栗駒山 麝香熊沢 1

自宅から下道を走ること170キロ(築館〜
花山ダム経由)、4時間かけて入渓口の
湯浜温泉に到着しました。

これは、翌日5日に撮影したもの。

2014年10月5日撮影
栗駒山 麝香熊沢 2

ランプの宿で有名な湯浜温泉(三浦旅館)です。
平成20年岩手・宮城内陸地震で道路が崩落し
現在もあちこちで工事が行われていました。

駐車場から徒歩7分、歩かなければ
この旅館に辿り着けません。

2014年10月5日撮影
栗駒山 麝香熊沢 3

10月4日(土)仕事が終わったと、その湯浜温泉
の駐車場にテントを張り、一人宴会します。

麝香熊沢(じゃこうくまさわ)の遡行は、
8年前の2006年10月1日以来です。

2014年10月4日撮影

栗駒山 麝香熊沢 4

下流部は、ゴーロ歩きが続きますが、
明るくて開放的な沢です。

2014年10月5日撮影
栗駒山 麝香熊沢 5

出発してから1時間20分、核心部の?ゴルジュ帯
に到着(標高765m付近)!高巻いている記録が
多いですが、水線突破可能です(難しくない)。

この大きな釜を左岸よりヘツると
ゴルジュ(下の写真)が待ち受けています。

2014年10月5日撮影
栗駒山 麝香熊沢 6

そのゴルジュです。
手前の深い釜は、左岸をヘツリました。
その次の釜は右岸を、そして奥の滝は、
右岸を直登しました。

2014年10月5日撮影
栗駒山 麝香熊沢 7

そのゴルジュを上から下流部を望む。
フリクションはバッチリ効きます。

2014年10月5日撮影
栗駒山 麝香熊沢 8

そのゴルジュの奥にある深い釜を持った滝です。


2014年10月5日撮影
栗駒山 麝香熊沢 9

さらに近づくと…
腰まで水に浸かり右岸より直登しました。
8年前も直登しています(容易)。

2014年10月5日撮影
栗駒山 麝香熊沢 10

上の写真の滝を超えると深い淵が…。
ここは泳がなければ突破出来そうになく、
左岸より小さく高巻きました。

2014年10月5日撮影
栗駒山 麝香熊沢 11

その後、しばらくまたゴーロ歩きが続きますが、
標高900m付近から960mの二俣の間は、
綺麗なナメ地帯がしばらく続き(プチゴルジュあり)
心を和ませてくれます。

2014年10月5日撮影
栗駒山 麝香熊沢 12

それがそのナメです。
気持ちの良い所です。

2014年10月5日撮影
栗駒山 麝香熊沢 13

940m付近にあるプチゴルジュですす。
ここは右岸よりボルダーチックに突破します。

2014年10月5日撮影
栗駒山 麝香熊沢 14

上の写真の続きです。


2014年10月5日撮影
栗駒山 麝香熊沢 15

この小滝を皮切りにどんどん小滝と
ナメが交互にたくさん出てきます。

この沢の真骨頂は、標高1,000mから1,200m
付近まで続くナメと小滝のオンパレードでしょう!
しかも、全て直登可能ですから楽しめます♪

2014年10月5日撮影
栗駒山 麝香熊沢 16

この直瀑は、左岸より直登(容易)


2014年10月5日撮影
栗駒山 麝香熊沢 17

綺麗なナメ地帯。
登るにつれて紅葉の艶やかさが増します。

2014年10月5日撮影
栗駒山 麝香熊沢 18

深い釜を持った8mほどの滝です。
標高 1,120m付近にあります。
ここは右岸より直登しました。

2014年10月5日撮影
栗駒山 麝香熊沢 19

標高 1,150m付近にある滝です。
この滝も8mくらいあったでしょうか。

容易に直登出来ます。

2014年10月5日撮影
栗駒山 麝香熊沢 20

紅葉とナメと小滝のコラボが
何とも美しく素晴らし〜い♪

まるで夢の世界にいるようです。

2014年10月5日撮影
栗駒山 麝香熊沢 21

豪華絢爛たる紅葉の美しさにウットリします♪


2014年10月5日撮影
栗駒山 麝香熊沢 22

「歩くのがもったいない!」と思うほどの絶景!
まさに白眉!

この日の天気予報は、「晴れ」だったのですが、
予報に反して朝から終始曇り空でした。
それでも、息を飲むほどの美しさ!
いや〜来てよかった♪(^o^)

2014年10月5日撮影
栗駒山 麝香熊沢 23

1,270mの最後の二俣を左に入り
(ここで間違えるとヤブ漕ぎが大変)

1,300m付近に出てきた小滝。

2014年10月5日撮影
栗駒山 麝香熊沢 24

まなナメが続きます。

2014年10月5日撮影
栗駒山 麝香熊沢 25

標高 1,310m、この沢最後の滝。
ここは右岸より小さく高巻く。

2014年10月5日撮影
栗駒山 麝香熊沢 26

草紅葉が綺麗♪


2014年10月5日撮影
栗駒山 麝香熊沢 27

標高1,340付近で進路を北に切り替え
ヤブに突入すること約20分で登山道に出ました!

結構強烈なヤブですが、灌木や
ハイマツがないのが、ありがたいです。

2014年10月5日撮影
栗駒山 麝香熊沢 28

須川分岐にて。
稜線に出たもののガスで景色が見えません。
それに、強風でとても寒かったです。

悪天にもかからず登山者が結構いました。

2014年10月5日撮影
栗駒山 麝香熊沢 29

その須川分岐から湯浜温泉まで
なんと 7.5キロもあります。

ちなみに登山道に出た地点(1、390m)より
湯浜温泉の車デポ地まで9キロもあります。
沢も長いけど下山も長いです。

2014年10月5日撮影
栗駒山 麝香熊沢 30

この湯浜コース、ご丁寧にも
0.5キロ間隔にこの道標設置されています。

2014年10月5日撮影
栗駒山 麝香熊沢 31

標高1,360m付近の湿原帯です。
ガスで展望は見えませんが、草紅葉が綺麗でした。

2014年10月5日撮影
栗駒山 麝香熊沢 32

もう直ぐ湯浜温泉に着くところで
千葉県から来られた「ちば山の会」さん(5名)
にお会いしました。私と同じ麝香熊沢を
遡行されたようです(山中1泊)。

駐車場に着くまでの間、お話をさせて頂きました。
山談義に沢談義、有意義なひと時でした。

2014年10月5日撮影
栗駒山 麝香熊沢 33

歩きながら談笑させて頂きました。

8年前は、全行程 8時間を要しました。
今回は、8時間 15分でした。

ネットで他の遡行記録を拝見すると
日帰りの場合10〜12時間が多い中、
まずまず早い方かな?と思っています。

2014年10月5日撮影
栗駒山 麝香熊沢 34

帰りは、須川温泉経由で帰宅することにしました。
これは、須川温泉周辺の紅葉です。

紅葉は、終わりかけていましたが、
まだ楽しめました。

2014年10月5日撮影
栗駒山 麝香熊沢 35

栗駒山へ来たときは、いつも
祭畤(まつるべ)温泉「かみくら」に入浴します。
須川温泉のように混むことはなく静かに入浴
できます。お風呂も立派です(600円)。

2014年10月5日撮影
栗駒山 麝香熊沢 36

帰路、都南の幸楽苑にて晩飯を食べました。
「鉄板チャーハン、中華そばセット」 594円
17時以降のセットメニューです。

最近、この鉄板チャーハンにハマっています。
焦げ目が美味しんですよ♪(^o^)

2014年10月5日撮影
栗駒山 麝香熊沢 37 GPSのトレース(クリックで拡大)
<2014年10月4日(土)〜5日(日)>
行動時間 8時間 15分(休憩時間含む) 登り:5時間 10分/ 下り:3時間 5分

<10月4日:移動日> 盛岡==築館==花山ダム==湯浜温泉駐車場 170K、下道で約 4時間
<10月5日:遡行日>
湯浜温泉駐車場(5時20分)〜赤沢出合(6時25分)〜765mゴルジュ帯入口(6時40分)〜
960m二俣(8時10分)〜1270m二俣(9時40分)〜登山道(10時30分)〜
須川分岐(11時10分)〜湯浜温泉駐車場(13時35分)

目次へ戻る HOMEへ戻る