八幡平 伝左衛門沢〜大深沢 1

同コース、15年前にも単独遡行しています。
久し振りの単独2泊3日の遡行で軽量化を
図る私です。

たくさんのフリーズドライでお金が掛かります(^^ゞ。

2015年9月21日撮影
八幡平 伝左衛門沢〜大深沢 2

シルバーウィークで巷は5連休!
畚岳の登山口の駐車場は満杯だったので
300m手前の広場に停めました。

畚岳を望みます。

2015年9月21日撮影
八幡平 伝左衛門沢〜大深沢 3

畚岳登山口より歩くこと2分(140m)
ここよりヤブを漕いで伝左衛門沢へと下降します。

ヤブは思ったほど酷くなく、15分ほどで
沢形になり歩きやすくなりました。

2015年9月21日撮影
八幡平 伝左衛門沢〜大深沢 4

伝左衛門沢 1,190m付近のナイヤガラの?滝です。
淵に滝が掛かっていて見事でしたよ♪

2015年9月21日撮影
八幡平 伝左衛門沢〜大深沢 5

数日前にかなり雨が降ったようで
増水気味のようです。

ちょっとしたゴルジュでこの先端は滝が…
ここは左岸通しに突破しました。

2015年9月21日撮影
八幡平 伝左衛門沢〜大深沢 6

上の写真の落口の滝です。
そのまま左岸を下りました。



2015年9月21日撮影
八幡平 伝左衛門沢〜大深沢 7

大深沢といえば、日本百名谷の一つです。
ちなみに岩手の沢の中で百名谷に選ばれている
沢は、葛根田川、大深沢、産女川の三本のみ。

2015年9月21日撮影
八幡平 伝左衛門沢〜大深沢 8

またもやプチゴルジュです。
ここも左岸を進みました。

2015年9月21日撮影
八幡平 伝左衛門沢〜大深沢 9

上の写真のゴルジュの出口には小滝が…
そのまま左岸を下りお釜をへつりました。

2015年9月21日撮影
八幡平 伝左衛門沢〜大深沢 10

当然ですが、下るにつれ水量が増していきます。
そして、水勢も強くなっていきます。

2015年9月21日撮影
八幡平 伝左衛門沢〜大深沢 11

荷物は重いけど、沢自体には難所はないはず!

「癒しの沢旅」気分で計画を練ったものの、
15年前に遡行した時と比較にならないほど
水量が多く、同じ沢とは思えませんでした。

2015年9月21日撮影
八幡平 伝左衛門沢〜大深沢 12

ソーダ水のようで美し〜い♪

下降に利用したこの伝左衛門沢は、
特にロープを必要とするような難所はありません。

所々ナメが出てきてアクセントを
与えてくれ癒してくれます。

2015年9月21日撮影
八幡平 伝左衛門沢〜大深沢 13

標高635mにある取水堰堤です。
この堰堤の左岸側壁に大深沢に
至る管理道がありました。

2万5千図の位置より50mほど上にありました。

2015年9月21日撮影
八幡平 伝左衛門沢〜大深沢 14

大深沢本流に掛かる吊橋です。
2万5千図の609m地点です。

ここより下の写真のダムまで
立派な車道があります。

2015年9月21日撮影
八幡平 伝左衛門沢〜大深沢 15

標高 630mの大深沢ダムです。
車道はここまでです。

ここより沢へ降り大深沢を遡行します。

2015年9月21日撮影
八幡平 伝左衛門沢〜大深沢 16

さすが本流!沢というより川です。
予想以上に水量が多いです。

2015年9月21日撮影
八幡平 伝左衛門沢〜大深沢 17

本日の幕営地は、ソヤノ沢出合手前の
標高 655m左岸にテントを張りました。

砂地でちょっとした台地になっており
明るくて快適な幕場でしたよ♪(^_^)v

2015年9月21日撮影
八幡平 伝左衛門沢〜大深沢 18

軽量化のため今回はビールと日本酒は断念!
ウィスキーにしました。

2015年9月21日撮影
八幡平 伝左衛門沢〜大深沢 19

ご飯を炊いているとこ♪

お米だけはアルファー米を使わずに
生米から焚くようにしています。

2015年9月21日撮影
八幡平 伝左衛門沢〜大深沢 20

今回の秘密兵器、ウォークマン♪
これがあれば一人でも寂しくありません。

2015年9月21日撮影
八幡平 伝左衛門沢〜大深沢 21

焚き火にあたり音楽を聴きながら
お酒を飲んでいると、時間はあっという間!

この日は、結構寒かったです。
焚き火の前から離れたくな〜い!

2015年9月21日撮影
八幡平 伝左衛門沢〜大深沢 22

今日の晩飯は、フリーズドライの野菜カレー
10秒で調理出来ちゃいます♪
結構なお値段(350円)ですが、味は確かです!
何よりも軽いのが魅力です。

2015年9月21日撮影

八幡平 伝左衛門沢〜大深沢 23

遡行2日目、外はまだ真っ暗!
4時半に起きて焚き火の準備をしました。
5時15分頃から明るくなってきて
今日も天気が良さそう♪(^_^)v

本日はメインとなる大深沢本流の遡行日!

2015年9月22日撮影
八幡平 伝左衛門沢〜大深沢 24

朝食の私の定番「たらスペシャル」です。

山仲間のタラさんが考案しました。
玉子スープ2個とラーメン用のチャーシューめんま
熱々のご飯にお湯を注いで完成です♪

2015年9月22日撮影
八幡平 伝左衛門沢〜大深沢 25

ソヤノ沢を過ぎると両岸狭まりゴルジュの渓相
になります。それに伴い深く流れも強くなります。

徒渉ポイントを見極めなければ・・・!

2015年9月22日撮影
八幡平 伝左衛門沢〜大深沢 26

「このゴルジュ、側壁が高過ぎて高巻きは厳しいし
果たして無事抜けられるのだろうか?」
久し振りにワクワク・ドキドキしながらの
遡行を満喫できました。

深い上に流れが強く徒渉ポイントの
見極めはとても重要!ましてや単独だし。

2015年9月22日撮影
八幡平 伝左衛門沢〜大深沢 27

15年前に遡行した沢と同じとは思えないほど
圧倒的な水量に驚かされ、それにしても
スケールの大きな沢だなぁ〜!

まるでアルプスの沢みた〜い♪

2015年9月22日撮影
八幡平 伝左衛門沢〜大深沢 28

側壁は凄いけど威圧感はなく
明るく開放的な渓でした♪(^_^)v

葛根田川に比べ遡行者の少ない沢ですが
もっと遡行されて良い沢だと思いました。

2015年9月22日撮影
八幡平 伝左衛門沢〜大深沢 29

今回、唯一高巻いたところ。

右岸に顕著は踏み跡があったので
楽勝かな?と思い行ってみると…。

2015年9月22日撮影
八幡平 伝左衛門沢〜大深沢 30

最後は懸垂下降を強いられました。
左岸より突破すればよかった!と後悔。


2015年9月22日撮影
八幡平 伝左衛門沢〜大深沢 31

標高700m付近にて。
ジェット水流です。

下の大きな写真は、標高710m付近の
柱状節理の側壁です。大深沢の象徴!
渓相の綺麗な沢で特にこの柱状節理が圧巻!
まったく飽きることなく楽しく遡行出来ました。

2015年9月22日撮影
八幡平 伝左衛門沢〜大深沢 32
八幡平 伝左衛門沢〜大深沢 33

おそらく岩手の沢の中で一番と思えるほど
スケールの大きな沢だな!と思いました
(15年前に遡行した時は、渇水で思わなかったが)

今回は単独なので確実なラインを見極め、
気を引き締めて遡行しなければ…。

2015年9月22日撮影
八幡平 伝左衛門沢〜大深沢 34

ヤセノ沢の出合付近にて。
ここでちょっとだけ一旦開けますが…

このヤセノ沢出合からS字状に曲がりくねった
標高800mにかけてが、この沢の核心部!
ゴルジュ帯で滝が連続し楽しませてくれて
見どころ満載です♪(^_-)-☆

2015年9月22日撮影
八幡平 伝左衛門沢〜大深沢 35

ヤセノ沢出合を過ぎてもゴルジュ地形は続きます。
側壁がお見事です♪(^_-)-☆

2015年9月22日撮影
八幡平 伝左衛門沢〜大深沢 36

大深沢、『日本登山体系』の紹介文は、以下通り

「大深岳に端を発する本流であるだけに
スケールの大きさは魅力である。
ナメと滝の美しいソヤノ沢の出合を過ぎると
沢幅が狭くなり、滝と瀞が続く。
水量が多いので気が抜けない。」

はい、確かにまったくその通りでした。

2015年9月22日撮影
八幡平 伝左衛門沢〜大深沢 37

ヤセノ沢出合を過ぎて直ぐに(標高740m)
ある台座に載った丸岩です。

これも大深沢の象徴の一つのようです。

2015年9月22日撮影
八幡平 伝左衛門沢〜大深沢 38

2万5千図の標高750mの滝マークのある
手前にある場所で、側壁がお見事でした!


2015年9月22日撮影
八幡平 伝左衛門沢〜大深沢 39

標高750mの滝マークのある付近です。


2015年9月22日撮影
八幡平 伝左衛門沢〜大深沢 40

これもそうです。


2015年9月22日撮影
八幡平 伝左衛門沢〜大深沢 41

標高770m付近の大深沢の最狭部にて。
ここは難所で、左岸の岩をクラック沿いに
へつり突破しました。

右岸に怪しい残置ロープがありましたが、
ここは左岸からの突破が正解だと思いました。

2015年9月22日撮影
八幡平 伝左衛門沢〜大深沢 42

標高770m右岸枝沢に掛かる滝。
2万5千図の滝マークのある滝だと思われます。

2015年9月22日撮影
八幡平 伝左衛門沢〜大深沢 43

標高 790m付近の10m滝。

右岸から直登出来そうでしたが、単独なので
無理はしたくなく左岸より高巻きました(容易)。


2015年9月22日撮影
八幡平 伝左衛門沢〜大深沢 44

その滝を間近でみるとこんな感じです。
怖いくらいのジェット水流で迫力満点!


2015年9月22日撮影
八幡平 伝左衛門沢〜大深沢 45

その上の写真の滝を越えると直ぐに
このようなプチナイヤガラの滝が〜♪

この滝も綺麗で見事でしたよ〜♪


2015年9月22日撮影
八幡平 伝左衛門沢〜大深沢 46

さらにその上、標高800mの小滝です。
ここら辺は、滝が連続して楽しいです♪

上部 三又に次ぐ楽しく美しい場所だと思いました。

2015年9月22日撮影
八幡平 伝左衛門沢〜大深沢 47

標高840m付近の渓相です。
ここも、とっても美しくウットリでしたよ♪

2015年9月22日撮影
八幡平 伝左衛門沢〜大深沢 48

850m付近から側壁の崩壊地へと突入します。
雰囲気(渓相)がガラリと変わる
ポイントでもあります。

側壁からの落石にご注意!


2015年9月22日撮影
八幡平 伝左衛門沢〜大深沢 49

お天気は最高♪
日差しに照らされてキラキラ輝いていました。


2015年9月22日撮影
八幡平 伝左衛門沢〜大深沢 50

標高930m付近にて。

関東沢出合を過ぎると水量は一気に減り、
「どこにでもある普通の沢」状態となり、
好きな所を気楽に徒渉出来るようになります。

ここまでくれば、エスケープは
自由に取れるし一安心です♪

2015年9月22日撮影
八幡平 伝左衛門沢〜大深沢 51

標高940m付近にて。

幅広の8mほどの美しい滝で左岸に
残置ロープがぶら下がっていました。


2015年9月22日撮影
八幡平 伝左衛門沢〜大深沢 52

言わずと知れた標高 960mにある
通称「ナイヤガラの滝」です。
今回で4度目のご対面!何度見ても迫力あります。

2万5千図にある滝マークの位置が違っている。
滝マークの位置より 220m手前に存在します。


2015年9月22日撮影
八幡平 伝左衛門沢〜大深沢 53

さらにナイヤガラの滝に接近!

いつもは、虎ロープがぶら下がっている所から
直登していましたが、今回は さらに左側から
ら取り付き登ってみました。

こちらの方が傾斜が緩く楽に登れました。

2015年9月22日撮影
八幡平 伝左衛門沢〜大深沢 54

ナイヤガラの滝を越えると
見事な(100m以上の)ナメ床が続きます♪

ナイヤガラとナメの競演で癒してくれます。


2015年9月22日撮影
八幡平 伝左衛門沢〜大深沢 55

標高992mの三又にて。
今回は北ノ又沢をツメます。

2015年9月22日撮影
八幡平 伝左衛門沢〜大深沢 56

私が到着する2日前に仲間が遡行し私への
プレゼントをこの三又に置いていってくれた
ようですが、私が到着した頃には
なくなっていました。


残念ながら飲めませんでしたが、仲間たちの
「粋な計らい」が嬉しく感動しました♪

2015年9月22日撮影
八幡平 伝左衛門沢〜大深沢 57

当初はこの三又にて幕営する予定でしたが、
時間はまだ11時15分!「これなら大深山荘
まで行けるな!」と判断しました。

大休止!カップラーメンを食べのんびり
過ごし、体力の回復に努めました。

2015年9月22日撮影
八幡平 伝左衛門沢〜大深沢 58

北ノ又沢へ入ってもナメ床滝が続き
楽しませてくれます。

この北ノ又沢は、2年前にタラさんと遡行
していますので勝手を知っており気が楽です。


2015年9月22日撮影
八幡平 伝左衛門沢〜大深沢 59

1040m右岸枝沢の滝です。
本流は右ですが、そこにも滝が掛かっています。


2015年9月22日撮影
八幡平 伝左衛門沢〜大深沢 60

まるで「プチナイヤガラ」ですね♪
とても綺麗でしたよ!

2015年9月22日撮影
八幡平 伝左衛門沢〜大深沢 61

標高 1250mから100mほど急登が続きます。
快適に登れますが、疲れます (^^ゞ。

2015年9月22日撮影
八幡平 伝左衛門沢〜大深沢 62

ツメは1,370m右岸枝沢をツメました。

1,400m手前よりかなり強く意識して左へ
進まないと登山道と平行して長いヤブ漕ぎ
を強いられますので注意を要します。
ついつい右へ進みたくなってしまうようです。

ヤブ漕ぎは実質 20〜30分程度でした。

2015年9月22日撮影
八幡平 伝左衛門沢〜大深沢 63

ふぅ〜!遡行すること9時間、やっと
今宵の泊まり場、大深山荘に到着♪

この小屋、改築されてから初めて泊まります。
全部で6名泊まっていました。北海道、東京、
青森等、シルバーウィークで5連休でしたので
遠方からの登山者で賑わっていました。

2015年9月22日撮影
八幡平 伝左衛門沢〜大深沢 64

当スクールの生徒さんから頂戴した
フリーズドライの「極食」です。

これ、とっても美味しかったですよ♪
ネットで調べたら1,300円もするんですね!

2015年9月22日撮影
八幡平 伝左衛門沢〜大深沢 65

焚き火が出来ないのは残念ですが、
小屋の中はとても暖かかったです♪
昨夜は寒くて何度も眼を覚ましましたから…

今日もウォークマンが大活躍です!

2015年9月22日撮影
八幡平 伝左衛門沢〜大深沢 66

これも生徒さんから頂戴した
フリーズドライの「極食」です。
1,000円もしますが、とても美味しかったです♪


2015年9月22日撮影
八幡平 伝左衛門沢〜大深沢 67

大深山荘の2階からみた夕焼けです。
明日もお天気、良さそうです♪(^_-)-☆


2015年9月22日撮影

八幡平 伝左衛門沢〜大深沢 68

三日目の朝を迎えました。
今朝は、5時50分に出発!

今日の行動は、大深山荘から嶮岨森〜諸桧岳〜
畚岳の一般登山道を縦走し車デポ地
(畚岳の登山口付近)へ戻ります。

朝一番の縦走は、清々しくて気持ちい〜い♪


2015年9月23日撮影
八幡平 伝左衛門沢〜大深沢 69

紅葉がとても綺麗でした♪


2015年9月23日撮影
八幡平 伝左衛門沢〜大深沢 70

黄金に輝く湿原も綺麗でしたよ♪


2015年9月23日撮影
八幡平 伝左衛門沢〜大深沢 71

畚岳の山頂です!
ゴールまでもうちょっとです。

2015年9月23日撮影
八幡平 伝左衛門沢〜大深沢 72

その畚岳の山頂より岩手山を望む。


2015年9月23日撮影
八幡平 伝左衛門沢〜大深沢 73

同じく畚岳の山頂より秋田駒ケ岳を望む。


2015年9月23日撮影
八幡平 伝左衛門沢〜大深沢 74

畚岳を背に下っていきます。
大深山荘から畚岳の登山口付近(車デポ地)まで
3時間半でした。これで今回の山行はお終い!

お天気にも恵まれ、とっても
充実した楽しい三日間でした♪

2015年9月23日撮影
八幡平 伝左衛門沢〜大深沢 75

久し振りの単独2泊3日の沢山行!
とっても充実して楽しかったです♪
大深沢、スケールが大きく変化に富み
美しく予想以上に素晴らしい渓でした。

個人的には、葛根田川より大深沢の
方が好きになりそうです。
下山後は、東北最高地「海抜1,400m」の
秘湯で有名な藤七温泉に入りました。

2015年9月23日撮影
八幡平 伝左衛門沢〜大深沢 76

帰路、「道の駅 にしね」に寄って昼食に♪
季節限定の「芋の子汁定食(750円)」を食べ
ましたが、これがまた旨かったぁ〜♪(^_^)v


2015年9月23日撮影
八幡平 伝左衛門沢〜大深沢 77 GPSのトレース ※クリックで拡大
<2015年9月21日(土)> 行動時間 7時間 30分(休憩時間含む)
畚岳登山口300m手前車デポ地(7時)〜畚岳登山道下降(7時5分)〜1,250m(7時50分)〜
1,140m(8時40分)〜滝ノ沢出合(10時40分)〜湯田又沢出合(12時10分)〜大深沢 609m(13時30分)〜
ソヤノ沢手前 655m(14時30分)幕営▲

<2015年9月22日(日)> 行動時間 9時間 (休憩時間含む)
▲(6時)〜ソヤノ沢出合(6時10分)〜ヤセノ沢出合(7時30分)〜障子倉沢出合(9時35分)〜
関東沢出合(10時15分)〜三又(11時15分)大休止後 北ノ又沢遡行〜1,130m出合(12時30分)〜
1,370m出合(13時55分)〜登山道(14時45分)〜大深山荘(15時)小屋泊

<2015年9月23日(月)> 行動時間 3時間 30分(休憩時間含む)
大深山荘(5時50分)〜嶮岨森(6時30分)〜諸桧岳(7時50分)〜畚岳(9時)〜車デポ地(9時20分)

目次へ戻る HOMEへ戻る