虎毛・保呂内沢西ノ股沢〜本流下降 1

保呂内沢のアプローチは、鳴子町(現大崎町)〜
鬼首〜岩入下バス停(ここより左折)〜
林道に入るとこのような看板があります。

そこを盗人滝方面へ車で3分も走れば、鎌内沢
に出ます。そのちょい手前に2〜3台駐車可能な
スペースがあります。林道はさらに保呂内沢
まで伸びていますが、かなりの悪路ですので
歩いていった方がよろしいかと思います。

2006年9月9日撮影
虎毛・保呂内沢西ノ股沢〜本流下降 2

これは今年7月末にえるさんと行った時のもの。
前日の大雨で大増水していました・・・(^_^;)。
この時は、遡行を断念せざるを得なかったです。
さらに8月末にも行きましたが、この時もやはり
雨で断念・・・なんてこったい!

ここが保呂内沢の入渓地点です。

2006年9月9日撮影
虎毛・保呂内沢西ノ股沢〜本流下降 3

で、今回は三度目の正直!
三ヶ月連続、この沢へ挑戦したことになります。
今回は、久しぶりの単独行です。

前日に雨が降り、この日も小雨でしたが、
水量はご覧の通り、安定していました。
上の写真とほぼ同じ位置で撮影したものです。
この水量なら、行けるぞぉ〜♪(^^)

2006年9月9日撮影
虎毛・保呂内沢西ノ股沢〜本流下降 4

山中一泊する予定でしたので、
ザックが重〜い!(装備と酒か?)
久しぶりに肩に食い込む重量になりました。
軽量化したんだけどなぁ〜!(^_^;)

今回は、新しいヘルメットで〜す♪
とっても軽くって気に入りました。

2006年9月9日撮影
虎毛・保呂内沢西ノ股沢〜本流下降 5

そうそう、渓流足袋もおニューでした。
お天気はいまひとつで、今にも降り出しそうな
雲いきでした。雨よ、降らないでおくれぇ〜!

いざ、出発で〜す!

2006年9月9日撮影
虎毛・保呂内沢西ノ股沢〜本流下降 6

入渓から最初の30分ほどは、明るく開けた
渓相の中、ゴーロ歩きが続きま〜す!

2006年9月9日撮影
虎毛・保呂内沢西ノ股沢〜本流下降 7

これは520Mの右岸枝沢のナメ滝だったかな?
まるで滑り台のようなナメ滝でしたよ!
12Mくらいあったと思います。

2006年9月9日撮影
虎毛・保呂内沢西ノ股沢〜本流下降 8

そこを過ぎると両岸が狭まってきて
渓相も綺麗になっていきました。

2006年9月9日撮影
虎毛・保呂内沢西ノ股沢〜本流下降 9

このような広大なナメ床もありましたよ!
歩いていて、とても気持ちいいところです。
どんどん距離を稼ぐことが出来ました。

2006年9月9日撮影
虎毛・保呂内沢西ノ股沢〜本流下降 10

このようなちょっとしたミニゴルジュも!
ここの岩はとてもフリクションが効いて
普通なら滑り落ちそうな傾斜も
快適に登れました。(^^)

2006年9月9日撮影
虎毛・保呂内沢西ノ股沢〜本流下降 11

遡行開始してから約45分、
西ノ股沢出合に到着で〜す!

530Mの二俣(西ノ股沢出合)は、
このような段違いのナメで出合います。

おぉぉ〜このナメ、どこまで続くのかなぁ〜?
ってワクワクしながら遡行したのですが、
ほんの数分でナメ床も終わり、ゴーロ歩き。


2006年9月9日撮影
虎毛・保呂内沢西ノ股沢〜本流下降 12

ひたすらゴーロを歩いていると突如
この巨大な滝が・・・度肝を抜かしますよ!
これまで単調なだけあって「なにぃ〜?」
って感じでした。(^^)

落差は20〜25Mくらいかなぁ?
スダレ状の美しい見事な滝でした。
何と言っても、粘土細工のような
複雑な形をした滝で面白かったです。

ここはちょっと戻り右岸のブッシュより
小さく高巻きました。

2006年9月9日撮影
虎毛・保呂内沢西ノ股沢〜本流下降 13

上の写真の滝を高巻くと、またしても
ゴーロ歩きだぁ〜!やれやれ・・・(^_^;)。

ところが650Mあたりから両岸が狭まってきて
V字状のゴルジュとなり、期待に胸が躍ります。

地形図上の左岸岩盤マークのところは
実際は両岸が岩盤になっていて、まるで
すり鉢の底にいるような感じでした。しかし、
暗さはなく開放的な明るい渓相でしたよ。

2006年9月9日撮影
虎毛・保呂内沢西ノ股沢〜本流下降 14

そのV字状のゴルジュ内には、ナメとナメ滝が
連続し、この沢の「見せ場」となります。
これがそのゴルジュの中で最初に出てきた
滝です。ここは左岸より小さく高巻きました。


2006年9月9日撮影
虎毛・保呂内沢西ノ股沢〜本流下降 15

これはゴルジュ内の側壁で〜す!
結構な高さがありましたよぉ〜!

ナメとナメ滝が続いたりして楽しかった
のですが、倒木なども多く、ちょっと
荒れているなぁ〜!って感じでした。

今年は、どこの沢は行っても豪雪の影響か
倒木が多いですね。


2006年9月9日撮影
虎毛・保呂内沢西ノ股沢〜本流下降 16

谷がさらに狭まり、ちょっとしたゴルジュ。
ここは結構深かったですよぉ〜!
ヘツって突破できました。
フリクションはバッチリでしたよ。

2006年9月9日撮影
虎毛・保呂内沢西ノ股沢〜本流下降 17

この滝は、右壁を直登しました。
7Mくらいあったかなぁ〜?


2006年9月9日撮影
虎毛・保呂内沢西ノ股沢〜本流下降 18

さらに滝が続きま〜す♪
ここの滝の突破はちょっと悪かったです。
ムーブを考えながら直登しました。

2006年9月9日撮影
虎毛・保呂内沢西ノ股沢〜本流下降 19

上の写真の滝を側で見たものです。
左壁を直登しましたが、数歩が微妙で
慎重に登りました。

テロテロ岩で、ホールドが少なかった
ですからねぇ〜。

2006年9月9日撮影
虎毛・保呂内沢西ノ股沢〜本流下降 20

この滝は右より取り付いて中段は
中央を登り、上段は左を登りました。
ここもフリクションがバッチリでしたよ♪

2006年9月9日撮影
虎毛・保呂内沢西ノ股沢〜本流下降 21

この滝は、左から登れそうな感じでしたが、
落口が悪そうだったし、単独でしたので
安全を見て右岸より小さく巻き気味に登りました。
しかし、高巻いている最中にさらに上に滝が
あることを発見!(それが下の写真です)

2006年9月9日撮影
虎毛・保呂内沢西ノ股沢〜本流下降 22

上の写真の滝を高巻いている最中に
「う?また滝だぞ!ありゃ、登れそうに
ないかな?」と思い、一緒に高巻きました。

2006年9月9日撮影
虎毛・保呂内沢西ノ股沢〜本流下降 23

またもや滝で〜す!
結構楽しませてくれますねぇ〜♪
晴れていたらもっと綺麗に見えただろうに・・・。


2006年9月9日撮影
虎毛・保呂内沢西ノ股沢〜本流下降 24

この滝はV字状ゴルジュ内の最後の滝です。
10Mくらはあっただろうか?結構大きな滝でした。

ここは左壁を登り、上部はホールドが
乏しくなったため、左のブッシュに
逃げました。

2006年9月9日撮影
虎毛・保呂内沢西ノ股沢〜本流下降 25

V字状のゴルジュを抜けてからも、
ナメとナメ滝が連続しま〜す!
そして一気に傾斜が増してきます。
結構な重労働?でした。ふぅ〜!

ここは左壁を快適に登れました。


2006年9月9日撮影
虎毛・保呂内沢西ノ股沢〜本流下降 26

770Mの奥の二俣を右へ
さらに790M、880Mと二俣が
相次いで出てきますが、今回は
山猫森から南東に伸びる稜線の
山猫森山頂直下のコルに出たかったので
二俣を右へ右へと進んで行きました。

2006年9月9日撮影
虎毛・保呂内沢西ノ股沢〜本流下降 27

ここは790Mの二俣、いや880Mの二俣
だったかなぁ〜?忘れてしまいました。(^_^;)

いずれにしろ、V字状ゴルジュから先は、
快適なビバーク適地はなかったように思います。


2006年9月9日撮影
虎毛・保呂内沢西ノ股沢〜本流下降 28

このようなナメ床とナメ滝が稜線直下
まで続きます。高度差約230Mもの
ナメナメ状態が続きました。
ここのナメはよく滑りました(^_^;)。
傾斜もそれなりにありましたし・・・。

これほど長大なナメも珍しいかも?

2006年9月9日撮影
虎毛・保呂内沢西ノ股沢〜本流下降 29

登れど登れどナメとナメ滝の連続で
一直線に山猫森に突き上げています。
そして最後は笹とブッシュを軽く掻き分けて
(10分程度)山猫森山頂直下のコル付近に
出ました。

ほとんどヤブを漕ぐことなく、快適にツメる
ことが出来ましたよ♪(^^)

2006年9月9日撮影
虎毛・保呂内沢西ノ股沢〜本流下降 30

ツメあがったところは、広大な平坦地で
現在地の確認に手間取りました。
この日はガスが濃くて目標物の山猫森も
まったく見えず・・・ほとんど視界が
効きませんでした。地形を頼りに読図。
おそらくこれが1,000Mのコルだろう!
と判断しました。もちろん、登山道もありません。
ここからヤブを北東方面に急斜面をトラバースし
保呂内沢の本流目掛けて下降しました。
約30分ほどで無事本流に降り立つことが
できて、ホッとしました♪(^^)
2006年9月9日撮影
虎毛・保呂内沢西ノ股沢〜本流下降 31

本流の760m付近の二俣から下は
伏流となっていました。西ノ股沢とは渓相が
打って変わって、単調なゴーロ歩き(下り)が
続きました。(^_^;) また魚影はほとんど
見かけなかったです。

2006年9月9日撮影
虎毛・保呂内沢西ノ股沢〜本流下降 32

本流はどこまでも続くゴーロでして・・・
歩いていて眠くなったほどです。(^_^;)

まぁ、下降用にはいい沢かもしれませんが・・・


2006年9月9日撮影
虎毛・保呂内沢西ノ股沢〜本流下降 33

ゴーロ歩きに安心しきっていたところに・・・
あや?滝だぞぉ〜!これは下れそうに
ないなぁ〜!てなことで、右岸より巻き下り
ました。この滝は、二段になっていました。
二つまとめて巻き下りました。
ブッシュにつかまりながら下ったので
ザイルは必要ありませんでした。

2006年9月9日撮影
虎毛・保呂内沢西ノ股沢〜本流下降 34

上の写真の滝の下の滝で〜す!
結局本流にあった滝はこの一箇所
だけでした。その後はまた長〜い
ゴーロ歩きでした。(^_^;)

2006年9月9日撮影
虎毛・保呂内沢西ノ股沢〜本流下降 35

本当は山中一泊の予定でしたが、雨が降って
きましたので、この日に降りることにしました。
時間的にもまだ余裕がありましたし・・・。
結局全行程約8時間の日帰り山行となりました。
せっかくテントや酒など重い荷物を背負って
登ったのになぁ〜!この雨じゃ、焚き火も
出来そうにありませんしねぇ〜。

2006年9月9日撮影
虎毛・保呂内沢西ノ股沢〜本流下降 36

下山したのが16時30分で、そのまま
岩手に帰ろうかな?と思いましたが、
雨が降っているし早くビールも飲みたいし・・・
で、結局近くのキャンプ場に
泊まることにしました。雨でしたが、この
キャンプ場、満員御礼状態でしたよ!
しかし、1,250円も取られてしまいました(^_^;)。

2006年9月9日撮影
虎毛・保呂内沢西ノ股沢〜本流下降 37

単独でしたので、夜は一人宴会しました。
この夜、一晩中雨が降りました。
朝起きた時もまだ雨が降っていましたし・・・。
沢の中で泊まらなくて正解だったようです。


2006年9月9日撮影
虎毛・保呂内沢西ノ股沢〜本流下降 38

今晩の飯は炊き込み(五目)御飯で〜す♪
ふっくら美味しく炊けましたよ!(^^)
何はともあれ、久しぶりの新規の沢の
単独行で、ワクワクドキドキしながら
遡行を楽しめました♪(^^)
ただ、夜の宴会は寂しいなぁ〜!(^_^;)
何はともあれ、めでたし、めでたし♪

2006年9月9日撮影

目次へ戻る HOMEへ戻る