月5日撮影
南八甲田 黄瀬川 8

ここは左岸を快適に登れます。
滝上は大きな淵になっています。

この滝の左岸を登った後、
滝の水流を飛び越えて右岸をトラバース。
そこより(右岸)小さく巻き、淵を突破。

2008年10月5日撮影
南八甲田 黄瀬川 9

朝日に輝く紅葉が綺麗♪

2008年10月5日撮影
南八甲田 黄瀬川 10

やがて10Mほどの幅広の滝が出てきました♪
盛夏であれば泳いで取り付き快適に登れる
滝ですが、泳ぎたくないよ〜!(^^ゞ

左岸をヘツリ直登しました。

2008年10月5日撮影
南八甲田 黄瀬川 11

上の写真の滝、釜のトラーバス(左岸)の
一歩がいやらしい。微妙なバランスを要します。

上の写真の滝を登っている時に
滝下の釜を撮影。左の「くの字」の部分に
飛び移るのが微妙なバランス。

2008年10月5日撮影
南八甲田 黄瀬川 12

下流部〜中流部はこのような深い淵や釜が
連続しますが、いずれもヘツって突破できました。

結局、一度も泳がなくて済みました。
ここは左岸を通過。

2008年10月5日撮影
南八甲田 黄瀬川 13

赤い岩肌が美し〜い♪


2008年10月5日撮影
南八甲田 黄瀬川 14

下流部を望む。
左岸をヘツって通過できました。

2008年10月5日撮影
南八甲田 黄瀬川 15

深い釜を持った小滝5M。

今回の遡行で唯一高巻いたところです。
左岸より小さく高巻く。踏み跡あり。
南八甲田 黄瀬川 16

590M右岸枝沢の出合にて。
幕営適地でした。
去年はここまで遡行して敗退…。
ココより先は、未知の世界です。

2008年10月5日撮影
南八甲田 黄瀬川 17

ここも深い釜を持った小滝8M。
右岸を直登出来ました。

2008年10月5日撮影
南八甲田 黄瀬川 18

上の写真の滝上から下を望む。
水の色が美し〜い♪

2008年10月5日撮影
南八甲田 黄瀬川 19

その滝の上は…
こんな感じで、まるでプール状態。
そのまま右岸をヘツって通過できました。

2008年10月5日撮影
南八甲田 黄瀬川 20

620M長根沢出合付近にて。
白い岩肌とナメが美し〜い♪

2008年10月5日撮影
南八甲田 黄瀬川 21

これも長根沢の出合付近にて。
美白の岩肌が美し〜い♪

2008年10月5日撮影
南八甲田 黄瀬川 22

長根沢出合を過ぎて、最初に出てきた小滝。
6〜7M位だが深い釜を持っている。
左岸をヘツリ直登!

2008年10月5日撮影
南八甲田 黄瀬川 23

エメラルドグリーンの清流に感激♪


2008年10月5日撮影
南八甲田 黄瀬川 24

白いナメ床と緑の水のコラボが
とても素晴らし〜い♪(*^_^*)

2008年10月5日撮影
南八甲田 黄瀬川 25

ここも〜!


2008年10月5日撮影
南八甲田 黄瀬川 26

小滝の上から見た淵。
この沢は、ほとんどこのパターンでした。

2008年10月5日撮影
南八甲田 黄瀬川 27

フリクション抜群の白いナメ。

2008年10月5日撮影
南八甲田 黄瀬川 28

まさに癒しの渓でした♪
うっとりするほど綺麗♪
紅葉も素敵でした♪(*^_^*)

個人的には、岩手の名渓、葛根田川より
面白くって綺麗だと感じました。

2008年10月5日撮影
南八甲田 黄瀬川 29

深い淵を持った3〜4Mの小滝。
左岸をヘツって直登!容易。

側壁は、まるですり鉢状で高巻きは
シンドそう、水線突破あるのみ!

2008年10月5日撮影
南八甲田 黄瀬川 30

650M付近に出てきたプチゴルジュ!
いや〜ついに泳ぎか〜!と覚悟したものの
右岸をヘツって突破できました。

この沢の面白いところは、一件突破不可能に
見えるところでも、取りついてみると適度な
スリルで突破できるものばかりでした。

2008年10月5日撮影
南八甲田 黄瀬川 31

側壁が高くて凄〜い!
でも威圧感や圧迫感はありませんでした。
明るい渓相でしたよ♪

2008年10月5日撮影
南八甲田 黄瀬川 32

ここは右岸をヘツって超えました。
容易です。

2008年10月5日撮影
南八甲田 黄瀬川 33

ここは左岸をヘツって直登!
これも容易です。
フリクション、ばっちり!

2008年10月5日撮影
南八甲田 黄瀬川 34

これは確か、上の写真の小滝の上から
撮影したものだと思います。


2008年10月5日撮影
南八甲田 黄瀬川 35

側壁がまるでスリ鉢のよう♪
高巻きは絶望的です…

といっても、高巻くようなところは
特にありませんでしたが…

2008年10月5日撮影
南八甲田 黄瀬川 36

赤いナメ滝が美し〜い♪
遡行していて、ほんと癒されました〜!

2008年10月5日撮影
南八甲田 黄瀬川 37

沢が左に90度曲るとV字状の渓相に!

側壁は高く、こんなところで直登不能な滝が
出てきたらどうしよう…。(^^ゞ
結局出てこなくてホッと一安心♪

2008年10月5日撮影
南八甲田 黄瀬川 38

これまた深い釜を持った8M
ほどの赤いナメ小滝。

左岸より登る。

2008年10月5日撮影
南八甲田 黄瀬川 39

標高800M付近の綺麗な赤いナメ滝♪

ここはほんと見晴らしもよくって開放的♪
上部に登るにつれて、紅葉も鮮やかに〜!

2008年10月5日撮影
南八甲田 黄瀬川 40

上の写真の赤いナメ滝を上から望む。
あまりにも気持ちいいので、ここで
まったりとランチタイ〜ム♪(*^_^*)

2008年10月5日撮影
南八甲田 黄瀬川 41

その標高800M付近より見た
右岸側壁。絶景かな!

2008年10月5日撮影
南八甲田 黄瀬川 42

歩を進めると…これまた
側壁と赤いナメ滝が美し〜い♪

2008年10月5日撮影
南八甲田 黄瀬川 43

こんどは白と赤のナメ床だぁ〜♪
標高910M付近にて。

2008年10月5日撮影
南八甲田 黄瀬川 44

また淵が出てきましたぁ〜!
ここは右岸をヘツリ超えるが容易。

2008年10月5日撮影
南八甲田 黄瀬川 45

紅葉が素晴らし〜い♪
もうウットリですよぉぉぉ〜♪

2008年10月5日撮影
南八甲田 黄瀬川 46

980M付近では、巨岩のゴーロ帯が…。


2008年10月5日撮影
南八甲田 黄瀬川 47

その後は単調なゴーロ歩きが続くが
紅葉の中の散歩は楽し〜い♪

2008年10月5日撮影
南八甲田 黄瀬川 48

黄瀬沼に至る1,060M左岸枝沢手前にて。

ここよりちょっと歩くと黄瀬沼に至る枝沢
(二俣)に至る。幕営適地って感じでした。

2008年10月5日撮影
南八甲田 黄瀬川 49

上部はひたすらゴーロ歩きでしたので
黄瀬沼に至る1,060M左岸枝沢をツメる
ことにする。ふぅ〜!黄瀬沼に到着♪

2008年10月5日撮影
南八甲田 黄瀬川 50

出発地点の黄瀬林道から歩き始め、
黄瀬沼の登山道まで8時間30分(休憩含む)。

そんなに急いだつもりはないのだけどなぁ〜!
長い沢ですが、快適に突破できるので
距離を稼げたのだと思います。

2008年10月5日撮影
南八甲田 黄瀬川 51

黄瀬沼の湿原にて♪
黄金色に輝き綺麗でしたよ〜♪

2008年10月5日撮影
南八甲田 黄瀬川 52

黄瀬沼を望む。
なんか神秘的な感じがしました。

2008年10月5日撮影
南八甲田 黄瀬川 53

一般登山道に出てからが大変でしたぁ〜!

えっ?これって登山道ですか?って
くらいにひどいヤブで〜!沢ではヤブ漕ぎが
なかったもののまさか一般登山道で
ヤブ漕ぎを強いられるとは…(^^ゞ。
ほとんど廃道に近い状態でした。


2008年10月5日撮影
南八甲田 黄瀬川 54

ヤブ漕ぎすること約1時間で地獄峠に到着♪
まさに「地獄」のような登山道でした。(^^ゞ
時間はまだ2時30分、このまま下山しちゃえ〜!

ここから先は、旧道コースを通り猿倉温泉に
下山しました。猿倉温泉に4時40分到着♪
JRバスの最終に乗って車を回収。

2008年10月5日撮影
南八甲田 黄瀬川 55

結局山中1泊2日する予定が日帰り山行に〜!
本日の行動時間は11時間30分でした。

下山後は、十和田湖温泉郷の公共の温泉施設
「市民の家」で入浴しました。300円也。
夜9時まで入れるようですよ〜!この日は、
十和田湖温泉郷付近にて幕営し翌朝に下道
を通り盛岡へ帰ってきました。車で約3時間半。

2008年10月5日撮影

目次へ戻る HOMEへ戻る