赤湯又沢左俣 1

当初の予定では、虎毛山塊の三滝沢遡行〜
赤湯又沢下降〜虎毛沢遡行〜虎毛山山頂の
2泊3日で山行計画を練りました。

結果、大増水に見舞われ這う這うの体
(ほうほうのてい)で逃げ帰って参りました。
結果、赤湯又沢左俣のみの遡行となりました。

登山口付近の秋ノ宮温泉に到着するな否や
なんと土砂降り状態に〜!(^^ゞ

2013年8月10日撮影
赤湯又沢左俣 2

出発の前日も土砂降りで気象庁が秋田と岩手に
「これまで経験のないような記録的な大雨」と
重大な警戒を発表したほとです。

とりあえず遡行の可否は、現地で判断しよう!
と自宅を出発しました。湯ノ又大滝にて。


2013年8月10日撮影
赤湯又沢左俣 3

よって、三滝沢からの遡行は増水の為
断念し、湯ノ又温泉跡から一般登山道を登り
赤湯又沢を下降し、虎毛沢へアプローチする
コースに急きょ変更しました。

湯ノ又温泉は、今はありません。
写真は、その跡地です。

2013年8月10日撮影
赤湯又沢左俣 4

湯ノ又沢は思ったほど増水していませんでした。
これなら大丈夫そう♪と安心したのですが…。

2013年8月10日撮影
赤湯又沢左俣 5

赤いナメが美しい湯ノ又沢。


2013年8月10日撮影
赤湯又沢左俣 6

尾根に取り付くと…
樹林がガスで幽玄でした。
「いとおかし」と言ったところでしょうか。

2013年8月10日撮影
赤湯又沢左俣 7

ふぅ〜やとt主稜線に到着です。
左に進むと高松岳、右へ進むと虎毛山です。

虎毛山方面へ進み970m付近より沢へ降りました。
ほんの数分で沢形が出てきてヤブ漕ぎも
ほとんどありませんでした。

2013年8月10日撮影
赤湯又沢左俣 8

赤湯又沢の右俣は以前遡行したことが
ありますので、今回は左俣を下降して
みることにしました。

2013年8月10日撮影
赤湯又沢左俣 9

その赤湯又沢左俣をどんどん下降していきます。
結構綺麗な渓相です。

2013年8月10日撮影
赤湯又沢左俣 10

さらにどんどん下ります。
ナメや小滝が続き楽しませてくれます。

2013年8月10日撮影
赤湯又沢左俣 11

750m二俣付近のプチゴルジュ帯です。
お昼頃になると天気が回復し陽射しが♪
それと共にどんどん減水していきました。

2013年8月10日撮影
赤湯又沢左俣 12

これもです。

2013年8月10日撮影
赤湯又沢左俣 13

当然ながら、二俣を過ぎると
水量も2倍になります。

2013年8月10日撮影
赤湯又沢左俣 14

その750m二俣よりちょっと下ると
立派な滝が〜♪ここは左岸より小さく
巻き下りました(懸垂下降なし)。

2013年8月10日撮影
赤湯又沢左俣 15

上の写真の滝の下に小滝がありました。
(2段の滝ではありませんが…)

2013年8月10日撮影
赤湯又沢左俣 16

さらにちょっと離れてみると
こんな感じに見えます。

2013年8月10日撮影
赤湯又沢左俣 17

朝はひどい雨で心配したのですが、
すっかりお天気が回復したようです(^o^)。

これで明日は虎毛沢を遡行出来るぞ〜♪

2013年8月10日撮影
赤湯又沢左俣 18

赤湯又沢 750m二俣より20〜30分下った
標高680m温泉跡地が今宵の泊り場です。

2013年8月10日撮影
赤湯又沢左俣 19

そこは地熱でボコボコ噴煙が上がっていました。
秋の涼しいシーズンは良いかもしれませんが、
今は夏、暑くて堪りませ〜ん!(^^ゞ。

2013年8月10日撮影
赤湯又沢左俣 20

よって、テントも隅っこに張りました。
奥にある黄色いテントがそうです。

焚火も暑くて堪りませんでした。
それにアブが凄かったです。
夜7時30分まで付きまとわれました。
これって、ストーカーですよねぇ…。

2013年8月10日撮影
赤湯又沢左俣 21

水場はその温泉跡地の10m下流の
右岸枝沢を利用できます(約30秒)。
冷たくて美味しいです。

2013年8月10日撮影
赤湯又沢左俣 22

野湯です。土砂で埋まっていましたが、
手で掘って何とか入浴しました。

ちょっと暑かったですが、気持ちよかったです♪
しかし、アブにかなり刺されてしまいました(^^ゞ。

2013年8月10日撮影
赤湯又沢左俣 23

焚火をしたのに地熱で暑くて
意味のない焚火となってしまいました。

焚火の側にもアブがやってきて参りました。

2013年8月10日撮影
赤湯又沢左俣 24

翌朝、雨音で目が覚めました。

昨夜は星空だったのに〜!
我が耳を疑ったほどです。
ショック〜!(^^ゞ

2013年8月11日撮影
赤湯又沢左俣 25

その後、さらに激しくなり一気に大増水!
30分後の光景です。

2013年8月11日撮影
赤湯又沢左俣 26

増水が早いか、私の足が早いかの勝負!

もう既に天場を出ていましたので、
水量の多い下流部には行けないほどの
大増水でした。ここは水量が少なくなる
上部を目指して進むしかありません。

2013年8月11日撮影
赤湯又沢左俣 27

「ここは5級の沢ですか?」ってほどに
恐ろしい光景になりました(^^ゞ。

一時は、枝尾根に逃げてヤブを漕いで
登山道に出るか、減水するまでひたすら
待つか…悩んだほどです。

2013年8月11日撮影
赤湯又沢左俣 28

ここで股下から腰までの水量でした。
水圧がかなり強かったです。

赤湯又沢とは思えない光景です。
昨日は膝下以下の水位だったのですが…。

2013年8月11日撮影
赤湯又沢左俣 29

かなり上部まで行ってやっと水量が減り
ほっと一安心しました。これで帰れるぞ〜!

いやはや、今回はお天気(大増水)とアブに
翻弄された一泊二日の修行の沢旅となりました。
赤湯又沢、やぱり秋がお勧めです♪

2013年8月11日撮影
赤湯又沢左俣 30

帰りはほっとゆだ駅にて入浴しました。
入浴料が300円で石鹸シャンプーまであります。

2013年8月11日撮影
赤湯又沢左俣 31

今回の山行でヘルメットが壊れてしました。
ヘルメットって、壊れるんですね…(^^ゞ。

2013年8月11日撮影
赤湯又沢左俣 32

頭を守る大切な装備ですので、
直ぐに新調しました。
とても気に入っています♪
重量が何と230g しかなんですよ〜!

2013年8月14日撮影
赤湯又沢左俣 33

目次へ戻る HOMEへ戻る