乳頭温泉 蟹(かに)沢 1

秋田駒ケ岳連峰の笹森山に突き上げる
蟹(かに)沢を遡行して参りました。

乳頭温泉の駐車場に車をデポし出発!

2017年7月30日撮影
乳頭温泉 蟹(かに)沢 2

秋田駒ケ岳周辺の沢の中で、
東面の沢の遡行記録は多いですが、
乳頭温泉周辺の西面に位置する沢の
遡行記録はほとんど見当たりません。

2017年7月30日
乳頭温泉 蟹(かに)沢 3

巨大な人工物に驚愕!
この沢で唯一感動したところです。

2017年7月30日
乳頭温泉 蟹(かに)沢 4

蟹沢は、いくらネット検索しても記録は皆無でした。
遡行対象にならないほど面白くない沢なのかな?
とも思いましたが、体力トレーニングと割り切って
遡行してみることにしました。

何はともあれ「百聞は一見にしかず!」です。

2017年7月30日
乳頭温泉 蟹(かに)沢 5

遡行のほとんどはこのようなちょっと
大き目の岩のゴーロが続きます。

2017年7月30日
乳頭温泉 蟹(かに)沢 6

30分ほど遡行しあまりの単調さに
「戻ろうかな?」って思ったほどです。
しかし、「どれだけ面白くない沢か!」を
解明するのも私の責務だと思い、
さらに体力トレーニングもしたかったので、
黙々と遡行することにしました。

2017年7月30日
乳頭温泉 蟹(かに)沢 7

地形図上で一番等高線が入り組んでいる
標高1100m〜1150m付近は、ちょっとした
ゴルジュ帯にないっていて、この沢唯一の
「見せ場」かもしれません。

2017年7月30日
乳頭温泉 蟹(かに)沢 8

難所は一つもなく快適に越えて行けます。


2017年7月30日
乳頭温泉 蟹(かに)沢 9

沢中に目印の赤布が至る所にあって
何の為の赤布なんだろう?って思いました。

2017年7月30日
乳頭温泉 蟹(かに)沢 10

伏流になっている所もあります。


2017年7月30日
乳頭温泉 蟹(かに)沢 11

源頭の雰囲気です。
遠方に目指す笹森山が見えます。

2017年7月30日
乳頭温泉 蟹(かに)沢 12

当初の予定では、笹森山のピークまで
忠実に沢を詰める予定でしたが、
この先期待は出来ないと結論付け
1,170m左岸枝沢を詰めショートカットし、
登山道に出ました。

2017年7月30日
乳頭温泉 蟹(かに)沢 13

ふぅ〜!登山道に出ました!
遡行結果、遡行対象にならない沢である
ことがわかりました。でも、初心者用には
いいかもしれません。

2017年7月30日
乳頭温泉 蟹(かに)沢 14

遠方に乳頭山を臨みます。
この日は、ちょっと肌寒く感じられました。

2017年7月30日
乳頭温泉 蟹(かに)沢 15

笹森山を望みます。


2017年7月30日
乳頭温泉 蟹(かに)沢 16

登山道はご覧の通り草茫々で
半ヤブ状態でした。(^^ゞ

2017年7月30日
乳頭温泉 蟹(かに)沢 17

樹林帯に入り、やっと歩きやすくなり
ホッとしました。

2017年7月30日
乳頭温泉 蟹(かに)沢 18

道路が見えてきました。
もう直ぐ駐車場に到着です。

2017年7月30日
乳頭温泉 蟹(かに)沢 19

下山後、展望台から田沢湖を望みます。


2017年7月30日
乳頭温泉 蟹(かに)沢 20

帰宅途中、緑の(改装店の)幸楽苑にて
当店お勧めの「味噌野菜らーめん(637円)」
を頼みました。使われる麺は通常とは異なり、
特製デュラム粉ブレンド麺を使っているそうです。

2017年7月30日
乳頭温泉 蟹(かに)沢 21

食べた感想は、「こりゃ旨い♪」の一言です。
麺も違っていたし、何よりシャキシャキの甘み
のある野菜の美味しさとスープのこだわりが
全然違いました。

100円の差なら、こちらの(緑の店舗)
味噌ラーメンを食べた方がいいかも!
って思いました。

2017年7月30日
乳頭温泉 蟹(かに)沢 22 GPSの軌跡
<2017年7月30日(日)>
行動時間 3時間 50分(休憩時間含む) 登り:2時間 40分 / 下り:1時間 10分

乳頭温泉P(7時20分)〜標高1000m(8時20分)〜標高1170m左岸枝沢(9時30分)〜
登山道(10時)〜乳頭温泉(11時10分)
11ji

目次へ戻る HOMEへ戻る