桃洞沢〜中ノ又沢(安ノ滝) 1

全国的に超有名な桃洞沢〜赤水沢の周回ルート!
この度、それに匹敵するほど(もしくは、それ以上)
の魅力ある奥森吉・沢の周回ルートを思い付き
ました♪それが、桃洞沢〜中ノ又沢(安ノ滝)の
周回コースです。

奥森吉の沢のバリーエーションルートの
一つとして、至れり尽くせりの魅力満載の
周回コースだと自負しています。

2017年9月30日撮影
桃洞沢〜中ノ又沢(安ノ滝) 2

秋田県・奥森吉は隣の県とは思えないほど、
とっても遠いです(我が家から約150キロ)。

途中、国民宿舎森吉山荘にて入浴し(上の写真)
キャンプ場に到着したのが夕方16時50分、
4時間20分も掛かったことになります。

2017年9月30日撮影
桃洞沢〜中ノ又沢(安ノ滝) 3

宿泊場所である「奥森吉青少年野外活動基地」
にて受付を済ませ、キャンプ場に行ってみると
先客が二人いました。なんと京都からいらしたとか。
全国を車で旅して廻っているようで、様々なお話を
聞かせてもらい有意義なひと時を過ごさせて
いただきました。

2017年9月30日撮影
桃洞沢〜中ノ又沢(安ノ滝) 4

今晩のお酒です。

そうそう、出発時の9月30日(土)は、
岩手も秋田も生憎の雨でした。
特に仙岩トンネル付近は、物凄い土砂降り状態で
「こんなんで明日の沢、大丈夫なのだろうか?」
って、心配になったほどです。しかし、森吉に到着
する夕方頃にはすっかりお天気が回復し、
先ほどの大雨がウソのように青空が広がりました。

2017年9月30日撮影
桃洞沢〜中ノ又沢(安ノ滝) 5

本日の宿泊者は私含めて三名でした。
このサニタリーを利用させていただきました。

照明が灯き快適です♪(^_-)-☆

2017年9月30日撮影
桃洞沢〜中ノ又沢(安ノ滝) 6

晩御飯は、「名古屋風味噌煮込おでん」です。

これだけだと足りないので、豚肉と揚げ出し豆腐を
追加してお酒のおつまみにしながら食べました。
さらに完食後はうどんを入れて食べました。

2017年9月30日撮影
桃洞沢〜中ノ又沢(安ノ滝) 7

夜は結構寒かったので、
熱々の料理で体もポカポカ暖まりました。

明日は朝6時前には歩きはじめたいので、
4時30分には起きなくっちゃね!
お休みなさ〜い♪

2017年9月30日撮影

桃洞沢〜中ノ又沢(安ノ滝) 8

翌朝、まずは桃洞沢に入るため起点となる
森吉山野生鳥獣センターへ車で移動。
その移動中、なんと熊に遭いました。
車道を子熊が歩いていたのです。

5時50分、スタートです!
朝は寒くカッパを着込み歩き始めました。

2017年10月1日撮影
桃洞沢〜中ノ又沢(安ノ滝) 9

過去、何度も登った桃洞滝です。
左岸より簡単に登れます。

2017年10月1日撮影
桃洞沢〜中ノ又沢(安ノ滝) 10

その滝を登りながら上部を撮影したもの。

今日は20キロのロングコース!
桃洞沢の中〜上流部は初めての遡行で
何があるのか?わからず不安、シシアナトヤバ沢も
初めてでこれまた不安。さらに「裏安歩道は、
ヤブに覆われ廃道状態ではないか?」との
不安もあり早朝に出発した次第です。

2017年10月1日撮影
桃洞沢〜中ノ又沢(安ノ滝) 11

桃洞滝ノ落口にて。

自然と早足になっている自分…
ほとんど休憩も取らず、かなり
ハイペースで遡行しました。

2017年10月1日撮影
桃洞沢〜中ノ又沢(安ノ滝) 12

桃洞滝の上も素晴らしいナメが続きます。

2017年10月1日撮影
桃洞沢〜中ノ又沢(安ノ滝) 13

中ノ滝です。
フリクションはバッチリです!

2017年10月1日撮影
桃洞沢〜中ノ又沢(安ノ滝) 14

男滝です。何と左岸にロープが固定されて
いることに驚きました。以前はなかったのに…。

2017年10月1日撮影
桃洞沢〜中ノ又沢(安ノ滝) 15

755mの赤水沢方面の分岐(枝沢)です。

桃洞沢の755m枝沢を左に入り赤水沢への
周回が一般的なのですが、左に入らずそのまま
桃洞沢の本流を忠実にツメ上げると中ノ又沢の
源流部(安ノ滝の滝頭1キロ手前)に降り立つこと
が出来ることに気付いたのです。

2017年10月1日撮影
桃洞沢〜中ノ又沢(安ノ滝) 16

桃洞沢の中〜上流部も見事なナメが続きます。

これまで、桃洞沢と中ノ又沢は「別物」だと
思っていた私にとって、まさに衝撃的で点と点が
繋がった瞬間でした。「灯台もと暗し」とは、
このことか…。

2017年10月1日撮影
桃洞沢〜中ノ又沢(安ノ滝) 17

どこまでも続く舗装道路のようなナメ。
下流部同様、難所もなくとても
気持ち良い渓相が続きます。

さらに2万5千図には記載されていない
裏安歩道の存在を知り、それと黒石川コースを
結べば森吉山野生鳥獣センターを基点に
周回出来ることに気付いたのです!

2017年10月1日撮影
桃洞沢〜中ノ又沢(安ノ滝) 18

桃洞沢の上部は二俣がたくさん
出てきますが、ピンクテープの方向へ
進めば良いです。

835mの二俣、ここは真ん中にピンクテープが
あり迷いますが、正解は右です。

2017年10月1日撮影
桃洞沢〜中ノ又沢(安ノ滝) 19

それ以降の二俣もピンクテープに導かれ
裏安歩道にヤブ漕ぎなしでポンと出ました。

これは845mの二俣です。
写真では見えませんが右俣の方に
ピンクテープがあります。

2017年10月1日撮影
桃洞沢〜中ノ又沢(安ノ滝) 20

はい、裏安歩道に出ました!
一般の登山道と遜色ないほど立派です。

森吉山野生鳥獣センターから1時間50分で
桃洞沢の本流をツメ上げたことになります。

2017年10月1日撮影
桃洞沢〜中ノ又沢(安ノ滝) 21

NPO森吉山ネイチャー協会さんのホームページ
ガイドマップによると、桃洞沢をツメ上げた
登山道から中ノ又沢へ降りる道があることに
なっていますが、実際は5分ほど東側へ下った
所に分岐がありました。

2017年10月1日撮影
桃洞沢〜中ノ又沢(安ノ滝) 22

その分岐から15分ほど斜面をトラバースしながら
下ること15分で中ノ又沢に降り立ちました。

810mの二俣ちょい手前に降り立ちます。
右の写真は、その二俣にて上流部を望む。

2017年10月1日撮影
桃洞沢〜中ノ又沢(安ノ滝) 23

降り立った所から中ノ又沢を安ノ滝を目指して
下降しますが、深い釜や瀬が続き微妙な
ヘツリを要求されます。

沢慣れた人であれば問題ありませんし、
万が一失敗してもドボンして冷たい
思いをするだけです。

2017年10月1日撮影
桃洞沢〜中ノ又沢(安ノ滝) 24

エメラルドグリーンが美しい♪


2017年10月1日撮影
桃洞沢〜中ノ又沢(安ノ滝) 25

中ノ又沢をどんどん下っていきます。

この沢も、ナメナメ尽くしで
両岸スラブが凄いです。

2017年10月1日撮影
桃洞沢〜中ノ又沢(安ノ滝) 26

気持ちの良いまるで舗装道路の
ような広大なナメです。

2017年10月1日撮影
桃洞沢〜中ノ又沢(安ノ滝) 27

標高785mのシシアナトヤバ沢の出合付近より
安ノ滝の落口までが、中ノ又沢の真骨頂です♪

左の写真は、そのシシアナトヤバ沢の出合です。
帰りは、この沢を遡行します。

2017年10月1日撮影
桃洞沢〜中ノ又沢(安ノ滝) 28

その直ぐ下にある平滑ノ滝を境に広大な
ナメが延々と続き側壁のスラブが圧巻で、
その美しさに圧倒されます。

2017年10月1日撮影
桃洞沢〜中ノ又沢(安ノ滝) 29

見よ!この広大なナメを♪
紅葉の時期であれば、その美しさは倍増します。

2017年10月1日撮影
桃洞沢〜中ノ又沢(安ノ滝) 30

両岸スラブの側壁が圧巻です。


2017年10月1日撮影
桃洞沢〜中ノ又沢(安ノ滝) 31

日本百名滝の安ノ滝 90mの
滝頭(落口)に立てるのも魅力ですね。

この中ノ又沢は、過去2度(2005年と2006年の
10月に)遡行しています。この時は、2回とも
奥阿仁(安滝林道)側より入渓しています。
安ノ滝のてっぺんに3度立ったことになります。

2017年10月1日撮影
桃洞沢〜中ノ又沢(安ノ滝) 32

往路をシシアナトヤバ沢で戻ります。
ほんとお天気も良くって気持ち良いです♪

2017年10月1日撮影
桃洞沢〜中ノ又沢(安ノ滝) 33

朝日に輝くナメが美し〜い♪


2017年10月1日撮影
桃洞沢〜中ノ又沢(安ノ滝) 34

平滑ノ滝です。左に見える支流が
これから遡行するシシアナトヤバ沢となります。

2017年10月1日撮影
桃洞沢〜中ノ又沢(安ノ滝) 35

シシアナトヤバ沢もナメナメ尽くしの沢でした。

唯一の反省点は、835mの二俣を左に入った
のですが(最後、多少のヤブ漕ぎ)、どうやら
そこは右(本流)に入って、次の二俣850mを
左に進んだ方が快適にツメ上げることが
出来そうです。

2017年10月1日撮影
桃洞沢〜中ノ又沢(安ノ滝) 36

不安視してた裏安歩道は、予想していたより
立派な道で通常の登山道と遜色なかったです。

下山は、シシアナトヤバ沢にツメ上げた
裏安歩道(標高870m付近)から野生鳥獣センター
まで2時間30分!お昼前(12時前)には
下山できました。

2017年10月1日撮影
桃洞沢〜中ノ又沢(安ノ滝) 37

まるで「もののけ姫」の世界!

高場森付近にある桃洞スギ原生林の
巨木群(樹齢200〜300年、全て御神木
と思えるほど立派な杉林)、

2017年10月1日撮影
桃洞沢〜中ノ又沢(安ノ滝) 38

その桃洞スギについてこの
切り株に書かれていました。

2017年10月1日撮影
桃洞沢〜中ノ又沢(安ノ滝) 39

この奥森吉一帯は、鳥獣保護区に
指定されているようです。

2017年10月1日撮影
桃洞沢〜中ノ又沢(安ノ滝) 40

黒石川林道に到着!

ゴールまでもうちょっと!と思って
いたのですが、何とあと5キロもあるの…。

2017年10月1日撮影
桃洞沢〜中ノ又沢(安ノ滝) 41

黒石川コースの791m付近にある
樹齢400年のミズナラの大木
(周囲約5.2mの巨木)にも感動♪

2017年10月1日撮影
桃洞沢〜中ノ又沢(安ノ滝) 42

もう直ぐ森吉山野生鳥獣センターに到着します!

この日の行動時間は、総距離20キロ
だったにもかかわらず6時間でした。
結構なハイペースで、かつあまり休憩を
取らず歩いた結果が6時間でしたので
(しかも単独)このコースを遡行(周回)される方は、
プラス1〜2時間見た方が良いかもしれません。
(パーティーの力量や条件にもよりますが…)

2017年10月1日撮影
桃洞沢〜中ノ又沢(安ノ滝) 43

帰路、気分転換に田沢湖に寄ってみました。

桃洞沢〜赤水沢以外の奥森吉の沢の
バリーエーションルートの一つとして、
至れり尽くせりの魅力ある周回コースだと
思い紹介させていただきました。

2017年10月1日撮影
桃洞沢〜中ノ又沢(安ノ滝) 44

帰りも4時間掛けて帰宅しました。

何はともあれ、この新たな周回コース
私のお勧めですよ〜♪

右写真は、帰りに食べた幸楽苑の
味噌野菜らーめん(大盛り)です♪

2017年10月1日撮影
桃洞沢〜中ノ又沢(安ノ滝) 45 GPSの軌跡 ※ クリックで拡大
<2017年9月30日(土)> 移動日 (自宅から4時間20分)
自宅==国民宿舎・森吉山荘にて入浴==奥森吉・青少年野外活動基地 親子キャンプ場(泊)

<2017年10月1日(日)> 遡行日 行動時間 6時間 (休憩時間含む)

親子キャンプ場==森吉山野生鳥獣センター(5時50分)〜755m赤水沢分岐(7時5分)〜
裏安歩道(7時40分)〜中ノ又沢(8時)〜安ノ滝(8時35分)〜シシアナトヤバ沢出合(8時45分)〜
裏安歩道(9時20分)〜高場森(9時35分)〜高場割沢分岐(10時5分)〜黒石川林道(10時25分)〜
791m桃洞滝コース分岐(11時)〜森吉山野生鳥獣センター(11時50分)
11ji

目次へ戻る HOMEへ戻る