小和瀬川 大倉沢

- 八幡平 -

  1. HOME
  2. 沢の扉
  3. 北東北の沢

八幡平 小和瀬川 大倉沢 1

「今年は雪が少ないべぇ~!」てなことで 例年より3週間早く、秋田八幡平の小和瀬川 流域の沢へ私、えるさん、Sさんの三名で やってきました!

これはアプローチの途中で 撮影した宝仙湖です。この日のお天気は とても素晴らしかったです♪

2007年6月2日撮影

八幡平 小和瀬川 大倉沢 2

中ノ又林道を入り、まずは中ノ又沢へと 降り立ち、そこから10分もすれば タツノクチ沢の出合です。

出合からタツノクチの大滝(100M)まで 15分程度ですので、皆で行ってみる ことにしました。

2007年6月2日撮影

八幡平 小和瀬川 大倉沢 3

これがタツノクチ沢の大滝(100M)で~す♪ ビックリしたことに、なんと1段目がスッポリと 雪渓に埋まっていました。

今年は雪渓が少ないと思っていただけに これにはショックを受けましたよ…。 やはり八幡平の春は遠いなぁ~!って 思いました。先の遡行が思いやられます。

2007年6月2日撮影

八幡平 小和瀬川 大倉沢 4

タツノクチ沢で大滝を満喫しあとは、 同沢を下降し、中ノ又沢へと戻り 中ノ又沢を遡行しました。

2007年6月2日撮影

八幡平 小和瀬川 大倉沢 5

この中ノ又沢は、まさに癒し系の沢で、 難所も特になく、渓谷美を堪能できます。 手前にえるさん、奥にSさん。 マッタリしているところ。

2007年6月2日撮影

八幡平 小和瀬川 大倉沢 6

このように小滝も連続し、しかもその ほとんどが直登出来ます。 沢慣れた方なら易し過ぎるかも?

2007年6月2日撮影

八幡平 小和瀬川 大倉沢 7

ナイヤガラの滝のような幅広の滝です。 ここは右から楽に登れます。

2007年6月2日撮影

八幡平 小和瀬川 大倉沢 8

このような美しいナメ床もあり 癒しムードたっぷりです。

2007年6月2日撮影

八幡平 小和瀬川 大倉沢 9

さらに小滝が…。 水線右を直登出来そうですが、深い釜 に落ちると冷たそうなので…。 安全を見て、右岸より小さく巻きました。

2007年6月2日撮影

八幡平 小和瀬川 大倉沢 10

この中ノ又沢は今回で三度目の遡行です。 釣り師2人に会い、ビックリ! この沢で、人と会ったのは初めてかも?

2007年6月2日撮影

八幡平 小和瀬川 大倉沢 11

うぎゃ~!枝沢から巨大な雪渓が…。 半端じゃない量の雪渓でした。 これから遡行する大倉沢は果たして 大丈夫だべかぁ~? ちょっと不安…というより絶望的かも?

2007年6月2日撮影

八幡平 小和瀬川 大倉沢 12

これは中ノ又沢の本流にかかる雪渓です。 いやはや、いやはや・・・

2007年6月2日撮影

八幡平 小和瀬川 大倉沢 13

大倉沢出合に到着し、いよいよ大倉沢の 遡行開始!この沢、私も初めて入渓する沢です。

登山体系によると、「大きく右に曲がると 沢幅は1m以内となり、その中に小滝が 連続して苦しい登りが続く…」とあり、 遡行意欲を駆り立ててくれました。 出合付近より小滝が続き、その多くが 直登出来て、楽し~い♪

2007年6月2日撮影

八幡平 小和瀬川 大倉沢 14

しかし、この大倉沢、ネットでいくら検索しても 遡行記録が一件も出てきませんでした。 果たして本当に面白い沢なのだろうか?

この時点までは、結構楽しかったのですが…。 小滝を直登するSさんと、それを 写真に収めるえるさんです。

2007年6月2日撮影

八幡平 小和瀬川 大倉沢 15

今度はえるさんの番! 慎重に登っていますね♪

2007年6月2日撮影

八幡平 小和瀬川 大倉沢 16

でたぁ~!雪渓だぁ~! まだ大倉沢の核心部、ゴルジュまで 至ってないのに、なんてこったい!

ここは、雪渓の中央部(厚そうな部分)を 突破して、どうにかクリア…。

2007年6月2日撮影

八幡平 小和瀬川 大倉沢 17

上の写真の雪渓を歩くえるさんです。 天気は上々!沢に入れるだけで 楽し~い♪

2007年6月2日撮影

八幡平 小和瀬川 大倉沢 18

核心部、ゴルジュの入口へ到着! これは12M滝でしょうか? 左壁のクラックから登ろうと思いつつも 岩が脆く断念。結局ここは 左岸を高巻きました。

2007年6月2日撮影

八幡平 小和瀬川 大倉沢 19

上の写真の滝を高巻きながら、その上に ある滝を観察したところ、これまたテロテロ岩 の滝で登れそうになく、全部で2~3の滝を 一緒に高巻きました。

結構な重労働でした。 これは滝巻きを終えて、沢床へ降りるところ。

2007年6月2日撮影

八幡平 小和瀬川 大倉沢 20

うぎゃ~!沢床に降りてビックリ! なんと雪渓がびっしり! 核心部のほとんどが雪の中…。

しかも、この雪渓の上を歩くのは ちょっとヤバそう…。 これじゃ、遡行しても意味がな~い! てなことで、今回の遡行はここまで! その後、同沢を下降しました。

2007年6月2日撮影

八幡平 小和瀬川 大倉沢 21

大倉沢の出合から水路の巡視路があり、 それを利用して、下山しました。 いやはや、新緑が奇麗♪ ウットリしましたぁ~!

2007年6月2日撮影

八幡平 小和瀬川 大倉沢 22

完全遡行はできませんでしたが、 楽しい遡行が出来たと思います。 ただまぁ~この大倉沢、二度と 入らないかも知れませんが…。

2007年6月2日撮影
  1. HOME
  2. 沢の扉
  3. 北東北の沢