和賀川・大鷲倉沢 1

最初の核心部は大鷲倉沢へのアプローチ方法
でした。どうしたら一番効率よく入渓できるか?
車2台で行き、一台は下山用に高下登山口へ
デポ。もう一台で小坂より赤沢林道を走り
2万5千図の386Mの林道分岐を左に、490M
あたりの林道分岐で車を停め、荒れ果てた林道
(途中寸断されていた)を歩きました。林道は
ところどころヤブ漕ぎとなり、林道が和賀本流に
一番接近している林道上650Mの枝沢より
和賀川本流へ下降。左の写真がそうです。

2004年8月10日撮影
和賀川・大鷲倉沢 2

和賀川本流へ到着!下降地点より
約1時間30分で大鷲倉沢の出合に到着!

さすが本流だなぁ!ヽ(^o^)丿
水量も豊富で綺麗でしたよぉ〜!

2004年8月10日撮影
和賀川・大鷲倉沢 3

いよいよ大鷲倉沢の遡行のはじまり
はじまりぃ〜!\(^o^)/

以前より来てみたかったんです。この沢!
この日は猛暑でした。でも、気分は最高!
足取りも軽い?ワタシです。

2004年8月10日撮影(写真提供えるさん)
和賀川・大鷲倉沢 4

下流部のちょっとしたゴルジュ帯です。
楽しく遡行できるところです。

2004年8月10日撮影
和賀川・大鷲倉沢 5

下部ゴルジュ帯。
5〜6Mの滝が連続し、楽しく突破できます。
小粒の沢ながらも結構楽し〜い!\(^o^)/

2004年8月10日撮影
和賀川・大鷲倉沢 6

えるさんはちょっと?お疲れモードのよう。
それとは対照的にコバさんは絶好調!
お二人が同時に絶好調の時って、
少ないみたいですね〜!(^_^;)

2004年8月10日撮影
和賀川・大鷲倉沢 7

これはこの沢一番の大きな滝15Mです。
シャワークライムを覚悟すれば右より直登
出来そうな気もいたしましたが、ずぶ濡れに
なるのが嫌で、左岸草付きから小さく巻いて
岩を伝って滝頭へトラバース。

2004年8月10日撮影
和賀川・大鷲倉沢 8

深い釜を持った6M滝にて。
ここは、テロテロの岩でした。よ〜く
見ると残置ハーケンを発見!左壁を直登。
シュリンゲをアブミ代りにして乗越しました。
残置してきましたので、どうぞお使い下さい。

七転八倒、四苦八苦するえるさんです。
頑張れぇ〜!もうちょっとだぞぉ〜!(*^_^*)

2004年8月10日撮影
和賀川・大鷲倉沢 9

上の写真の滝でえるさんをビレーする
コバさんです。真剣そのものです。

2004年8月10日撮影
和賀川・大鷲倉沢 10

そこを過ぎるとこのような
ナメ滝が連続し、心を和ませてくれます。
綺麗なところでしたぁ〜!(#^.^#)

2004年8月10日撮影
和賀川・大鷲倉沢 11

10Mチェックストーンの滝です。
滝の落口下までは容易に行けそうでしたが
落口がテロテロの岩で手強そう。S先生たちは
よく登ったもんだなぁ〜!って感心しました。

右岸草付きより小さく巻く。

2004年8月10日撮影
和賀川・大鷲倉沢 12

時刻は4時。そろそろ幕営地を
探さなければ・・・。おぉ〜!
たくさんの薪を発見!ここにしよう!
増水したらアウトですが、雨の心配は無い。

てなことで6M滝(写真中央上)の手前を
天場としました。


2004年8月10日撮影(写真提供えるさん)
和賀川・大鷲倉沢 13

ご飯をたいているとこ。
何故か?いつもメシ炊き係りをしています。
何たって、この道22年ですからねぇ〜♪
この日もふっくら美味しく炊けましたよぉ〜!
(#^.^#)

2004年8月10日撮影(写真提供えるさん)
和賀川・大鷲倉沢 14

宴もたけなわ
この日も飲んだなぁ〜!(#^.^#)

ちょっと?豪快な焚き火になってしまい
暑いくらいでしたぁ〜!(^_^;)

2004年8月10日撮影(写真提供えるさん)
和賀川・大鷲倉沢 15

翌日の朝食は納豆定食!
コバさんの自慢メニュー?
山で納豆を食べるのは初めてかもしれない。
これがまたウマイッ!感動的な美味しさでした。

やっぱ、日本人は納豆とノリですよねぇ〜!
これであとは卵があれば、完璧!
東京時代にお世話になった吉野家の納豆定食
を思い出しました。 (*^_^*)

2004年8月11日撮影(写真提供えるさん)
和賀川・大鷲倉沢 16

幕場よりちょっと歩くとそこは6M滝。
朝一番の登りです。

えるさんに「リードしてみる?」と聞いたところ
「ぜひ、やらせて下さいっ!」との元気な
お返事!ここはエルさんにトライして
もらいました。リード初体験なんですよ!

2004年8月11日撮影
和賀川・大鷲倉沢 17

ルートをじっくり見極めるえるさんと
コバさん。なにやら二人で秘密会議でも
しているのでしょうか?

えるさん、緊張している感じ。大丈夫かなぁ?
無理そうならいいよ、俺行くから・・・と私。

2004年8月11日撮影
和賀川・大鷲倉沢 18

「私、行きます!」
覚悟を決めて滝を登り始めたえるさん!
コバさんのビレーにも気合が入る!
よ〜し!その調子だぞぉ〜!

2004年8月11日撮影
和賀川・大鷲倉沢 19

いやはや、見ている私が一番ドキドキ
しかもねぇ〜♪でも、落ち着いてしっかりと
登ってくれました。度胸が据わっている
娘だなぁ〜!って感心しましたよ!
エライぞっ!(*^^)v

2004年8月11日撮影
和賀川・大鷲倉沢 20

ビレーもしっかりこなし、コバさんを
フォロー!

この2ヵ月半で大きく成長したもんだなぁ〜!
って嬉しくなりました。(*^_^*)
人の成長を見るのって楽し〜い!

2004年8月11日撮影
和賀川・大鷲倉沢 21

その後に出てくる8Mナメ滝にて。
足元をじっくり見て登る私です。

2004年8月11日撮影(写真提供えるさん)
和賀川・大鷲倉沢 22

落口がちょっと悪そうでしたので
安全第一、お助け紐を出しました。

一歩滑ると滑り台状態で下まで
落ちますからねぇ〜!(^_^;)

頑張るコバさんです。

2004年8月11日撮影(写真提供えるさん)
和賀川・大鷲倉沢 23

いよいよ上流部に・・・。
明るく開放的な雰囲気!\(^o^)/
左に稜線が見えます。ヤレヤレこれで
あとはツメるだけ、と気楽な気分でいたら、
上部のツメがこれまたガレ場の急傾斜で
お助け紐を出すこと、幾たび。
コケると一体どこまで落ちることやら・・・。

我々は、1080Mの二俣(右俣に8M滝)を
左に、1130Mの二俣を右に入り、和賀岳
西の稜線1380Mに出ました。

2004年8月11日撮影
和賀川・大鷲倉沢 24

最後のツメはこのような背丈の高い草原
をひたすら登り稜線へ・・・。

たくさんの高山植物を見ながらのツメは
楽しいものです。(*^_^*)

2004年8月11日撮影
和賀川・大鷲倉沢 25

ついに到着!ここが和賀岳山頂で〜す!
山頂はお花畑でいっぱい!\(^o^)/

360度の大パノラマ、何度見ても
感動しますねぇ〜!と言っても、この山
晴れることが少ないのですよ〜!

2004年8月11日撮影
和賀川・大鷲倉沢 26

えるさんはお花の写真撮影に大忙し!
「だって、女の子だもん!」って。

2004年8月11日撮影(写真提供コバさん)
和賀川・大鷲倉沢 27

えるさんの作品、その1

心が和みますねぇ〜!

2004年8月11日撮影(写真提供えるさん)
和賀川・大鷲倉沢 29

えるさんの作品、その2

花の名前は???です。
聞かないでおくれぇ〜!(^_^;)

2004年8月11日撮影(写真提供えるさん)
和賀川・大鷲倉沢 30

高下登山口を目指して下山!

お金、落ちてないかなぁ〜!って
一生懸命探し回るコバさん。
て言うのはウソ!ここもお花が一杯!
お花見をしながら歩くコバさんでした。

和賀岳、岩手日報に紹介された影響か
下山中、たくさんの登山者と会いましたねぇ〜!

何はともあれ、めでたし、めでたし・・\(^o^)/

目次へ戻る HOMEへ戻る