鳥海山 朱ノ又川 1

この沢は、ネットで調べた限りほとんど遡行
記録もなく、探検的な気分で行って参りました。

この大清水キャンプ場、とっても快適な所です!
布団と枕、そしてテーブルなどありましたよ〜!

朱ノ又川の入渓方法はキャンプ場のトイレの
裏側にある踏み跡をたどり、川から離れる前に
川めがけて下ります。「お〜い、出発するよ〜♪」

2004年8月5日撮影(写真提供コバさん)
鳥海山 朱ノ又川 2

これはこの小屋の前から見た朝の鳥海山です。
鳥海山を望みながらお酒を飲めるなんてぇ〜!
幸せ・しあわせ〜!(*^_^*)

とても整備されているキャンプ場でしたよ!

2004年8月5日撮影
鳥海山 朱ノ又川 3

入渓して30分くらいだったかなぁ〜?
このようなちょっとしたゴルジュが
出てきて楽しませてくれます。

2004年8月5日撮影
鳥海山 朱ノ又川 4

これもそう。
お二人さんともルンルン気分で
心もハッピー!!(*^^)v

ちなみにこの沢は酸性の水質みたいで
魚影はまったくゼロでした。
そして水もちょっと酸っぱかったです。

2004年8月5日撮影
鳥海山 朱ノ又川 5

これもそうだす。
お〜どこかで見た人が・・・!
どうやら私のようですねぇ〜! (*^^)v

2004年8月5日撮影(写真提供えるさん)
鳥海山 朱ノ又川 6

最初に出てきた10M滝です。
丸みを帯びた均整の取れた綺麗な滝でした。

右から登れそうかな?と思い取り付いて
みました。ホールドは細かいものの快適に
登れました。

2004年8月5日撮影
鳥海山 朱ノ又川 7

これは上の写真(No.5)の滝を登る
私のようですねぇ〜!

ロープの先には私の足が・・・
おい、おい、足しか写ってないぞぉ〜!(^_^;)

2004年8月5日撮影(写真提供えるさん)
鳥海山 朱ノ又川 8

これは上の写真(No.5)の滝を登る
コバさんです。気合充分!
滝上から見たシーンです!

「えるさん、もうちょっとザイルを
張ってあげてぇ〜!」

2004年8月5日撮影
鳥海山 朱ノ又川 9

これはコバさんのザックを隠し撮りぃ〜!
なんと「てるてる坊主」が・・・。(^_-)-☆

この日は天気予報によれば降水確立が
70%だったにもかかわらず、見事に晴れて
くれましたぁ〜♪ ヽ(^o^)丿
これもてるてる坊主のお陰かな?

2004年8月5日撮影
鳥海山 朱ノ又川 10

上の写真No.5の均整の取れた滝を登ると
直ぐにこんなゴルジュが・・・。

突破できるかなぁ〜?とリードする私。
ここは左岸(写真の左側)の側壁を
へつって突破しました。
行ってみたら、結構楽勝でした。

2004年8月5日撮影
鳥海山 朱ノ又川 11

こんな感じで?へつったのですが・・・。
いよいよコバさんの出番で〜す!
チョッピリ?緊張のコバさん。

落ちてもドボンで済みますが、流されると
滝下まで「さようならぁ〜!」って感じです。

2004年8月5日撮影(写真提供えるさん)
鳥海山 朱ノ又川 12

その次に出てきたのがこの滝、
2万5千図の標高910M地点の
滝記号に該当する落差15Mの滝です。

これは登れそうになく左岸(写真右側)
より小さく高巻き滝の落口へ。

結構傾斜が強く、巻きのトラバースでザイルを
使用(30Mほど)。この沢の核心部かもね!

2004年8月5日撮影
鳥海山 朱ノ又川 13

酔いどれ探検隊の報道カメラマンこと
えるさんは写真撮影に一生懸命!

う〜ん、さっすがぁ〜!
真剣なまなざしですねぇ〜!

2004年8月5日撮影
鳥海山 朱ノ又川 14

おぉ〜!ついに見えてきましたぁ〜!
大倉滝が・・・。落差50Mもあるんですよ!

お二人にとって、憧れの滝だったようです。
念願かなって何よりです。(*^_^*)

2004年8月5日撮影
鳥海山 朱ノ又川 15

標高920Mの二俣を左に入り、さらに進み
1020M付近の三俣から見た
滝のパノラマで〜す!さらに左にもう一本
滝があります。(この写真では見えないけど)

右を見ても左を見て、滝・滝・滝で、
最高のロケーションでした。ヽ(^o^)丿
鳥海山 朱ノ又川 16

これは上の写真の右側に見える滝を
近くで撮影したものです。
岩が白くてとても綺麗でしたよ!

そして、上の写真の左側の滝は
赤色をしていて、まるで
「紅白滝合戦?」って感じでしたねぇ〜!

2004年8月5日撮影
鳥海山 朱ノ又川 17

まるでサンキストレモンのCMの
ポスターみた〜い♪

えるさん、水も滴るいい女に・・・。
もと写真部のコバさん、さっすがぁ〜!

2004年8月5日撮影(写真提供コバさん)
鳥海山 朱ノ又川 18

これは上の写真(No.16)の滝です。
そして、右下にいるのが私。

滝のスケールの大きさが
感じられると思います。

2004年8月5日撮影(写真提供えるさん)
鳥海山 朱ノ又川 19

上の写真No.15の左側の滝を
間近で望むとこんな感じです。

この滝は落差60Mとか。
天にも昇るような滝でしたぁ〜!

2004年8月5日撮影(写真提供コバさん)
鳥海山 朱ノ又川 20

さらに近くで見るとこんな感じです。
赤い滝、珍しいですよねぇ〜!

我々は、上の写真No.15のさらに左の
枝沢の滝を登り、ヤブをこいで登山道に
出ました。ヤブコギ約30分くらいだったかな?

2004年8月5日撮影
鳥海山 朱ノ又川 21

この日は、沢の中も炎天下でした。
カエルさんも暑さのあまり
水浴びしていましたよぉ〜♪

保護色、スゴイですよねぇ〜♪
お見事です!(*^_^*)

2004年8月5日撮影(写真提供コバさん)
鳥海山 朱ノ又川 22

カエルにつられて?コバさんも
水浴びで〜す♪ 

泳ぎの練習に必死のようでした。
頑張れぇ〜♪ (*^^)v

2004年8月5日撮影
鳥海山 朱ノ又川 23

遡行後、「日本の滝百選」にも数えられる大瀑布
法体(ほったい)の滝を見に行きましたぁ〜!
この滝、落差は57m、お見事ですねぇ〜!

ホント水が綺麗でしたよぉ〜!
まるでソーダ水のよ〜!(*^_^*)

2004年8月5日撮影(写真提供コバさん)
鳥海山 朱ノ又川 24

その時のアクシデント?
えるさん、靴を脱いで、スカートを捲し上げて
果敢に徒渉をはじめたのは良かったのですが・・
あともうちょっと・・・ということろで手に持って
いた靴を川へドボ〜ン!あれれ〜♪ (^_^;)

2004年8月5日撮影(写真提供コバさん)
鳥海山 朱ノ又川 25

この法体(ほったい)の滝がある
法体のキャンプ場もとても素晴らしく
感動的なところでしたよ〜!ヽ(^o^)丿
写真右端がそうです。

家族連で来てみたい所ですね!(#^.^#)

2004年8月5日撮影(写真提供えるさん)

目次へ戻る HOMEへ戻る