真昼沢本沢 真昼山地 真昼本沢 1

結構、滝が出てきて面白い!
ほとんど入渓者もいないので
自分達だけの静かな沢を満喫できます。

「人臭さ」がほとんど感じられなかった沢。
ビレイしているのは一関の沢登りの天才
Oさん、リードは酒飲みの天才S先生

この滝はF4です。
この沢の難所のひとつです。

1998年7月撮影

真昼山地 真昼本沢 2

あれから7年、今度は愛弟子のえるさん
と共にこの真昼本沢へやって参りました。

これが登山口です。ここに車をデポして
そのまま林道を真っ直ぐ歩きます。
30分弱歩くと林道が二手に分かれます。
そこを左の林道に入り下ると
真昼本沢の出合いに降り立ちます。

2005年10月27日撮影(写真提供えるさん)
真昼山地 真昼本沢 3

これが真昼本沢と小松倉沢の二俣です。
ここを左(真昼本沢)へ入りま〜す!

山肌の紅葉が綺麗でしたよ♪(^^)


2005年10月27日撮影
真昼山地 真昼本沢 4

その出合いより20分ほど歩くと
右岸より大きな滝(30M)が・・・

「天空の滝」という立派な
名前がついているようです!

滝下へ見に行く私です。


2005年10月27日撮影(写真提供えるさん)
真昼山地 真昼本沢 5

上の写真の天空の滝を
真下から撮影したものです。

この日、下界の沢内村の道路に設置
されていた温度計の表示がなんと0度!
ということは山は間違いなく氷点下の世界!
道理で寒いわけだぁ・・・(^_^;)。

遡行中もほとんど汗を
かきませんでしたもの。

2005年10月27日撮影
真昼山地 真昼本沢 6

天空の滝を越え、ちょい先に進むと
またまた右岸より簾状の滝が・・・
紅葉とのコントラストがとても
綺麗でしたよ♪(^^)


2005年10月27日撮影(写真提供えるさん)
真昼山地 真昼本沢 7

おぉぉ〜!ついに見えてきましたぁ〜♪
これがF1の真昼大滝(30M)で〜す!
側壁から流れ落ちる様は、優美でしたよ。
この沢の一番の見所かも?

ここが二俣になります。
この真昼大滝のかかる沢が本流となります。

2005年10月27日撮影(写真提供えるさん)
真昼山地 真昼本沢 8

さらに大滝に近づき撮影!
側壁の紅葉がとても綺麗でした♪


2005年10月27日撮影
真昼山地 真昼本沢 9

これは真昼大滝の右岸の側壁です。
ちょっとズームで撮影!
見事な側壁に感動しました♪(^^)


2005年10月27日撮影
真昼山地 真昼本沢 10

真昼大滝の直ぐ側から撮影したもの!
どこから登ろうかなぁ?と
考えていました。

水はとても冷たく、シャワークライミングは
どうにか避けたいものです。(^_^;)


2005年10月27日撮影(写真提供えるさん)
真昼山地 真昼本沢 11

これは上の真昼大滝の
真下から撮影したものです。

岩のヌメリがひどかったです。
今の時期、秋特有のヌメリが・・・。
もうテロテロヌメヌメ状態で・・・(^_^;)。

安全を期して左岸のブッシュ沿いに
プロテクション(支点)を取りながら
ザイルを伸ばしました。むむぅぅ・・・
30Mザイルではちょっと(5Mほど)
足りませんでした。(^_^;)

2005年10月27日撮影
真昼山地 真昼本沢 12

F1の真昼大滝を超えると直ぐに
二条の滝、F2が現れます。

F1と続いているような感じです。
そのまま左岸を高巻きました。


2005年10月27日撮影
真昼山地 真昼本沢 13

F2を高巻くとこれまた直ぐにF3の滝が・・・。
これも左岸を高巻きます。
高巻きは落ち葉で滑るのなんのってぇ〜!
もうズルズル、アリ地獄状態でしたねぇ。

この日はまさに秋晴れ!
朝の気温はとても低かったのですが
徐々にポカポカ陽気になってきました。(^^)


2005年10月27日撮影
真昼山地 真昼本沢 14

これはF3の滝上から撮影したものです。
水の流れが日に当たってキラキラと
輝いていました♪(^^)


2005年10月27日撮影
真昼山地 真昼本沢 15

今の時期、高巻きルートには
落ち葉がイッパイ!滑る滑る!

「はぁ・・・!」って
頭を垂れるえるさんです。
ガンバ!!

2005年10月27日撮影
真昼山地 真昼本沢 15

途中きのこを発見するえるさん!
このきのこ、食べられるのかなぁ?
自信がないので採るのは止めておこっと!


2005年10月27日撮影(写真提供えるさん)
真昼山地 真昼本沢 17

おぉぉ〜!これはF4の滝で〜す!
見事な滝です♪(^^)

7年前にきた時は、右壁を直登したのですが
今回は上部がヌメっていたので高巻くことに
しました。左岸より20分ほど高巻き、
落口へドンピシャリ出ました。


2005年10月27日撮影
真昼山地 真昼本沢 18

これは高巻きの最中に上の写真のF4の
滝の二段目をズーム撮影したものです。
7年前にきた時は、確かこの二段目の
滝も直登した記憶があります。


2005年10月27日撮影
真昼山地 真昼本沢 19

これはF5の滝でしょうか?
垂直に近い5Mほどの滝でした。
ここもヌメっていましたねぇ・・・(^_^;)。

ここは直登しました。

2005年10月27日撮影(写真提供えるさん)
真昼山地 真昼本沢 20

その後次々と滝が出てきました。
その多くは、直登できます!
この滝は左壁を楽しく直登できますよ♪


2005年10月27日撮影
真昼山地 真昼本沢 21

これは上の写真の滝を登っている
私のようです。秋のせいか水量が
とても少なく、枯滝に近い状態の
滝も結構ありましたねぇ。

途中水がなくなるところも(伏流)
ありましたねぇ!
あれれ?って感じです。

2005年10月27日撮影(写真提供えるさん)
真昼山地 真昼本沢 22

山肌の紅葉が美し〜い!

2005年10月27日撮影
真昼山地 真昼本沢 23

遡行していると「あれ?沢はどこへいった?」
と一瞬ビックリしました。
ここが750Mあたりだと思われます。
沢が90度に折れ曲がります。
ここは左岸より高巻きました。

2005年10月27日撮影(写真提供えるさん)
真昼山地 真昼本沢 24

登るにつれて、枯滝状態に・・・(^_^;)
岩が脆くヌメっていたので
慎重に登ります。

そして傾斜もどんどん強くなっていきました。
落ちたくないところですね。


2005年10月27日撮影(写真提供えるさん)
真昼山地 真昼本沢 25

沢をどんどんツメていきます。

私たちは、750Mの二俣を右へ、
820Mの二俣は左、890Mを右、
そして最後の940M二俣を右へ
ツメました。

2005年10月27日撮影(写真提供えるさん)
真昼山地 真昼本沢 26

いよいよ稜線間近で〜す!
ヤブ漕ぎ10分ほどで登山道に出ました。
頑張るえるさんです。「もう直ぐだぞぉ〜!」

2005年10月27日撮影
真昼山地 真昼本沢 27

登山道までもうちょっと!
稜線直下は、まさに「秋」って感じでした。


2005年10月27日撮影(写真提供えるさん)
真昼山地 真昼本沢 28

おぉぉ〜!登山道に到着!
写真中央に見える「赤」が登山者です。
登山道めがけて背丈を越えるヤブを
漕いでいたらこの方々が、
「お〜い、こっちだぞぉ〜!」って
エールを送ってくれました。(^^)

2005年10月27日撮影
真昼山地 真昼本沢 29

その登山者の方々、えるさんを見ては、
「若いのに凄いね!よく着いてきたね!
偉いね!」と絶賛の嵐でした。

確かに20代で沢登りをする女性って
希少価値かも?大切に育てなくっちゃね!

2005年10月27日撮影(写真提供えるさん)
真昼山地 真昼本沢 30

これが真昼岳の山頂で〜す♪
1,059.9Mです。

2005年10月27日撮影
真昼山地 真昼本沢 31

右側に見える山が真昼岳山頂で〜す!
小さく山頂小屋が見えます。
この小屋の中の社を拝んで下山開始!

2005年10月27日撮影
真昼山地 真昼本沢 32

一般登山道を下ってもう直ぐ駐車場って
ところに、このような看板が・・・
かっこいい名前ですよねぇ〜!

2005年10月27日撮影
真昼山地 真昼本沢 33

で、その飛竜の滝、どんな
滝かといいますと・・・

周辺の紅葉とマッチして
とても綺麗でした♪(^^)

2005年10月27日撮影(写真提供えるさん)
真昼山地 真昼本沢 34

下山後、登山口で撮影したものです。
夕日が紅葉の葉っぱにあたり
キラキラ輝き綺麗でした♪

2005年10月27日撮影
真昼山地 真昼本沢 35

もう直ぐ駐車場へ・・・
吊り橋がこんな感じで、崩壊していました。
我々は渓流シューズをはいていたので
平気だったのですが、一般登山者は
ちょっと辛いかも・・・(^_^;) 
靴が濡れること必至ですよね。

2005年10月27日撮影
真昼山地 真昼本沢 36

これで2005年度の沢もおしまいかな?
これからは滝見と登山、岩登りに
精を出したいものです。
そうそう雪山もね。

今年も無事に楽しい遡行が
できました♪感謝!!(^^)

2005年10月27日撮影

目次へ戻る HOMEへ戻る