八甲田 滝ノ股沢〜田堰沢1

日本百名谷の一つ。八甲田を
代表する名渓。水量豊富で
イワナも豊富。釣師の入渓も多い
ようだ。大滝7M、この沢の象徴的
な滝。2万5千図の滝の位置が
間違っている?
今回は単独遡行。ボッカ訓練と
泳ぎのトレーニングをしに。
コツ酒も飲めたし、も〜最高!
滝ノ股沢1
滝ノ股沢2 八甲田 滝ノ股沢〜田堰沢2
滑り台を思わせるような豪快な滝。
2002年8月3日
滝ノ股橋9時遡行〜十六人沢出合着14時
泊 (釣の為、早めに行動を打ち切る)
8月4日
6時半出発〜標高800Mの二俣手前
林道着7時45分→滝ノ股橋着11時30分。
林道をせっせと歩いている最中に釣師の
車に乗せてもらい幸運に恵まれる。
林道の距離は20K位あるかもねぇ〜?
ラッキー!でした。
八甲田 滝ノ股沢〜田堰沢3

「銚子の口」入り口にて。
どう考えても突破は無理みたい!
写真の見た目より困難です。
左より高巻く。その先の7M滝も
登れそうにないので一緒に高巻く。
(懸垂なしの)下降点を見つけるのが
的確なルートファインディング力を
要します。
滝ノ股沢
滝ノ股沢4 八甲田 滝ノ股沢〜田堰沢4

左壁をトラバース気味に登り滝の落口へ。
圧倒的な水量でワクワクしましたぁ〜。
岩手にもこのようは水量豊富な沢が
あればなぁ〜!水が今一美しくない!
八甲田 滝ノ股沢〜田堰沢5

楽しいゴルジュが続き遡行者を魅了
します!水線通しで突破可能。
銚子の口から袖川沢出合の中間部
ゴルジュ帯にて。増水時は
苦労するかも?水勢は強い!
滝ノ股沢5
滝ノ股沢6 八甲田 滝ノ股沢〜田堰沢6

これも上記ゴルジュ帯の続き。
この沢のビバーク最適地は袖川沢
出合周辺です。十六人沢出合は
砂地で薪豊富、イワナ豊富?で快適
でしたが、大きなテントは張れません。
八甲田 滝ノ股沢〜田堰沢7

2日目、朝一からまたもや
楽しいゴルジュ帯が続きま〜す!
結構それなりにスケールも大きく
素晴らし〜い!まるでスリ鉢の底
にいるような錯覚に陥ります!
ここも水線通しで突破可能。
十六人沢出合先のゴルジュ帯にて。
滝ノ股沢7
滝ノ股沢8 八甲田 滝ノ股沢〜田堰沢8

上記同様十六人沢出合先のゴルジュ帯
にて。側壁のスケールはとっても雄大で
ゾクゾクしま〜す!
八甲田 滝ノ股沢〜田堰沢9

標高800M地点の30M滝。2段目が
オーバーハングしていて登れ
そうになく、左岸より高巻く。
これを高巻いた後、ビックリしま〜す!
何と2万5千図にも記載されていない
立派な林道が突如出現します!
この林道を永遠と歩くと善光寺平の
集落にたどり着きま〜す。2万5千図
に記載されている林道がず〜っと
先まで伸びているのですよ。林道上
にある案内板の現在地点が
間違えています。林道を逆方向に
歩かないように注意しましょう!
滝ノ股沢9
滝ノ股沢10 八甲田 滝ノ股沢〜田堰沢10

イワナは豊富で尺以下はキャッチ・アンド・
リリースしました。な〜んて1時間半粘って
一匹しか釣れませんでした。大事に焼いて
コツ酒にしました。おぉ〜幸せ〜!
これは上の『滝ノ股沢1』の
大滝をそばで撮影したもの。
高さはないけど、豪快な滝でした。
右壁の小さなクラックから登れる。
 ▼ 栗駒山 産女川
岩手 栗駒山 産女川 1

この沢はゴルジュ、ナメ滝と変化に富ん
でおり、最後のツメは広々とした草原状
のお花畑の中を歩くという、快適で美しい
沢です。この山域を代表する名渓でもあ
ります!但し、この沢は「自然保護区域」
に指定されており、監視人もいるので
見つかると入渓させてもらえません!
ので注意が必要です。
この写真は「3段40M滝」です。
岩手・栗駒山・産女川
岩手 栗駒山 産女川 2

以下、2004年7月中旬に遡行した時の
ものです。前夜は大雨、しかも土砂降り。
出合で降り立ち「うん、これくらいの増水なら
何とか行けるぞ!」ということで入渓しました。
増水していた分、迫力のある沢登りを
満喫できました。

左の写真は中流部にて奮闘するS嬢。
岩手 栗駒山 産女川 3

増水していても綺麗な沢ですねぇ〜!
これは下流部にて。
岩手 栗駒山 産女川 4

これも2004年7月中旬に遡行した時の
もので、この沢のハイライトである
3段40Mの滝です。ガスがひどくいまいち
鮮明ではありませんが・・・。
岩手 栗駒山 産女川 5

これは12M滝で、右壁から直登します。
ザイルを必要とするところです。
岩手 栗駒山 産女川 6

上部は気持ちの良いナメ床と
お花畑が続きます。この時は、
結構雪渓が残っていましたねぇ〜。
岩手 栗駒山 産女川 7

ツメは気持ちの良い草原状なんです
7月中旬ころ、この白い花がたっくさん
咲いていました。(#^.^#)

疲れた体と心を慰めてくれるようで
ホッとしますよねぇ〜!
岩手 栗駒山 産女川 8

こんな感じの草原の中に白い花達が
たっくさ〜ん!(#^.^#)
とても気持ちの良いところです。

以下、写真4枚、写真提供者はえるさんより
岩手 栗駒山 産女川 9

これは一緒に行った仲間が撮影して
くれたものです。

写真左上の登っている人は
どうやら私のようですねぇ〜!
下流部の滝にて。
岩手 栗駒山 産女川 10

下流部、最初の滝にて。
足が短いと苦労するところです。(^_^;)
岩手 栗駒山 産女川 11

とても渓相が綺麗な沢です。
これは私がビニール袋からカメラを
出そうとしている瞬間を
隠し撮り?されたようです。(^_^;)

 ▼ 北上山地 桂川 小空滝沢
北上山地 桂川 小空滝沢1

花巻野外活動センターをさらに車で進み、
中山1号トンネル前で車をデポ。そこから、
通行止めの中山街道を歩く。この街道は、
あの新渡戸稲造一族が江戸時代の開通時期
より改修にあたったといわれる道路なのです。
ブナの原生林が美しい所でした!

林道の途中から沢へ降りて、いよいよ
小空滝沢の遡行開始!想像以上に小さな
沢でした。やっとお目当ての小空滝に到着!
3段60M位ありますかねぇ〜!
北上山地 桂川 小空滝沢2

小空滝の二段目より上部を望む
さらに上にもう一段あります。
北上山地 桂川 小空滝沢3

小空滝の二段目、ここは右壁を登りブッシュ帯
に入り、滝の落口を目指してトラーバス。
私が登っている最中に下のお二人を
撮影したものです。
北上山地 桂川 小空滝沢4

これは、大空滝7段83Mです。
林道上の滝見台からみた景色です。
結構有名な滝のようです。
宮沢賢治の童話「なめとこ山の熊」にも
この滝の名前が出てきます。
以下、抜粋。確かに見事な滝でしたぁ〜ヽ(^o^)丿

『気をつけてそっちを見ると何だかわけの
わからない白い細い長いものが山を動いて
いて落ちて煙を立てているのが分かる。
それがなめとこ山の大空滝だ』
北上山地 桂川 小空滝沢5

これは上の大空滝を中段まで登り
その上を眺めたものです。
さらにこの上にも滝が続いています。

まるで天から降ってくるように見えることから
この名前が付いたと言われています

目次へ戻る HOMEへ戻る