北八甲田 寒水沢 1

4時に自宅出発し、7時にロープウェイ着。
車をデポし、5分ほど歩くと入渓口の
寒水沢橋が…ここより降りて入渓しました。

今回は単独行です。来週の北アルプスの
沢に向けてトレーニングで入渓しました。
滝が連続する沢で、過去には死亡事故も
発生しており、慎重な行動が求められます。

2009年8月1日撮影
北八甲田 寒水沢 2

橋の上から寒水沢を眺めると、なんか
ヒョロってるぅ〜!このところの大雨で
増水しているかと思ったら拍子抜け…
まぁ、これでプチ一安心で〜す♪

2009年8月1日撮影
北八甲田 寒水沢 3

下部ゴーロ。沢の規模は小さい…。

寒水沢は大湿原の上毛無岱(かみけなしたい)
上部に突き上げる沢で、北八甲田の沢の中で
一番入渓されている人気の沢だと思います。

とはいうものの、ネットでいくら検索しても
この沢に関する詳細な記録は出てこず…。
なぜなんだろうか…?疑問です。(^^ゞ

2009年8月1日撮影
北八甲田 寒水沢 4

ゴーロを数十分ほど歩き、最初の滝だ!
これ以降、滝とナメが連続し、飽きさせません♪
また直登出来る滝も多く、楽しませてくれます。

2009年8月1日撮影
北八甲田 寒水沢 5

ここはシャワーを嫌って、左岸より高巻く(容易)

いやはや滝、滝、滝の連続でしたよ〜!
直登したり高巻いたり次から次へと出てくる
滝の対処に忙しいのなんのってぇ〜!

2009年8月1日撮影
北八甲田 寒水沢 6

これは10Mくらいの滝です。
右の大岩から回り込んで左岸を直登出来ます。
多少シャワーを被りますが…。


2009年8月1日撮影
北八甲田 寒水沢 7

上の滝の写真にさらに接近すると…
右の水線の際を登りました。

この沢の滝の多くは、難し過ぎず簡単過ぎず、
私にとってはほど良い困難さで、北アルプスの
沢へ向けて良いトレーニングになりました。

2009年8月1日撮影
北八甲田 寒水沢 8

この滝は結構大きかったです。
落ち口まで30M位あるのでは?

高巻くのもシンドそうだったので右岸を直登!
下から見ると容易そうに感じるのですが、
実際に取りついてい見ると中間部で
ホールドがなくなり行き詰って…(^^ゞ
確実に登れるルートを探しクリアしました。

単独ゆえ、確保者もいなく、万が一落ちれば
致命傷にもなりかねませんし慎重に登りました。

2009年8月1日撮影
北八甲田 寒水沢 9

下流部はヒョロヒョロって感じでしたが、
遡上するにしたがって沢の規模が
大きくなったように感じました。

2009年8月1日撮影
北八甲田 寒水沢 10

ナメ滝の三連発♪(*^_^*)
右へ左へと楽しく登って行きます。

2009年8月1日撮影
北八甲田 寒水沢 11

深い釜を持った7Mほどの滝。
泳いで取り付けば容易に登れそうな
滝でしたが、泳ぎを嫌って(寒い)、
右壁をトラバースし直上しました。

赤ラインが登ったルートです。
落ち口付近はスメアリングぎりぎりで
登りましたよ〜!落ちなくていがったぁ〜!

2009年8月1日撮影
北八甲田 寒水沢 12

上の写真の滝上から下を望むと…
赤ラインが登ったルートです。

乳首のような細かいホールドを利用し
トラバース、あとはスメアリングで
溝を登りました。

2009年8月1日撮影
北八甲田 寒水沢 13

プチゴルジュ帯です。
右岸より容易に突破できました。

2009年8月1日撮影
北八甲田 寒水沢 14

赤いナメ床が美し〜い♪
癒される光景でしたよ〜!

2009年8月1日撮影
北八甲田 寒水沢 15

なんだこの長〜いピンクテープは…?

880M付近にある湿原に至るルートの
目印かな?と思いました。

2009年8月1日撮影
北八甲田 寒水沢 16

これはさすがに登れず…(^^ゞ。
深い釜を持った滝が結構ありました。

盛夏の時に、バンバン泳いで登ると
一層充実した遡行を楽しめると思います。

今年は異常気象で、8月に入ったのに
未だ梅雨明けしておらず…しかも寒い。

2009年8月1日撮影
北八甲田 寒水沢 17

5Mほどの二条の滝、綺麗でした♪


2009年8月1日撮影
北八甲田 寒水沢 18

小滝の連続♪(*^_^*)


2009年8月1日撮影
北八甲田 寒水沢 19

920mの左岸枝沢の出合にて。

ここより先がこの沢の一番美しい
ところではないでしょうか?
ナメ滝の連続でウットリしましたよ♪

2009年8月1日撮影
北八甲田 寒水沢 20

深い釜と光り輝くナメ滝が美し〜い♪


2009年8月1日撮影
北八甲田 寒水沢 21

この滝、10M以上はあったような…。

ここは左岸よりシャワーを被りながら直登。
階段状で楽に登れました。

2009年8月1日撮影
北八甲田 寒水沢 22

今回の遡行中、一番綺麗と思った場所がココ♪
ナメ滝がず〜っと上まで続いていました。


2009年8月1日撮影
北八甲田 寒水沢 23

上の写真の釜を越した付近で
上部を見ると…。
ここは左岸より楽に突破できます。

おそらくこの滝が2万5千図の滝記号の
ある滝かな?と思いましたが…。

2009年8月1日撮影
北八甲田 寒水沢 24

さらに遡上すると2段のナメ滝が〜♪

左岸より小さく巻きながら登ったような?
記憶が曖昧でして…(^^ゞ。

2009年8月1日撮影
北八甲田 寒水沢 25

上の写真のナメ滝の落ち口より
下を望むとこんな感じ…(*^_^*)

まるで滑り台のようでした♪

2009年8月1日撮影
北八甲田 寒水沢 26

4〜5Mの小滝ですが、まるで
ナイヤガラの滝のようで綺麗でしたよ♪


2009年8月1日撮影
北八甲田 寒水沢 27

傾斜の緩いナメ滝をヒタヒタと登って行きます。
心癒されるところです。(*^_^*)

2009年8月1日撮影
北八甲田 寒水沢 28

そこを過ぎると滝も出なくなり
あとはひたすらゴーロ歩きに…。

まさに「動と静」のギャップが大きく、
変化に富んだ秀渓だと思います。

2009年8月1日撮影
北八甲田 寒水沢 29

空を見上げると…
8月には行ったばかりなのに、
「秋の空」って感じでした(^^ゞ。

今回、雨が降らなくていがった〜!

2009年8月1日撮影
北八甲田 寒水沢 30

最後のツメは1,140Mの二俣を
右へ行きました(ピンクテープあり)。


2009年8月1日撮影
北八甲田 寒水沢 31

ヤブ漕ぎまったくなしで
上毛無岱(かみけなしたい)上部、
この木道(登山道)に出ました。

7時半に遡行開始、この登山道に
到着した時刻が11時半でした。
遡行時間は4時間(休憩含む)、短くも
充実した遡行を楽しめたと思います。

2009年8月1日撮影
北八甲田 寒水沢 32

下山ルートをどうするか?ロープウェイ
に乗れば10分で下山出来るのですが、
1,150円はちょっともったいな〜い!

今シーズン、湿原に凝っている私に
とって、毛無岱(けなしたい)の大湿原を
一度見たいと思っていました。

2009年8月1日撮影
北八甲田 寒水沢 33

広大な湿原帯で綺麗だったなぁ〜♪
遠方に岩木山を望む。


2009年8月1日撮影
北八甲田 寒水沢 34

下毛無岱の広大な湿原帯を望む。
気分爽快なり♪(*^_^*)


2009年8月1日撮影
北八甲田 寒水沢 35

酸ケ湯温泉に無事下山♪車の回収のため
ロープウェイまで行かなければなりません。
歩くと結構な距離の為、バスで行こうと思い
バス時刻を見ると「あや…1時間半待ちかぁ…」
バスを待っているとタクシーのおじさんが…。
「お兄さん、バスもいいけど、タクシーもいいよ♪
どこまで行くの?バスは2時10分までないよ!
通常は1700円だけど1400円にまけとくよ!」と。

2009年8月1日撮影
北八甲田 寒水沢 36

「まけるよ♪」の言葉には弱い私…(^^ゞ。
早く温泉に浸かってビールを飲みたい一心で
大奮発して?タクシーに乗ることに決定!

幕営予定地の田代平に向かう途中、
銅像茶屋に寄る。雪中行軍ゆかりの人物、
後藤伍長の銅像の麓にある一軒茶屋です。

2009年8月1日撮影
北八甲田 寒水沢 37

遭難し、直立したまま仮死状態で
発見された後藤房之助伍長の像です。

八甲田雪中行軍遭難事件は1902年(明治35年)
1月に日本陸軍第8師団の歩兵第5連隊が
八甲田山で冬季訓練中に遭難しました。
訓練への参加者210名中199名が死亡する
日本の冬山登山史上もっとも多くの遭難者が
発生した事件となりました。

2009年8月1日撮影
北八甲田 寒水沢 38

その後、八甲田温泉・遊仙で入浴♪(*^_^*)
いや〜極楽、極楽♪幸せ〜!

ここのラムネ風呂が有名のようですよ!
(500円也)

2009年8月1日撮影
北八甲田 寒水沢 39

それでも時間が早かったので、観光見物に♪
グダリ沼を見に行きました。
知る人の少ない神秘的な沼のようです。

2009年8月1日撮影
北八甲田 寒水沢 40

これがそのグダリ沼で〜す♪

いつまでもボ〜っとしていたい、そんな
気持ちにさせてくれる心安らぐ場所でした。

2009年8月1日撮影
北八甲田 寒水沢 41

これもで〜す!


2009年8月1日撮影
北八甲田 寒水沢 42

その後、田代平に移動し幕営しました。
幕営代150円、駐車代400円也。

どこがキャンプ場か?探すのに苦労しました。
キャンプ場の看板はありませんでした。

2009年8月1日撮影
北八甲田 寒水沢 43

いよいよ一人宴会の開始で〜す♪(*^_^*)
右のボトルは十六茶ではなくウィスキーです。

宴会の開始時間が早かったせいか?
夕方6時には眠り込んでしまったようで…(^^ゞ。
明日は小滝沢を遡行しま〜す♪(*^_^*)

2009年8月1日撮影

目次へ戻る HOMEへ戻る